二文字熟語

漢字の中には、その文字を超越した深い意味思いが込められていることが多くあります。国語辞典を側において、日頃何気なく読んでいる言葉の数々の中に、脈々と流れている日本人の心を読みとろうと努めてみませんか。とても、興味深い事実に気がつくはずです。


テーマ:
魔法あ
 今日の言葉は、偶然(ぐうぜん)です。

 世の中には、思いもかけない事、あるいは偶然(ぐうぜん)というにしては、余りにも出来過ぎた事件や出来事が、数多く見受けられます。私の周囲を見回してみると、何故か、私と同じ血液型のB型の人達が多いとか、春先になると必ず体調を崩すとか(・・これはチョット違います?)、遠く離れていた兄弟姉妹の事を考えていたら突然電話がかかってきたとか、この広い東京で、金沢に住む友人が東京駅を歩いていたところに遭遇するとか、とにかく誰かが仕組んだのではないかと思われる程、不可思議な出来事が多いのではないでしょうか。

 さて、偶然(ぐうぜん)です。偶(ぐう)には、二つ並ぶ、対になる、仲間、人形etc.の意味があります。“対になる”という意味は、意味深長ですね。次に、然(ぜん)には、そのまま、しかるに、しかりetc.の意味があります。偶然(ぐうぜん)とは、なるべくして成った、あるいは起こるべくして起きた。そんなニュアンスを感じます。偶然とは、予期できないような仕方で物事が起きる事です。

化けUFO
 テレビ番組でも、よく霊現象とか、UFO(未確認飛行物体)とか、古代文明とか、あるいは紀元前の時代には絶対にありえない高度な技術を示すオーパーツと言われる場違いな品々etc.説明がつかない現象や過去の遺跡をテーマにした番組が企画放送されることがあります。これは、今の人類の科学や文明で説明できないというだけの話であって、現実に起こっているとすれば、何らかの原則があるはずです。アインシュタインの相対性理論もそうでしょう。絶対的な時間が単独で存在しているわけではない、つまり「時間」は「重力」や「速さ」の影響を受けるということ。映画や小説の世界で皆様ご存知のタイムマシンは、理論上は実現可能だという事です。世の中の不思議は、いつか不思議ではなくなるのかもしれません。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
牢屋 友達
 今日の言葉は、孤独(こどく)です。

 今朝のニュースで、“孤独(こどく)の死亡リスク、たばこよりも飲酒よりも肥満よりも悪い”といった記事を目にしました。これは、米国の某大学の研究グループが心理科学の国際誌「パースペクディブス・オン・サイコロジカル・サイエンス」(2015年3月11日)で報告したものです。300万人ものデータを対象として分析し、孤独、社会的孤立、一人暮らしの情報と健康に関わる様々な情報と関連付けてリスクを計算したものです。興味のある方は、こちらをどうぞ。
http://www.mededge.jp/b/heal/10726?src=pc_sn_twt_150326_10726

 さて、孤独(こどく)です。孤(こ)とは、みなしご、助けるものがない、一人ぼっちetc.の意味です。独(どく)とは、相手がない、独り者、老いて子のない者etc.の意味です。孤独(こどく)とは、こうした意味を見る限り、何とも寂しい姿を感じます。老人だけでなく、若者であっても、孤独であるということは、耐え難い精神的なストレスに直面するものだと思います。

しにたい社会
 私自身は、今迄、孤独(こどく)というものを意識したり感じたりしたことは、実は、一度だけあります。実の母親の死に直面した時です。今、振り返ってみると、人の死は、決して避けて通れるものではありませんが、時間の経過が、心に平静さを取り戻してくれるものだと感じています。人の死に直面した時のショックを、いつまでも引きずらないように、人間の心の中にある安全装置が働くためだと思います。話をもどしますが、孤独(こどく)とは、社会からの乖離も意味します。他人との関わりを避けたいと思わないように、社会との接点を常に持つようにすることが、人を孤独感から解放する唯一の方法だと思います。自分自身への自省の意味でも、社会との接点を大切にしていきましょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先生医者
 今日は、聴講(ちょうこう)という言葉です。

 私の職場では、法務担当という役割をもつスタッフがいますが、今朝は、彼が講師を務める自主的な勉強会があるというので、早速、私も、聴講(ちょうこう)させてもらう事にしました。テーマは会社の分割・譲渡などについて、会社法を中心とした話だそうです。こういった難しい話は、書籍で勉強するのはなかなか大変なので、耳学問で吸収するのが効果的だと思っています。本当は、読書習慣も極めて重要なのですが、安易な道を選びがちなのは人の常・・と、自己弁護。

 さて、聴講(ちょうこう)ですが、聴(ちょう)とは、よく聴いて判断する、正しく聴くetc.の意味ですが、ポイントは、“聞く”ではなく、“聴く”という文字です。漠然と聞くのではないのが“聴く”の本質です。次に、講(こう)ですが、説いて明らかにする、手立てを考えるetc.の意味となります。聴講(ちょうこう)とは、説かれた真実・心理に耳を傾ける事です。

玉乗りドキドキ
 人生、死ぬまで学び舎。若かろう、年を重ねようと、生まれてから死ぬまでの間の時間は、学びの時間の連続です。良く聴く話では、定年退職した後に、カルチャースクールどころか、大学に入学しなおす方々もいるようです。私は、そこまではできませんが、命の続く限り、学ぶ姿勢を堅持するように努めたいと思います。体調の悪い時などは、ついつい、そういった事を忘れがちですが、何事も努力、意識して努力を継続する事も必要だと感じています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
 ひらめきひらめき
 今日は、啓示(けいじ)という言葉です。

 先週21日は、春分の日。春の彼岸の入りでした。義父のお墓参りに詣でた後、我が家の近くにある某霊園に立ち寄ってきました。何故かって?私達夫婦も、人生の後始末を意識しなければならない。適当な時期に、お墓も用意しなければならない....と日頃の会話では出てくるのですが、いざ、お墓を探すとなると、なかなか腰が挙がらない。思い切って、義父の墓参の帰りに近所の霊園に寄ってみる。外観とは違い、広大な敷地の中に、綺麗に整備された近代的な霊園で驚いたところです。墓所の分譲について、霊園の事務所に聴いたところ、新規分譲は終わっていて、今度、いつ分譲があるか分かりませんが、情報があれば、改めて連絡しますと言われ、早々に、帰宅したところでした。ところが、それから数十分もしないうちに、分譲予約のキャンセルが出たという事で、思いもかけない電話を頂き、改めてでかけて、即決です。なんというのでしょうか、亡き義父や、亡き母のお導きあるいは啓示(けいじ)ということだと感じています。

 さて、啓示(けいじ)ですが、啓(けい)とは、導く、未知のものを明らかにするetc.の意味です。また、示(じ)とは、分かるように見せる、教えて指図する、示すetc.の意味となります。即ち、啓示(けいじ)とは、未知の力によって引き寄せられること等を意味するのでしょう。キリスト教では、人知では分からない事を神が表し示す事、と説明されているようです。

ジャケット玉乗り
 私は、日常的に起きる偶然の出来事について、ある種の神秘体験に似ていると感じています。人と人との出会いも、予め約束されていたものは別にして、数万分の一の確率で起きる事だと思います。そういった意味で、人間世界では、人知では計り知れない様々な事が起きるものだと、謙虚な気持ちで受け止める事も必要ですね。かといって、なまじ宗教に頼ることはお勧めできません。所詮、人の心の隙間に入ってくるのが宗教、あるいは新興宗教ですから。生きていくための心の揺らぎは、人である以上、誰でも経験することです。こんな時は、自分は、公の為に何ができるか、自分の志すところは何か、要するに、自分が生きていく上での目標を明確にし、それに向かって邁進する事で、自分の人生の意義を感じ、生きる活力も生まれてくるのではないかと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇