皆様、こんにちはo(^▽^)o

学生スタッフの荒井ゆりです☆

東京は桜が満開となり、お花見日和ですね晴れ


今回より、今年度[タダゼミ]を卒業するスタッフが

毎週交代でタダゼミへの想いを書き綴っていきます!

全5回ありますので、どうぞよろしくお願い致します(^O^)/


まずは・・・



先週の日曜日に2013年度の祝賀会を行いました!



修了証とスタッフ全員からの寄せ書きを渡して、

お菓子を食べながら1年間の思い出と、これからの話に花を咲かせました☆


私は3年間この場に居させて頂いていますが、

毎回ジーンとくるものがあって、涙をこらえるのに必死でした(笑)


[タダゼミ]は、

こう言ってしまうと語弊があるかもしれませんが、

「勉強が嫌い。」

「やる気がない。」

「一緒に頑張ろうと手を差し伸べてくれる人が少ない。」

そんな状況にいる子どもたちとスタッフが深い信頼関係を築いて、

「高校合格」という大きな目標に向かって一緒に1年間頑張り抜く。

そんな場所が[タダゼミ]です。

何一つが欠けてしまっても[タダゼミ]は成り立たないのです。


信頼関係がないと頑張ろうと思ってもらえないし、

だからと言って、楽しくお話しするだけでは、受験に打ち勝つことが出来ないし・・・。

このバランスの取り方が難しかったなと思います。


確かに、子どもたちの話を聞いていると、

大変なことも沢山あるし、言い訳したい理由もよく分かりました。

少し時間が経つと気づいたことは、

「嫌だ」と逃げていたのは、「どうしたら良いか分からない」という

子どもたちからのSOSなんだなということです。


そのSOSに対して、スタッフは様々な角度からアプローチして、

情熱をもって子どもたちに接していきました。

これも[タダゼミ]の特徴の一つですよね。


そして、小さな成功体験を積み重ねて、少しずつ出来なかったことが

出来るようになっていく。どんなに小さくても、やった!と思う気持ちを糧に前に向かって進んでいく子どもたちの姿は、「勉強なんて嫌いだ」とごねていた時とは異なって、頼もしく見えました。


[タダゼミ]の活動に参加させて頂いて、私は、

スタッフからは、全体を見渡して

物事を様々な角度から見て考えることの大切さを、

子どもたちからは、最後の最後まで諦めないことを学びました。

特に子どもたちからは、私自身大変で辛いことがあった時に、子どもたちも頑張っているから、私も負けられない!と折れそうな心を何度も奮い立たせてくれました。


運営の仕方でも、子どもたちの指導方法でも、もっと良い働きが出来たかもしれませんが、常に全力で、一生懸命に取り組めたことに対しては、何一つ後悔していません。

学生時代にこんなにも貴重な体験をすることが出来て、心から感謝しています。


他のスタッフと比べると私はあまり成長していないように感じるのですが(笑)

[タダゼミ]で得たこと、感じたことを大切に次のステップに進んでいこうと思います。


これからも[タダゼミ]という活動が広く世間に認知されるようになり、

収入格差が学力格差である現状を少しでも脱する方向に進んでくれることを祈っています。

ずっと応援しています。


最後まで御読み頂き、応援して下さってありがとうございました。


AD
こんにちは!

広報の小宮です。

今年も新年度が近づいてきました!
新しい生活を始める方も多いのではないでしょうか?

タダゼミ杉並では新年度を迎えるにあたり、「学生ボランティア」募集
を実施します。

今回の更新ではその告知をさせて頂きます!


======================================================
塾に行けない中3生のための無料学習会[タダゼミ]

学生指導ボランティア大募集!

<説明会&研修会>
 ■4月19日(土)13:00~14:30
   足立区生涯学習センター5F研修室3
 ■4月20日(日)18:00~19:30
   協働ステーション@小伝馬町
(2日のうち、どちらご都合の合う方にお越しください。)
======================================================





~中3生の「高校進学」の夢を応援する学習支援ボランティア~

[タダゼミ]では経済的事情から公立高校しか選択肢がなく、塾や家庭教師を利用出来ない生徒を
個別指導、集団指導、進学相談など、
様々な形でサポートしています!
教育格差を何とかしたいと思う方、目の前の子供の力になりたいと思える方等大募集中です!!

<活動内容>
中学校3年生に、都立入試合格に向けた指導を行います。

<活動場所、日時>
現在2拠点で活動を行っております。
■杉並拠点
会場:高円寺障害者交流館(東京都杉並区高円寺南2-24-18)
アクセス:JR高円寺駅より徒歩8分、丸の内線新高円寺駅より徒歩6分
開催日時:隔週日曜日午後開催(入試直前期は毎週開催になります。)

■足立拠点
会場:足立区生涯学習センター(東京都足立区千住5-13-5)
アクセス:北千住駅より徒歩15分
開催日時:隔週日曜日午後開催(入試直前期は毎週開催になります。)

※学生のみ上限1日1,000円で交通費支給
※全日程に参加できなくてもかまいません。

<募集人数>
先着15名程度

<下記に当てはまる方を募集しています。>
■出来るだけ多くの日程に参加できる方
■4月以降も継続的に関われる方
■自分が主体的にプロジェクトを推進したいという方
■教育格差や学習支援ボランティアに少しでも興味のある方
■教えること、子どもと触れ合うことが好きな方
■生徒の「高校進学」という夢を一緒に達成する気持ちのある方
※説明会当日、簡単な面談があります。

<説明会&研修会詳細>
■日時:4月19日 13:00~14:30
      4月20日 18:00~19:30
      (2日間のうち、どちらかご都合の合う方にお越しください。)
■場所:
19日 足立区生涯学習センター5階 研修室5
JR常磐線・東武線など「北千住駅」西口より徒歩15分
      ◇地図はこちら(http://www.adachi-shogakucenter.net/facility/index.ht

20日 協働ステーション中央
東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅4番出口徒歩3分
      江戸バス北循環「小伝馬町駅」下車徒歩4分
     ◇地図はこちら(http://chuo.genki365.net/core_sys/images/others/map_b.jpg)

■参加費:無料
■募集対象:大学生・大学院生
■申込:下記申込フォームからお申込みください。
  PCから→http://ws.formzu.net/fgen/S41062193/
  携帯から→http://ws.formzu.net/mfgen/S41062193/


みなさんの参加をお待ちしております!

****************************************************
学生ボランティアによる活動ブログ更新中☆
[タダゼミ]杉並~大学生による無料の都立高校合格講座~
http://ameblo.jp/kdjh3-2010s/
[タダゼミ]あだち~都立高校合格までの道~
http://ameblo.jp/tadazemi-adachi/
****************************************************

◎お問合せ
特定非営利活動法人キッズドア(担当:早田)
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町1-5 日本橋小網町ハイツ304
TEL:03-6231-1029 FAX:03-6862-6093
MAIL: info@kidsdoor.net
AD
タダゼミスタッフの瀬戸山結衣です。
都立入試も終了し、毎週あったタダゼミの活動も今は一段落です。
生徒の皆さんはここまで本当に頑張ってくれました!

さて、今日は教材公開第五弾ということで
これまで使用した理科の教材について、二つの点を中心に紹介させていただきます。
理科を「難しい」「嫌い」「自分とは関係ない世界」ではなく、
「面白い」「好き」「親近感が沸く」と思ってくれる方が増えることを祈りつつ、作ったプリントです!


1.視覚的にも覚えやすい教材
定期試験で理科や社会の問題を解いていると「あ、ここ教科書の右下に載っていた内容だ」と、
視覚的に思い出すことあるかと思います。
視覚的な記憶を手繰り寄せて内容を思い出すことも学習においては効果的であると考えました。
そこで理科の教材では、汚いけど記憶には残りやすいという特徴を持つ私の手書き字を
最大限に活用しました(笑)。



また、イラストも多めに用いています。
教材は穴埋め形式で、生徒の皆さんには私の授業を聞きながら自分で赤ペンで穴を埋めていただきました。
自分の字だとなおさら覚えやすいですし、穴を埋めていく段階でも記憶ができます。
復習にぴったりなプリントだと考えています。


2.現象や物質への親近感のわきやすい教材
理科は、特に物理や化学において、イメージして理解することが非常に難しい科目です。
そのような内容は積極的に擬人化を用いました。







また、難しそうな内容でも実は身のまわりで使われる現象であることを強調した授業をしています。
例えばSuicaやPASMOなどの非接触ICカードは電磁誘導を用いているので電源がなくても作動することや、
お菓子作りでベーキングパウダーを用いるのは炭酸カルシウムの分解反応で生じる二酸化炭素により生地を膨らませるためであること
などを紹介しました。


授業は、前回の内容の確認小テストを行った後、
私の講義聴きながらプリントの穴埋めをやってもらい、
最後に演習を、さまざまな公立高校の入試問題を用いて行っていました。
来年以降の理科がさらに良い授業になるよう、今年度の反省をこれからしっかり行っていきます。
AD