籾すり

テーマ:


先日皆さんで刈った稲をお米にしました!




重なる米袋・・・を撮ったのですが画像が縦になりませんでした(;_;)


頭を傾けて見てください(・ω・)


近々お米屋さんにお届けします!!



で、乾燥、調整の過程をちょっと。

※農家さんによって使っている機械も色々なのでうちの場合です。

写真は「杉三反」の時の作業風景じゃないです。でもやってることは一緒なので。。。

「杉三反」の写真取り忘れました・・・


刈り取ったお米(籾)はトラックで運ばれ乾燥機に入れられます。


この長いやつです(日本語が拙い)


「杉三反」は一番左に入れました。


で、一晩くらい風であおって、その後1日かけてじっくり乾燥させます。

急激に乾燥させるとお米が割れちゃったりと品質が落ちてしまいます。


で、乾燥が終わってからも半日程度かけて冷まします。

これもアツアツで籾すりをすると品質がおちるからです。


お米、デリケート!!


ここまでやって、やっと籾すりです。


機械で籾殻をとり玄米にしていきます。


籾と玄米を分けていきます。

↓これが振動して比重によって分けるんですが・・・


写真もわかりにくいし、省きます(>0<)


その後は色彩選別機にかけられて色のついたお米等が取り除かれます。



また横です。

すいません。。。

そしたら網で小さなお米をふるい落として袋詰め。







ここまで約1分。


機械はすごいです(・ω・)

ちなみにスギヤマ一押しの機械は


「楽だ君(らくだくん)」


ただお米を下からあげてくれるだけの機械ですが

コレがめっちゃ便利!


ネーミングも素敵!!


スギヤマ








AD

稲刈り!

テーマ:

稲刈りしましたー!!


先日の大雨で田んぼの状態等心配していましたが

無事に稲刈りできました☆


やや田んぼがぬかるんでましたが。。。


手刈り第一陣。

水の入り口(水口)のあたりなのでよりぬかるんでます(^^;



お子様たちも田んぼに(*^^*)



稲の丈は毎年ほぼ変わらないのに

年々稲よりも背が大きくなっていってびっくり。



コンバインにも乗ってもらいました。




お昼頃に雨がちらちらしてきましたがその後晴れたので

皆さんに手刈りしてもらった田んぼも刈りとり

今年も無事に収穫終了しました!!


責任もって乾燥、調整してお届けいたします(^-^)v


今日は遠路はるばるありがとうございました!!



先日の大雨での被害を心配してくださりありがとうございます。

幸いうちの周りでは作物を含め大きな被害はありませんでした。


なにかと気にかけてもらえて嬉しかったので

改めてお礼申し上げます!


スギヤマ♪




AD

大雨!! 

テーマ:

栃木県、ただいま大雨です!


荒川、大変なことになってます!!



  



でも、安心してください!!




杉三反は無事です(*^^*)


うちの方は民家への被害も今のところありませんが

怖いので家の中でおとなしくしてます。


スギヤマ


AD

開花☆

テーマ:

開花・・・とは言わないのかな??


稲の花です!



白いぽちぽちがそうです。



8/10の写真ですが、しましまがくっきりしてきました!




やや背の低いものが「なすひかり」です。


穂が出てきたのでより分かりやすいかと思うのですが・・・


どうでしょう??



スギヤマ☆


落雷!

テーマ:

杉三反の圃場ではありませんよ(´・ω・`)


田んぼに雷が落ちました!




道路の左側の奥の方に茶色く変色した●があるのわかります??



栃木は雷が多いこともあって結構落ちます。


でも、雷が田んぼに落ちた年は豊作だといわれています('ω')ノ



今年は豊作かな!?



スギヤマ☆

青刈り!?

テーマ:

先日(25日かな?)杉三反の圃場に行ったら


道路に並ぶ稲!!



コレ、お正月のしめ縄用の稲なんですよ~


天日で干すと青色が綺麗にでるそうです。


そのあとは専用の乾燥機で乾かすとか、なんとか??


で、背丈も高い!

じゃないとしめ縄に使える部分も短くなっちゃう。



写真後ろの杉三反の稲に比べて色が濃いのわかります??



稲はご飯にする以外にも色々活用されてます☆



そうそう!

「あと〇〇日位で出穂(穂が出る)するよー」

と、いうのはこの部分↓を見て予想してます。



お天気が続けばあと1週間位で出穂するかな??


スギヤマ




倒伏度チェック☆の続き。

テーマ:

早めにフォローします(--;;


倒伏嫌ならそこの節のところを伸ばさなければいいじゃん!


と、思いますよね??


でも、そうもいかないんです。



その節が伸びる時期と穂が作られる時期がかぶってるんです。

(コシヒカリだと7月上旬位かな?)


つまり


節を伸ばさないためには肥料をきればいい

でも肥料がないと穂がちっちゃく、スカスカになっちゃう・・・



痛し痒し!!



前の写真の倒伏しそうな稲は、穂はかなりぎっちりみっちり育ってるはずです。




因みに杉三反に使っている「なすひかり」は背丈が少し低く、倒伏に強い品種です。


コシヒカリは倒伏しやすい品種。


しましまに植えることでなすひかりが支えてくれてます。


実際コシヒカリだけよりも倒伏は少ない気がします。




でもちゃんと伸ばしすぎないようには気を付けますよ(*^^*)



スギヤマ☆



倒伏度チェック☆

テーマ:

今年は台風が多い・・・


まだこの時期はそんなに心配はないのですが

稲が色づいてきた頃の台風は恐怖です。


せっかく実って、もうすぐ収穫☆

って時に倒伏するとすべてのやる気がそがれます。。。


そんな恐怖の倒伏(大げさ)ですが

今の段階でもすでに秋に倒伏しそうな稲の特徴があるんです。


品種や地域によっても違ってきますが。



チェックポイント~止葉(トメバ)~



最後に出る葉っぱなので「止葉」。


穂ばらみしてくると、「あー、これが止葉かー」と分かります。


穂ばらみしてるってことは、次に出てくるのは「穂」だからです。




剥くと・・・


穂!


これがにょーんって上がってきます。



で、↓は倒伏しちゃいそうな稲。



止葉、大きいんです!

比べると一目瞭然。



なんで止葉が大きいと倒伏しやすいかというと


単純に背丈が高くなるから、というのと

倒伏に一番関係する節(節と節の間)の長さと

止葉の大きさは比例するからです。


もし、稲を見る機会があったらぜひ止葉をチェックしてみてください。

みっちり育っていたら、倒伏危険度、高です(コラ!)


スギヤマ☆





















余談2.

テーマ:

またまた生育とは関係ないのですが・・・


見る機会の少ないものかと思うので(杉山も初めて見ました^^;)


あと、先日TVでお米の検査のことがやってたので。


興味のある方・・・いるのかな??




フレコン(大きい袋。1トンとか500㎏とかサイズは色々。

うちではお米を入れます。)検査用の道具です。


穀刺(コクサシ)



玄米を検査するときにお米を抜き取るものです。

30㎏の米袋用はもっと小さいですが、これは大きいです。


竹刀よりも長いです。

物干し竿よりは短いですが。


猫2匹分(しっぽ含む)位です。



で、抜き取ったお米を・・・


均分機(キンブンキ)↓に入れて混ぜます。



これは30㎏の米袋の検査では使いません。


抜き取ったお米を量的及び質的に等分する・・・ものだそうです。


電気とかモーターとかでぐるぐる回ったりするかと思ってたんですが・・・



回りません!


上からお米を入れると、下に落ちてくるだけです。



ごめんなさい。

がっかりしました。


でも、大切な器具なので大事にします。



お米の検査には他にも色んな専用の器具が必要なんですよ~