ヒプノセラピー SORA・KEIKO

スペース・SORAを主催しヒプノセラピスト(退行催眠・前世療法)として1999年より活動。
運を上げるコツ、意識のカラクリなど、実体験をお話します。
自分自身を知って人生の質を上げましょう~♪☆
(東京・有楽町線&副都心線『千川駅』下車徒歩5分)


テーマ:

つい先日、池川明先生の本を読まれて私のヒプノセラピーに辿り着いたとおっしゃる方が、セッションをお受けくださいました。


池川明先生といえば、子どもの胎内記憶をご研究をなさっている産婦人科のお医者様です。


ずっと以前に息子の胎内記憶をご提供させていただき、それから何冊かの本に息子の話を載せていただいていたのでした。


そんなこともスッカリ忘れていたのですが、本の内容と同じ記事を私のHPの『胎内記憶』のページ に見つけたとおっしゃって、いらしてくださる方がいるなんて、とても感激です。


その方がおっしゃるには、私の子育て法??に感激していただき、ご自身が子育てをする時の参考にしようと思っていらっしゃるのだとか。


大丈夫かしら・・・・!?!?

私の子育ては完璧というには程遠いですが・・・・


それでも私が心掛けてきたのは、

赤ちゃんだから何もわかってないと思わないということ。

小さな体に入ったばかりの大きな魂だと思うこと。

人と人としてちゃんと向き合うこと。

そして愛情はちゃんと表現し、ちゃんと叱るということ。

彼らの進路は彼ら自身が一番よく知っていると信じ、強制的にレールを敷かないということを大事にしてきました。


現在19歳男の子2と16歳女の子

なかなかユニークな子に育っています。ヒプノセラピーもたま~に使って、はからずも私や周りの環境が与えてしまった条件付けを外したりもしてきました。


小学生だった息子に、どうしても解消できなかったクセがあり、ありとあらゆる手立ては打ったものの何ともならず・・・


最後に息子を妊娠中だった時のことを(息子の胎内期)私自身がヒプノセラピーを行ったところ、その日以来ピタリと解消したということもありました!


この事は息子には話しておりません。




お仕事では、子育てやお子様のご相談になると、

私はかなり燃えます笑


胎内退行をご依頼のクライアント様はそんなに多いわけではありませんが、カウンセリングをさせていただいた時にピン電球ときて、お勧めすることもあります。


たとえば、自己の存在の否定や、自己の性別に関しての劣等感などのご相談の場合。胎内期にご両親またはどちらかの親御様が「絶対に男の子!」などと希望していたのに女の子だったとか、


「子どもなんて欲しくないのに・・どうしよう」などと思っていた、など、まさか胎児にはわからないだろうという事が、実は大きく影響している場合があるのです。


または、今までの事例では、未熟児で生まれた場合の『焦燥感』『劣等感』も見逃せないものがありました。


人にとって、人生の初期にどのような扱われ方をしたか、ということは、人生を通して無意識レベルでずっと付きまといます。そのことに気が付くまで、ずっとです。




そう言えば、数年前に池川先生がまた本を出版なさるとのことで、息子の話を使わせてくださいとのお知らせを関係者の方からいただき、その後、その本を送っていただいていたことを思い出し・・・sweat*


あらためて読ませていただきました。こちらです↓

胎児だから、赤ちゃんだから、子どもだから何もわかっていない、感じる能力や考える能力が大人よりも低いなんて、どんでもありません!


池川先生の著書を読まれてみると、そが分かるかも!!12


Pure Beauty ヒプノセラピー KEIKO.-__.JPG  

愛を持って、そして適切な躾のもとに、世の中の子供たちが育てられますようにrose+.


花スペース・SORA メニュー&お知らせ花
NEWメルマガ登録 ⇒★
ホームページ ⇒★
個人セッション ⇒★
ヒプノセラピスト養成講座  ⇒★
各種申し込み・お問い合わせ ⇒★


ブーケ2書籍ブーケ2

↑クリックで詳細をご覧いただけます↑
ブーケ2CDブーケ2
  
↑クリックで詳細をご覧いただけます↑
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

SORA・KEIKO さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります