フィリピン人女性らの在留資格認定手続きで便宜を図った見返りにわいろを受け取ったとして、収賄罪に問われた元東京入国管理局成田空港支局の統括審査官小倉征史被告(54)=懲戒免職=に対し、東京地裁は17日、懲役2年、追徴金580万円(求刑懲役3年、追徴金580万円)の実刑判決を言い渡した。
 判決理由で菱田泰信裁判官は「長期間わいろを受け取り便宜供与を続けており、極めて悪質」と述べた。 

【関連ニュース】
給与支払いで強制執行求める=市長告発も
贈賄側会社社長に有罪=在留手続き汚職
女性触った職員を懲戒免職=NHK
ほかの少年2人にもわいせつ行為=少年院教官を再逮捕
職員への給与支払い命じる=阿久根市の懲戒免職問題

覚せい剤譲渡、派遣社員男性に無罪判決(読売新聞)
強盗殺人の被告に無期懲役求刑…長野地裁(読売新聞)
六本木の不動産取引で脱税容疑=社長2人を告発-東京国税局(時事通信)
東京や新宿へ便利に…横須賀線・武蔵小杉駅開業(読売新聞)
景気動向を注視=平野官房長官(時事通信)
AD