こんにちは!広報の小澤です!
久々のブログへの登場ということで少し緊張しております(笑)

先月から学生メンバーが交代でブログを書いていますが、タダゼミの学生スタッフには色々な人たちがいます!
みなさま、タダゼミを少しでもお分かりいただき身近に感じていただけたでしょうか??
今後もメンバー紹介を兼ねた活動報告をしていきますので、楽しみにしていてくださいね!

さて今回はタイトルにもありますように学生ボランティアさんの募集」の告知をさせていただきます!
タダゼミ杉並では新しい学生ボランティアを募集します!
教育に興味がある、教職課程を履修している、子供が好き、他大学の学生や社会人と交流したい等という方、大歓迎です!
是非、私たちの仲間になりませんか??

それでは告知をさせていだきます!


======================================================
塾に行けない中3生のための無料学習会[タダゼミ]

学生指導ボランティア大募集!

説明会&研修会:7月21日(日)14:00~17:00
@足立区生涯学習センター5階 研修室5
======================================================

RIMG0158.JPG

~中3生の「高校進学」の夢を応援するボランティア~


経済的事情から公立高校しか選択肢がなく、しかし塾や家庭教師を利用できない生徒の中には、
「高校に行けないかも…」という不安や、「どうせできないし…」という諦めを感じている子どもがいます。

塾や家庭教師等の指導経験は問いません。
塾に行けない中3生のための無料学習会[タダゼミ]で、
ときには先生として、ときには中学生たちの少し先輩として
生徒の「高校進学」という夢を一緒に達成しませんか?


<活動期間>
2014年3月まで 日曜日の12:00~18:00
(8月までは隔週、9月以降は毎週開催)
※全日程に参加できなくでもかまいません。

<活動場所>
現在、以下の2拠点で学習会を行っています。
【杉並】高円寺障害者交流館(東京都杉並区高円寺南2-24-18)
アクセス:高円寺駅より徒歩8分、新高円寺駅より徒歩6分
【足立】足立区生涯学習センター(東京都足立区千住5-13-5)
アクセス:北千住駅より徒歩15分

※交通費:学生のみ交通費実費支給(上限1日1,000円)

<募集人数>
各拠点先着10名程度

<活動内容>
都立高校合格を目指す中3生と一緒に、個別指導形式で入試対策を行います。
生徒一人ひとりの状況、目標に応じた指導を行います。

<こんな方におすすめ>
・勉強が苦手な生徒にも粘り強く寄り添って指導できる方
・生徒の「高校進学」という夢を一緒に達成する気持ちのある方
・自分の力で「教育格差」の解消に貢献したい方

<説明&研修会詳細>
■日時:7月21日(日) 14:00~17:00

■場所:足立区生涯学習センター5階 研修室5
JR常磐線・東武線など「北千住駅」西口より徒歩15分
   ◇地図はこちら(
http://www.adachi-shogakucenter.net/facility/index.html

■参加費:無料
■募集対象:大学生・大学院生
■申込:下記申込フォームからお申込みください。
  PCから→
http://ws.formzu.net/fgen/S58978358/
  携帯から→
http://ws.formzu.net/mfgen/S58978358/

お読みいただきありがとうございます。
みなさんの参加をお待ちしております!

****************************************************
学生ボランティアによる活動ブログ更新中☆
[タダゼミ]杉並~大学生による無料の都立高校合格講座~
http://ameblo.jp/kdjh3-2010s/
[タダゼミ]あだち~都立高校合格までの道~
http://ameblo.jp/tadazemi-adachi/
****************************************************

◎お問合せ
特定非営利活動法人キッズドア(担当:安池、長﨑)
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町1-5 日本橋小網町ハイツ304
TEL:03-6231-1029 FAX:03-6862-6093
MAIL: gakubora@kidsdoor.net

AD
ブログを見てくださってる方、こんにちは!

前回の村部さんに代わりまして、今回は山田が活動内容を報告します!

まずは自己紹介を。
【名前】
山田友樹(やまだともき)

【所属】
東京大学教養学部・文科一類1年

【趣味】
ジャグリング、芸術鑑賞、読書、etc

【[タダゼミ]での担当】
国語の教科担当です!

【[タダゼミ]に参加したきっかけ】
高校を卒業したとき、自分は何をしてきたのかという虚無感に悩まされ、とにかく何か充実感のあることをしたいなと思っていました。
インターネットで偶然[タダゼミ]のことを知り、これはスゴい!とすぐに参加を決意しました。

【[タダゼミ]での目標】
もちろん、生徒が希望の高校に合格すること。が一番で、それと
生徒が自分に自信を持ち、持てる能力を最大限に引き出すこと。が僕の理想です。

ちょっと長くなりましたが、活動報告に入ります!
が・・・

すみません!指導に熱中しすぎて写真取り忘れました(泣)

①アイスブレイク
勉強する前には、ちょっとしたリラックスも必要ですよね。
今回は、バラバラにされた文章を元に戻すゲームをしたのですが、
む、むずかしい・・・ 
相手チームに惨敗したときは、心の底から悔しかったです(笑)
案外中学生の方が、柔軟かつ的確な思考ができてて驚きました。

②教科指導
国語:小説問題の解き方
・・・国語担当の自分が言うのもアレですが、小説は自分が最も苦手とする分野なんですよね・・・
けど生徒の皆さんサクサクと問題を解いてくれて、ちょっと頼もしく感じました。

数学:関数問題の解き方
・・・主に一次関数を教えました。生徒はこの先いろんな関数を勉強していくことになると思うんですが、一次関数はまさに登竜門、といった感じですね。


英語:疑問詞の使い方
・・・疑問詞は会話でも文章でも多用しますから、ここは是非とも押さえておきたいポイント。
疑問詞って何?という根本的なことまで立ち返って教えました。
余談ですが、大学の授業でクラスメイトに'How come?'と言われて何の事か分からず、恥ずかしい思いをしたことがあります。'Why?' と同じ感じの口語なんですが、日常会話で使えたらカッコいいかも。

③質問タイム
今回からの新しい企画として、生徒の疑問点を集中的に解決する質問タイムを作りました!
けっこう反響が良かったので、今後も続けていこうと思います。

④モチベupタイム&スケジュール作成
受験生って、漠然とした不安に悩まされることが多いと思います。
だから、今回は不安な点を明確化するべく、学力検査で必要な点数を算出し、今何をするべきか生徒と一緒に考え、スケジュールに反映させていきました!


今日の報告は以上です。
長い文章を読んでいただき、ありがとうございます。

⑤おまけ
[タダゼミ]杉並~大学生による無料の都立高校合格講座~

今日の事後ミーティングです。
毎回の活動は、本当に色んな人の努力の上に成り立っています。
ちょっと感動的ですね。


AD
こんにちは!

先週に引き続き村部萌が更新します。

最近梅雨真っ只中で天候が優れないですね…台風も来てるみたいで、髪の毛もボサボサになって私にとってとても嫌な季節です( ; ; )
でも天候に影響されずに、モチベーションを保っていきたいですね(^O^☆♪

中学三年生の方たちはそろそろ部活の引退試合があったり、すでに引退をしている頃だと思います!これから、引退試合がある三年生は悔いが残らないように頑張ってください(^O^☆♪

部活を引退してからは本格的に受験勉強が始まります!夏休みは一気に伸びれる時期です!スイッチを切り替えて皆さん頑張っていきましょう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

さて、今回は受験までの数学の勉強方針をお伝えしたいと思います!

各授業で主に入試問題にそって進めています。夏休み前までは、大問1の計算問題を出来るようにする事を目指しています。そのため、1~2年の範囲の復習、また3年で習う多項式や平方根の問題に取り組んでいくつもりです。
そして、毎回の小テストで前回の範囲がどの位出来るようになったか、チェックをしています。
生徒のみんなに今まで出来なかった問題がすんなり解けるようになった!前より勉強が嫌ではない!と思ってもらえるように、生徒達と勉強できたらいいなと思います。

受験までは順番に大問2~5までの問題に手を付けて行くつもりです。
最終的には全ての問題を理解出来るようになったら最も良いですが、まずは基本的な問題が解けるようになってもらえたらいいなと思っています。

しかも!
大問1の計算問題だけで、46点分もあります!生徒の皆さんには是非計算問題に強くなってもらいたいです(^O^☆♪

これからの受験に向けて頑張っていきましょう(^O^☆♪

今回は以上です!
次回も楽しみにしててください!
最後までお読みいただき、ありがとうございました(^O^☆♪


iPhoneからの投稿
AD
みなさん!こんにちは(^O^)

前回の大関さんから引き継ぎまして、今回は村部が活動報告をしていきます!

【所属】
中央大学 文学部 人文社会学科2年

【趣味】
バレーボール

【[タダゼミ]での担当】
数学を担当しています!

6月9日に[タダゼミ]で行われたことです!
①アイスブレイク
今回のアイスブレイクは新聞に掲載されている四コマ漫画をバラバラにした状態のものを渡し、一コマ一コマから読み取れるヒントから元の四コマ漫画に戻す!というゲームでした。

2チームに分かれてどちらが正確に、またよりスピーディーに答えを出せるか!を競いました★

諏訪園さんの粗相もありましたが、白熱したバトルを繰り広げることができました\(^o^)/

②英数国の勉強
英語:助動詞
mustとhave toの違いを理解してもらいました
数学:多項式
展開と因数分解が3年生の範囲なのでまだ理解しきれていなかったので、これから数を積んでいきたいですね★
国語:読解問題
用意していた三題を解いてもらいました
photo:02



今回は沢山の新しい生徒さんが来てくれました\(^o^)/
[タダゼミ]初参戦の生徒達には
①チェックテスト
②高校受験とはどういうものなか?を説明しました。

③前回からの引き続きで高校受験のイメージを持ってもらうために、都立高校の情報を一緒に調べました!
①生徒達が高校へのイメージをもっとふくらましてもらう、②志望校をより明確にする!③志望校のイメージを保持し続けてもらうことをポイントとして取り組んでみました!

■今回の高校調べでは、生徒自身が高校に入ってやりたい部活に焦点を絞って、調べていきました。

みなさんにさらに、高校へのイメージをふくらませてもらえたのではないでしょうか!(o^^o)

④前回作ったスケジュールの振り返り+次回までのスケジュール作り
次回までのスケジュール作りは以前より生徒みんなが、迷わず作成できたのではないでしょうか!
このように、ちょっとずつの積み重ねで勉強をする習慣を身につけてもらえたらとても嬉しいです(o^^o)

今日の報告は以上になります。
最後になりますが、[タダゼミ]杉並拠点のfacebookページです。ぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/#!/tadazemigakubora?fref=ts

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

iPhoneからの投稿

タダゼミ紹介

テーマ:

こんにちわ、先週に引き続き大関です。
今週はタダゼミの活動はありませんでした。
その代わり、タダゼミのことを少しでも紹介できればと思います。



ところで、東京は梅雨入りしたようですね。
今のところまったく梅雨っぽくないですが・・・(笑)

そんな梅雨を吹き飛ばすようなおめでたい話題が・・・



それは・・・



日本、ワールドカップ出場おめでとうございます!!!
試合時、私は帰宅途中でしたので、ひたすら電車の中でスコア速報を更新していました(笑)



最後のPKのシーン、本田選手は
「真ん中に蹴って捕られたらしゃあない」
と考え、見事PKを決めたそうです。(今年の流行語候補ですね!)



プレッシャーのかかるシーンで、あれだけ堂々としていたのは、
このようなメンタリティーがあったからなのですね!



これはサッカーの話ですが、勉強に関しても同じことが言えるんじゃないかなって思います。

タダゼミの子供たちも、
「これだけ勉強してダメだったらしゃあない」
と思えるくらいしっかり準備して、合格を勝ち取ってきてほしいですね!



さて、よく、タダゼミではどんな感じで教えているの?といった質問を受けるので、軽くお答えします。



基本的には、個別指導となります。
人数に余裕があるときは1対1、ないときは1対2といった感じです。
やっぱり集団より個別指導の方が、その人に合った指導ができますよね!
どこのグループも、わいわいがやがや指導を行っています。
ときどき、話が脱線して雑談になってしまっているところもありますが・・・(笑)



指導科目は、時期によって異なります。
例えば、夏までの時期は、主に英語と数学に取り組みます。
積み上げが非常に大事な科目なので、長い期間教える必要があるからです。
夏以降は、理科や社会も加わってきます。
冬以降は、5教科の入試直前対策という形で指導します。



指導内容としては、各教科決められた単元に取り組む形となります。
その単元の基礎を説明したり、教材の問題を解いたりすることにより、その単元の目標達成を目指します。
もちろん、テスト直前期では、まったく別の単元のテスト対策をすることもあります。
東京都の制度では、3年生の内申点も非常に大きな要素になりますからね!
こういったことも、生徒と相談しながら決めていきます。



以上のことをまとめると・・・
スケジュールを組みつつも、目の前の生徒の状況に応じて指導内容などを柔軟に対応させていく感じです。
雰囲気としては、「友達」と話をするような雰囲気で勉強を進めるといった感じでしょうか。



ここからは、私の所感になりますが、
私たちは、「先生」として生徒に接するというより、
「先生と友達の間」として接していることが、タダゼミの一つの特徴であり、
学校や塾と一番異なる点だと考えています。



このようにすることで、生徒もいろいろなことを話してくれるようになってくれます。
どうでもいい話から、「先生」には言いにくい話まで・・・
このような話を経て、より一層信頼関係を深めることができるのではないかと考えています。



「あの大学生がいるから今日もタダゼミに行こう」
とか、
「お世話になった大学生たちを喜ばせたいから、受験頑張ろう」
などと思ってくれれば最高ですね!



今回は以上となります。
夏はもうすぐそこですね。
来週もお楽しみに!