ケーシー村上

ケーシーの演歌ブログ


テーマ:
12月4日に開催される、第1回「ネットでカラオケ発表会」が2週間後に迫って参りました。それに対応すべくサイトのほうですが、
直ぐにでも受け入れが出来るよう更新いたしました。まず「エントリーページ」ですが、http://www.kcmurakami.com/kara1.html 新しく参加されたYoutube動画は、まずはこちらのページに掲載され「再生回数0回スタート」することになります。
そしてその再生回数を300回突破させ「殿堂ページ」入りを目指して頂くことになります。

見本に一本掲載していますが、概ねこのような動画になると思います。カメラ近辺の雑談も、合わせて口ずさむのも、パラパラの拍手も、全てこれ普段着の臨場感があっていいんじゃあないでしょうか。


AD

テーマ:

YouTubeの再生回数は非常にシビアだというお話しをして参りました。

私はYouTubeは5チャンネル公開運営しています。2016年8月に始めて統計を出してみました。その後チャンネル登録者は13334名、総再生回数は1365万0332回という数字になっております。

この度、前回と同じように、そのすべてを再生回数順に配置して、サムネイル画像から直リンクできるページを全面更新いたしました。...
 

題して「1365万データによるYouTube再生回数ランキング」です。100曲を超す演歌集大成だと思います。ランクインには1万回以上再生という高いハードルをクリアした作品です。どうぞご覧になって下さい。

http://www.kcmurakami.com/kara4.html

 

AD

テーマ:
2016.10,16 開催のイベントに於いての松永悦子さんのステージ動画です。もちろん曲目は昨年7月にリリースした名曲 「ささやき橋」です。

和服を設えての素晴らしいステージでしたので、是非全国の皆さまにもご覧になって頂きたかったので、テロップを挿入してアップすることにしました。お聴きください。

AD

テーマ:
今回は、演歌・歌謡曲ネタから若干離れて、私の地元に関連した動画を紹介します。

今年は、広島東洋カープの快進撃がありました。「広島人は皆んなカープファン」じゃあないのかと思われているフシがありますが、とんでもありません。(ちなみに私は熱狂的Bファンなのです・・泣)

この動画はマエケンが昨年、渡米する前、工事現場のおじさんが魔球を伝授するという探偵ナイトスクープです。 何ともしょうもない題材にも拘わらず、スター選手を差し向けるカープ球団の姿勢に敬服しました。ロケ地がごく近辺の福山市内ということで、地元では大いに話題になりました。

「録画を持っていたらアップして・・」という依頼が多々ありましたので、誠に不本意ながらカープ快進撃の今回アップすることにしました。題して、探偵ナイトスクープ ~ 「マエケン・野村に魔球を伝授する工事現場のおじさん」の巻です。


テーマ:
橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦の御三家は我々より若干年配ですが言わば同年代ということでしょうか。この歌が発売された1966年と言えばちょうど50年前ということになります。

当時、若い女性ファンを三分していました。たまたま当時付き合っていた彼女が西郷輝彦ファンで、私も感化されてたようです。

1年ほど前、西郷輝彦さんがテレビで「君だけを」を歌っていました。http://video.fc2.com/content/20151105pPGKaNVf 率直に言ってとても聴けるものではありませんでした。...

私は悲しくなりました。とはいうものの、この年代になっては青春歌謡は逆に難しくなかなか歌えるものではありません。

果たして自分はどうなのかと思って、当時の写真を背景画面にしてPCで歌ってみました。



テーマ:

台風一過で快晴の本日、福山市内の「カラオケ加茂」に出向きました。カラオケ喫茶と言えば、普通演歌の新曲が定番だと思いです。

前回伺った時「浪曲太鼓」を歌ったところ随分反応がありました。https://youtu.be/f8Iq3hk-bUg 「あれ?これってどういう現象?」と一瞬戸惑いました。普通に懐メロ歌っても「何で?いまその歌?」という感じで反応はイマイチというのが常です。

しかし曲によっては、新鮮に受けられる場合もあるということです。当然その答えはまだ導かれていません。

そこで私の今回の選曲は、美空ひばりさんの「江戸の闇太郎」にしました。思っていた通り非常に反応がいいのです。「浪曲太鼓」「江戸の闇太郎」・・何か通じるものがあるみたいじゃあありませんか? ヒントを掴んだみたいでもあります。

それでは、ぶっつけ本番で歌った「江戸の闇太郎」です


テーマ:
今回は、現行のヒット曲を題材に大胆な実験、提起を行なってみたいと思います。失礼な段が在りましたらご容赦願いたいと思います

胡浜三郎さんが2004年に自ら作詞作曲した「人生泣き笑い」は、当サイトでは早くから注目していました。この隠れた名曲を、北川ひろしさんが2014年10月オリジナルにはセリフがあったのですが、歌い易いセリフなしバージョンにしてリリースされました。 
 
この北川さんの「人生泣き笑い」は有線リクエストの積み重ねによって一年後には、ご存知のように、ついにUSEN-A34チャンネルに登場しその後長く上位に君臨しています。、こうして全国への階段を登り始めることになったのです。

演歌はCDという物品を売るのでなく、聴きたい、歌いたい・・という共感を売るのです。歌は詩の表現方法の一つだと思います。
物語には起承転結が求められます。胡浜さんのオリジナルには曲間にセリフがあって、全体を浪花の夫婦物語に仕上げてありました。
https://youtu.be/mv7n0B30aos

この歌の2番3番の歌詞は率直で「夫婦もの」として訴求力の強い素晴らしい作品になっています。しかし北川さんバージョンはセリフを割愛したことにより、1番の「浪花もの」的な歌詞は全体的には関連性の薄いものになってしまいました。
https://youtu.be/EA8MbYz0CKQ

昨今はエコサイズと称し2コーラスのステージを多く見かけます。この場合2コーラスの歌唱で1番の歌詞を省くという現象は例を見ないと断定できます。今回私は、原音を♭3下げて、1番を割愛し、いきなり日常的でインパクトがあり脳裏に残る2番の歌詞から始める「夫婦もの」として表現したらどうかという仮説の実験をしたまででした。




テーマ:
おかしな現象です。テレビではプロ歌手がよくナツメロを歌っています。いっぽう巷のカラオケ喫茶あたりでは素人が必死に、まだ世間的には認知もされていない新曲を歌っています。

これは何故なんでしょうか? 大多数を占める「一般人」とされる方たちにとっては何十年前のヒット曲が、未だに唯一の「共有できる知っている曲」なのです。

その「普通の人達」に毎週でも何処かの会場で、ゲスト歌手を招いて賑やかに開催されている「カラオケ発表会」たるものについて、お声をかけると「無料であろうとなかろうと興味ない」と即答されます。「知らない歌のオンパレード」だからと言われます。晴れの発表会で、かなり上手に歌ってもなかなか大喝采とはいきませんね。

そこで今回、同じ知らない歌でも、上手く歌ったら「大喝采」を浴びること請け合いの曲を紹介したいと思います。30年前の作品で決して大ヒット曲でもありませんでした。何故、喝采を浴びるのでしょうか? それは「何より聴いていて心地いい」その一言に尽きるのではないでしょうか。キーワードは「心地よい曲を、かなり上手く歌う」ということでしょう。

それでは聴いて頂きましょう。北島三郎さんの「浪曲太鼓」です。



テーマ:

かねてから用意しておりました新サイト「ネットでカラオケ発表会」の発表会収録についての精細が決定しました。

詳しくは動画中に記載しております。内容をご理解いただき、近県の皆さまの参加をお待ちしております。

開催日
2016年12月4日(日曜日)午後1時から
 
開催場所
※福山市加茂町上加茂24-7 084-972-8830
   国道182号線北上スーパーマルナカ左折西進右側
 松川アキラさんのお店「カラオケ加茂」(駐車場あります)
       
運営方法
※参加費 1000円(缶飲料付き)
※ビデオ撮影してYouTubeアップが前提となります。
※衣装は普段着を基本とします。
※本名、芸名、ハンドルネーム いずれも可
※選曲は原則DAM配信曲からとします。
           

その他
※精細な概要は動画に記載していますので、ご覧になっていただくようお願いします
※なにぶん初回開催ですので、申込み時に定員オーバー等がありましたら都度お答えして了承していただくという運びになります。

     皆さまのご参加、心よりお待ちしております。




テーマ:
YouTubeの再生回数は、1~2年前から変更になり、同一IPアドレスからの複数カウントの除外、モバイルアプリからの再生カウント除外、ワン切り等の再生回数に比較しての再生時間の検証等々と非常にシビアになり精度の高いものになっています。

現在私はYouTubeを5チャンネル運営していますが、今回統計出してみました。チャンネル登録者は10743名、総再生回数は1184万7519回という数字になっていました。

そのすべてを再生回数順に配置して、30万以上金メダル、10万以上で銀メダル、5万以上で銅メダル、1万以上で入賞というようにランク付けして、サムネイル画像から直リンクできるページを作ってみました。

題して「プロ演歌歌手によるYouTube再生回数ランキング」です。100曲に成んなんとする大演歌集大成だと思います。もちろん1万回以上再生という高いハードルをクリアされたFB友達の歌手の方の動画も多数ランクインされています。どうぞご覧になって下さい。

http://www.kcmurakami.com/kara4.html

ランキング

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。