ロビン色ノ空 vol.50

テーマ:

はい、記念すべき50回目のライブ報告ですが、相変わらず遅れたブログ更新でございます(笑)

 

-----

 

5/15は池袋Admにてライブでしたー!

 

<セットリスト>

1.ROCK ME BABY

2.ナイトフィーバー

3.満月とバレリーナ

4.BLACK

5.clap your hands

 

この日携わってくださった皆様、ありがとうございました!

 

四ツ谷アウトブレイクとの交換会としての池袋編、どうでしたでしょうか?

始めてやった箱でしたが、大きさの割には(失礼w)音が変に回らず、ダイレクトに伝わりやすい感じでしたね。爆音だったけど気持ち悪い爆音じゃなかったし。不思議な感じ。

 

さて、この日の総評としては、音楽の形って色々あるなぁってのが第一印象でした。

 

聴くだけとは違い、見て楽しむのもライブの一環。

表現の仕方やアプローチの仕方、色々なものが複雑に絡み合って出来上がるのがライブ。それはその瞬間だけしかないですからね。

そして、そこにお金を払って見に来てくれているお客さん。

演者やスタッフは、それをまず「第一」に考えながらライブを行わなければならない。そんなことを考えてました。

 

ライブに来て不快になって帰っていく。

挙句には音楽が嫌いになる。

集客が減る。

活動・運営が成り立たなくなる。

 

見事な悪循環(笑)

それは絶対ダメ。

 

どうしても「音楽」っていう答えのないものをやってる時点で、聞く人は好き嫌い、分かれてくると思います。

ただ、それを「ライブに行きたくない」に結びつけないよう、我々ミュージシャンは努力せねばならんのですよ。

 

ならどうするか?

 

結構簡単で、上の方で書いた「誰のため」を念頭にすれば良いと思うんです。

勿論自分が楽しむのを忘れずに(笑)

 

 

ライブをする人、見に来る人、運営する人。

 

その人達が一日楽しい日になりますように。

って。

 

 

でわでわ(。・ω・)ノ゙

AD