二文字熟語

漢字の中には、その文字を超越した深い意味思いが込められていることが多くあります。国語辞典を側において、日頃何気なく読んでいる言葉の数々の中に、脈々と流れている日本人の心を読みとろうと努めてみませんか。とても、興味深い事実に気がつくはずです。

NEW !
テーマ:
蚊取り線香・・・
 今日は、蜉蝣(かげろう)という言葉です。

 私が以前在職していた職場で、大変良くして頂いた先輩が、先週末、急逝されました。私と2歳違いでした。つい昨日まで元気な姿を見、声も聞いていた事もあったために、私自身が、精神的なダメージをうけて、神経性の胃腸炎になってしまったようです。これから医者に行きますが、こんな事は初めてですね。今まで、自分の親はもとよりですが、親戚・知人が命の炎を消す場面に、遭遇し、心痛めた事を何度も経験してきましたが、今回は、何故か強烈に心痛めています。夏の水辺で、蜉蝣(かげろう)という昆虫を見かけますが、この昆虫は、産卵を終えると数時間で死にます。人生のはかなさを、そのまま表しているような“かげろう”です。

 さて、蜉蝣(かげろう)ですが、蜉(かげ)も蝣(ろう)も、いずれの文字にも、虫編がついています。虫偏を外すと、浮く(うく)・遊ぶ(あそぶ)の二文字が出てきます。ぷかぷかと浮かび遊びつしている、人の命。そう言うことから、この蜉蝣(かげろう)は、人の命の短さやはかなさの例えにも使われます。こんな使い方があるようです→「蜉蝣(かげろう)の人の身」。

いのち命
 人の命の、何と、はかない事か。人間は、100%の確率で、いつか死を迎える・・とは分かっていても、人それぞれ、寿命というか命の炎の長さには、差があるようです。日本人の平均寿命は女性で85歳位、男性で80歳位。世界一の長寿国だという事ですが、それはそれ。突然の死は、余りにも悲しいですね。今回の事で、自分の精神的もろさをシミジミ感じたところです。また、人の死に対しては、自分の死も含めて、日頃から意識をしておく必要がありますが、その前に、悔いのない人生を生き通す。そういった決意も必要かなと感じたところです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
恋の矢
 今日は、株式(かぶしき)という言葉です。

 中国経済のバブル崩壊が叫ばれる中、中国の株式(かぶしき)市況が大きく揺らいでいます。数日前は、これが原因で、世界同時株安が起き、一瞬、リーマンショックの再来かと思いましたが、昨日には、米国も日本も、大きく反発をして株価は揺り戻しています。中国の大雑把な経済政策は、民主主義国家における資本主義経済とは大きく異なります。中国共産党独裁政権によるさじ加減で、いかようにも左右されてしまう。経済原則からかけはなれた好き勝手な株価対策、景気刺激策等、世界経済にとってはある種の迷惑行為に映る場面も多くあります。こんな国が、人口13億人を抱えてGNPでは世界第2位だと胸を張りながら、一方で、日本からは相変わらず意味不明のODA(政府開発援助)で支援を受けている。ODAについていえば、日本政府は頭がおかしいのか・・と考えざるを得ない。どうかしている。

 さて、株式(かぶしき)ですが、ここでいう株(かぶ)とは、株式、株券の事です。式(しき)とは、一定の型、やり方、手本etc.の意味があります。株式(かぶしき)は、あえて説明をするまでもないと思いますが、株式会社の資本の構成単位で、証券取引所で、日本国内を始め世界中の取引所で投資・投機の対象として売買が行われています。

玉乗り年輪
 低金利時代の中で、銀行の普通預金・定期預金金利は、微々たるもので、将来の資産形成には必ずしも役に立ちません。無いよりあった方が良い程度でしょうか。株式投資で大きな財産を築く人もいれば、人生を破滅に追い込む人もいる。1割の勝者に、9割の敗者。これが株式投機の世界だと思います。堅実な人生を送ろうとする方々は、くれぐれも、この欲望の川に流されないようにしましょう。但し、株式投資も、目的によっては良い面もあるそうです。堅実な株式を長期にわたって保有し、同時に、その会社の株主サービスである株主優待等を楽しむのであれば、それはそれで、結構な事だと聞いています。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ねむー寝
 今日は、熟睡(じゅくすい)という言葉です。

 昨晩は、久しぶりに大量の雨が降ったせいもあり、涼しい一晩でした。久しぶりに気持ちの良い睡眠で、まさに熟睡(じゅくすい)。春ではありませんが、春眠暁を覚えず・・それに近い感じの熟睡でした。今日も未だ、雨が降り続いていますので気温も上がらず、涼しい一日となっています。

 さて、熟睡(じゅくすい)ですが、熟(じゅく)とは、果物が充分に実る、充分に発育するetc.の意味があります。また、睡(すい)は、いねむりをする、ねむるetc.の意味です。熟睡(じゅくすい)とは、充分に眠ることを意味しますが、夏の盛りは、熱帯夜等眠りを妨げる時期もありましたが、これからの涼しい季節は、心地よい睡眠を大いに楽しみたいものですね。

たいよう。天気 雨
 ところで、今年は、夏の初めの頃から台風が多く発生しています。私の住む千葉は、幸か不幸か、今年は台風の直撃は一度もありません・・が、そのため、雨が少なくカラカラ天気が続いて、野菜の収穫にも一時影響があったようですが、ようやく雨。季節も食欲の秋。台風は、まだまだ油断できませんので、皆様、秋を楽しみながらも、台風の到来には充分お気を付け下さい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
はしれ~♪ボケーー
 今日の言葉は、行動(こうどう)です。

 私は、旅行とか観光とか、あるいは興味のある事柄でも、わざわざ外出してまで・・といった、不精な所があります。ただ、人生を楽しむ要件は何か...と考えたところ、やはり自ら外に飛び出す。外に飛び出して、興味のあるもの、関心の高い講演、楽しいと思う行事等に、自分から近づいていくことに尽きるのだろうと感じるようになっています。旅行は勿論、飛行機や電車などをつかって遠方まで出かける事になりますが、講演とか、あるいは博物館の展示などは、比較的近く(・・とはいっても、現在の千葉から東京まで)で行く事ができますので、一日あれば、充分楽しむことができます。人生を楽しむ要件、それは行動(こうどう)的であること、それに尽きると感じています。

 さて、行動(こうどう)ですが、行(こう)には、歩いて行く、めぐる、旅etc.の意味があります。もともと、行人偏(ぎょうにんべん)には、腿、脛、足が繋がっている形を表したものという意味を持つもので、正に、この文字は、歩く、行く、といった意味になるわけです。次に、動(どう)です。この文字は、じっとしていない、はたらくetc.の意味となります。行(こう)という文字と組み合わさることで、積極的に動く...といったニュアンスが感じられる熟語となっています。

台湾映画
 私は、当面、自分の時間をどう過ごしていくか・・という命題に対して、“楽しむ”という結論を得たところですが、そのためには、自分から外に出ていくこと。これが肝要になります。休日は、できるだけ身体を休める等といっていると、いつの間にか老け込んでしまうでしょう。世の中には、いろいろなイベントがあります。私が最近関心をもったものに、東京・虎ノ門のニッショ-ホールという会場で、台湾で大ヒットした映画「KANO」の上映と、台湾から日本に帰化した女性政治評論家・金美麗さんの講演会(10/24、申込み先:産経新聞社『正論調査室』、03-3243-8454)があります。まだ先の話ですが、早速、申込みをしたところです。
KANO
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
草木
 今日の言葉は、植栽(しょくさい)です。

 我が家には、小さな庭ですが、そこに芝生を張りつめています。ただ、夏の時期は、芝生と一緒に雑草も茂り、大変な事になります。今年も、昨日の芝刈りを入れて2回目です。特に、昨日は、大変の量の芝と草を刈り取る事になりました。ちょっと目を離すと、庭の手入れも大変です。幸いに、秋の気配を感ずる涼しい日でしたので、多少の汗はかいたものの綺麗に狩ることができて、自己満足しているところです。不精な私は、本来、勝手に成長してくれる強い植物が良いと思い、庭に入れた木も、ろくな手入れもしないのに元気に成長をしています。ただ、スモモの木は、あっというまに大きくなります。選定をして枝をつめても、あっというまに大きくなってしまい、もはや私の手には負えないサイズです。やむを得ず、今年から、植木屋さんを頼んでいます。細かく手入れを必要とする植栽(しょくさい)は、どうも、私には合わないようです。

 さて、植栽(しょくさい)ですが、植(しょく)は、木をまっすぐにたてる、草木を植えて根がつくようにするetc.の意味です。また、栽(さい)は、若い苗を植える、移し植えるetc.の意味です。即ち、植栽(しょくさい)とは、一言でいえば、草木を栽培すること・・となりますが、更に付け加えると、人の手を加えて、あるいは手入れをして、という意味がカッコ書きでつくことになると思います。

柿リンゴ
 夏の暑い時期に猛烈な成長を続けた草木は、秋になると、チョット落ち着きを取り戻します。実りの秋といいますが、果実が実る植物も多く、代表的なものは柿、梨、ブドウ、リンゴ等たくさんありますが、最近では、温室栽培とか、ハウス栽培の果物も多く、季節感は薄れていますね。それでも、最近、私の故郷の静岡県から送ってきた梨がとてもジューシーでおいしく頂いています。静岡と言えば、ミカンと思いがちですが、梨も結構多く収穫されています。話をもとに戻しますが、余り手入れをしない我が家の草木ですが、除虫剤の散布とか、花が終わった後のお礼の肥料とか、この程度は、手数を惜しまずに対応してあげれば、来年も、それなりに花や果実が楽しめます。
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇