小倉の馬券師T予想

4角手応え、直線反応を重視した重賞競馬予想。


テーマ:
相変わらずの高速馬場。
前走千四の京王杯組が流れに乗りやすく
有利だったか。

勝ったストロングリターンは前走モタれて
あまり追えず。
力を温存した分、今回の爆発につながった。

香港馬にこの時計はつらい。

今週のエプソムカップの注目馬
この馬⇒人気ブログランキングへ
(馬名は25位前後の紹介文)



2012年 安田記念予想 小倉の馬券師Tの結論

たいてい内枠が欲しいな~と思っていると
ピンク帽(大外枠)だったり、
逆に揉まれない外枠お願いします!
と神に願えばモロ内枠が当たる。

まあ、いつもはそんな感じなのだが・・

でも、今回は違った。

やっぱり・・コイツは強運の持ち主だわ。

本命は◎ラッキーナイン。

ノドから手が出るほど欲しかった内枠。

きっと調教師は内心、ほくそ笑んでいるに
違いない。

しかし、なぜこれほどまで内枠にこだわるのか?

それは前走の敗因=外枠
とはっきりしているから に他ならない。


スタート直後は中段の位置取り。

一旦はそこで落ち着いたかに見えた
が、その後押さえが利かずにプチ暴走、
2番手まで上がっていってしまう。


その後もずっと折り合いに苦労した様子。

勝ち時計から推測するとスローで
近走、短距離を使われ続けていた◎は
外枠の為、前にフタができずに
引っかかってしまったのだった。


じゃあ、今回はどうか?

同厩舎のシルポートとコスモセンサーが
やり合う事はないにしても、
今の前が残りやすい高速馬場なら
ある程度は飛ばしていく事になるだろう。

となるとこの多頭数、それなりに
速い流れになるはず。

そして今回の内枠。

インでジッとしていれば折り合いはつくし
直線は馬群を割って抜け出せばいい。

(この馬はセントウルSをみても
イン突きは得意でっせ。)

そう、初めて見た去年のセントウルSが衝撃的だった。

1頭だけ59キロの斤量を背負いながら
直線 内からグイグイ伸びてきて一旦先頭、


わずかのところで勝ちを逃したものの
日本の高速馬場に対する高い適性を
示したのだった。

続くスプリンターズS(5着)の内容も悪くない。

⇒直線バツグンの手応えからインを狙うが
前を走るパドトロワが突如、内へヨレて
ギュウギュウに押し込められる
痛過ぎる不利。


普通ならジ・エンドのところから
立て直してきたのはさすがだった。

今回はもう1頭、強い香港馬がいるが
すでに日本の競馬に問題がない事が
証明されいる
こちらの方が安心感が
あり買える。



今週の記事
安田記念2012 サダムパテックは完全復活なのか?
安田記念2012 外国馬グロリアスデイズの弱点
安田記念2012 ガルボはショウワモダンになれるか?
安田記念2012 ストロングリターンの状態は・・
AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

小倉の馬券師のTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「小倉の馬券師の予想」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。