原口一博総務相は25日午前の閣議後会見で、行政刷新会議が21日の事業仕分けで宝くじ関連法人への天下りや高額報酬を指摘し、改善されるまで宝くじの発行停止を求めたことについて、「しっかりと改善し、宝くじをやめるなんてことにならないよう全力を挙げて改革に取り組む」と述べた。

 原口氏は、天下り廃止や事業の効率化に取り組む考えを表明。「国民は大変楽しみにしている。地方にとっても大変な財源。指摘されたところを精査して、早急に(改革する)」と述べた。【笈田直樹】

【関連ニュース】
<関連記事>事業仕分け:無駄改善できるまで宝くじ「発売禁止を」
<関連記事>宝くじ:収益が天下り法人に 年360億円超
<関連記事>ドリームジャンボ:発売始まる 銀座では300人が列
<関連記事>ドリームジャンボ:発売 名古屋駅前には100人が列
<特集>見逃してませんか? 宝くじ当選番号

みんなの党推薦・元中日の岩本氏、町長選に当選(読売新聞)
名鉄 特急電車の裏側に子どもも興味津々 でんしゃまつり(毎日新聞)
<口蹄疫>感染疑いの種牛は大エースの「忠富士」 殺処分に(毎日新聞)
北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
日曜劇場『特上カバチ!!』最終回(3月21日よる9時)に大野智が友情出演!! 株式会社TBSテレビ
AD