メロメロパーク

「行動化読書」とは、「本を読んだ後、何らかの行動を起こす一連の行為」という意味の造語です。

  

読書自体、とても能動的な行為ですが、

ただ読むだけでは、もったいないと思いませんか?

 

このBlogは、読書をして得た知識から、かならず何かアクションを起こし、

知識の肉体化を図ることを目標としています。

arnold

  

ちなみに、紹介本の70%は図書館、20%は立ち読み、10%が購入本です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2005-12-02 05:58:53

社長のための人材錬金術 ダメな奴でも「たたいて」使え!~ゴトー式 人の使い方・活かし方

テーマ:ビジネス書/啓蒙書
後藤 芳徳
社長のための人材錬金術 ダメな奴でも「たたいて」使え!~ゴトー式 人の使い方・活かし方
オススメ度★★★★
    
著者の後藤さんは、風俗店や水商売で成功を収め、
現在は、一般企業のコンサルタントや、
コミュニケーション指導をしているそうです。
    
ですから、本書で取り上げられる例は、
後藤さんの経営していた、風俗店に従業員として
応募してくる方々。
    
けっこう、新鮮でした。
    
従業員を募集しても、履歴書は当然、持ってこないし、
例え持ってきても、履歴書はウソだらけ。
    
それでも、営業のためには、「五体満足」を
採用基準に雇入れ、鍛え上げる。
    
そんな経験をベースに、本書は、
デキない社員に足を引っ張られ、孤軍奮闘する社長さん
のために書かれました。
    
だから、現在、流行のコーチングとは、
真逆の方法論です。
    
目標は2つだけ。
    
一つ目は、
“利益は出すけど生意気な社員”を扱えるようになること
    
二つ目は、
“不器用だけど真剣な社員”の働きを利益に結びつけること
     
「別に好きで、今の仕事やっているわけじゃないし、
いま以上に、真面目にやることなんてウンザリ」
     
これが、社員の本音であることを前提に、
まずは、形式美的な「型」を強制し、
更に、強制的に成功体験をつませます。
     
確かに、社員がダメ、部下がダメと嘆くよりは
如実に効果が現れるでしょう。
     
また、“男と女を動かすツボの違い”に
触れていたのは、なかなか興味深かったですね。
   
「すごいやり方」 の大橋禅太郎さんの
“すべての会話の裏には「LOVE」か「FUCK YOU」が隠れていて、
それを常に読まれている”
という考えを進化させています。
    
 ・女 → 言葉の裏に「LOVE」がないと動かない
 ・男 → 言葉の裏に「リスペクト」がないと動かない
    
会話や指示のなかで、これらを考えて
発言できれば、違いが出てくるかもしれませんね。
    
@行動化@
    
“親がどんなにウルサク言っても、全然勉強しなかった子が
自分からすすんで勉強するようになる方法”
     
これが、社員を動かすことの応用として、
書かれていました。
     
やはり、ここでも強制です。
    
「強制的に勉強させ、3回連続100点満点を取らせる」
     
今のゆとり教育の環境などを考えると、
必要なのかもしれません。
    
我が子が、小学校に入学して、
勉強しないようなら、やってみます。
AD
いいね!した人  |  コメント(95)  |  リブログ(0)
2005-12-01 05:52:55

パクる技術

テーマ:ビジネス書/啓蒙書
斎藤 広達
パクる技術
オススメ度★★
    
「パクる」というと、
ネガティブなイメージがありますが、
本書で推奨するのは、「先人の手法をマネすること」
    
「マネ」だと、インパクトに欠けるので、
「パクる」という言葉をもってきたのでしょう。
    
見習う、真似る、パクる、
いずれの表現をつかうにしても、
ビジネスの基本に、変わりはありません。
    
まず、本書では、
パクり方を3パターンに分類しています。
  
  1.成功事例から、新しいアイディアを産み出す
  2.愚直にお手本を真似する
  3.とにかく、すぐパクる
    
ただし、どのパターンにしても、
パクるために必要な考えが、あるようです。
    
それは、「高い志を持つ」、「成功事例からwhyを抽出する」、
「So what ?(だからどうする)を考え抜く」の3点。
     
本書では、これらの考えを
パクって成功した企業や商品の事例を交えて、
解説しています。
   
登場するのは、レクサス、千葉ロッテマリーンズ、
コーチ、源吉兆庵、セイコーエプソンなどなど。
    
この中で、セイコーエプソンの話は意外でした。
    
どこの企業を、パクったと思います?
   
それは、
最大のライバル企業の「キャノン」。→キヤノン
    
もちろん、商品自体をパクるのではなく、
会社の体制自体を、パクくったそうです。
    
キャノン キヤノンに倣え」を合言葉に、
組織を簡素化したり、仕事の標準化を
したとか。
    
本書は、非常に読み易く書かれていた反面、
もう少し、深掘りして欲しかったな~という
感想が残りました。
    
@行動化@
    
パクるなかでも、
「元々あったものを違う形(業界)で提供する」
    
これって、活用範囲が広いですよね。
    
もう少し、自分がいる業界以外に目を向け
積極的にパクってみます。
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-11-30 05:17:53

株・3ヶ月で年収の半分を稼いだ南山式投資術―誰でも1分で見つけられる有望銘柄

テーマ:投資/投機の本
南山 宏治
株・3ヶ月で年収の半分を稼いだ南山式投資術―誰でも1分で見つけられる有望銘柄
オススメ度★★★
    
シンプルにまとめられている、
ファンダメンタルズを中心とした投資本です。
    
著者は、現役外資証券マンで、投資家支援サイト
35歳で引退するためのセミリタイヤ資産運用講座
を運営する南山宏治さん。
     
ワイルドインベスターズ 安間さんの
友人のようなので、どんな濃い方かと思いきや、
本書を見る限り、いたってノーマルに感じます。
   
銘柄選択の基準は、かなり簡単。
   
1段階目で、財務諸表の4点だけに注目します。
    
  1.B/S 現預金が多いこと
  2.B/S 借入金がないこと
  3.B/S 利益剰余金が多いこと
  4.P/L 当期純利益が黒字であること
    
そして、2段階目で、もう少し絞り込みをかけます。
  
  ・業歴が10年以上あること
  ・銀行出身の役員が派遣されていること
  ・業界内の地位が高いこと
  ・意外性があること
     
1段階目が必要条件で、2段階目が十分条件
という感じでしょうか。
   
オーソドックスですが、かなり簡略化されていますので、
「意外性」を除く条件については、簡単に調べがつきます。
     
ただ、南山さんは、その選んだ銘柄を
どういうタイミングで買うかについては、
多くを語っていないので、注意が必要です。
    
「まだ、市場に不安がある時期に買う」
    
これくらいしか、書いていないので、
あとは、メルマガにでも登録してくれ、
ということなんでしょうか?
    
35歳で引退するための・・・・
    
あ、もうこの年齢、超えていますから、
断られるかもしれませんね。
    
@行動化@
    
本書に挙がっていた、
「1年後有望の10銘柄」については、
“買いの目標価格”が書いてありました。
   
 ・4517 ビオフェルミン製薬 1,650円
 ・4728 トーセ 1,600円台
 ・7481 尾家産業 900~950円
 ・7922 三光産業 900~950円
 ・7960 パラマウントベット 2,600円前後
 ・8096 兼松エレクトロニクス 800円以下
 ・8117 中央自動車工業 520円近辺
 ・8125 ワキタ 1,000~1,100円
 ・8170 アデランス 2,600円近辺
 ・9966 藤久 3,000円切る
     
H17.11.30 10時頃の株価を見てみると、
「トーセ」と「藤久」が買いの基準に、達しているようです。
    
最後に、藤巻さん流のコメントを添えておきます。
    
上記の銘柄を買って、損した場合は自己責任。
儲かった場合は、南山さんではなく、
kechikechitosanのおかげ、ということで。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-11-29 06:09:51

1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法

テーマ:投資/投機の本
金森 重樹
1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法
オススメ度★★★★
    
私は不動産投資をやっていませんので、
なかなか勉強になる本でした。
     
前半部分は、金森さんのメルマガ「回天の力学」
で紹介されていた部分も多かったので、
新鮮味はありません(でも過激です)が、
後半は実用的な内容に、なっていました。
    
実用部分のメインとなるのは、
「銀行から融資を引き出す戦略」となります。
    
銀行側の、“収益還元法”の適用実体が
細かく紹介されていたのが良いですね。
     
そして、不動産投資のもう一つのポイントは、
「良い業者」を見つけること。
      
本書が勧める、業者の見分け方は、
   
  ・仲介だけでなく、自己ポジションの投資もしている
  ・主として収益物件の仲介を行う
  ・銀行融資にも詳しく、支援もしてくれる
  ・自社の在庫処分する立場ではないこと
   
などが、あげられていました。
    
要は、金森さんが主宰する「通販大家さん 」に
登録しなさいということですね。
    
本書では、全編を通して
“的を射ているが、挑発的な発言”が、目白押しです。
    
  ・年収は金で買え
  ・金儲けは、最大のボランティア
  ・マイホームこそ、やってはいけない危険な投資
  ・木造は金のある人が買うもの
  ・チャンスはリスクの仮面を被ってやってくるが、
   チャンスの仮面を被ってやってくるのは詐欺
    
などなど。
    
金森さんて、今、
一番、敵が多い人なんじゃないでしょうか?
      
でも、自分の思考を拡張するには、
とても良い刺激となる本でした。
    
@行動化@
   
金森さんは言います。
    
「チャンスがなかったなんて言うなよ、
度胸がなかっただけだろ、お前?」
    
はい。まさに、その通りでございます。
私に、5億円の借金をして、
不動産投資をする度胸なんて、ありません。
    
それでは、別の言葉。
    
「資産を急速に増大させるには、株でも不動産でも
各自の得意分野に、集中投資しないといけない」
    
どうやら、私は、
不動産以外の分野に、集中投資した方が良さそうです。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-11-28 05:05:24

私はこうして発想する

テーマ:ビジネス書/啓蒙書
大前 研一
私はこうして発想する
オススメ度★★★
   
本書は、“発想法という切り口で、
いかに新しい世界を「とらわれない」視点で見るか”
をテーマにし、大前流の発想法を、6段階のステップで
身につけようというものです。
    
その6段階メソッドとは、
   
  1.先入観を疑う
  2.ネットワークから考える
  3.“他にないもの”を目指す
  4.歴史から教訓を引き出す
  5.敵の立場で読む
  6.討論する
    
となっていて、いつもながらの大前節で、
世相を斬っていきます。
    
国内の事例だけでなく、北欧から、中国、
そして、北朝鮮まで、大前さんの処方箋が
示されていますね。
   
この中で、ニュースに特化し、ネットワークの歪を利用して、
一躍、3大ネットワークを脅かす存在になった
CNNの事例を挙げ、大前さんが旗揚げした、
「ビジネス・ブレイクスルー大学院」は、同じ発想で
設立したと、説明が続きます。
    
この同大学院は、2005年4月に
大前さんが学長として設立したMBAコースで、
全てインターネットかCSで授業を行う、
“校舎を持たない大学院”。
    
ビジネス・ブレイクスルー設立から、大学院開学前までに、
4000時間の教育用コンテンツを蓄積し、
同社は3年目で、黒字化しているそうです。
    
以前の記事でも書きましたが、
IPOするのが、この会社、BBTですね。
    
そして、本書を読んだ後、
知らず知らずのうちに、このブログが
ビジネス・ブレイクスルー大学院 」の宣伝に
なっているような・・・・
     
お~、危ない、危ない。
完全に洗脳されていました。
   
@行動化@
    
本書の中で、新しい事例として、
マイクロソフト社の「Xbox360」が取りあげられていました。
    
大前さんは、
“恐るべき機械”と表現していました。
     
見ている視点は、高性能ゲーム機ではありません。
      
通信機能に優れ、PCとの親和性が高いことに注目し、
“21世紀のデジタル幻灯機”と考えているようです。
     
つまり、PCの機能をXbox360を経由して、
リビングルームのTVに統合する。
     
PCがホームサーバーになり、
Xbox360はスクリーン・コントローラーになる
という発想です。
    
私は、単なるゲーム機としてしか、考えていなかったので、
注目していませんでしたが、要チェックですね。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-11-27 16:07:02

ケチケチ道を極める

テーマ:このブログについて

「このブログについて」というテーマを

設定しましたので、あらためて説明させいて頂きます。

     

最近、登録していただいた読者の方もおりますので。

    

このブログは

アマゾンのアソシエイト・プログラムに参加しています。

    

いわゆるアフィリエイトってやつです。

(一応、日米両方のamazonに登録しています)

      

ようするに、このブログを読んで、

張ってあるリンクに飛んで、アマゾンで本を買った場合、

購入代金の数パーセントが、kechikechitosanに入る仕組みです。

        

リンクが張ってあった本だけでなく、

その他の本、CD、DVD、家電、その他、

ついでに買ったものは、なんでもキックバックがあります。


そこで、ブログを書かれている皆さんに提案です。

     

「本を買う時は、自分のブログにアマゾンのリンクを張ってから買え!」

      

日本では、本の割引販売できません。

    

けっこうな冊数を買う人にとっては、

最終的には、割引で本が買えることになります。

     

ちなみに、同一IDで、この方法が、

できるかどうか分からなかったため、

我が家では、私がアソシエイト・プログラムに参加し、

自分発注用の記事 )ブログに張ってから、

妻のアマゾンIDで注文しています。

     

アソシエイト・プログラム登録方法は

tomiyaさんの群馬で働く社長のブログ(笑) のところで、

説明されています。

          

あ、それでも、

私のブログから本などを購入していただける

という方は、もちろん止めませんので、

今後もヨロシクお願いいたします。

     

また、最近も購入していただいた方がいるようですので、

この場を借りて、お礼申し上げます。

ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-11-27 14:05:14

心の動きが手にとるようにわかるNLP理論

テーマ:ビジネス書/啓蒙書
千葉 英介
心の動きが手にとるようにわかるNLP理論
オススメ度★★★
   
「NLP理論」の本を初めて読みました。
    
NLPとはNeuro-Linguistic Programmingの略で
「神経言語プログラミング」と訳されるそうです。
   
このNLPとは、一体なにか?
    
本書の説明によると、
言語学と心理学に基づいた学問で、
自分自身の目的を明確にしたり、
相手との、スムーズなコミュニケーションを築く
道具のようです。
    
それで、何ができるのか?
    
この理論を実践すると、
    
  ・人生が肯定的に変わる
  ・仕事がうまくいって成功する
  ・人間関係が豊かに変わる
     
などの効果があるそうです。
    
そして、本書は、
NLPの入門として、エクセレントライフ
(最高の人生)を実現する、
助けとなるよう書かれています。
    
NLPの考え方から、テクニック(?)まで、
豊富な、具体的会話例などを添えて、
全体的に平易な文で、書かれていますので、
なかなか分かりやすくなっています。
    
代表システム、カリブレーション、エコロジーチェック、
バックトラッキング、エクセレントサークル・・・・
       
なにやら、専門用語が、たくさん出てきますが、
あまり気に留めなくても、読み進めることができます。
    
本書の謳い文句どおり、
心の動きが手にとるように分かるかどうかは、別にして、
例えば、ビジネス上で、クレームに上手に対応したり、
自信を失っている部下の、自信を回復させるなどの、
実際に使えそうな例が、いくつもありました。
      
とりあえず、入門編ということなので、
今後も何冊か、NLP関係の本を読んでみたいですね。
    
@行動化@
    
「バックトラッキング」という技術が出てきました。
    
相手の話を伝え返すことで、
聞いているというサインを送ります。
     
方法として、
    
  1.相手の直前の話を、そのまま返す
  2.話が長い場合は、まとめて返す
  3.相手の使ったキーワードで返す
     
の3つの方法があるそうです。
    
私は普段、1の方法を多用しています。
    
今後は、2、3のやり方についても
バランスを考えて、使っていきたいですね。
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005-11-25 18:55:39

ウキウキと、お先に失礼!

テーマ:フォローアップ

昨日のブログの行動化で、

ウキウキと楽しそうに(会社を)「お先に失礼する」

と書きました。

     

中途半端にやっても面白くないので、

おもいっきり、やってみましたよ。

   

ほとんど、スキップしながら

ウキウキと、一番に帰りました。

    

まさに、帯のイラスト見たいな感じで。

その結果は・・・・

お先に失礼

    

            

無事でしたね~。

     

と言うよりも、ハイテンションで会社を後にしたので、

興味を持たれたようです。しかも、意外と好意的に。

     

やってみるもんですね。

いいね!した人  |  コメント(67)  |  リブログ(0)
2005-11-25 05:55:36

本気論―フリーターから東証一部上場企業の社長になった男の成功法

テーマ:ビジネス書/啓蒙書
斎藤 正勝
本気論―フリーターから東証一部上場企業の社長になった男の成功法
オススメ度★★★
   
株を買うなら、カブドットコム♪
あ~すばらしい、株の世~界、
カブ、カブ、カブ、カブ、カブドットコム証券♪
    
ウチの娘も、たまに口ずさむ、
なかなかファンキーなCMソングです。
    
本書の著者である、
カブドットコム証券社長の齋藤さんは、
そんな、CMソングのイメージとは程遠い、
非常にマジメで、真っ当な方のようです。
    
「本気になれば、かなわない夢はない」
    
これが、齋藤さんのモットーであり、
それを、ご自身で実践してきたようです。
     
本書には、そんな齋藤さんの
仕事のやり方から、人脈の作り方まで、
詰め込まれています。
     
「愛情」の反対の言葉は何か?
    
こんな、問いが、本書で投げかけられていました。
    
「嫌い」でも、「憎悪」でもない。
    
マザー・テレサの言葉のようですが、
愛情の反対は、
「無関心」だそうです。
    
嫌いも、憎悪も相手を対象として、意識しているが、
無関心は、相手を無視していることと同じ。
     
だから、齋藤さんは
仕事に対しても、社員に対しても、
常に無関心とならないよう、
つまり愛情を持てるよう、気を配っているようです。
      
あ~、マジメに努力して、本気でやらなきゃ!
こんな風に思わせる本でした。
    
@行動化@
     
確かに、カブドットコム証券は
他のネット証券会社と、毛色が違うな~
という印象がありました。
    
我が家が口座を持っていたMeネット証券
(開設のみで、取引で使っていません)が、
カブドットコム証券と合併するようです。
    
実質は、カブドットコムが吸収する
ようなものでしょうか。
    
顧客成績を開示していると、
齋藤さんは言っていましたので、
少し、同社について研究してみることにします。
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2005-11-24 06:15:53

「お先に失礼!」する技術 「断る」「決断する」「切り上げる」「見極める」ための極意

テーマ:ビジネス書/啓蒙書
柴田英寿
「お先に失礼!」する技術 「断る」「決断する」「切り上げる」「見極める」ための極意
オススメ度★★★
    
昨日、11月23日は
新しい“たまごっち”「エンたま」の発売日でした。
エンたま
   
で、子供がクリスマスプレゼントに
欲しいと言ったもんですから、
柄にもなく、並んじゃいましたよ。
おもちゃ屋さんの前に。
    
10時開店のおもちゃ屋さんに、
8時半頃から。
    
北海道の凍て付く朝。
おもちゃ屋さんの前に、1時間半並んで、
手袋でページをめくりながら、
読んだのが、この本です。
    
さて、本題。
    
本書は「嫌われず、怒られずに席を立つ」
心得を示したものです。
    
そこで、「お先に失礼」して、何をしたいかと言うと、
時間を有効に使い、“贅沢な人生を”送りたい。
     
これは、家族との時間だったり、読書だったり
個人によって、異なりますね。
    
そのためには、無駄な時間を
会社に捧げては、実現できません。
    
では、どうしたら「お先に失礼」できるのか?
     
著者の柴田さんは、
その大前提として、ONの時間は
圧倒的に効率よく、他の人も納得できるよう
仕事をすることを挙げています。
    
ですから、前半部分は「仕事術」
についての講義になっていますね。
    
その上で、次のような心得をもって
お先に失礼する。
    
  ・周りへの感謝と誠意ある小さな行動を忘れない
  ・「定時に帰る人」のブランドをつくる
  ・ウキウキと楽しそうに帰る
  ・普段は、保守的な発言から入るよう心がける
    
そして、OFFで得た情報や人脈を
自分を高めるために使い、
高まった自分が、ONでも活躍する。
    
まさに、これができれば好循環ですね。
    
@行動化@
    
私は、比較的、「お先に失礼」している方
かもしれません。
   
でも、著者が言うように、
「ウキウキと楽しそうに帰」ってはいませんでした。
    
今日は、そうしてみます。
   
よろしければ、無事を祈っていてください。
いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。