11日午前9時ごろ、大阪市城東区鴫野西の日本フリーメソジスト大阪城東基督教会で、1階出入り口付近に消火器が投げ込まれ、ガラスが割られているのを、教会の男性牧師(47)が見つけ、110番した。

 城東署によると、この建物は1階が教会で3階部分が住居になっており、牧師は午前10時からのミサの準備をしようとしてガラスが割られていることに気がついたという。牧師の家族が、この日の午前2時半ごろに帰宅した際には、異常はなかった。

 大阪や京都、兵庫などでは昨秋以降、プロテスタント系の施設を狙って消火器などを投げ込む建造物損壊事件が相次いでおり、警察は関連を調べている。

【関連記事】
京阪神で教会への消火器投げ込み相次ぐ 大阪は最多の34件
居酒屋で男が消火器を噴射し150万円盗む 横浜
GS強盗、消火器で経営者殴る 大阪・泉佐野
消火器やナイフ持って暴れる 都職員を停職処分
電池入れ「バクだん」と書いた封筒、大阪市営地下鉄内で発見

あす赤塚植物園で緑のイベント(産経新聞)
また幼児虐待?大阪・堺で男児死亡…顔に打撲跡(読売新聞)
最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん-井上ひさしさん死去(時事通信)
箱館ハイカラ號 今季も運行 北海道(毎日新聞)
<授業不足>3年生で53時間も 北海道網走の中学(毎日新聞)
AD