起きている現実を
まだ飲み込みきれなくて
感情が激しく揺さぶられる
 
「神さまはいる」
 
そう思うしかないほどの
奇跡のような偶然という名の必然が起きた。
 
あまりにも驚きの偶然に
運命の流れに震えが止まらんかった
 
どんな意味があるの?
神さまは何を伝えたいの?

 
私にとって
5/2は思い入れのある日。
 
その日に
起きた偶然に
 
なんでーーーー?
何が起きてるのーーーーー?
 
自分の本当の気持ちから
逃げないで、向き合って、対話してって
 
神さまは分かりやすく
サインを届けてくれたのかもしれない。
 
 
蓋をして言葉にしてこなかった思いに
気づくために、伝えるために・・・
 
離れていても
同じタイミングで引き合わされた。
 
 
もっと安らげたら
もっと心を開きあえたら
もっと自分を大切にできたら
 
そう願うのに
 
何かを恐れて
割れない大きな殻の中で
決して本音を見せまいと
固く閉ざしているようで


その殻の内側にある
ありのままの光に触れたいのに
 
 
心を閉ざされると
寂しさで胸が締め付けられる
 
涙が止まらない。
 
 
ツインソウルとか
わからないけど
 
 
この経験は、この思いは
どこへ繋がっていくんだろう。。。
 
 
心配より信頼
 
 
その言葉が心強かった。
 

 
*****************
【御神託】
極度な寂しがりやさんは、
ツインソウルな人が多い。
 
ツインソウル、とは、
すべてが意気投合して
ぴったりうまくいく関係かというと、
残念ながら、そうでもない。
 
2人は、 近づき過ぎると弾き合い、
側にいても、 いつも離れて行くような、
決して心地よくはない感情を抱き続けながら、
一緒にいる。
 
もっと安心できたら、
もっとこころを開けたら、
そう思いはするけれど、
なかなかうまくはいかない。
 
本当は、お互いを求めているのに、
寂しい気持ちは、
それぞれ違う人で埋めたりもする。
 
お互いがお互いの一部だから、
消えて無くなることが
とてつもなく怖さを感じるのだ。
 
ツインソウル。
どこまでもひとつにはなれない。
 
だって、 2つでひとつだから。
2人で大きな御役目を背負って、
この地球のために降りてきた。
 
ただただ、祈り続ける。
もうひとつの肉体のしあわせを。
もうひとつのこころのしあわせを。
 
そして、「そのとき」がやってきたら、
2人は自然と力を合わせ、
ことを成し遂げて行く。
 
それが、 ツインソウル。
 
天宮玲桜
*****************
AD