2013-10-25 19:53:25

名馬の相

テーマ:馬体のセオリー
馬体を見る上でのポイントの一つに
「顔」の良し悪しがある。



個人的にも、特に、顔立ちがいい馬など
名馬の相

といった表現をよく使っている。



また、よく聞くフレーズとして
「走る馬」は、顔を見ればわかる!

といったことを言う人もいる。



ちなみに、「わかる!」言い切るのは、少々傲慢とは言え
あながち、この意見は間違っていないと思う。



やはり、競馬はブラッドスポーツ。


長い年月をかけて、人為的に、競走能力をベースとして、血の淘汰を繰り返しており、


自然界にいる野生の生き物以上に、サラブレッドは、
「血による特徴が特化、偏る」傾向は事実あると思う。



例えば、人間の世界でも、美男美女が多い芸能の世界では二世のタレント俳優の活躍も目に付くし、政治の世界などは、それ以上に「血統」の影響は絶大であるのは明らか。


まして、人間以上に、外見上含め、「血統」という、
世代間の遺伝を意図的に造られたサラブレッドにおいて、


「顔」一つとっても、
そこに何らかの競走能力の優位性が現れる



こうと考えるのは、ごく自然と言える。



実際、これまでの個人的な相馬の経験則から
G1馬など名馬は往々に、良い「顔」の馬が多い。



以上からも、
「走る馬」は、顔を見ればわかる!

これは、ある意味、「競馬の真理」をついている。



が同時に、パドックなど、レースを「予想」する上では、
「顔立ちの良し悪し」は、あまり意味がない。


なぜなら、「走る馬」は、顔を見ればわかる!
…この「走る」とは、あくまで


相対的に走る


といった、世の競走馬のなかで、一握りである


○「競走能力が高い部類の馬である(可能性が高い)」


という意味であり、



×目前のレースで、走りやすいor走る優位性がある

という意味ではないからだ。



以上、馬体を見る上で、「顔」を重要視するならば

×レースでの予想
○セリや生産現場における馬体の見極め

これで使うべき馬体のポイントと言える。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

情報で勝てる時代は終わりぜよ!競馬維新塾さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Powered By 画RSS




ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。