2013年6月業務会

テーマ:

6月20日社内業務会


製品説明は大鵬薬品よりTS-1について


従来のカプセル剤に続き、新剤形としてOD錠追加




先日、高知第一薬品および高知調剤の新社屋が完成しました音符


高知調剤㈱ブログ


それに伴い、今回より業務会はこの新社屋で行うようになります。




高知調剤㈱ブログ

少し遠目ですが、新社屋の全体像になります!!




保険業務委員会より


【平成25年度 薬局集団指導について】一部分だけ掲載します。


調剤済処方せんの保存期間 … 3年間 ※ただし、生保・自立支援は年間



調剤報酬について、問題です。


Rp.1 ファロムDS10%

    メプチンシロップ5μg/ml

    ムコダインシロップ5%


Rp.2 パセトシン細粒10%

    アスベリンシロップ0.5%

    ビソルボンシロップ0.08%


さて、Rp.1とRp.2はそれぞれどの加算が算定できるでしょうか??





(答)Rp.1:計量混合加算

   Rp.2:自家製剤加算




≪算定の際の注意として≫


Rp.1 バイアスピリン錠100mg    1錠

    アマリール錠3mg        1錠

      分1 朝食後        14日分


Rp.2 リピトール錠10mg        1錠

    アマリール錠1mg        1錠

      分1 夕食後        14日分



同一名は一剤で入力すること



Rp.1 バイアスピリン錠100mg    1錠

      分1 朝食後        14日分


Rp.2 リピトール錠10mg        1錠

      分1 夕食後        14日分


Rp.3 アマリール錠3mg        1錠 (1-0)

    アマリール錠1mg        1錠 (0-1)

      分2 朝夕食後       14日分




指導において、「知りません」「勉強不足」は通用しません!!



…と、この記事を書いてるボク自身まだまだ勉強不足なんですが…

AD