厚生労働省は7日、インフルエンザが原因で休校や学年・学級閉鎖の措置を取った小中高校や幼稚園、保育所が、3月28日~4月3日の1週間で0施設だったと発表した。

 休校などがまったくなかったのは、新型インフルエンザの流行後初めてで、厚労省は「新型が沈静化したことと、学校が春休み中であることが影響している」と説明している。

 厚労省によると、昨年同時期は季節性インフルエンザが流行中で、同年3月22~28日の1週間で55施設が休校などの措置を取っている。昨年10月25~31日には、過去最多の1万7822施設が休校などの措置を取った。

民主、競輪トップ選手の長塚氏を参院選候補に擁立へ(スポーツ報知)
<鳩山首相>「亀井案、基本に調整」郵政改革で意向(毎日新聞)
生きる 募金1365万円、全国29団体に(毎日新聞)
「特定、解明に至らず」=長官銃撃で警視庁幹部(時事通信)
<食中毒>処分中にまたも食中毒起こす--大阪・寝屋川(毎日新聞)
AD