ロングステイを本格的に始めてもうすく3年、ジプシーの様なスケジュールで


各国各地を渡り歩き、体験を通して何処の国・どの場所も理想的に全てに満


足と云うパラダイスは存在せず、そこでどれを選択するかは個人によって


かれるところだろう。この間各地でのロングステイ体験により、日本の


良い所、何でも有り・食も最高・時間に正確・約束は守り・社会環境も整って


いるしコミュニケーションにまったく問題が無い等を再認識できたのも収穫の


1つでしょう。


しかし日本では味わえない様々な体験も良しに付け悪しきに付け楽しませ


て貰いました。



出来うれば日本の環境がハワイ・ゴールドコーストの気候・景観にあり、


セブ島の価格ならそれこそ私にとってはパラダイスですがそうは逝きま


せん。


それにハワイ・ゴールドコーストの気候では、日本の私の大好物冬場の美


しい魚(特に河豚)・蟹は戴けません。



牛肉も日本以外でこれはと云うものに出会った事が無いし、日本なら世界の


旨いもので食べられない物は無いのですから食に関しても本当に素晴らし


い国です。


パンもケーキもフランスにさへ勝るとも劣らないのですから、他の国ではこの


2つさえ探すのに一苦労します。


と云うことで、私の渡り鳥ロングステイが絶対に日本をベースにして観光ビ


ザの範囲(最長3ヶ月の滞在)が最も効率的に良い所取りをして滞在先を楽


め、望郷の念に駆られることも無く過ごせる方法と確信しました。




ジプシーのような生活も各滞在先での回数が増えると共に新しい出会いの


下全く利害関係の無いただ馬が合う・好き嫌いでの選択による友人・知人も


増え友好な人間関係が出来てきます。



理想的な人間関係が新たに出来ると云うのもロングステイの魅力の1つ


です。




3年間1年の内約半分をゴールドコーストに滞在し、主たる滞在地としてそ


のほかを回っていたのですが、ゴールドコーストのバブル振りはすざましく、


たったこの3年で物価が数倍に、特に観光ビザでの短期滞在者(6ヶ月以内


の滞在)には、宿泊施設がパーマネント料金で貸すところが無くなり、本当の


短期旅行者用のホリデイアパートメントを利用せざるを得なくなり、滞在費の


多くを占める宿泊費が月20万円以上かかる(一応それなりの施設)ようにな


り、今年3月の滞在を最後にベースをセブ島に移す事としました。





確かにゴールドコーストは、春・秋の気候は素晴らしく景観・環境も素敵で


すが、日本食事情は全くお粗末でゴールドコースト滞在中は自炊を余儀な


くされます。


しかし、セブ島では景観・環境にさえ目を瞑れば気候も乾季は結構過ごし


やすいし、雨季でも亜熱帯気候ですが他のアジアの地区と違い島なので熱


がこもらず日本の夏よりよっぽど過ごしやすいのです。



何より日本食事情が世界1良く、高品質のジャパレスも非常に多く鎬を削る


競争で料理の価格・品質共に満足出来る環境です。


その上、ともかく物価が安く此処では日本で暮らす生活費で結構優雅な生


活が出来、楽しみも沢山在ります。




出来ればこの環境が維持されるよう、これから大勢の団塊の世代の



リタイヤ組みがこのセブに来ないことを願っています。




AD