東京都文京区本駒込・やまだ整骨院の治療家・サイモンこと山田敬一のブログ

東京都文京区本駒込・やまだ整骨院院長・テーピングの伝道師・サイモンこと山田敬一が日々感じたり、経験・体験したことを綴ります。

駒込・やまだ整骨院 院長山田のブログです



治療スケジュールをこのブログに記載しています。
ご確認のうえ、来院して下さるようお願い致します。


テーマ:

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。
サイモンプレミアムテープ開発経緯、完結編です。
とはいえ2回で完結なんですが(苦笑)

image

テープ開発と言ってもですね、ハッキリ言って自分のチカラなんてホントに少ないんです。
サイモンプレミアムテープのリリースまで辿り着いたのは「製作に携わってくれた方々がいるからこそ」なんです。
それは痛いほどよく理解しています。

 

そもそも一介の治療家が作れるほど、テーピング製作はカンタンではありません。

今回なら何を作るのか?のアイデア出しからスタート。

 

デザイン、生地、粘着、配合物、裏紙、パッケージング、封入などなど。
カンタンに書けばこのくらいだけど、各セクションで何社も関わっています。
会社の数、そして関わった人数にしたらどれだけになるのだろう???

 

アイデア出しをしてから試作が上がってくるまで、ボクの出番はありません。

ただひたすら進行状況を伺い、出来上がってくるまでは手の出しようがないですからね。


試作が上がってきてからテーブルテストをしますがここからがボクの出番です。

モニタリングをし、モニターから声をもらうのはボクの役割になります。

 

ここで自分で自分に貼るのはもちろんのこと、患者さんの協力、仲間の協力、家族の協力を得ながら「ダメ出し」をしていくわけです。

 

もちろん評価してもらえる部分はありますが、むしろ「ダメ出し」が大切で、その声があるからこそ「もっといいもの」が出来上がってくるようになります。

効果効能は当たり前で、カブれるカブれない、使い勝手の良し悪し、そのあたりまで踏み込んでやっていくことは、ボクが現場で患者さんに使うことが一番なんですね。

 

患者さんの喜びは製作に関わる人たちの喜びにつながります。
ボクはその声を極力製作に携わる方々に伝えています。

 

売れているか売れていないかはもちろん大切ですが、患者さんの喜びの声を届けることも同じかそれ以上に重要だと考えているからです。

 

作ってもらったら終わり。
これでは寂しいし、携わる方々のおかげでボクは現場で喜んでもらっているわけですからね。

 

ものづくりって本当にシビアな世界です。
今回の開発でよくよくそれが分かりました。
製作する方々にとってはホンの少しのミスも許されない。
しかもそれが当たり前らしいです。

ひとつのミスで一気に信頼を失うそうですから。

なんてシビアな世界なのかしら。

もちろんボクらの仕事、治療もミスは許されないんですけどね。

 

結果として「商品=テープ」が動くわけですが、ここまで人が関わるとは想像以上でした。

まずは患者さんに喜んでもらえるように。
そしてもっとテープの良さを広めていって、製作に関わった方々にも喜んでもらえるように。

今回のテープ開発で感じたのは、結局は人なんだな〜ってことですね。

 
 
あ。アマゾンでも取り扱いしていますので。
コチラからでもお買い求めいただけますよ〜!

以上、開発経緯。でした!
ではまた。

 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。

 

前回書いたブログ、新しいテーピングについてですが、
Facebookのコメントもあったり、直接メッセージをいただいたり、想像していたより反響が多くてありがとうございます。

 

誰が、誰のために、誰に喜んでもらいたくて開発したのか?
は前回書きましたので、これから2回に分けて開発経緯を書いておきます。

 

今回リリースした「サイモンプレミアムテープ」は丸型のシールタイプです。
このタイプはハッキリ言って似たような製品がたくさんあるのが事実です。
磁気のものから、チタン、トルマリンなどなど、いろいろあります。

(ピッ○エレ○バン・ファ○テンパ○ーテープなどね)

{67E64BBF-6BF6-4441-818C-F42E306B0E27}

正直なところ最初はこのタイプで開発をするのは気が進みませんでした。
だって二番煎じ、三番煎じは否めませんからね。
ボクはサイモンオリジナルが作りたかったですから。

 

ただ冷静に考えてみると、あの丸型のシールタイプはもう市民権を得ているんです。
そしてユーザビリティも悪くない、つまり使い勝手がいいわけです。

 

当初は完全にオリジナルなカタチを模索していました。
それを路線変更をして、まず使いやすさを最重要視していきました。

 

こだわりを捨てたからこそ先に進めた。

テーピングのスキルやオリジナリティを追求しなかったからこそ開発できたのかもしれません。

 

そして素材の選定です。
布からはじまり、糊、形状。

そしてどんなものが入れられるのか?

このあたりが一番大変な部分でしたね。

最終的にシリカブラックという鉱石を20%配合させました。
シリカブラックは遠赤外線を放射する鉱石なんですよ。

 

もうここまで来ると治療家の仕事ではありません。
でもボクにしかできないんです。

 

治療家歴約20年、テーピングを使い始めて約25年、テーピングの品質に関わり始めて約10年。
この経歴、他にいないですよね。
だからボクにしかできないんです。

 

テープ自体のスペックに関しては、企業秘密な部分が多々あります。
これ以上は書けません。ゴメンなさい。
 

「こだわりにこだわって作った品質」ではなく、「こだわったのは使い勝手と効果」です。
気になる方はコチラのページをご覧下さい。
 

開発経緯、次回も続きます!

ではまた。
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。治療現場よりサイモン山田です。

 

やまだ整骨院では「サイモンプレミアムテープ」を販売しています!
それ以外は現在は通販のみです。
ショッピングサイトはコチラです。欲しい人はコチラからご購入下さい。

 

それ以外には、直接ボクとFacebookやTwitterでつながりのある人。
初回のご注文はボクから直接送りますよ〜。

通販でも初回ご注文でつながりのある人に関してはボクが全面的に責任を持ちます!

ボクから直で送付させていただきますね。

 

{DCFA1C5C-E7C5-4242-875E-0355D3DF3181}
 
{1B62802A-9EA7-40C2-A6B2-EE4517B174DE}
 
{8E9CDEC2-716C-4533-8027-8CDDE244AAA1}

テーピングセミナー活動や商品開発に関わり始め約10年、テーピングを患者さんに貼るようになってから20年以上。
ボクが貼ればテーピングの効果は出ます。でも自分自身でテーピングを貼るのはなかなか難しいもの。
そのためこのテープを考えるにあたり「自分で簡単に貼れ、カラダを楽にできるか?」を追求しました。

それがこの「サイモンプレミアムテープ」。今までに効果実証されてきた「シリカブラック」を採用し、肌に極力負担をかけないように「ヒアルロン酸」を配合させた、まさにプレミアムなテープになっちゃいました。

カラダが少しでも楽になり「やりたいことができる」ようになったら?

ボクにはそれがこの上ない喜びです。

 

これからアメブロで貼り方の紹介もしていきますね〜。
ではまた〜。
 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)