ジミー的 セブシティー ジャパレス ランキング 1


全く個人的主観に基づいてですが、文句は受け付けません。



セブ島に縁あって通い始め、すっかり嵌り1年半近くなり、今年になって2月に1ヶ月・7~8月の2ヶ月・10


~11月の2ヶ月をセブに滞在するようになり、今後何年かはしばらくはセブシティーで暮らす時が多くなる


予感がする。



そもそもセブシティーで滞在するようになった大きな原因の1つに、此処の日本食屋(ジャパニーズ レスト


ラン)の質の高さが大いに影響している。


当然、日本と同じものが何時も食べられるか・何でも有るのかと云えば無理があるし、それは日本に帰った


時に食べる楽しみになる。


しかし私の知る限り海外での日本食屋としては世界1と思うし、実際に1回の滞在約2ヶ月で全て外食でそ


のうちジャパレスに行く率は80%ぐらいは閉めているのに食べ物で望郷の念に駆られることは無い。


全くの主観だが日本の居酒屋程度なら全てを含めて勝るとも劣らないレベルには有ると思っている。


どういう訳か最近新しくオープンしたり。リニューアルしたりするジャパレスが年末にかけて出てきてお客の


キャパはそんなに変化が無いと思うのにセブシィテーでは戦国時代に突入の感が在る。



それでは 独断的 ジャパレス ランキング ( 05 12 1 現在 )



第 1位     呑 ん 気


         去年開店の比較的新しい店で、川 柳 (同業)の板前スタッフの何人かを引き抜いて開店し


         たとの話も在るが、現時点では味・価格・ランチメニューを時々入れ替えるなど努力が見られ


         る・サービス料が付いていない・フロアースタッフの娘達の接客態度と統一された髪型(きちっ


         とアップ)それと大きいのが美人ママなのに如才なく皆に均一に接客する気配り、もう1つは経


         営者で在る旦那が殆ど表に立たず控えめに徹している事だろうか。


         現実に、ランチタイムもディナータイムも何時もほぼ満席状態でお客は日本人が1番多いが、


         ネイティブの富裕層・韓国人・中国人の方々も良く入っている。


         今後少し心配なのは、今までこの厨房で日本人の味を守ってきたと私達が思っている女性


         が最近止め恭 平 (同業) のご主人が恒例病気の為手伝う事になったので味が維持され


         ればと思っています


次回に続く


AD