この週末は、小学校時代からの親友の結婚式のため、
土曜から九州に帰っていました。(先ほど自宅に到着)

九州の友人は、多くて盆正月の年二回会えるか会えないかといった感じですが、
これまでの付き合いが長かったからか、
途切れることなくずーっといい関係が続いていると思います。

また、九州の友人の結婚式に呼ばれた際には、
ありがたいことに必ずスピーチのお声をかけてもらっています。


今回も例に違わず、スピーチを担当。

今回は、スピーチと言うよりもむしろ、
サプライズ(?)プレゼントとして用意した鍋がメインになってしまいました。

実際、この鍋は、今回の結婚式の主役である新郎が東京にいたときに、
新郎の双子の弟と共に、本当にお世話になった思い出の鍋。

そして、どんな材料でもおいしくできるという魔法の鍋です。(本当です)


今回のスピーチを考えた際に、
この鍋をプレゼントするというアイデアが真っ先に頭に浮かびました。

もちろん、他にもいろいろなメッセージはありましたが、
たまにはプレゼントにこめるメッセージもいいものかなと思い、
用意したものです。


というわけで、当日のスピーチでは
その鍋にこめたメッセージは紹介できません(しません)でしたので、
ここでちょっとだけ紹介しようと思います。



そのメッセージのひとつめは、
「ずっと夫婦円満で過ごしてほしい。」ということ。

この鍋はどんな材料でもおいしくできる魔法の鍋なので、
食卓が楽しくなります。
おいしいご飯は笑顔を運んでくれます。
私の経験上、どんなに喧嘩したときも、
おいしいご飯を食べると、不思議なもので、
自然にその気持ちもおさまっていきます。
だから、何かあったときはこの鍋を囲んで仲良くしてね。
というメッセージです。


もうひとつは、「新郎にも料理を。」ということ。

昨今の夫婦生活は、家事は嫁、旦那は仕事。という構図も
ご存知のとおり、だんだんと薄れていっています。
とはいえ、世の中の男性は料理が苦手。
(新郎がどうかは別として・・・。)
やっぱり、嫁も疲れているときだってありますし、
そんなときは料理を誰かにお願いしたくなるのは当然の流れです。

そのときに、材料を切って入れるだけの鍋は便利です。
男だって普通に簡単に作れます。
実際、ウチの家で三人で鍋を囲んでいたときは、
男だけでおいしく作っていました。

だから、新婦が疲れているときは料理をしてあげてね。
というメッセージです。


そして最後は、「夫婦共々健康的な家庭を。」ということ。

鍋って、本当に野菜がたくさん取れる料理です。
しかも、基本的に煮炊きものなので、
よほどのメニューでない限り油は流れていきます。
いわば、食をしっかり担保してくれる料理だと思います。(当たり前ですね・・。 笑)
医食同源といわれている中で、食は健康にとって非常に大切なもの。
なので、新郎の仕事も不規則なことから、
鍋を食べて健康な家庭を築いてね。というメッセージです。


昨日の結婚式では、さっきも書いたとおり、
プレゼントを渡すことがメインになってしまったので、
このメッセージを添えることはできませんでしたが、
ささやかながらブログ上で紹介させていただきます。



でも、結婚式って本当に良いものですね。
すっかり少数派になってしまった未婚組の私は、
最近は自分自身を投影してみてしまいます。(苦笑

今回も、新郎新婦のおもてなしの気持ちがたくさんこめられた、
本当に良い式だったと思います。


新郎新婦のお二人。
本当におめでとう!!!!!!!!!!

これからも末永くお幸せに。


そして、また九州に帰ったときは、
(もしかしたら迷惑かもしれないけど)
相手してやってください。

AD

効率的に仕事を進めるコツ

テーマ:
早くも5月。

4月は、期初ということで、
通例的になかなか滑り出しが思わしくないことが多いのですが、
嬉しいことに、この4月からの我がグループは
非常に良い滑り出しを切れたのではないかと思っています。


そして5月のGW明け早々、
久々に提案に絡み、本日提案に行ってきました。


普段はどうしてもマネジメント業務がメインになってしまい、
現場での業務に携わることが少なくなったなかで、
久々に関わった現場の業務です。


今回、この業務を担当するときに決めた目的(理由)は二つ。

一つは、他のメンバーと共に仕事を進めることで、
私から盗める部分はどんどん盗んで成長のきっかけとしてもらうこと。

そして、もう一つは、部署としての資産になる
パートナー会社とのリレーションをつくること。
(後者はちょっと後付け的でもありますが・・・。)


もちろん、私が自ら業務を請け負う場合は、
メンバーのキャパシティなどといった物理的な問題もありますが、
その問題を解決するために単純に仕事をやってしまうのでは、
その業務のそのときは無事完了できたとしても、
その後、同じ状況になったときに、(私でなくても)
また誰かがやらなければいけない状況になってしまいます。


なので、今回の業務に関しての上記の理由の一つ目は、
「効率よく業務をこなすこと」を盗んでもらおうと思っていました。



では、効率よく業務をこなしていくためにはどうすれば良いのか。


私自身、意識していることは、
------------------
「なるべく自分でボールを持たない」
------------------
ということです。

しかし、単純にそれをやってしまえば、
ただのマル投げやブン投げになってしまいますし、
そもそもそれができる状況がなければできるわけもありません。


では、上記を実行するためには何が必要なのか。

まず、前提として「自分でボールを持たない」状況を作るために、
その大切なボールを預けられる人間(や会社)と
普段からリレーション(信頼関係)を築いておくことが大切です。

そして次にやることは、その一連の業務のなかで、
自分の力が発揮できる(価値提供できる)ところを見極め、
できる限りそこだけに注力することです。
(=それ以外の部分に関しては、上記の信頼できる他の人にお願いします)


そう考えると、ビジネスプロセスと同じで、
自分が価値提供(創造)できるところを自分自身が把握し、
そこに時間的にもパワー的にも注力する。
(いわば選択と集中ですね。)

それ以外の場所、つまり自分じゃなくても大丈夫な部分や
自分よりもより良い仕事のできる人がいる部分に関しては、
変に自分で抱え込まず、その専門の人に任せてしまうことが、
効率的に業務を進めていくひとつのコツかもしれません。

もちろん、他の人にお願いするときは、
その業務の目的や方向性はしっかりと伝え、
後は、それ沿って業務を推進してもらいます。

そうすることで、自分で抱え込む以上のアウトプットを
創出することができると思いますし、
また、自分がキーとなるところで価値提供している以上、
そのアウトプットは自分の仕事だと言えます。
(そこがマル投げとの違いかもしれません)


私自身、昔から器用貧乏で、(語弊を承知でいうなれば)
結構なんでもある程度はこなせていたように思います。

ただ、「なんでもできる」は、実は「なんにもできない」のです。

そこに気づいたとき、そして上記の対処法を実践できたとき、
これまでよりもずっと多くの仕事をこなすことができるようになったと思います。


そうやって、仕事量が増えていくとどうなるのか
下記はあくまで一例かもしれませんが、
-------------------
様々なタイプの仕事やいろんな人と仕事をすることになり、
仕事を通じてのインプットが増える。

→仕事を通じてのインプットが増えていくと、
 仕事の進め方がブラッシュアップされる。

 →進め方が良くなると、
  当然アウトプットも良くなる可能性が高くなる。

   →アウトプットが良くなると、
    関わる仕事の中身が変わっていく。

    →関わる仕事の中身が変わると
     新たなインプットを得ることができる。

そして一番最初に戻る。
-------------------
といった、グッドサイクルを生み出すことができるように思います。


もし、自分の仕事が効率的でないと思っている人は、
まずは、自分が価値提供できる部分(自分が活きる部分)を
見つける作業から始めてみて、
上記のサイクルを実現できるよう意識してみてはいかがでしょう。

もしかすると、作業のスピードを早くするよりも、
そもそも無理かもしれない頭の回転を早くするよりも、
ずっと効果的な結果が得られるかもしれません。



はじめの話に戻りますが、
もし、こうやって一緒に業務を進めることで、
今回一緒に関わったメンバーが成長してくれたなら、
(もしくはその成長のきっかけを得てくれたなら)
たまにはメンバーと一緒に仕事をすることも、
もう少し積極的にやっても良いかもしれませんね。




AD