二文字熟語

漢字の中には、その文字を超越した深い意味思いが込められていることが多くあります。国語辞典を側において、日頃何気なく読んでいる言葉の数々の中に、脈々と流れている日本人の心を読みとろうと努めてみませんか。とても、興味深い事実に気がつくはずです。

NEW !
テーマ:
投稿写真

箱根、ガラスの森の美術館
…いってきました
いつ行っても飽きません
本当にイタリアにいる気分

ここ毎年行っていますが
今年が4回連続(^o^)/

#ガラスの森 #箱根


AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:
競馬競馬
 今日の言葉は、配分(はいぶん)です。

 皆さんは、配分(はいぶん)という言葉から、どのような事をイメージされますか。利益や成果を皆で分ける・・そんな意味でしょうか。それとも、何かを仕上げるときに計画する時間配分でしょうか。私が最近意識するのは、体力配分です。競馬のレースを見ていると、時々、先行逃げ切り・・というケースを目にします。体力的には他の馬と大きく変わるわけはないのですが、思い切って先頭に出て、そのまま運良ければ、足色が変わることなくゴールまで飛び込んでしまうケースです。一方、初めは体力を温存しておいて後方を走っていた馬が、ゴールまじかの適当な時期を見計らって、のこっている体力を全て出し尽くす感じで、後方一気にゴボウ抜きするようなレースも目にします。


 さて、配分(はいぶん)ですが、配(はい)には、必要な所に割り当てて供給する、釣り合う、対になるetc.の意味があるようです。分(ぶん)は、別々にして区切りをつける、間をあける、離す、自分が成すべき務め、気分etc.いろいろな意味があります。それでは、配分(はいぶん)のニュアンスを考えると、全体の中でのバランスのとり方のようなものが内包されているようです。

走るマラソン中
 最近、体力が落ちたな~・・と感ずる事が多いのですが、先程の、競馬の話ではありませんが、今迄の自分は、自分が入るべき全体のコースを見る事無く、とにかく先に先に進んで、そのままゴールに入り込むパターンが多かった気がします。しかし、この走り方はいつまでも続かないようです。例えば、距離が1000メートルであれば、自分の体力配分を考えて、最初は、体力を温存しながらユックリ走り、のこった体力を全て出し切るタイミングをさぐる。そんな走り方が必要なのかな?最近、そんな事を考えていますし、これからは、“後に体力を残す走り”をしようと考え始めたところです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
?インド
 今日は、鼓舞(こぶ)という言葉です。

 気候の変わり目はとかく体調を崩しがちになります。5月下旬だというのに、ここ数日は、夏のような暑い日が続きます。もう夏バテか・・という程に体調を崩しています。とても、疲れやすい毎日です。元気は、“気”からといいますが、元気がでないものは、いくら自分を鼓舞(こぶ)してもダメ。何とかならないものか。

 さて、鼓舞(こぶ)ですが、鼓(こ)とは、つづみ(鼓)を打つ、励ますetc.の意味です。また、舞(ぶ)には、舞を舞う、思うままに動かす、躍らせるetc.の意味があります。即ち、鼓舞(こぶ)とは、鼓を打って賑やかな空気の中で元気を出すように努める事でしょうか。

はくさい病気
 人間、すべからく健康に勝るものはありません。病気や怪我で身動きがとれなければ、体調が戻るまでは、意味のない時間が過ぎ去るのを待つばかり。健康に勝るものはありません。体力のある若い時代には余り意識をしなかった健康。年を重ね、体力がなくなってくると、とたんに健康の有難さを感じ始めます。人間って勝手なものですね。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
時計原始人(女)
 今日は、時流(じりゅう)という言葉です。

 時の流れに身を任せ♪♪・・という歌を思い出します。テレサテンの歌でしたね。最近、自分自身、時の流れに身を任せよう・・なんて気になっていますが、その難しさに悩んでいます。ある種の諦めとか、ある種の悟りとか、自分自身の意志で河の流れに逆らって泳ぐような事はやめよう・・といった意味合いがある歌詞だと思います。この歌詞を、時流(じりゅう)という言葉に短縮すると、その意味は、大きく変わってきます。

 時流(じりゅう)という言葉ですが、時(じ)とは、月日の移り行きや繰返しを意味します。流(りゅう)は、流れる、流す、さまよう、世間に伝わる、仲間etc.いろいろな意味を持ちます。時流(じりゅう)の意味そのものを見ると、その時代の風潮や傾向。個々の文字に分解して、この二文字に含まれる意味を考えてみると、底辺には時間や季節の移ろいの中で、世の中が変化していく様子が伺えます。

河流れ
 そういった時流に、自分自身を委ねるということは、虚しさしか残らないような気もしています。この歌を大ヒットさせたテレサテンは、何故か、自殺をしています。心の葛藤、人生の葛藤、いろいろな事があったのでしょう。人間、“時の流れに身を任せ”・・ては、ダメなのではないでしょうか。少し無理をしてでも、時代に逆らう気概。これが自分自身の心に緊張を生み、自分自身を奮い立たせる力になるような気がします。皆様は、時代の流れの中で、自分の人生と絡めて、どのような意識で生き抜こうとしているのでしょうか。
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇