VAPEやらタバコやらなんやらかんやら。

タバコと名のつくものが趣味。最近はタバコよりもVAPEの方が多いです。


テーマ:
先日twitterで交友のあるこちらのお方が錦糸町のVAPE HOUSEさんに行くと聞き、以前Facebookにてこちらのリキッドを仕入れたとのお話を聞きました。
ちなみにこの方もレビューを行っているのです。

フィリピンはドリッパー天国と言われており、Modderさんと私も直接良くやり取りをさせていただいておりまして、先日もjapanese editionの作成なんかも作っていただいたりと仲良くさせていただいております。
基本的にデュアルパラレル18650等でなるべく4V台のキープ、そしてカッパーやカッパーシルバーコーティング等のピンを利用し、低抵抗、爆煙でのクラウドチェイスが非常に盛んで現在は日本、USAでもその波が押し寄せています。

よって求められている物は低抵抗でも味が飛ばないぜ!と言うリキッドだったりするのですが、私が所有しているjapajuce、Bamskilicious辺も同様に例え0.3Ω前後でVapingを行った時でも、むしろミストが暖かくなるor蒸気によって水々しさが生まれる等プラスに働くように設計されていると思っています。ただもちろんこの辺を例えばGenesisで吸うとまた別の美味しさが産まれたりするのでこれは人それぞれな感覚でもあるのかな、と思っております。

そんな中、東京のRich Vapers Cribさんが日本で最速導入、そこから錦糸町にあるVAPE HOUSEさん、福岡ではVapecafe REVIVEさんが店頭にて置いているリキッド。
通販が可能かどうかは今のところ確認はしておりませんが今回は物物交換をさせていただき手にする事とが出来ました。
いや、福岡住民の私ですから買いに行けばよかったのですが、なんせ人が多い都心部、かつそれ程天神に用事があったとしても仕事関連が多く、中々ショップに向かうと言うタイミングが見つからなかったと言うのが正直な話ではありますが。
REVIVEさんにあるのをその時は知らなかったと言うのもあります。

一度別のお店のマスターが所有していたため、試しに吸わせてもらったらちょっとビックリする程好みのリキッドだった為、是非ともレビューを行いたいなと思っておりました。


AMBROSIA venus Vanilla cupcake 1ボトルは30mlです。
金額はもしかしたら店舗によって違う可能性がありますが、VAPE HOUSEさんでは3000円だったとの情報を頂きました。


特にこの部分は特別な構造をしていない気がします。
ただ多少VG比率の方が多いような気がしないでもないのですが、どうなのでしょう。ラベル記載、公式サイトが存在せず、FBにてページはありますが、申し訳ない、リサーチ不足です。


Vanilla Cupcakeフレーバーと言うこの文字だけでも私は唾液を分泌させる事が可能の領域に達しています。


もちろんノンニコチンです。日本で販売している物、かつ譲渡は禁止されています。
最近ショップでニコチン入りを販売している業者があるとのことですが、もちろんバレてしまうと刑罰がありますので、もしニコチンを入れたいのであれば気合で探してニコチンリキッドを探すか、ノンフレーバーニコチンを調整してVapingを行うと良いかと思います。


最近のお気に入りの組み合わせ。
今回もMephist 0.3Ω 24G 7rapで吸いましょう。
通常のリキッドでは基本的には

甘い。
バニラカップケーキは確かに連想させてくれます。
キャラメルのような感じも少々感じますが、そこまで強引なフレーバーを感じないレベルなので非常に美味しく吸えます。ミスト量も満足出来るレベルで、これで察するには恐らくVG比率は多めなのかなとは思います。

ただ多少気になるのが要するにフィリピンドリッパーである必要性があるのか、と疑問が発生してしまうのがやはりVaperとしては気になるところです。

サブΩ値、0.5アンダーはどうしても無意識的にリスクを感じてしまうのもしょうがない話ではあります。私の場合は下げても0.3Ωアンダーには持っていかないのですが、今回は試しに0.8オーム程度のTohb attyにて、味重視と言われているタイプのアトマイザーで試したところ、これはこれで味が濃く出てくれるので美味しいリキッドには変わりはありませんでした。

また上でも述べたように、低抵抗でも非常に美味しく吸う事が可能です。0.3Ω、24Gカンタルは大抵のリキッドは多少薄く感じてしまうのですが、逆に熱量が上がってくれる事、またミストの水々しさも感じれるのか、これくらいが丁度良いのかな、なんて思っていたりもします。

私はいつもある程度VG heavyのリキッドの場合は同じセッティングで吸っての比較をしたいことから、比較的細めのドリップチップを好んで使用しております。
むしろロングのドリップチップを使うよりワイドボア、ショートな物を使い更にを高める事で幸せな時間を楽しめるかもしれません。

ただ如何せん結構なレベルでの甘さの為、ハイチェーンを行った場合、人によっては甘すぎて喉に多少辛さと言うか、残る感じが好みでは無いぞと言う方も中にはいるとは思えました。
少なからずこれを一日で10ml程ボトルに移して3~4時間程度で空にしてみたのですが少々箸休め的な物は欲してしまったと言う結果が残りました。と言っても例えばストレート、もしくはレモンの入った紅茶等で一旦喉をリセットさせながら吸っていた方が逆に喉が乾く感じはしないのでそう言ったケーキの代わりにデザートのようなリキッドで楽しんで頂けるんじゃないかと思います。


余談。
私は元々ニコチン入りリキッドユーザーの為、普段はニコチン入りのリキッドを多く使用します。数えた事はないのですが、ノンニコチンリキッドの倍以上の数のニコチンリキッドを冷蔵庫にて保存、保管、スティープを行っております。
もちろん例外はあります。例えば前回レビューを行わせていただいたBI-SOさんのQuaker's Cocktail等はノンニコの状態でも満足した結果が残りました。
試して見た結果ではありますがvenusにもニコチンを4mg調整程度にかけて無味VG100ニコチンを添加しました。
が、これは私に取って正解だったのです。
スパイス感と言うか口の中に入る若干のピリピリした軽い刺激が非常にマッチして美味しく吸う事が出来ました。
こうなるとやはり本家からニコチン入りを個人輸入したいぜ!と思いたいのですが、残念な
ことにフィリピンジュースではよくある話ですが手に入る場所が中々無く、非常に残念な気持ちになりました。
手に入る事が可能であれば、甘党の貴方にはオススメかと思っています。
ケーキ、ドーナツ大好きな私に取って正解だ!と思えるリキッドに巡り合えたのは非常に嬉しく思います。

ちなみに最近思いっきり低めのサブΩばかり吸ってるんじゃね?とのお声がそろそろ上がりそうなので一応誤解を解くわけじゃないのですが、普段は大抵RTAとドリッパーは最近は1.0Ω前後で楽しむのが基本的なスタイルです。
ただしそれが全て出ないと当然ながら理解しています。抵抗値はリキッドによって、美味しい抵抗値を見つけるのも一つの楽しみなのでは無いかと信じてやまない人です。むしろ逆に中途半端な抵抗値にて吸って、「あれ?」となった場合、もしかしたらそのリキッドには向いていない抵抗値だっただけと言う可能性もちろん存在しますのでトライ&エラーを繰り返すことで美味しいぞ!と思える物が見つかるんじゃないかな、と言うそう言った楽しみ方も一つ模索してみてはいかがでしょうか。

何が良い、これじゃないと、何て偏見は最初から持っていないつもりではありますが、私でももちろん知らないリキッドはたくさんあり、ビルドを教えてもらう事は多々あります。ただ
このリキッドは美味しいよなんて甘い誘惑をいただくとついついマウスの右指が無条件に力が入ってしまいどんどん沼にハマっているのは自覚はしてはいるのですが・・・w

私が出来ることは、美味しくそのリキッドを楽しめるか一つの例として、こう言う味わい方は私は美味しかったよ、程度に思っていただいても問題はないのかと思っています。もちろん正解は自分次第、私がビルドを行った上でご提供しているわけではありませんので、そういえばあいつがこう言う感じの事を言っていたな。と思い出して貰えれば非常にありがたい話です。

よって全て当てはまるわけではありませんが、多くのリキッドは、Genesis、RTA、もちろんクリアロマイザーでVapingを行うとまた違った味わい方をを楽しめる事は間違い無いかと思います。

その辺りは人それぞれ、自分のスタイルや好みに合わせて毎日VAPEが美味しいね、と思うようにして欲しいなと常々思っている事ではあるのです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

keipsychoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。