【英語だけでは生きていけない国際社会】

 

 

英語ができればいいかな?

 

そんな風に考えている日本人はとても多いかもしれません。実際僕もそうでした。英語ができなければ、国際社会では生きていけない。だから英語をとにかく勉強しよう!!将来アメリカに行って世界中に友達を作りたい。だから英語を話せるようになろう。毎日そんなことばかり考えていた時期もありました。

 

 

対話力があって語れる人間

 

ですが最近になってとても痛感していることがあります。それはいくら英語が話せたとしても、対話力がなければ、何も意味がないということです。いくら英語を話せても、英語で話す「内容」がなければ意味がないのです。「内容」があっても、それを英語で相手に的確に伝える、「対話力」がなければ意味がないのです。というかそういう語れる人間でなければ、相手にされないというのです。

 

 

アメリカにおける対話力

 

つまり国際社会で活躍する、世界というフィールドで活躍するためには、英語ができるのは当たり前のことで、さらに対話力が必要になるということです。実際にアメリカの学校では、ディスカッションを中心とした授業が展開され、対話力を日々磨いています。授業中に自ら挙手をして発言をしなければ、欠席扱いになってしまうような授業すら存在するのです。寝てても、遊んでいても教室内にいればそれでいいという日本の教育からはかけ離れたレベルにあると言えます。

 

 

英語力と対話力

 

これからの時代は、英語で様々なことを語れる人間が活躍できる時代だと思っています。英語ができないのは論外、英語が話せても外国人と対等に対話できなければ世界の足元にも及ばない。そんな時代です。これからこのブログでは、「英語力」と「対話力」この2つをテーマに記事を書いていきます。このブログを見てくださる皆さんが、世界に羽ばたく国際人に少しでも近づいていけるよう、頑張っていきます!!

 

 

この記事「いいな」と思ったら、「いいね!」や「コメント」お願いします!!これからのブログ記事を書いていくモチベーションにもつながりますので、ぜひポチッとお願いしますね!!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

AD

こんにちは!

 

みなさんお久しぶりです。

今までブログをみてくださっていた方、ありがとうございます!

 

 

アメブロの記事を更新するのは、本当に久しぶりで、自分でもすごい新鮮な感じです!

そして、アメブロでブログを書くことはもうないかなと思っていた僕ですが、色々理由があって、こうして復活することにしました。

 

 

これからは

「オリンピック英会話」というテーマで

ガンガン気軽に記事を更新していくので、是非楽しみにしていてください!

 

 

 

 

年商1億の組織をこの一年で立ち上げるのがゴールです。

応援してくださる方、メンバーになりたい方、募集中です!!

 

 

気軽に声かけてくださいね!

それではまたよろしくお願いします。

 

AD

新規ブログを開設しました。

今まで読んでくださっていた方!

本当にありがとうございます。

 

そして、これからもよろしくお願いします!

↓↓↓↓↓

http://keiagi.tokyo/wp/

 

ぜひブックマークしてくださいね!

AD

GLS台湾研修レポート

大学生しかできない体験

 

超図書館が美しい台湾の大学

 

これを知らずに台湾を語るな!!

台湾の日本と歩む深~い歴史

 

日本と同じか!?台湾の言語事情

 

素晴らしい国、台湾!!

台湾の素晴らしいところBEST3

 

 

あなたは台湾に行ったことは

ありますか?

 

 

台湾というと

 

「中国の端にある小さな国」

「先進国?発展途上国?どっち?」

 

と、そんなイメージを持たれる人も

多いかもしれません。

 

 

実は私も、

今回台湾に行く前には

 

そんな風なイメージをもったまま

今まで生きていました。

 

 

ですが実際に台湾に行き

私は心の底から

 

「台湾ってなんて素晴らしい国だ!!」

 

そんな風に思えたのです。

 

 

ですので今回の記事は

 

行って分かった!!

台湾の素晴らしいところBEST3

 

 

 

第3位 過ごしやすい冬の気候

 

今回台湾に行ったのは

2月の半ばでしたが

 

日本よりも温かいと言われている

台湾の気候

 

とても過ごしやすく素晴らしかったです!

 

 

昼間はカラッと晴れていて

気分は爽快です!

 

晴れであれば、日中の時間帯は

少し日差しが強いのには注意ですが

 

基本的には問題ないでしょう。

 

 

今回行った台北は

文字通り台湾の北側に位置しますが

寒波は一瞬で過ぎ去るそうです。

 

コートが必要な時期は

10日間もないくらいだと

現地の大学生は話していました!

 

 

そして夜は寒いかと思いきや

全然寒くないのが素晴らしい!

 

コートも着ないでブラブラ散歩することもできます!

 

そんな過ごしやすい

気候のおかげもあってか

 

台湾人は夜、野外に出て

散歩したりバスケをやったり

 

することも多いみたいです!

 

 

 

 

第2位 何といっても美味しい料理!

 

 

観光に行って気になるのはやはり

食事ですよね!?

 

美味しい料理が食べられるのか?

それは結構大きな問題だと思います。

 

その点、台湾では

本当にどこで食事をしても

 

美味しすぎる!!

 

台湾人の友達に

お勧めのお店を紹介してもらいましたが

どれを食べても絶品!

 

台湾ってこんなに美味しい料理が

たくさんあるんだ!!

 

驚かされてばかりの日々でした。

 

台湾で食べた

小籠包は格別でした~~

 

 

 

 

堂々の第1位!

台湾人は

めちゃくちゃ優しい!!!

 

私が台湾を素晴らしい国だと思い

 

日本に帰ってきて

台湾の歴史を調べてしまうくらいに

感動してしまった理由

 

それは台湾人の心からの

優しさでした。

 

 (台湾の歴史に関してはコチラ↓↓↓)

 これを知らずに台湾を語るな!!

 台湾の日本と歩む深~い歴史

 

 

正直なところ

こんな優しさというものは

日本にいて受けた経験はなかったので

 

本当に心温まる思いでした。

 

 

出会ってたった1日、2日であったのに

もう日本に帰りたくない!

 

もっと彼らと一緒に過ごしたい!

 

 

そう思ってしまうほど

台湾人は優しかったのです。

 

 

いくつか台湾人の学生が優しかった

エピソードをご紹介して

今回は終わろうかと思います。

 

 

今回の研修では、

課題についてみんなで

ディスカッションをする必要があり

場所を探していた時のことです。

 

台湾人は図書館の会議室を

わざわざ借りてくれました!

 

 

日本人学生である私たちを

図書館に入れるためには

 

様々手続きを踏み

時間をかけなければいけないところ

 

私たち日本人のために

色々手配してくれました。

 

本当に素晴らしい図書館だったので

私は入れてもらえただけでも

いい経験でした!!

 

ちなみに図書館については

コチラの記事をご覧ください!!

超図書館が美しい台湾の大学

 

 

 

これは初めて会った日の夜のことです。

せっかくだからナイトマーケットに行こう!

 

 

ということで

みんなでMRTに乗って

ナイトマーケットに行きました。

 

これがまた時間もかかり

MRTの交通費もかかるところなのです!

 

ナイトマーケットはお金のこともあり

普段はあまり行かないようでしたが

せっかくだからということで

連れて行ってくれました!

 

 

そして私は

台湾人メンバーの一人、

トーマスのお勧めの店を回ったわけです。

 

トーマスがお勧めする店は

どこも並んでいて

けっこう時間がかかるところでした。

 

そして2時間もの間

トーマスは知っているすべての

美味しい店を紹介してくれたのです!!

 

本当にどの店もおいしくて!

 

私は台湾の出店の衛生面は

どうなんだろうかと

最初は気に病んでついていきましたが

 

一軒目を回った後には

そんなことは何も心配ないとわかりました。

 

それからは英語で会話しながら

トーマスと一緒にナイトマーケットを

楽しみました。

 

「ナイトマーケットの終わりに差し掛かり

お勧めの店はこれで全部回ったよ!!」

 

トーマスに言われました。

本当に素晴らしいサービス精神です!

 

シィエシィエ!トーマス!

 

 

 

ナイトマーケットも終わり、帰るとき

私たちはホテルまで戻るわけですが

 

駅から歩いて15分もかかるホテルまで

彼らは送ってくれました!

 

 

ですがここで実は

一つ問題が発生していました。

 

というのも

彼らは大学のすぐ近くに住んでいるんですが

ナイトマーケットに行く前に

 

荷物が思いと大変だから

ということで

 

家に荷物を置かせてもらって

マーケットに行っていたのです。

 

荷物のことまで気を使ってくれて

私たちは本当に嬉しかったのですが

 

実はナイトマーケットが終わり

荷物を取りに戻らなくては

いけないことに気づきました。

 

駅から学校はバスに乗らなければならず

少し距離がありました。

 

そしてもう既に夜10時をまわっていました。

 

 

私たち日本人は

一緒に学校までバスで行って

荷物を持っていくよ!

 

と主張したのですが

 

トーマスを含めた4人は

協力して2人ずつに分かれ

 

2人はホテルまでついてきてくれ

もう2人は家まで荷物を取りに

行ってくれたのです!!

 

そしてホテルまで

荷物をモーターバイクに載せて

来てくれました。

 

一日活動して疲れているはずなのに

彼らはどこまでも

優しかったのです。

 

 

そして最終日のお別れの日

私たちは朝一で空港に行って

荷物を預けなければいけませんでした。

 

それを知り彼らは

大学から2時間近くもある空港まで

朝からついてきてくれ

 

一緒にブラブラお土産散策を

手伝ってくれました!

 

そしてお勧めのお土産を

たくさん教えてくれました!!

 

そしてなんとメンバーの一人の

ユキは

 

朝一緒に観光できなかったにも関わらず

お別れの挨拶を言うためだけに

 

はるばる空港まで来てくれたのです!

 

 

わざわざ私たちを

見送りに来てくれたことだけでも

私は胸がいっぱいでした。

 

荷物検査をするまでの一時間弱の時間

私たちはみんなで楽しい写真

撮りまくりました。

 

そして最後の数分間は

皆、別れを惜しみ

別れの言葉を言い合いました。

 

荷物検査場を過ぎ

別れた後の喪失感

すごいものでした。

 

自然と涙が溢れ出てきたのを

今でも覚えています。

 

 

そんなわけで

台湾の素晴らしいところ第1位

 

台湾人の心からの優しさです!

 

 

私はこの台湾研修を通じて

人の心の温かさを知りました。

 

台湾という国に行く機会を得て

本当によかったと思っています。

 

 

話が終わらないので

今日のところはこれでしめたいと思います。

 

ぜひ一度、台湾に足を運んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

GLS台湾研修レポート

大学生しかできない体験

 

超図書館が美しい台湾の大学

 

これを知らずに台湾を語るな!!

台湾の日本と歩む深~い歴史

 

日本と同じか!?台湾の言語事情

 

素晴らしい国、台湾!!

台湾の素晴らしいところBEST3

どうも!Mikkeiです!!

 

 

今回は台湾で話される言語について

書いていきたいと思います!!

 

 

台湾は実は、日本と同じく

英語を母国語としていない国です。

 

すなわち英語は

「外国語として学校で学ぶもの」

という点で

 

日本と同じなのです。

 

 

そんな台湾の言語事情が

 

どうなっているのか

 

実際に台湾に行き

現地の大学生と話をした

経験を踏まえて

 

書いていきたいと思います。

 

 

前回の記事でも少しふれましたが、

 

台湾は中国の一領域として

扱われています。

 

なので当然

中国語のような言語を

話しているわけですが

 

ここが中国の複雑なところであります。

 

それは台湾には

中国語とは少し異なった

 

台湾語が存在するということです。

 

 

そもそも

圧倒的広さを誇る中国には
当然様々な言語が存在します。

 

そのため同じ中国語であっても、
地方が違えば全く言葉が通じない
ということも通常なのです。

 

それでは困ってしまうので
中国には標準語となる
中国語が存在するそうです。

 

 

日本の場合

東京で話される言葉が

なんとなく標準語とされているように

 

中国でも中国語という

標準語が存在します。

 

その中国語は

全国中継のテレビや新聞


他の地方の人と話すときなど

に使われるということです。

 

 

 

台湾の話に戻りますが


台湾語もそういう意味で

中国語とは異なっている
ということです。

 

 

まあ私は中国語も台湾語も

どちらもチンプンカンプンなので

 

どの程度似ていて違うのか

そういうことはわかりませんけどもね。


言語とは複雑で難しいですね!!

 

 

 

さて、
そんな台湾語を話す台湾人ですが

実は英語は意外と苦手でした。

 

実際に

台湾でもナンバーワン私立校である

淡江大学の学生たちと

 

英語で話をする機会が

たくさんありましたが

 

実は台湾人も

 

日本人と同じように

 

大変英語に苦労しているのです!!

 

 

 

 

まず台湾人の英語を聞いて

一番最初に思ったことは

 

台湾語なまりがひどい!!

という事です。

 

彼らの英語を聞いていると

なんだか中国語のような気がするんです!

 

まあ中国語というよりは

台湾語なんでしょうけど

私にとっては中国語のイメージです。

 

 

とにかく英語を話しているのに

中国語に似た発音なんです。

 

 

日本人もけっこう

日本語特有の英語発音をしますが

 

結局それもある程度はしょうがない

ことなんだなという風に思ったわけです。

 

 

一番重要なのは

なまりなんて気にせずに

バンバン思ったことを話す

 

ということではないでしょうか。

 

 

台湾語なまりとか日本語なまりとか

そんなことを一々気にしていたら

 

会話は一向に進みません。

 

 

英会話において重要なのは

 

「とにかく自信をもって話していく」

 

事なのかもしれません。

 

 

 

そんな台湾の英語教育は

実は結構スパルタ的なところがるそうです。

 

学校のテストでいい点を取るために

英語の筆記のトレーニングを

続けているそうです。

 

でもこれ

日本のテストばかり行う

英語教育と似ているようで

決定的に違う点があると思いました。

 

 

それは、

日本では使うための英語を勉強していない

ということです。

 

日本の英語教育においては

重要視されるのは

単語や文法だけです。

 

そして文章も

簡単なものをゆっくり読めれば

それでいい

 

そういうスタンスですよね。

それは全国で行われている

センター試験の問題を見れば

 

一目瞭然です。

 

日本の英語教育にそって勉強していても

使える英語は身に付きません。

全て受け身の英語です。

 

 

それに対して台湾では

とにかく文章を書かせる

 

というただこのことをやっていました。

 

確かに英語学習としては

不十分かもしれませんが

 

その成果として

台湾の生徒は

圧倒的に英作文が速いです!!

 

 

実は台湾研修の最後に

英語で感想文を書くときがありました。

 

そのとき台湾の生徒はみんな

パッと英語で書いて

パッと提出していました!

 

これが普段のトレーニングの差か!

と思いましたね。

 

 

実際英作文のトレーニングを積んでいれば

英会話も多少はできるわけで

 

みんな英語に話慣れた様子では

なかったですが

 

それなりに英語で会話をすることができました。

 

 

ということで

台湾の言語事情を

簡単にまとめると以下の通りです!!

 

  1. 中国語とは少し違った台湾語を話す
  2. 英語は外国語として勉強している
  3. 英語はそこまでうまくはないが、ライティングなど使える英語を日々学んでいる。
 
台湾について
色々知ることができたと思います!
 
ライティングのトレーニングなど
英語学習において役立つ点も
発見できました。
 
 
ぜひこれからの英語学習に
活かしてくださいね!!