今日は(も?)サッカー観戦のために味の素スタジアムへ

もう後がないヴェルディの試合を観にいきました。


もともと私は、浦和レッズファンなのですが、

ここ最近は、ヴェルディの試合へ足しげく通っています。

もちろん、レッズが好きでなくなったわけではありませんし、

応援している気持は変わらないのですが、


やはり、かつてJリーグの盟主として君臨してきたヴェルディ。


その降格の姿を見るのは、

読売クラブ時代からサッカーを見てきた自分にとっては

つらいものがあります。


今日の結果は、0-0の引き分け。

ワシントンのポスト直撃シュートは惜しかった。。。。



しかし、なぜヴェルディがここまで凋落したのでしょうか。


ある時期、主力選手を大量放出したりもしましたが、

それは、一時的なもので現在の状態には大きく関係していない気もします。

ジェフも同じように主力選手を他チームに移籍させていますしね。


栄枯盛衰は世の常とはいえ、

鹿島や横浜などのように、常に上位に顔を連ね続けているチームがあります。

(横浜は今シーズンはそれほどではありませんが。。)


では、それらのチームとの違いは??


■代表選手がいない

⇒確かに代表選手はいません。しかし戸田をはじめとする

 代表クラスの選手はいます。

 なにより、セレッソも現役代表選手はいませんしね。


■チームの予算が少ない(?)

⇒一見シブチンのように見える東京ヴェルディですが、チーム予算は約30億。

 首位のガンバの25億、セレッソの20億、市原の18億より全然多く、

 これは、はっきりいって関係ないどころか、憤りすら感じますね。(苦笑)

 ちなみにJ1リーグでは新潟とならんで6番目に多い数字です。

 【データ元はこちら】


■観客動員が少ない(?)

⇒こちらも、新潟(平均40000人)や浦和(平均約39000人)、

 FC東京(平均約27000人)に比べると、

 ヴェルディの平均約15000人は少ないですが、

 スタジアム的な不利もある(った)

 大宮(約10000人)や千葉(約9000人)から見ると、

 うらやましいくらいの数字です。

 ちなみにJ1リーグ全体では11位です。

 【データ元はこちら】


まあ、チーム力を測る指標がない中で、

単純に、軸となる選手や予算や観客動員だけで見るのは、

いささか危険ではありますが、

あくまで仮説としてですが私の意見があります。


天皇杯優勝時のヴェルディは、

相馬のサイドでの精力的な上下動からのクロスに

平本と飯尾が、スピード溢れる縦への突破で絡む。

山田や他の中盤のメンバーは、

その中できっちりとバランスをとっていたと覚えています。


簡単にいうと、狙いと役割が明確だったと思います。

ひとつのチームとしての形があり、

その形をつくろうと選手全員が意思統一された状態で戦う。


いわば、勝つという大きな目標に対して、

その手段として、チームの形(勝ちパターン)を構築し、

その勝ちパターンが明確な共通言語として

選手全員に浸透している状態です。


こういったチームは強いですね。


もちろん、今はそれがないとはいいませんが、

なんだか(この時期にいうのもなんですが、)

迷っている気がするのです。


ワシントンという強力なポイントゲッターにボールを集めるだけでは、

ワシントンの調子にも試合は左右されますし、

なによりチームスポーツとしてのサッカーである以上、

「チーム 対 個」の図式では、

なかなか勝つのは難しいとも思えます。




しかし、サッカーに限らず、

ビジネスにおいてもこのことは当てはまり、

ひとつの明確な形(勝ちパターン)がしっかりあって、

その形を実行するためにメンバーがチームとして

まい進するビジネスは強いと思っています。


また、メンバー個々の役割だけではなく、

それぞれのビジネスに関わる物事の役割も明確であり、

その機能を果たしていればどんなビジネスでも

いい感じで進むのではないでしょうか。


勝ちパターンの構築はもちろんのこと、

-------------------------

個(人・モノ)の役割の明確化とそのバランスの取れた連携

-------------------------


これが、基本的ではありますが、

何事にも共通して必要な動きではないかと思います。


(って、当たり前のことを書いてしまいましたね。。 汗)

AD

さっき夢を見ました。

その夢が、あまりに印象的だったので、

飛び起きてあわててブログに向かっているところです。


夢の内容は別にいいとして、

その夢を見てからの感想というか自分へのメッセージを。


-------------------------------

もしかすると私は、最近の忙しさにとらわれて、

大事なことを忘れているのではないだろうか。

目先の売上にとらわれて大事なことを見失っているのではないだろうか。

もっというと、これまでずっと心がけてきたことを全て捨てて、

まったく新しい会社でそのやり方に染まろうとしていたのではないだろうか。

-------------------------------


もちろん、忙しいのは仕方ありませんし、

売上が大切なこともわかっています。

さらには、新しい会社には新しい会社なりのやり方があって、

それにあわせて仕事をしていくことも大切です。


しかし、「今までの私」は、「今の私」ではなかったと思います。

ロジックレスな物事に対し、多少なりとも嫌悪感を抱き、

短期的な視点での展開には、常に長期的な観点を忘れなかったと思います。

さらには、小さなことで振り回されたりしていなかったと思います。

(上記ができていたかどうかはわかりませんが、少なくとも意識はしていました。)

なにより、私が前職で手に入れた考え方やスキルは、

私自身の大きな財産です。


加えて、前の会社は、組織という観点では非常に良くできており、

「個(個性)」を非常に尊重してくれる場所でした。

アルバイトも含めて、そこで働く全ての人が、

「改善」への意識を忘れずに、自らアクションをおこせる

向上心に溢れたいい組織だったと思います。


私の大好きな言葉である

-------------------------------

自ら機会を創りだし、その機会によって自らを変えよ

-------------------------------

が、物事の大小に関わらず「地」で実践できている感じです。


では、「今の自分は???」と自分自身に問いかけたとき、

確かに、その名残は自分の中にありそうです。

しかし、名残だけでやってきていたのではないでしょうか。

もっというと、その意識すら忘れかけてはいたのかもしれません。

意識・無意識問わず、なんだか私自身ではなかったような気がします。


なので、気づいた今日からきっちり実践していこうと思います。


寝不足なのに、かなりすっきり目覚めた今日の朝でした。

AD

ちょっと振り返り

テーマ:

今日は、まるまる一日寝てしまいました。

目が覚めたのが15時。

そこから弁当をサクサクっと食べ、再び眠りに。。。

次に目が覚めたのが23時で、今に至ります。


朝9時に会社に行き、深夜まで仕事という

なんだか忙しすぎる毎日毎日で、

かなり疲れていたのだろうと思います。


しかし、その忙しさの中で、

自分が何かできているのだろうか。

もっというと何らかの結果を残せているのだろうか。

と、ふっと考えたとき。


実は全然物足りない自分がいて、

一緒にやっているメンバーが

必死になって頑張ってくれているにも関わらず、

その頑張りに応えることもできず、

少しもどかしくもあります。


しかし、嬉しいのはメンバー全員が、

自分たちの今やっている仕事を好きでいてくれていること。

そして、こんな頼りない私でも

慕って(?)ついてきてくれていること。


もしかしたら勘違いかもしれませんが、

少なくともそう思えていることは事実です。


10月から今のメンバーと一緒に仕事をすることになり、

たった1ヶ月半あまりという短い間ですが、

チームとしての結束やまとまりは非常に強く、

(新しく加わったのは私だけですが・・)


振り返ると、転職してからの最初の半年よりも増して

ずっとずっと濃い毎日が送れていると思います。


これからいろいろなことが起きていくと思いますが、

そしてもちろん個人個人でいろいろな事情があるにせよ、

少なくともこのメンバーでやっていきたいと今は思っています。


こんな中途半端な時期にいうのもなんですが、

そして、そのメンバーの誰もが見ていない(と思われる)

このブログ上でいうのも、もっとなんですが、


とりあえず、本当にありがとうございます。

そして、これからも頑張っていきましょう。


個人個人のスキルは高いがバラバラなチームより

スキル面ではそれほど高くなくても、まとまっているチームの方が

ずっとずっといい結果を残せると思っています。


そして、今まさにその状態にあります。

(メンバーのスキルは別に低くはありませんよ。あしからず・・)


なので、このメンバーのまとまりを決して崩さずに、

私もしっかりバックアップできる形で、

頑張っていこうと思います。

AD

未来への道しるべ

テーマ:

モチベーション。


それは上手くいっているときにはあがり、

上手くいかないときは下がっていきます。


その下がりかけたモチベーションをどう上向きに、

もっというとどう保っていくか。


その答えのひとつに、

『未来への希望』 があると思います。


現状でくじけそうになったとき、

もしくは、投げてしまいたくなったとき、

大事なのは、

「その先にある未来を見つけられるかどうか」

だと私は思っています。


その未来を提供できる人間になりたい自分ももちろんいて、

しかし、私の力では及ばないことも多々あり。。。


もっと強くならなければいけないはずなのに、

ダメですね。本当に。。


しかし、いつも言っていることですが、

決してくじけてはいけません。

-------------------

ピンチは最大のチャンスなり

-------------------

です。


もしかすると、このピンチを乗り越えたその先には、

素晴らしい未来が待っているのかもしれないのです。


ただ、まだまだそれを見る力のない私だからかもしれませんが、

現状に悩まされ、そしてため息をついている状態です。


少なくとも前向きに考えることだけは忘れずに、

そして、この機会をものすごいチャンスだと考えて、

継続的に成長できる状態にしていきたいですね。


こんなときこそ、自分が今まで学んだことや

経験してきたことをフル活用し、

なんとか、まだ見ぬ未来への道しるべを

時には自分で打ち立ててでも、見つけていこうと思います。

今日は、先ほど(?)も書いたとおり、

休日出勤をしました。。


その後、この間まで通っていたビジネススクールで

一緒だった仲間たちと食事をしたのですが、

その時に話していいたなかで気づいたことを書きとめておきます。


正直、今私の置かれている状況で

求められていることは売上UPです。

確かに売上があがらなくては、

そもそもやりたいことができないだとか、

もっというと自分たちの給料がもらえない状況に

なるのはわかっています。


しかし、今期が始まった当初に与えられたミッションは、

売上ではありませんでした。


この不整合をどう考えて行くかが、

今の私の大きな課題であり、懸念事項です。


そして今日話をしたことというのは、

ファイナンス的な観点での話なのですが、


それは、将来的なリターンをきっちり把握して、

現状の意思決定につなげるということ。


つまり、現状にいくら投資すれば、

例えば3年後にどれだけリターンが返ってくるか。

という話です。


もちろんやっていることだとは思いますが、

今、与えられている目標は、

目標を設定したときにその状況を

きっちり分析されたものである必要があります。

もっというと、目標を設定した時点で捨てた、

「売上のための手段」をきっちり考慮したうえでの

数字である必要もあるのです。


売上とは、単純に「販売数×単価」で導き出されるものですが、

その予測を立てていくうえでの「販売率」に関しては、

かなり算出が困難なものです。


もちろん、正確に○○%とはきっちりでないものではありますが、

ある程度の予測を立てる上での材料があれば、

多少のブレはあれども求められる数値であり、

それを求めていくことこそ、ビジネスにおける重要なスキルのひとつです。


これがファイナンスの視点だとは、まだきっちり体系的に学んでいない

私がいえることではないのかもしれませんが、


今の現状でいうと、少なくとも「捨てる」という選択をおこなった、

「売上につながるモノ」の損失を、ダイレクトな側面だけでなく、

間接的な影響までもを把握して、その影響をきっちり導き出し、

そのうえで、いかに将来に対するリターンを得るための行動に

つなげていくかが、かなり重要だと思います。


今日、聞いた話ではありますが、

あるメーカーでは、例えば2つの新商品を開発するときに、

将来的なリターンを見据えて、そのリターンの金額はもちろんのこと、

その開発に関わる開発コストや労力をきっちり算出して、

どちらの新商品に注力的に取り組むかを決めていくそうです。

まあ、簡単にいうと「割りにあうかあわないか」ということです。


と、こうやって書けば、まったく普通のことのように見えますが、

いざ、自分の状況等に当てはめてみると、

どこまで見通しがたっているのか不安になりますね。(苦笑)


先日も書きましたが、

「短期的な対応と長期的な成長」の話にもつながります。


とはいえ、この状況の中でやっていかなければいけないのも事実。

将来的なリターンの見通しがたっていない目標だから

やらない(やれない)は、ただのいい訳です。


目標として設定している以上、

その目標をどうやって達成していくかを

きっち考え行動していこうと思います。


というわけで、今から再び仕事に取り組みます。

(って何時やねーーーん!って自分にツッコミしてみました 笑)

休日出勤 その2

テーマ:

今から会社に行きます。

ちょっと体調がすぐれないのと、

休みの日くらいゆっくりしたいところですが、


用意しなければいけなかったり、

まとめなければいけない資料があることや、

通常の業務の中ではなかなかじっくり考えることが

難しい仕事もあります。


なので、電話もかかってくることもなく、

その他の業務が発生しない休日をフルに使って

もろもろの業務を片付けようと思います。


ただ、もっともっと自分の仕事を精査して、

もっともっと有効に時間をつかい、

休日はゆっくり休むことができるようにしなければいけませんね。


このままだと、毎週毎週休日出勤になりそうないきおいですから。。(苦笑)



【おまけ】


昨日、ヴェルディ対セレッソを観にいきました。

前半から押し気味に試合を展開するヴェルディ。

今日こそ勝てるかなと思ったのですが、

数ある決定的な場面を決めることが出来ず、

そして、こういった試合展開ではよくある(?)

ワンチャンス(昨日でいうとフリーキック)からの失点で、

結局負けてしまいました。。。。

本当に後がなくなったヴェルディ。

とりあえず残り4試合。

残留するには全勝するしかないのかもしれませんが、

可能性を諦めずに最後まで闘いぬいてほしいものです。

今日も営業対応に追われ、

忙しい一日を過ごしてしまいましたが、

最近特に感じることがあります。


それは、短期の対応と長期の視点です。


確かに、短期的な売上や施策が大事な場面もありますが、

それはやはり長期的な視点にたってのもの。


前にも書きましたが、今回無事『Xデー』を迎えることができました。

しかしこれは、いうなればようやくスタートラインにたてたということです。


よく、目の前の数字などに踊らされそうになりがちですが、

今回の状況に当てはめて、よくよく考えてみると、

今の数字って、実はスタートラインにたつ前に

半分以上はつくられたものなんですよね。


ということは、


今の数字が悪いからといって、

スタートラインに立ちなおす必要はないのではないかと思っています。

まして、いろいろな事情があったとはいえ、

もっている武器を捨ててしまったことも事実です。


実は、『Xデー』を迎えてからの新しいモノは、

ユーザーからの反応もよく、

かなり上向きの兆しをみせています。


『Xデー』の前の状況で想定していた、

もろもろの反応より、上増しの状況です。

他の面でも、『いいニュース』を直接耳にすることもあります。


これらを継続し、もっともっと伸ばしていくことこそ、

結果、今後の収益につながるように思えます。


私が過去によく言われたことは、

物事を変えた後はすぐに結果を求めず、

そこから見える範囲での予測や仮説をたて、

その先の施策を準備しておくべき。ということです。


新しいモノが世の中に馴染むまでに

時間が必要なのも事実ですし、

まして、状況が悪くなっていない以上、

確かに数字は気になりますが、今はグッと堪えて、

今の路線で継続成長を目指す時期なのかもしれません。


であるならば、現状や今後に対する施策をロジカルに分析し、

その中で意思決定をしっかりと行い、

短期的な対応だけでなく、長期的な視点もきっちりもって

今後、頑張っていきたいと思う今日この頃です。


以下は、前に読んだ(?)本の心に残った一言なのですが、

(もちろん、原文はうろ覚えですので、原文ママではありません。。)

-----------------------

短期的な結果を追求するあまり、

大切な資源(人的資源、肉体的資源、精神的資源、物的資源など)を

失うことがしばしばある。


成功を長期的な視点で考えることこそ、

大切な資源を活かすことにつながり、

結果、成功へのサイクルをきれいに循環させることにつながる。


物事の全てはヒトによってつくられ、そして活かされているならば、

まずは、その源のヒトを活かす方法を考えるべきである。


成功を長期的な視点で考え、全員で共有することこそ

そのヒトを活かすための最良の施策のひとつである。

-----------------------


この言葉をもう一度心に留めながら、

いろいろと考え、動いていこうと思います。

まだまだ・・

テーマ:

今日は、ミーティングでさすがというか、

なるほど、こうすれば・・という

目から鱗の出来事がありました。


といっても、大事な案件を決めるミーティングでも、

大人数で揃って行うミーティングでもありません。


単純に、毎週火・木・金に行っている定例のミーティングです。


しかし、今日はその部署のマネージャーが参加されたのですが、

やはり、質問の投げかけ方や引き出し方、

アドバイスの与え方等々、さすがでした。


実際、そのマネージャーはその部署でやってきたこともありますし、

反対に私はその世界では生きてきていなかった人間です。


しかし、経験がないはいいわけにはなりません。

もちろん、あることに越したことはないのですが、

それをカバーする手段はいくらでもあったはずです。


それが出来なかった自分に反省。。


にしても、この忙しい状況のなかで

参加していただいたことには感謝しています。


そして、話を聞きながら、

やり方とかをもっともっと覚えなくては。

と、少し危機感すら感じてしまいました。


昨日と同じく、すぐに劇的に何かを

変えられるわけではありませんが、

-------------------

まずは、きっちり学ばせてもらうこと。

そして、きっちり自分で実践できること

-------------------

を目指して頑張っていこうと思います。


とりあえず、ありがとうございました。

自分を認める

テーマ:

出来ていると思っていたはずが、

実は全然出来ていませんでした。


私自身、自分をさらけだしてナンボというか、

そういう環境の中で育ってきたように思えるだけに、

今まで、いろいろな場面で自分を出して取り組み、

そしてアウトプットを見つけてきた気がします。


しかし、今日上司に指摘されたときに、

「あー。なんか間違えていた。。」と再認識。。


よくよく考えてみると、

「自分を出す」という行為の、その出しどころを間違っていたばかりか、

そもそも、振り返ってみると「自分を出す」という口実(?)を前に

自分が何者かをきっちり認識しないままだったからか、

ただの独りよがりになってしまっていたのかもしれません。


結局、いいところも悪いところも含めて

きっちり自分を認められていなかったように思えます。


人の相談とかを受けたときに、

「まずは自分がどこに立っているかを考えてみても・・・。」とか、

「周りの状況をきっちり見てから動くといいよ。」とか

話すことが多いのですが、


今思うと・・・、

よくもまあ、そんな偉そうなことが言えたもんだと思いますし、

それらのことって、今の自分自身に言うべきです。


しかし・・、


悩んでいる暇はありません。



まずは、できるところや気がついたところから

徐々に変えていこうと思います。


私の好きな言葉に、

-----------------

意識を変えれば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わり、

結果として、運命が変わる。

-----------------

という言葉があります。


それを考えてみると、いつの間にか自分にとって、

あまりよくない(?)意識の持ち方が

今の現状に結びついているのかもしれません。


とりあえず、運命が変わる前に気づいてというか、

気づかせてくれたことに感謝です。


明日からは、また「よい意識」をもって

仕事に取り組もうと思います。


というか、今から資料作りに勤しみます。

リフレッシュ完了

テーマ:

月曜から再び仕事が始まります。


4日間のリフレッシュ期間は終了。

明日からまたガツガツ仕事をしようと思います。


ただ、気持だけで先走ってしまえば、

大変になってしまうばかりか、

結果すら残せない可能性もあります。


なので、きっちり計画性をもって、

これから先へとつなげていければと思います。


ただ、今ざっと思いうかべただけでも

結構なボリュームがありそうです。


リストをつくって、締め切りを設定し、優先順位をつけて、

着実に取り組んでいかなければいけませんね。


なんだか、再びバタバタになりそうな気もしますが、

いつまでものんびりしていられないのも事実です。


今頑張れば、きっとこの先楽しくなるはず。


とりあえずは、半年後の幸せな自分を夢見て

頑張っていこうと思います。