!!チョキ

今日は、上達(じょうたつ)という言葉です。


スポーツも、習い事も、又、仕事ですら、“好きこそ物の上手なれ”・・という言葉は当てはまりそうです。これは、どんなことであっても、人は好きなものに対しては熱心に努力するので、上達(じょうたつ)が早いという故事です。私の趣味の一つは、ゴルフですが、決して上手ではありません。ゴルフの事が“好き”なのに、何で上手にならないのか。故事と違うのは何故か、それは、好きに加えて、もう一つ足りない事があるのではないかと、感じるようになっています。それは、何故、失敗したのか。何故、成績が上がらないのか?その先の原因を分析をせずに、何故、何故と考えていただけではなかったのか、という反省です。失敗した時に、何故失敗したのか、常にその原因を追究する努力を怠っていたためではなかったのか。そんな反省です。


さて、上達(じょうたつ)ですが、上(じょう)には、一層高い、優れているetc.の意味があります。また、達(たつ)には、道が通じる、行き着く、目的がかなうetc.の意味があります。即ち、上達(じょうたつ)とは、優れている技術を身につけるようになるとか、目的を達成するための道が開ける;・等の意味がありそうです。


目ラブラブ

“好きこそ物の上手なれ”・・これだけでは、何かの上達(じょうたつ)を期するためには足らないことを、肝に銘じて置く必要があります。こんなに好きなのに、何故、もっと上手くならないのか。原因は何なのか。原因を追究して、解決するために何が必要なのか。ここまで突き詰めていかなければ、上達できない。私も、探究心を忘れずに、好きな事にまい進する事にします。

AD