国土交通省は7日、建設大手の鹿島と建材メーカーの岐阜折版工業(岐阜県岐南町)などが共同開発したビル用外壁が、建築基準法で定められている耐火構造の仕様に適合しないことが分かったと発表した。同省によれば、東京と大阪、神奈川の計7棟で使われており、各社に改修や再発防止策の報告を指示した。
 外壁は複数のパネルをつなぐ仕組みだが、同省によると、パネルの接ぎ目を覆うカバーがないなどの問題があった。鹿島は「すべての物件を適法とすべく、鋭意対応している。関係者に多大なご迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げる」との談話を出した。 

国会公務員法改正案が実質審議入り(産経新聞)
横路議長、車いすで登院 長期欠席避けたかった?(産経新聞)
サクラ満開予想、近畿は寒の戻りでずれ込む(産経新聞)
<アムネスティ>中国大使館前で死刑執行停止求めアピール(毎日新聞)
<警察庁>電車内での痴漢取り締まり強化(毎日新聞)
AD