努力が最も足りないのは国会議員-。社団法人中央調査社(東京都中央区)の全国調査で、国民にもっと信頼されるよう努力してほしい職業や組織を聞いたところ、62.7%の人が国会議員を1番目に挙げた。2008年8月の前回調査の52.8%から約10ポイント上昇しており、鳩山由紀夫首相や小沢一郎民主党幹事長らの「政治とカネ」の問題が影響したとみられる。
 調査は昨年12月4~14日、無作為に選んだ成人男女への個別面接方式で実施、1258人から回答を得た。
 それによると、同じ質問で官僚を1番目に挙げた人は11.8%。前回から9.3ポイント下がっており、同社は官僚不信がやや払しょくされた感があると分析している。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都(医療介護CBニュース)
「体外式補助人工心臓装置」など早期導入が妥当―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
空自小松基地の業務データ流出=2年前、USBなくなる-石川(時事通信)
女子トイレ侵入の教諭、ビデオに自分映り逮捕(読売新聞)
野党が一斉攻勢、小林千代美氏の議員辞職求める(読売新聞)
AD