手帳

テーマ:
今日はクリスマスイブ。三連休の最終日です。

しかし、この三連休は年末ということもあり、
いろいろなことを考えるいい休日となりました。

ちなみに、何を考えたかというと・・・、

来年(ってもうから考えたら気が早いですか? 笑)、
自分自身、プライベートや仕事で何を目標にどうするべきなのか。
組織として今後どうしていくべきなのか。もっというとどうあるべきなのか。
またそれを実現するためには・・・。 などなどを、
脈絡もなく、時にはDVDや本を読みながら考えました。




そしてあれこれ考えているうちに、手帳が必要であるように思い、
年末ということもあり、さっそく手帳(と財布)を購入してきました。


手帳を買う際に考えたこと。
それは、「手帳をどう使うか。」

手帳は単純に考えると、
時間軸をベースとした、スケジュール管理、タスク管理、記録という
三つの機能が備わっていると思います。

それは、ちょっと見方をかえると、
日常的にPDCAをまわしていける成長ツールであるともいえます。
(年末に雑誌でよくある「デキるビジネスマンの○○手帳」特集みたいな言い回しですね 苦笑)

しかし、それをきっちりまわしていくには、
明確な目標とその指標が必要であり、
その目標も長期的なものからブレイクダウンして、
短期的なものへと落ちていかなければいけません。

つまり、大枠のスケジュール(特に主体的な部分)は、
年始にある程度埋めることが可能だと思いますし、
それは、スケジュール管理というよりむしろ、
目標達成をベースとしたタスク設定といったニュアンスが強いと思います。
(いついつまでに○○をやるといった感じですね。)

もし、そのタスク管理がきちんとできるとするならば、
日々の業務の目標設定や目標管理も、
手帳上で行ってもいいかも知れませんし、
むしろ手帳と毎日にらめっこして
タスクの完了・未完了をチェックしていけば、
当然ながら目標達成も見えてくるように思います。

きっとその考えに基づいて生まれた(?)のが、
業務日報であり業務日誌なんでしょうね。

しかし、日報にしても日誌にしても、
そもそもその目的がわかってなければ
ただの面倒くさい文字の羅列でしかありません。


今回購入した手帳もただの文字の羅列にならないよう、
いやむしろ自分の成長にしっかりとつながるツールになるよう、
手帳を有効活用していければと思います。

AD

今日の日経の朝刊に、

-----------------------

家庭の所得差が小学生の学力の差につながっている

-----------------------

という記事がありました。


最初はその記事を読んで、

「なるほど、裕福な家庭ほど学習塾とか教育関連の事柄に

費用をかけられるから差がつくんだな。。」

と納得していましたが、


ちょっと立ち止まって考えてみると、

なんだか違和感を感じるのです。


なぜならば、私も決して裕福な家庭ではありませんでしたが、

別にとりとめて成績が悪いわけではありませんでした。

(反対に良くもなかったですが・・。苦笑)

そして、周りに目を向けても同様で、

「経済力の差=学力の差」ではなかったと思います。



であるならば、考えられる要因は、


昔と今では求められる学力レベルに大きな差があるのか、

求められるレベルには差は無いが、

なんらかの事情により学校外での学習によって差がつく状況にある。


ということです。



となると、その「なんらか」とは何か。

ということになりますが、


単純に考えると、

小学生の学力レベルが昔に比べて著しく下がったか、

教える側の教育レベルが下がり、ちゃんと教えられていないか、

ということが想定されます。



別に、学力が全てだというつもりもありませんし、

「日本の教育に改革を」と声高に訴えるつもりもありません。



しかし、この解釈にたどり着いたときに思ったのが、

現実としてこういう状況が起きていることを、

実際に教育に携わっている人たちはどう認識しているのだろうかということです。


もしかしたら昔もその状況が存在していたにも関わらず、

単純にそれが解明されていなかっただけかもしれません。


しかし、この事象を受けて、(この記事の論調でもある)

「所得の差があるから国は何とかしないといけない」というのではなく、


なぜ、昔は無かった原因による学力差が今こうやっておきているのか。


もっともっとこの事象が意味していることを真摯にとらえ、

そもそもの学校の責任範囲と重ねながら、

教育者達は自身に矢印を向ける必要があると思います。




なんだかいつになく社会的なブログを書いてしまいましたが、

ちょっと気になったので書き留めておきました。(笑)

AD

台風と帰省

テーマ:
先ほど東京に戻ってきました。

実は、この三連休を利用して実家へ帰省。
台風の中ながらも温泉を毎日楽しみ、
予定も狂うことなく戻ってくることができました。

まあ、行くときはその台風の動向で、
そもそも行くか行かないかで迷いましたが、
いろいろ(?)な情報を加味した結果、
行くという判断をしてよかったと思います。



というわけで、ちょっと小難しい話を・・・。(笑)

今回の帰省の本質は、
「月曜中に東京に帰ってこれるかどうか」であって、
「台風が来るか来ないか」ではありません。

もちろん今回のように、両者が非常に強い因果関係であるならば、
「台風が18日に来るなら行かない。」
「そうでなければ行く。」といったように、
その議論に終始してもおそらく問題ありませんが、

気をつけなければいけないのは、
その台風は一つの判断基準であって、
それが全てではないということです。

つまり、いくら台風が猛威を振るおうが、
なんらかの手段で東京に戻れるならば
「行く」という判断がなされますし、
反対に、台風が過ぎ去っても、
例えば秋雨前線とかの影響で飛行機が飛ばないなら
「行かない」という判断になります。

結局、問題になっている本質を棚上げして
各論の話だけになってしまえば、
本来は解決できることであっても
解決までたどり着かなくなることもあるってことですね。

ビジネスシーンでもよくこういったことがみられますが、
結局、大切なことは、課題をきっちりセットすること。
そして、それに対するオプションを広げることです。



まあ、とにもかくにも無事東京に戻れたので、
明日からは、課題のレポート作成のために勉強勉強です。
でも、なんでレポート書くのか(勉強するのか)を
頭に留めておかないと・・・・・、ですね。(苦笑)
AD

本が山積み。。。

テーマ:

今日は読書について少し。


私は毎日一応本を読む時間を作っているのですが、

実際ちゃんと本が読めている時間は、

朝の読書時間と帰宅後寝る前の少しの時間の

あわせても1時間~1時間半くらいです。


まったくそういう時間がないよりもマシですが、

現在目の前には、それだけの時間では

まったく追いつかないほど山積みの本があります。。。(苦笑)


もちろん本のボリュームも内容も様々ですが、

基本的にじっくり読みたい本ばかり。

これから忙しくなることを考えると、

早く全部読んでしまいたいところです。


読まれない本が山済みになっている状態は、

私にとっても本にとっても、そしてその本を執筆された著者の方にも

決して幸せな状態ではないですからね。



活字に関しては、日本人の活字離れがよく言われていますが、

私は、別に活字離れという状態は必ずしも当てはまらないと思っています。


それは、私が本を山積みにしているから。というわけではなく、

本や新聞といった紙媒体から

ネットへとシフトしているのではという気がするのです。

例えばニュースをネットで見るという行為もそうですし、

ブログにしてもそうです。


では、なぜ本や新聞ではなくネットなのか。


考えられる要因は

(あくまで私の主観ですが・・、)


・金銭的な要因

・物的な要因

・時間的な要因

・意識的な要因

・その他


といった感じに分解できると思います。


金銭的な要因は確かにあるとは思いますが、

1冊1万円も2万円もする本は

よほど学術的な専門書かリサーチデータ関連、

技術書くらいなものです。


物的な要因に関しては、

文字を追いかけるという行為にとって、

紙は一番やさしい媒体ですし、

文庫本や新書に関しては持ち運びに困るわけではありません。


となると、時間的な要因か意識的な要因かその他になるのですが、


まずは意識的な要因から考えてみようと思います。


私を振り返ったときに、

買っている本はほとんど全てビジネス書です。


なぜビジネス書ばかりなのかと考えてみると、

私にとっては、より仕事を円滑に進めるために

必要だと思っているからです。


そこから考えると、ひとつの仮説として、

誤解を恐れずにあえて書くとするならば、

「必要ではない」ということになるのでしょうか。

ある種、知的欲求に対する意識レベルが

低くなっている状態なのかもしれません。


もちろん全ての人がそうではありませんし、

本を読むという行為以外に知的欲求を満たす行為は他にもあると思いますし、

ネットもその行為のひとつに当てはまります。


ビジネス書に関してはまだ実生活に結びついていますが、

普通の文庫本に関してはいわば嗜好品です。

なくても生きていけます。

もちろん、ビジネス書に関しても

読まなければ仕事ができないわけではありません。


そこに時間的な制約をうけるとなおさら離れてしまうのかな。と。


私の周りの人は私以上に本を読んでいる方もたくさんいますので、

本離れという言葉自体当てはまりませんし、

実際にその話に関しては「本当??」となってしまいますが、

もし、世の中で言われていることが本当ならば、

そういうことになるのかな。と思います。


本当はそこで、なぜ必要でないのか。

本当に知的欲求に対する意識レベルが低くなっているのか。

それ以外の何かではないのか。

というところまで仮説を掘り下げていかなければいけませんし、

ネットへのシフトについてもあわせて考察していかなければいけませんが、

長くなりますし、時間的な問題もありますので、

また次回以降に書いていければと思います。


※今日のひと言は夜でもUPします。

夜ではなく翌日になってしまいましたが、今日のひと言。。




【今日のひと言: 『ドラッカー365の金言』より引用】

---------------------------

新しい現実を機会としなければならない。

---------------------------

本書では「ギャップは機会だ」と書かれています。

過去の現実と現在起きていることには当然ながらギャップがあり、

過去の理想を追い求めている人は、

現実の変化とのギャップに苦しんでいる。とも。


その新しい現実を理解し、受け入れ、利用するものにとっては、

大きな機会であり、それを直視することこそ大切だと本書には書いています。


確かに今までの自分が通用しない場面は多々あります。

決して、今までの自分が能力がないわけではなく、

状況が変われば求められるスキルも変わってくる。といった感じですか。


私自身、今の変化に完全に対応できているか。

ときかれると、100%の自信をもってうなずくことはできませんが、

ただ、過去の自分と今の自分はすみ分けて考えようとしています。


なぜなら、過去の自分がうまくいった状況と

まったく同じ状況はありえないことですから。


これから大きな変化が次々と起きていく(続いていく)と思われますが、

その中での「機会」を見つけていくことも大切ですね。




余談ですが、私はこの「機会」という言葉が大好きです。

もちろん、私の好きな言葉が

「自ら機会を創り出し機会によって自らを変えよ」

だというところからきているのかもしれませんが。

「機会によって成長させる。その機会をも自分で創り出す。」

もっともっと向上心と成長欲求をもって

「機会」を生み出していかなければいけませんね。

3つの健康

テーマ:

今日は土曜なので早起き休止。

ちょっとゆっくりめの朝を迎えています。
とはいえ、やることは当然ながら

減るわけではないですが・・。




前にも書きましたが、

私は自分のビジョンを達成するために

必要な「健康」が3つあると思っています。


その健康は、

「頭の健康」「体の健康」「心の健康」。

まあ、普通に生きていくために必要なものですが・・。(苦笑)


しかし、その3つの健康のどれかが欠けていても

成し遂げるのは困難になりますし、

そもそもビジョンに近づいていけないのではないかと思います。
いわば、その3つの健康はビジョン達成のための手段ですね。



具体的に今それらの健康の実現に対して

行っていることを書き綴ると、


◆「頭」


→読書

現場から学ぶこともたくさんありますが、

本から学ぶことも非常に多いです。

読んでいる本のジャンルは、ビジネス関連や

今関わっている仕事に関するものなど本当に様々で、

ある意味雑食的に読み漁っています。

しかし、もっともっと読まなければ。。と思っています。(笑)


→ビジネススクール

また、4月から通い始めることになります。

とりあえず、今2科目の受講届を出していますが、

長期的に総合的に知識を身につけていこうと思います。



◆「体」


→1日1万歩

年初に決めた目標に向けて、

1月16日から始めたのですがもうすでに2ヶ月経過。

この2ヶ月で1万歩あるかなかった日はおそらく5日くらい。

自分でペナルティも設定しているので、

そのペナルティも含めきっちり出来ているように思います。

体重も順調(?)に減っています。(笑)


→早起き

これは最近始めましたが、

「頭」の健康とあいまって非常にいいですね。

ちなみに早起きしてやっていることは読書と勉強です。

まだ少し朝は眠いですがそのうち慣れるでしょう。



◆「心」


→映画

本当に毎週観にいってます。。

それもジャンルや邦洋問わず。

しかし2時間の間、日常のことを何にも考えず、

映画のスクリーンに没頭できるあの感覚は好きですし、

感受性という意味でも刺激を受けていると思います。


→サッカー

これは単純にストレス発散ですね。

そもそも好きということもありますが。。




とまあ、「心」に関してはちょっと微妙ですが、

好きなことをやるという点でストレス的にいいと思いますし、

趣味をもって動くことは人間性を広げるためにも大切だと思います。


そして、上記全てにいえることですが、

やはり、それらをやっていく(続けていく)ためには、

全て、自分の意思というか自分がたてた目標へのコミット感が大切。

そしてそれらを単体ではなく結びつけて関連立ててやっていくことも。


これからもしっかりやり遂げられるように頑張っていこうと思います。


というわけで、今からサッカー観戦に行ってきます!





【今日のひと言: 『ドラッカー365の金言』より引用】

---------------------------

日々の出来事を超えたトレンドを事業の基盤としなければならない

---------------------------

この言葉は、マーケティング的な考えですね。

目先の変化にとらわれるよりも、

その本質的な部分のトレンドをとらえなければいけない。


実際、今は変化の激しい世の中ですし、

本質を見抜くことも難しいと思います。

また、その本質のトレンドにそったビジネスをしても

うまくいかないことも多々あります。

しかし、それなくしては失敗が確実である。

ですね。


ACTION POINTにも書いてますが、

結局、自分たちが携わっている仕事の前提となる

基本的なトレンドとその継続性をしっかり見極めていくことが

ビジネスを成功に導くことにつながると思います。

自信と過信と慢心

テーマ:

人はよく、「自信をもって生きろ」といわれます。

そして同時に「過信は持つな」とも。


では、「自信」ってなんなのでしょうか。

そして、どこからが「過信」になるのでしょうか。


私には、正直な話その区別がつきません。。


単純に、言葉の意味からすれば、

「自分を信じること」=「自信」

「自分以上の自分であると信じること」=「過信」

です。


しかし、自分の考えが正しいと疑わないことを

「自信」というならば、

ある意味、それって「過信」かもしれませんよね・・。


何故なら、その「自分の考え」は、

その言葉どおり、あくまで主観によって判断されているもので、

客観的にはその考えは間違っているかもしれませんし、

もしかすると、価値や力量などを実際よりも高く見て

信頼しすぎているだけなのかもしれません。


私は、どちらかというと、常に「過信」に近い考え方を

ずっと持ってきたような気がします。

ただ、その「過信」に追いつこうとして

成長してきたような気もします。


私は、ちょっと強引な言い方をしてしまいますと、

「自信」も「過信」もある意味OKだと思っていて、

それに対する努力ができるか、できないか。ということが、

もしかすると本当は大事なのではないのでしょうか。


もちろん、私が今まですべてのことに対して

その努力を行なってきたというわけではありませんが、

少なくとも、「過信」を「自信」に変える気持ちはずっと、

忘れたことはないと思っています。



そして、この言葉の類(?)で

一番嫌いな言葉は、「慢心」です。


「自信」でも「過信」でもいい。

信じることができることは素晴らしいと思います。


ただ、自分に対して「慢心」だけは

決して抱かないようにしていきたいですね。



以下、辞書より引用してみました。

---------------------

じしん 【自信】
自分の才能・価値を信ずること。自分自身を信ずる心。

---------------------

かしん くわ― 【過信】

価値・力量などを実際以上に高く評価してたよること。

---------------------

まんしん 【慢心】

自慢していい気になること。おごり高ぶること。また、その心。

---------------------




■アンケートのお願い

目標まで、とうとうあと20人を切りました!

本当に、もう少しで目標達成です!!

ラストスパートのご協力お願いします!

========================= 

アンケートへのたくさんの方のご協力、本当にありがとうございます。

まだ、回答されていない方も、是非是非ご協力お願いします。

 

【デジタルライフに関するアンケート】

http://www.geocities.jp/enquete0501/index_top.html

=========================

※アンケートの感想も同時にお待ちしております。