【NEWS】2016年9月28日(水)より待望のGLASS TOP NEW ALBUM「-C-」がiTunesやレコチョク等、各配信サイトにて販売中!!
CDをお求めの方はセブンネットショッピングにて独占販売中!!
7net.omni7.jp/detail/1301342…
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-30 00:26:42

今日からスタート

テーマ:ブログ
本日より「ONE“WO”MAN TOUR」がスタートします。

これまでのWOMAN作品集大成のツアー。
WOMANというコンセプト作品を作ることで自分の新たな引き出しが増えました。
そもそも僕が初めて楽器を買ったのがアコースティックギターで。
ロックよりもアコースティックの方が好みでした。
徐々にロックサウンドにハマり、20代前半はアメリカンロック、そしてGLASS TOPを始めた頃25歳くらいの時はUKロックに取り憑かれてました。
最近では年齢を重ねたせいか、また落ち着いた音の方が心地よくなってきててアコースティックなサウンドが聴きやすい。
気がつけばWOMANという作品が手元にあり、そのことが嬉しく感じる時があります。

そもそもWOMANというものは自分の意志で作ったかと言えばそうではなく、お客様の声やスタッフからの提案で作る運びとなりました。
当の自分は当初あまりピンと来てなかったように思います。
今作られてるような音楽が自分の中から生まれてくることも想像してなかった。
現在の僕がWOMANを通して勉強したことというか意識してるのが、あまり自分のエゴを持ちすぎないということです。
他人の声や意見に例え最初よく分からなかったとしても一回乗ってみる。
そうすることで勝手に自分でしまいこんでた新しい自分に出会えることがあります。

理想を言えば、
WOMANのような音楽を作り続けて、60歳くらいになってもこのような音楽を歌い続けられていたら素敵だなぁと思います。


一方で、
今回一旦WOMAN活動の区切りにしようと思ったのが、このような活動はこだわらなければいくらでも続けられると思ったからです。
GLASS TOPを掲げてる僕にとってソロ活動ってある意味自由すぎるものでもある。
自由な活動が形になりGLASS TOPにも足し算になっていけたら何も考えることはない。
ただ残念ながらまだまだ現状僕のソロ活動はGLASS TOPの財産の上でやっているなと感じました。
極端な正解は、
小林佳の音楽は好きだけどGLASS TOPの音楽は興味ない、またその逆も然り、
そんなことが当然のごとくあれる状態を目指してます。
もし同じ環境のまま同じ気持ちのまま次の作品もあると今の自分が考えた時、それは自分のおごりだと感じてしまったのです。
活動はいつも良い作品を作って人に支持されてまた次の機会を得る。
その意味でWOMANで言えばⅣまではその流れが自分の中で感じられてました。
何かしらの理由も繋がってこれた。
でも今さらに次回作を考えることは自分の採点の中で現状達してないです。

前にも言った通り、WOMANで表現したい音楽という意味でも良い意味でⅣを作ってやりきった感もあって。
良い音楽って絶対感情が湧き出るようなものだと思うから中途半端にできないなとも思ってます。

今回のツアーを回らせてもらえること、非常に嬉しく思うし感謝してます。
様々な感情をぶつける場でもあります。
根底にある想いは僕はWOMAN作品は本当に素晴らしいものだと自負してます。
もっともっとこの音楽をいろんな人に届けたいし評価されたい。
区切りのツアーということで自分自身心置き無く表現したいなと思ってます。
自分自身が思い描く素敵な音楽というものがツアーを通してどう反応を生めるのか、
これは楽しみでもあり怖いところ。
でも8月のファイナルの瞬間にステージ上で感じてる気持ちがいろいろ踏まえての是なんだと思ってます。
それが最高に高揚するものでもちろんありたいので、今日からライブを楽しみながらまた闘いもスタートするんだなと感じてます。


そういえば昨日たまたま両親が東京に来てて食事をしました。
日頃会えない親戚とかとも会えて楽しい食事でした。
地元が離れてるとは言え年に2回ほどは毎年家族に会えてるので恵まれてる方かもしれません。
僕自身年食ったなぁと感じるということは当たり前のように親も年を取っていってます。
昨日当たり前だったことが次はひょっとしたら当たり前じゃなくなってるかもしれない。
そんなこともたまに思います。
キリはないけれど、今の自分が期待された息子の姿ではないであろうということに毎回凹んでしまう自分がいます。
今までたくさん期待してもらって応援してもらって来たので、まだまだな自分にコンチクショーと思うのです。
昨日の今日というのは何となくセンチメンタルな気持ちが湧くものですね。


改めて今日からソロツアーが始まります。
みんなに素敵な音楽で楽しんでもらうための旅。
自分自身自分の未来を切り開くための旅。
全身前例の僕の音楽を是非感じてもらいたいです。
「ONE“WO”MAN TOUR」よろしくお願いいたします。






★「ONE“WO”MAN TOUR」スケジュール★

2017年4月30日日曜日【昼公演】
acoustic live hall 神楽坂 THEGLEE
ムジ会×小林佳「出発前に実家で話そう」
時間:開場12時30分/開演13時00分
料金:前売2500円/当日3000円(drink800円別)
出演:小林 佳(GLASS TOP)/石橋沙弥香(MUSIQUA)
アクセス: http://theglee.jp/access

2017年5月17日水曜日
渋谷GUILTY
「OTOMORI SONG EMISSINON」
時間:開場18時00分/開演18時30分
料金:前売2100円/当日2400円(D別)
出演:小林 佳(GLASS TOP)/トレモロコード/
嶋貫加奈/根来一樹/miccie

2017年5月19日金曜日
渋谷TAKE OFF7
「SHIBUYA FRIDAY NIGHT!」
時間:開場18時00分/開演18時30分
料金:前売2500円/当日3000円(D別)
出演:小林 佳(GLASS TOP)/小林太郎/
月光/寿BAND/*他告知解禁前出演者有り

2017年5月24日水曜日
高田馬場Live Cafe mono
「SINGERS」
時間:開場18時00分/開演18時30分
料金:前売2300円/当日2500円(D別)
出演:小林 佳(GLASS TOP)/sWan/
鈴木康平/more

2017年6月20日火曜日
高田馬場Live Cafe mono
「SINGERS」
時間:開場18時00分/開演18時30分
料金:前売2300円/当日2500円(D別)
出演:小林 佳(GLASS TOP)/前田大志/
sWan/鈴木康平/more

2017年6月27日火曜日
横浜BAYSIS
「BAYSIS 11th ANNIVERSARY」
時間:開場17時30分/開演18時00分
料金:前売2400円/当日2900円(D別)
出演:小林 佳(GLASS TOP)/竜徹日記/
フリーウェイハイハイ/宮林愛美/
菅野翔太/*他告知解禁前出演者有り
プレイガイド:e+ (http://eplus.jp)
問合せ:BAYSIS (045-227-5528)

2017年8月26日土曜日
acoustic live hall 神楽坂 THEGLEE
小林 佳 TOUR FINAL ONEMAN「ONE“WO”MAN」
時間:開場18時30分/開演19時00分
料金:前売3000円/当日3500円(drink800円別)
出演:小林 佳(GLASS TOP)
アクセス: http://theglee.jp/access
予約: http://cacuu.jp/production/ticket
*4.30のライブにてチケット販売開始
*手売りチケット整理番号順での入場

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み