小倉の馬券師T予想

4角手応え、直線反応を重視した重賞競馬予想。


テーマ:
7割の仕上がりでこの強さ。
やはりオルフェーヴルは別格だった。

CBC賞の注目馬⇒
(馬名は20位前後)



2012年宝塚記念予想

『宝塚記念はオルフェーヴルでいこう』

この記事を公開するギリギリまで
その方向で決まっていた。

天皇賞(春)の大凡走で
1,3倍だったオッズが
(推定で)4倍近くまで上昇

これだけでも買いの材料だと思ったし

何と言っても、阪神大賞典でみせた
とんでもないパフォーマンスは
オルフェーヴルがよくも悪くも
常識では考えられない規格外な馬である
という事をあらためて証明したからだ。

おそらく今回、オルフェは巻き返してくる。

今でもその見解は変わらない。

ただ念のため出走馬をもう一度
よく検討してみると

明らかに実力の割にナメられている
=過小評価されている馬を発見したのだった。

今回はその馬を狙う。

宝塚記念の本命は◎フェデラリスト

上がり馬

というのはまさにこの馬の事だろう。

1000万条件で少し足踏みした後
破竹の勢いで連勝、重賞も連覇。

当たり前の事を言うようだが
競走馬というのは近走の成績が良ければ良いほど
次走で好走する確率が高くなる


回収率などというのは人間側の勝手な事情。

単純に走る確率だけなら
近走の成績が一番重要で
データ的にもそうなっている。

もし近走の成績が良くて、しかも
レース内容も悪くない馬が
高いオッズで買えるとしたら、それは

高級ブランド品を破格の値段で買える
大バーゲンセールのようなもの。


エリカ賞1着→京成杯1着→皐月賞3着
にもかかわらず
次走ダービーのオッズが31倍(そして1着)だった
エイシンフラッシュなどはその典型だろう。

(もちろん、何か事情があって
オッズが高い事もある)

時々ではあるが、このようなバーゲンセール馬が
突如、発生することがあるのだ。

今回、◎馬の近5走をみると
1着→1着→1着(G3)→1着(G2)→2着(G2)
と非の打ち所がない。


そしてその内容は
3走前・・4角大外を回ってバツグンの手応え。

2走前・・鋭く反応して1頭だけ伸びる。

1走前・・一旦先頭の勝ちパターン。

と、その中身も決して薄い訳ではなく、

2走前の中山記念などは、逃げた
シルポートが直線で後続を大きく引き離す
完全なセーフティリードの中、

1頭だけ伸びてきて差し切った
価値のある勝利だった。

今回休み明け という点が少し気になったが
陣営は最初から大阪杯→宝塚記念のローテを
予定していたよう。

計画通りのローテならば仕上がりは
悪くないはずで
事実 最終追い切りでは上がり3ハロン
33,5秒という驚異的な数字を叩き出している。

息は十分保つのではないか。

今回、別格のオルフェーヴルだけは
押さえる。

宝塚記念の勝ち馬*過去5年
’11アーネストリー(13,6倍) ’10ナカヤマフェスタ(37,8倍)
’09ドリームジャーニー(7,1倍)’08エイシンデピュティ(11,3倍)
’07アドマイヤムーン(6,7倍)



今週の記事
宝塚記念 2012 オルフェーヴルのデキは7~8分か
宝塚記念 2012 ルーラーシップの弱点について
宝塚記念 2012 ウインバリアシオンの鞍上は岩田J
宝塚記念 2012 出走馬の見解
AD
いいね!(0)  |  コメント(32)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「小倉の馬券師の予想」 の記事

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。