ジミー的   セブシティー ジャパレス ランキング 3 ( 05 12 1 現在 )




第 5位   神  楽


       今回の滞在中にASホートナー通りに開店したお店で、元 楽 の店長がスポンサーを集めて開


       店した大きなキャパのお店です。


       仮オープンで夜だけで帰る時には、昼食も始めましたがランチメニューはまだ試していません。


       完成すると此処も日本風のお風呂も遣るそうですが、次回の滞在中にはレポートできると思いま


       す。

       

       メニューの品数も多く特に低価格が売りで多少1つの品の量が少し少なくとも品数を多く頼める


       のでそれはそれで有りかと思います。


       味はNO3までのお店とはいきませんが チロリン村 とは差ほど差異は感じません。


       価格設定は同じメニューで他のジャパレスより30%~50%は安く設定してあります。


       新規開店と云う事も有るでしょうが数回の体験では非常に客の入りもよく特に日本人以外の韓


       国・中国・ネイティブの方々が大勢来られやはり低価格が功を奏していると感じました。     


       今は、開店まもなくスタッフの女の娘達・厨房・キャッシャーも段取りが悪く出てくるのが遅い・勘


       定が間違っているなど手違いも多いのですがこれは徐々に慣れで改善されることと思います。


       兎も角女の娘達の仕事振りも個人差がありますが兎も角お客が入っているので活気があり走り


       回っていますし、対応も結構笑顔で好い感じです。


       この店の開店は結構今までの既存のジャパレスの刺激剤になっていることは確かで影響の出


       ている店も在るようです。



第 6位   お 福 さ ん


       カントリーモールに在る日本食屋さんで 夢  屋 さんの奥さんが遣っているお店で、流石夢屋


       の少しリーズナブルな価格の系列店で味もとても良く、ランチメニューに他の店に無い鮭荒塩焼


       き定食・カレーうどん&おにぎりセットなどありランチは良く行きました。


       ただお店のキャパが小さいので夜は定食など美味しいのですが余り行っていません。


       ママとスタッフの愛想の無さがそうさせているのかもしれません。



番  外   恭   平


       ASホートナー通りに在るセブシティーの日本料理屋では老舗だが、最近の評判が余り芳しくな


       かったので今まで行った事が無かった。


       今回 呑 ん 気 の味見をしていた日本人の方が、この 恭  平 の経営者が高齢と病気の


       為毎日店を開くのが難しくなり、昔から親交のあった彼女に手伝わないかとの話で,彼女が 恭  


       平 に行ったと聞き、呑 ん 気 の味を2年間かけ診て来ているので味についてはきっと改善さ


       れると思い、帰る前にランチに行ってみた。


       まだ彼女が厨房の主導権をとってはいなかったが彼女が店に出ていて接客も巧いしきっと段々  


       味も良くなる予感がするので、次回から週1くらいでは通おうと思っている。




       一 力 茶 屋 ホ テ ル


   やはりASホートナー通りに建設中の日本食屋・ホテル(5室)・お風呂が併設の新規開店建設中


       の、元 楽 のオーナー一族が経営するお店です。


       10月開店予定がやはりセブ時間で今はクリスマス開店を目標に突貫工事中の筈です。


       次回の滞在中にはレポートしてきます。



そのほかASホートナー通りのバニラ側に日本ソバがメインのお店も出来るそうですし、市庁舎側のアジア


ホテルの中には、牡蠣フライが美味しい 般  若 もあるし、ネイティブのお客相手の 銀  座 や 來 來


軒 等もありますが日本人にはどうでしょうか。


このレポートは今回の滞在時点においての私の独断と偏見に拠るもので皆様の評価と同じかどうかは責任


がもてません。


本当に、新規開店も多くジャパレスの戦国時代が始まったところで今後の動向は判りません。


次回の滞在で変化があれば又レポートします。       



AD

ウォーターマーク


 セブシティー ウオーターマークホテル




ジミー的   セブシティー ジャパレス ランキング 2 ( 05 12 1 現在 )




第 2位   川  柳

       

       呑 ん 気 開店のスタッフの主要メンバーが修行したお店で、このセブでも珍しい奥さんが


       日本人・旦那様がフィリピーノと云うカップルで旦那様はオーストラリア国籍とこれまた珍しい。
      
       したがって基本的メニューは呑気とほぼ同じ、味も飽きた出身のママのおかぁさんが全面的に


       管理していて安心だし、老舗だけに多少 呑 ん 気 より高いが在住者及び長期滞在者には


       サービス料も付かない。


       この所スタッフの女の娘も数が増えたが一時数が足りなく出来上がりに時間が掛かった事もあ


       った。


       ママも愛想が良く親しくなれば色々とは無しもするし親切なのだが少し真面目すぎる嫌いがあり


       くだけた話はし難いかも。


       ご主人のほうは殆ど店には出ていなかったし、今はロビンソンデパート近くに出来た新しいショッ


       ピングモールら中華のお店をオープンさせたようで(元々中華のシェフらしい)其方に専念してい


       るようです。


       スタッフは、髪形を言われているらしいがアップの仕方がいまいちで崩れている娘が数人居るし


       けしょうももうひとつであリ、この点での見た目の清潔感も 呑 ん 気 に一歩後れを取っている


       と感じさせる点か。


       もう1つの欠点はトイレの水の流れが非常に悪い点である。




第 3位   夢 屋 喜 兵 衛


       単純に店構え・味・見た目と料理だけを取ればこ主人が板前いであるだけに多分セブて一番日


       本の味に近いと思う。


       ただ、この店はセブでの日本料理屋では1番だという自負に基づいてか、価格も他の店より30


       ~50%高めに設定してありサービス料も10%付いてくる。


       店の方針かもしれないが、スタッフの女の娘も愛想が無い。


       それと客に因っての接客態度が明らかに違う点がほぼ毎日の食事を外食で過ごしている者にと


       っては気に入らない点である。




第 4位   チ ロ リ ン 村


       このお店は、当初から食事以外の面で大変お世話になっていて、特にママには(1晩日本語化


       堪能で冗談も結構くだけた話まで出来る)楽しませてもらっている。


       基本的に常連さん同士も打ち解け楽しいのだが難点は、ご主人も偏食の気が在るしママはフィ


       リピーノなので味がやはり大分落ちる。


       スタッフの女の娘も、日本でフィリピンパブを経営していたご主人の教育のせいか結構きわどい


       話も巧く受け流す訓練はされているので会話はフィリピン居酒屋の感がある。


       今月中には、元 楽 が在った場所に新装開店する予定で、日本式のお風呂と2Fにマッサージ


       も併設するようである。



       次回のロングステイ帰国後に又レポートするつもりです。


次回に続く


AD

ジミー的 セブシティー ジャパレス ランキング 1


全く個人的主観に基づいてですが、文句は受け付けません。



セブ島に縁あって通い始め、すっかり嵌り1年半近くなり、今年になって2月に1ヶ月・7~8月の2ヶ月・10


~11月の2ヶ月をセブに滞在するようになり、今後何年かはしばらくはセブシティーで暮らす時が多くなる


予感がする。



そもそもセブシティーで滞在するようになった大きな原因の1つに、此処の日本食屋(ジャパニーズ レスト


ラン)の質の高さが大いに影響している。


当然、日本と同じものが何時も食べられるか・何でも有るのかと云えば無理があるし、それは日本に帰った


時に食べる楽しみになる。


しかし私の知る限り海外での日本食屋としては世界1と思うし、実際に1回の滞在約2ヶ月で全て外食でそ


のうちジャパレスに行く率は80%ぐらいは閉めているのに食べ物で望郷の念に駆られることは無い。


全くの主観だが日本の居酒屋程度なら全てを含めて勝るとも劣らないレベルには有ると思っている。


どういう訳か最近新しくオープンしたり。リニューアルしたりするジャパレスが年末にかけて出てきてお客の


キャパはそんなに変化が無いと思うのにセブシィテーでは戦国時代に突入の感が在る。



それでは 独断的 ジャパレス ランキング ( 05 12 1 現在 )



第 1位     呑 ん 気


         去年開店の比較的新しい店で、川 柳 (同業)の板前スタッフの何人かを引き抜いて開店し


         たとの話も在るが、現時点では味・価格・ランチメニューを時々入れ替えるなど努力が見られ


         る・サービス料が付いていない・フロアースタッフの娘達の接客態度と統一された髪型(きちっ


         とアップ)それと大きいのが美人ママなのに如才なく皆に均一に接客する気配り、もう1つは経


         営者で在る旦那が殆ど表に立たず控えめに徹している事だろうか。


         現実に、ランチタイムもディナータイムも何時もほぼ満席状態でお客は日本人が1番多いが、


         ネイティブの富裕層・韓国人・中国人の方々も良く入っている。


         今後少し心配なのは、今までこの厨房で日本人の味を守ってきたと私達が思っている女性


         が最近止め恭 平 (同業) のご主人が恒例病気の為手伝う事になったので味が維持され


         ればと思っています


次回に続く


AD

チロリン村

チロリン村


セブアイランド ロングステイ レポート ( 05 10 ~ 11 )




セブシテイー 日本食屋 事情


この所本当にセブシティーの日本食レストランは戦国時代の様相を呈してきた。


今回の2ヶ月の滞在中にも1軒「 神 楽 」と云う店がASホートナー通りに新規開店し大きなキャパと値段


の安さで、日本人と云うより地元のネイティブの富裕層やコォーリャン・チャイニーズの集客に成功していて


私は週1程度で行っていたが何時もかなりの入りであった。


特にこの通りには現在マンダウェー側から「 呑ん気 」「 恭 平 」「 チロリン村 」と新規参入の「 神 


楽 」と日本食レストランの多い通りなのだが、今年中に開店・リニューアル開店が2軒出来「 恭 平 」と「 チ


ロリン村 」の間に「 一力茶屋ホテル 」と云うのがオープン予定、現「 チロリン村 」が直ぐ側の元「 楽 」の


場所にリニューアルオープンする。




「 一力茶屋ホテル 」は、元「 楽 」のオーナーの1人が開店するもので、2Fに6室ほどの宿泊施設を設


け1Fは日本食レストラン・別棟に日本式銭湯とマッサージルームが出来るそうである。



新規リニューアルオープンの「 チロリン村 」は、元「 楽 」があった場所に移動して早期オープンを目指して


いて工事も完成真近であるがそれまで旧「 チロリン村 」は、営業中です。


此処も、レストランとお風呂・マッサージを併設するようです。


と云う事は、「 神 楽 」もやはりお風呂&マッサージを近くオープンさせると云うので同じ通りの車で2~3分


以内に3軒お風呂&マッサージが新規オープンする訳で、お客としては選択肢が増え誠に良い事だが、お


店側は競争が激しくなる。



それと、ASホートナー通りのバニラタウン側終点の側に日本蕎麦屋も近日開店らしい。


日本人のお客のキャパはそんなに増えていないと思われるのでこれからは競争が一層厳しくなり、しかしお


客にとっては選択肢が増えまことに好い環境になってきた。


次回は,現時点での ジミー135の独断と偏見に満ちた日本食レストランランキングをレポートしたいと思い


ます。


arona hana arona hana



セブアイランド ロングステイ レポート

( 05 10 ~ 11 ) 


ボホール島 アロナビーチリゾート



今回の滞在中2泊3日で隣の島ボホール島に在る アロナビーチリゾートに行って来ました。


午前11時の船でセブ島P1桟橋が出航1時間45分でボホール島着、レンタカーを言い値の600ペソを40


0ペソに値切り帰りも迎えに来る交渉をして一路アロナビーチリゾートに約30分程度で到着。


旧友が前に1度と待ったホテルに行く、しかしエアコンつきの部屋は満室でファンのみの部屋しかない。


しかし一応部屋を見せてもらうとビーチに面していて何とか耐えられそうだし、1室1泊1,000ペソと目茶安


いのでチェックインする。



此処アロナリゾートはこの時期で最高級のリゾートホテルが(オープン間もない)1泊7000ペソからと云うの


から、クーラー無しホットシャワー無しでファンだけと云う部屋(今回泊まった)1泊1,000ペソまで色々です


が、2500~3,000ペソ出せば素晴らしい部屋に泊まれますが、こう云うリゾートではファンだけでTVも無


いクーラーも無いと云うのも又趣が有って好いものでした。



ヨーロッパ系の白人も多く見かけましたが結構そう云う部屋に泊まっていました。


最初の晩以外は、チョッと離れたビーチサイドに在るアロナ トロピカル ビーチ リゾートのレストランで食


事をしていました。


此処にはブレックファーストとランチには日本語の達者なおばさんが居て、会話も弾み味もどれも結構食べ


れるのと今回はノーベーカンシーだったのですが、結構洒落たコテージがあり価格もそれ程では無いので


次回来る時は彼女に電話を入れ予約して貰うつもりです。


何せ日本語がほぼ通じるのは心強いですから。



バリガサクアイランド スノーケリングツアー


朝9時にビーチを出発するダイビングツアーの船にに同乗、30分ほど沖合いに在るバリガサクアイランドの


リーフの落ち込み部分がダイビングポイントなのだが、ダイビングの人たちが出発した後、リーフの落ち込み


部分とリーフ内をスノーケリングするのだが熱帯魚が沸いてくるような落ち込み部分と負債リーフの部分も


色とりどりのカラフルな魚が群れをなすほどいて、時間を忘れるほどの楽しさ勿論透明度も非常によい。


今回の旅行経費


セブ←→ボホール間 船賃 往復 1,040ペソ + ターミナル使用料 11ペソ


ボホール→カロンビーチ タクシー 往復 1人当たり 400ペソ~500ペソ


ランチ 3回 ・ ディナー 2回 ・ 朝食 2回 食事代 1人当たり  2,000ペソ


宿泊代


ファンのみ クーラー・TV・ホットシャワー無し 1泊 1,000ペソ + 2泊 2,000ペソ


スノーケリングツアー 1人当たり400ペソ と 


今回の小旅行2泊3日で 1人当たり5,000ペソ程度 お勧めです。

アロナビーチリゾート


セブ島 ロングステイ レポート ( 05 10 ~ 11 )


今回のセブ島ロングステイは初めての単身での2ヶ月間滞在です。


奥様が趣味のお茶で色々イベントがありその準備に追われているのと、孫のお守りがしたいと留守番する


事になったからです。



前回レポートからたった2ヶ月間しか経っていないのですが、滞在中も新しいショッピングセンターがオープ


ンしたり、新規日本食レストランがオープンしたり年内に新規開店を目指してマッサージ店・ホテル・日本食


レストランが建設中で短期間にセブシティーが変化しています。


今回新たに隣のボホール島のアロナビーチリゾートで2泊してダイビングの船に同乗しバリガサン島のリー


フの落ち込み部分のダイビングポイントでやったスノーケリングも最高でした。



勿論週4回のゴルフもゴルフ休養日のサウナ&マッサージも十分堪能しました。


12月1日に帰国まだ数日しか経っていないのにもう寒さに参っています。


今月20日には今度は奥様同伴で又セブ島に2ヶ月ロングステイ初めて異国で暖かいというより暑いクリス


マスとお正月を体験してみるつもりです。



今回滞在でのレポートを次回からランダムに書いてみたいと思っています。