米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、平野博文官房長官は15日、政府が訓練移転を検討中の鹿児島・徳之島の建設業関係者らと鹿児島市内で会談した。

 関係者によると、平野氏は「民意の許せる範囲でお願いしたい」と協力を要請し、訓練移転を受け入れた場合、徳之島空港周辺を整備する構想も示したという。

 一方、鳩山由紀夫首相は15日、首相公邸で外務、防衛両省幹部から12日の日米審議会級協議の報告を受けた。米側は、沖縄県名護市辺野古沖合に杭(くい)打ち桟橋方式(QIP)で代替施設を建設する日本側提案に難色を示しており、政府は決着期限を最大半年後まで先送りする方針を固めている。

 これに関連、北沢俊美防衛相は15日、長野市内で「場合によっては米国に行きゲーツ米国防長官と最終的な詰めの調整をしなくてはならない」と述べた。 

【関連記事】
銀座で「基地ノー」 徳之島出身者がデモ行進
大島氏「言い訳行脚だ」 平野氏の徳之島面会で
米政府、くい打ち方式を正式拒否 「ミサイル攻撃に弱い」
普天間5月末決着を断念 それでも首相は「続投」
渡部氏「ナンバーワンは人はいいが頼りない」

<山崎直子飛行士>帰国後初会見 「月や火星にも行きたい」(毎日新聞)
<残業代訴訟>添乗員派遣会社に支払い命令 東京地裁(毎日新聞)
食用不適の牛内臓を精肉店に販売 食品衛生法違反容疑で業者逮捕(産経新聞)
5月末は「国民との約束」=普天間移設問題で鳩山首相(時事通信)
小沢氏、政倫審で弁明検討=政治資金問題(時事通信)
AD