小倉の馬券師T予想

4角手応え、直線反応を重視した重賞競馬予想。


テーマ:
2012年CBC賞 小倉の馬券師Tの見解

高松宮記念の予想は迷走していた。

当初、阪急杯の内容がバツグンだった
マジンプロスパーを◎本命にし
ブログにも予想をアップ。

だが後になって、どうしてもある馬の存在が
気になって仕方がなくなり


悩みに悩んだ結果、

『すんません、本命を変更します』
◎本命を変更、
みっともないのを承知で
ギリギリのあがきをみせたのだった。

その変更した馬こそが
スプリント界で無冠の帝王と言われる!?
ダッシャーゴーゴーだった。

単15,8倍という実績の割にオイシ過ぎるオッズ、
パワー型でこの中京の重い馬場
全ての条件が整いドンピシャのタイミング
に思えたのだが・・

そう、自分としては渾身の予想だった。。

結果的に高松宮記念は直線で
『勝ったか』と
思えるぐらいバツグンの手応えながら

最後は伸び切れず4着に敗退。

これはいったい何が敗因だったのだろうか?

微妙に、、ビミョウにだが、
体が絞り切れなかった分、最後の伸びに
影響したような気がする。


当日の馬体重は+6キロの536。
過去最高の馬体重だった。

体調が良過ぎるが故に
カイ食いが増えてしまい、レースで凡走する
というジレンマ。


『なんだ、
ギリギリで本命を変更しておきながら
(当初◎のマジンP 5着より)
着順が1コ上がっただけか・・お騒がせなヤツだな。。』

と言われても、

『いやジレンマで・・』

という端から見ると苦しい言い訳にしか
聞こえない返答を涙を飲みながら
するしかなかった。

そう、結局のところ競馬は結果がすべて。

痛すぎる不利があろうが
確かな敗因があろうが

勝てば官軍、負ければ・・

悲しいけど賊軍なのだ。

特にG1では結果が出ないと
どれだけ他のレースで結果を出そうが
読者さんの見る目は厳しくなる。

嵐のようにメルマガは解除される。

。。。

少し話がそれたようだ。

まあ、今回休み明けというのは全く問題がないところ。

それより、どれだけ絞れてくるかという点と
斤量の59キロが他馬と比較して
どうか?というこの2点だけだろう。

個人的に信頼はしているが。



今週の記事
ラジオNIKKEI賞 2012 アーデント、アルキメデス、ヤマニンファラオ等
CBC賞予想 2012 ◎公開
ラジオNIKKEI賞予想 2012 ◎公開
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

小倉の馬券師のTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。