皆様、こんばんは(^O^)/

ご無沙汰しております、荒井ゆりです☆


世間を騒がせているソチオリンピックも大詰めですね三 (/ ^^)/

メダルを目指して一心不乱に頑張る姿を見ると、

結果がどうであれ、とてもグッとくるものがあります。


高校受験にはどうしても結果がつきものです。

でも、だからこそ、最後まで今まで頑張ってきたことを

最大限に発揮してもらえたらいいなと、心から思っています。



前置きはこれくらいにして・・・

では、今回は、社会の教材について紹介させて頂きますv(^-^)v



都立入試で出題される社会は、地理、歴史、公民の3分野と、

”3分野総合”という形で出題されています。


地理は、知識を必要とする問題があることはもちろんですが、

表を読み取る力を見る問題も数多く出題されています。


地理

地理の場合、確実に点数を取ってもらいたいところが、雨温図です。

ほぼ毎年出題されていますし、解き方さえ分かってしまえば

あとは条件に合うものを選ぶだけです。

今年も子どもたちとは、都立の過去問だけではなくて、

他府県の類題を使って何度も問題演習を行いました。


歴史は、なんといっても、流れをつかむことが大切です。

年代の並び替え問題や年表問題がよく出題されるからです。




こればかりは覚えてもらうしかないのですが・・・(^_^;)

少しでも覚えやすいように、年号に語呂を付けてみたり、

寸劇みたく説明してみたりー試行錯誤しながら工夫は凝らしたつもりです。


公民は、基礎知識を身につけることはもちろん、地理と同様に

表を読み取ることも重要になってきます。




また、その時ホットな話題も狙われそうなので・・・(^▽^;)

そういった点も見逃さないようにカバーしていきました。



“社会は暗記科目”と言われ、

覚えることがとても苦痛になってしまている子を多く見てきました。


確かに、覚えないと出来ないことも多くありますが、

表の見かたといった、解き方を知れれば解けるようになる問題もあります。

そういったところから力をつけていってもらい、

「やってみれば案外できるかも!」と言った、

小さな自信から少しずつ前進していってもらえるように努力したつもりです。

その成果が、少しではありますが見え始めてきて、本当に嬉しい限りですo(^▽^)o



入試本番まで、あと2日。

社会はどうしても優先順位が低くなりがちだけれど、

今やれること、やれそうなことをやって、

力いっぱいに本番を迎えてもらえたらいいなと思っています。



今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました☆



AD
みなさんこんにちは(*^▽^*)

リーダーの山田です!

今回は、2/16の活動報告をさせていただきます。


もう都立入試直前!!



生徒一人一人の必要に応えるため、
授業はほとんど個別でやってます!


先生も生徒も、真剣です。



直前期なので緊張も段々高まってきますが、
その中でも勉強の楽しさを感じつつ、タダゼミの良い雰囲気はそのままに勉強してます。

この記事を書いている時点で都立一般入試まであと2日、明日は今年度最後のタダゼミなのですが、
生徒達が最高の結果を出せるように、最後まで全力で教えていきます!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
AD
皆さんこんにちは!

タダゼミの小宮です。

今回は2月2、9日の活動報告をさせて頂きます!

2日


(当日の活動の様子です)

理科

化学の分野をやりました。
化学は覚える部分とそれを使い応用して考えるところがあり、なかなか手ごわいです、集中して取り組みましょう!

数学

個人にそれぞれ別の問題を用意しそれを解いてもらっています。
ここからは生徒それぞれがより戦略的に点数を取れるようにならないといけません!

国語

「科学」についての評論をやりました。
なかなか難解な文章です、頭の中で整理して読む必要があります!

英語

英語の単語テストから演習に入りました。
英語はここからでも十分点が伸ばせる教科だと自分は思っています。
頑張りましょう!

社会

社会では基本的に演習問題を解いてもらっています。
暗記科目と言われながら考える部分が多いのが都立入試の特徴です!

9日



(当日の予定です)

理科

電気の分野をやりました!
並列と直列の違いなど答えをだす上で覚えなければいけないものが多い分野です。

数学

今回も生徒個人で別々の教材をやっています。
他に入試を終えた生徒に対しては高校の導入部分の問題を
やってもらいました!


国語

古典の問題を演習しました!
在原業平が書いた「伊勢物語」がテーマとなっている文章です。

英語

過去問の演習をしました!
ここからは少しでも多くの文を読むことが重要です。

社会

奈良から明治初期あたりまでの歴史の流れを確認しました。
かなりハードでしたが大まかな流れをつかむのは整序問題などに有効な対策です!



2,9日の活動報告は以上です。
また、次回から活動報告を1週1回に戻さて頂きます。

都立入試まで、あと残すところ2回となりましたが生徒の応援
よろしくお願いします!!

では次回の更新もお楽しみに!!

AD
みなさんこんにちは!

リーダー兼、国語担当の山田です。
お久しぶりですね。

さて今日は、タダゼミで使っている国語の教材を紹介してみたいと思います!


自分が教材を作るにあたって一番重視しているのは、

「生徒達の現状を分析し、いま最も必要なものを提供すること。」

これが教材を作る上の大前提です。

市販の教材の中にはとてもよくできたものが多いのですが、そもそも都立入試向けの教材が少なく、生徒のレベルの変化にも対応できないんですよね...

という訳で、こういう教材を自分で作ってます!!



これは10月に使った教材なのですが、中国古典への導入を狙って、簡単な都立入試の問題を使いました。

えっ!?何でコピーせずにタイプしてるの? と疑問を抱く方も多いと思いますが、
自分で全文打ち込むことで文章の流れを正確につかむことができるため、授業準備がしやすくなるのです。

問題に手を加えて生徒のレベルにあったものにすることもあります。

生徒の方もコピーした見にくい教材を渡されるよりは、見やすい方がやる気がでてる気がしますね。

裏話ですが、実は市販の過去問集には誤植も多いんです...。



これは解答・解説です。

市販の過去問集では、難しい問題でも解答の根拠がほとんど書いてなかったりすることがあるため、なるべくわかりやすく、簡潔で的確な解説を書くことを心がけています!


今年度は計20回近く国語の授業をしましたが、初めと比べて生徒の読解力は随分レベルアップしました。
その結果が続々とあらわれ始めていて、嬉しい限りです!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の更新もお楽しみに!

合格速報!!

テーマ:
みなさま、こんにちは!

タダゼミの小宮です!
雪が恐ろしいほど降っていますね叫び

私立入試に響かないかなど心配な部分もありますが嬉しいお知らせがあります!!

[タダゼミ]杉並から

東京都某私立高校 スポーツ推薦1名
東京都某都立高校 スポーツ推薦1名
東京都某都立高校 推薦1名
    の合格者がでました!!(2014年 2月8日現在)

生徒達は本当によく頑張ったとおもいます!
困難を乗り越えて目標を達成したのは生徒自身の力によるものです!

今後も、私立一般入試都立一般入試が控えています、合格者が出次第報告するのでよろしくお願いします!!

こんばんは

英語担当の陰山です。

今日はタダゼミの英語の授業内で使用している
教材のご紹介をさせていただきます。

英語においては特に「基礎力」が重要です。


そこで、今回は都立入試英語で必要な

「基礎力」を養うためにタダゼミで使用している

教材をご紹介します。


ここで言う基礎力とは

①英単語力

②長文読解力

③英作文を書く力  のことを指します。


では、まず初めに①の英単語力

養うための教材をご紹介します。


英語の授業前には毎回必ず、

英単語の小テストを行います。

出題範囲は、トップシークレットですが、

今回は特別に少しだけ明かしちゃいます!


実は、都立入試の英語の問題には、

よく出る英単語とあまりでない英単語が存在します。

つまり、よく出る単語を厳選し暗記していくことが

英単語力向上の近道になります。


そして、そのよく出る単語を中心にして出題をしているのが、

この小テストになります。

英単語小テスト



次に、の長文読解力を向上させるための

教材をご紹介します。


長文読解


よく出る単語の下には空欄がついていて、

そこに日本語訳を埋めていく形式で、

長文を読み進めていきます。

こうすることで、

長文を読みながら単語力を鍛え、

英単語を確認するこで、

長文読解力がついていきます


そして、の英作文を書く力

を養うために使用している教材をご紹介します。



英作文


よくある入試英語の悩みとして、

「英作文の勉強の仕方が分からない」

というものがあります。


確かに、英作文って難しいですよね。

入試では、日本語での回答さえも難しいと思われるような

英作文の問題が出ます。

そこで、タダゼミでは

基本的な英語の例文を使いこなせるようにする

ということを中心に

英作文の指導をしています



最後になりましたがタダゼミの英語の授業は私一人の力で

成り立っているものでは決してありません。


スタッフ全員の協力があってこその授業です。

スタッフのみなさんありがとう!!


都立入試本番まで残りわずかになってしまいましたが、

最後まで頑張っていきます。


最後まで、読んでいただき

ありがとうございました。


陰山でした!

































皆さんこんにちは!

前回に引き続き、またまた小宮です!

今回は1月19日、1月26日の活動報告をさせて頂きます。

19日

国語

都立入試過去問の古典の問題を解きました!
論語が題材になっており、中学生には少し難しいかったかもしれませんがみんなよく解いていました!!

英語

単語テストのあと授業をしました!
単語テストでは最初は出来なかった人もだんだん出来るようになっています!!



数学

生徒個別に教材を用意し授業ではなく個人指導で授業を進めました!
ここからは個別に出来ないところを埋めていきます!

理科
水の電気分解などの分野をやりまた!
原理が分からないと理解出来ないところなので注意が必要です!


社会

社会は地理の分野の産業や輸出の表の読み取りをやりました!
表の読み取りなどの問題はその場で考える力が求められます。


また19日は通常授業に加え、面接練習も実施しました!
1月26日の推薦試験に向けてもみんな頑張っています。



26日

26日は、多くの生徒が推薦入試をうけており、生徒数が少なかったためほぼ全ての授業で個別指導を実施しました!
そのため教科ごとの活動報告はありません。
入試が近づくにつれ未履修範囲がなくなり、生徒の苦手教科分野がまちまちになってきています。
これからはより生徒にあった勉強が必要になってきます!

19日、26日の活動報告は以上です。

今週は合格速報新スタッフ紹介も企画していますので次の更新もおたのしみに!!
皆さんこんにちはビックリマーク

タダゼミの小宮です!!
最近自分の更新ばかりですが次回あたりから他の人も書くのでご安心を!!(笑)

今回からタダゼミのスタッフが作った教材の1部を数週間にわたって公開して行こうと思います!!

まず今週は自分が担当している数学から!!







これは都立入試大問2の過去問を用いて作った教材です!
都立入試の大問2はここ10年ぐらいは小問+証明問題の形式で出題されています。
数や図形の規則性を扱う問題が主で他の大問と違って
出題される分野が一定でないのが特徴です!

この大問を完答する上で一番の関門になるのは「証明問題で何を書くか?」というところです。

何を書くかって普通に分かるんじゃないかと思われるかもしれませんが実際多くの中学生が苦戦します。
その理由はこの証明問題は決まった形式がないという所にあります。
例年、都立入試ではこの証明問題のほかにもう一つ三角形の相似や合同を扱った問題が出るのですが
そちらの方には「合同条件」「相似条件」という絶対に書かなくてはいけないものがあり
それが解答欄を埋めるためのおおよそのガイドラインとなるのですがこの問題にはそれが
ありません。
さらにこの種類の証明を書く機会は中学校の授業ではほとんどないため多くの中学生は
」を「どこまで」書けば良いのか分からなくなってしまうのです。

それを乗り越えるためには解答を書くためのおおよその道筋が分からないといけません、
そこで以下のような教材を作りました!!

空白の欄を埋めることにより実際に証明を書く前の準備をして、証明に具体的に何をどのような流れで書いていくのかを考えます、その後無駄な部分を切り取り実際の解答を書いていけるようにします。
その作業を繰り返すことにより大問2の証明を書き方を体で覚えてもらうことがこの教材の目標です!!

教材の紹介は以上です!

少々長くなってしまったので1月19日、26日の活動報告については
別の回で報告させて頂きます!
できるだけすぐに更新するのでよろしくお願いします!

それでは次回はまた別の教科の教材を紹介する予定です!!

次回の更新もお楽しみに!!