みなさんこんにちは!

[タダゼミ]杉並拠点の山田です。
前回の大関さんに続きまして、今回は夏期講習後半の様子を報告します!


①8月23日

夏期講習後半戦の初日、学校の宿題とかで忙しいにも関わらず、朝早くからたくさんの生徒が来てくれて嬉しかったです。
生徒から聞いたのですが、どうやら夏休みが8月27日で終わってしまう学校も多いとか...
夏休みは8月31日まであってこそなのに...(笑)

さて、この日は夏期講習前半で習ったことを活かすべく、過去問模試を実施しました。

この時期に過去問を解くのは、生徒からすれば大変ですよね。
でも、早めに出題傾向や難易度を体感しておくのは、この先の学習の上でとっても重要なことです。
しかも、こちらの予想以上に、生徒たちはいい点をとってくれました。

そして模試の後の質問タイム。
(写真がちょっとブレてます...すみません)
$[タダゼミ]杉並~大学生による無料の都立高校合格講座~

疲れきってるはずなのに、勉強を続ける生徒の姿勢に感銘を受けました。


②8月24日

模試の翌日には、解説授業です。
国語の教科担当である自分にとっては、ここが正念場。

$[タダゼミ]杉並~大学生による無料の都立高校合格講座~
うーん、自分で見るとちょっと恥ずかしいですね(苦笑)

作文問題は今まで扱ってこなかったので、丁寧な指導を心がけました。
一度書き方を覚えてしまえば、簡単になるはず!


$[タダゼミ]杉並~大学生による無料の都立高校合格講座~
大関さんの英語の授業。流石の貫禄です。

英語の長文問題を苦手とする生徒は多いですが、真剣に問題に取り組んでいました。


以下、写真が無くて申し訳ないですが、
今回は期待の新人である小宮さんが、数学の大問1を解説してくれました。
大問1さえ押さえれば、入試の数学は50点近い得点になりますから、ここは重要です。

そして、今日は我らの学生リーダーである諏訪園さんが、理社の授業もしてくれました!
理社は基本的な知識や考え方の確認が、入試の点数に直結します。

24日は五教科全て集団授業という、充実した1日でした。


③8月25日
 
この日は、24日の解説を踏まえて、もう一回模試に挑戦してもらいました。
結果・・・


皆、すっごく点数が伸びました!!


この成功を踏まえて、これからの学習に弾みをつけてほしいですね。
ここからが、本気の勝負です。


最後に...
今回の夏期講習では、生徒と生徒、生徒と先生の間の距離が、ぐっと縮まったように感じました。
皆が楽しく安心して勉強できる場所を、これからも提供していきたいです。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回からは二学期の授業を報告していきます!
AD

みなさんこんにちわ



[タダゼミ]杉並拠点の大関です。
久しぶりのブログへの登場でだいぶ緊張しております。。。



さて、今回は、夏期講習前半の様子をお伝えしたいと思います。



その前に、夏期講習とは・・・
生徒が休みである夏期を利用して、
普段できない、模試とかをやる企画です。
三日連続なので、お互い濃密な時間を過ごせます。

授業の方も、いつもと趣向を変え、集団授業形式になってます。



[タダゼミ]杉並~大学生による無料の都立高校合格講座~

評論文をさっそうと解説するMr. 友樹氏


この夏期講習からは、今までの国数英に加えて、
理科社会も新たに開始しました。


社会の地図記号を覚えたり、
理科の化学反応式をかけるようになりました。

地図記号のテストでは、満点を取る生徒も続出して、
こちらとしてもうれしい限りです。

これからは、理科社会も、みっちり教えていけたらなと思っています。


後半は、いよいよ都立高校の過去問を利用した模試もあります。
いままでの指導の成果を発揮できるといいですね!


ところで、私はというと、[タダゼミ]の説明会をしておりました。
いろいろなところで、[タダゼミ]に興味を持ってくれた方々に対して、
我々がどのような活動を行っているかをより深く知っていただきました。


[タダゼミ]杉並~大学生による無料の都立高校合格講座~
自分です。緊張しております。。。



生徒への指導の傍ら、このような発信活動を行いながら、
より多くの人を巻き込めるような活動にしていきたいと思います。



でわ、最後までお読みいただき大変ありがとうございました。


また来週~♪


AD

皆さま、こんばんは!

先週に引き続き、平井が担当します。


8月に入り、学生の方は夏休みに入ったのではないでしょうか?

夏休みといえば、1年のうちで1番長いお休みですね♪


私は去年の夏休みに、読書を趣味にしようと「毎日1冊本を読む」という目標を立てました。

結果は、ご想像通り1週間で挫折してしまいました…

でも7冊読めたので、普段全く読書をしない私としては上出来です(笑)


こんな私ですが、タダゼミは今年で2年目となります。

タダゼミにおいても何度か挫折しかけたことがあります。


そんな時、続けようと思ったきっかけは「子どもたちの成長」です。

今まで遅刻をしていた子が1番に来てくれたり、

自ら宿題の答え合わせをしてほしいとノートを持ってきてくれたり!

そんな子どもたちから刺激を受け、この活動をしていてよかったな、

これからも続けようと思いました。


読書とタダゼミでの違いは、周りの力を借りれたかどうかだと思います。

ひとりでやるよりもよりも周りに助けてもらったり、

刺激を受けたりする方が継続しやすいのではないでしょうか?


ですから、子どもたちにもタダゼミで、スタッフや同じ受験仲間と接し

助けてもらったり、刺激をうけたりすることで

「受験勉強を継続する」きっかけを作って欲しいと思っています。


今回は以上となります。

次回からは夏期講習です♪

最後までお読み頂き、ありがとうございました。


AD