• 15 Nov
    • Diatone GT200N FPV Racing Drone 設定&テストフライト

      先日完成したDiatone GT200N、設定編です。FPVカメラは手許に余っていたRuncam Swift2に交換しました。最初についていたカメラが不満と言うわけでは無く、単に調整済みのカメラを使いたかっただけです。ちなみにコチラはGT2/200、前モデルです。Betaflightのバージョンは 3.16でした。今日の所はこのままファームアップ無しで行きます。 Portの設定はS-BUSを使う場合はUART3のシリアルをONにします。 受信機のタイプを選んでOSDチェックをONPIDはデフォルトのままテストフライトしてみますMODE設定、AUX1→フライトモード AUX2→ARM AUX3→Buzzer に割り振ります。前モデルのGT2/200が標準からモーター、FCを変えていたためか、マトモに飛べるように  なるのに随分と時間を費やしたことを思うと、こんなに簡単に飛んでいいのかな的な感じです。  デフォルトの状態でココまでキチンと飛べるのはホント素晴らしいにほんブログ村

      9
      テーマ:
  • 10 Nov
    • Diatone GT200N FPV Racing Drone

      先進的なレイアウトとそのローフォルムに魅せられてDiatone Crusader GT200を組み立てたのが今年の春、最初ハイパワーなE-MAX RS2306のバイブレーションに悩まされましたが解決してからは無類の安定したフライトで満足して使ってました。そのモーターバイブレーションに関してはメーカー側も把握していたのでしょう、ついこの前新型にリニューアルされて発売になっておりました。特にモーターバイブレーションがフライトコントローラーに与える影響を最小限にするための工夫が各所にされています。名前も若干変わって Diatone GT200N ストレッチタイプのGT200Sもあります。買おうか、止めようか・・・・と一か月程度悩やんだ末、結局購入~この後、商品ページを見なけりゃ良かったんだけど、数日して見ると・・・・Banggoodから到着するまでの間に「Time sale」の対象になって約5,000円特価になってる。購入を決断するのが僅か一日早すぎた為、みすみす損した感じだわ (ノω・、)まぁ、当初の購入金額でもお買い得だわな、と自分を納得させつつ到着を待ちました。で、本日到着じつは完成機を買うのって初めてなんだよね (*^▽^*)ぎっしりと詰まってます箱から出してみる。このほかにプロペラ1セットが同梱されていました。小物の袋を開けると、予備ポルトとかのセットが入ってます。  この辺はすごく好感が持てますね。Edge racing custom silver 2306 2450KVMotor damping system 169カメラはCCDのHS1177系、Runcamじゃなかったです。FCもシリコンラバーでダンピングしてます。以前のモデルはバッテリーマウントがFCと共締めだったのですが、上部jフレームマウントと  共締めに改良されました。整備性とFCの防振に寄与します。今回モデルから標準装備となったESCガードさて、受信機が搭載されてないので手持ちのFutaba R2001SBを搭載します。週末にはテストフライトしたいな (・ω・)bにほんブログ村

      9
      3
      テーマ:
  • 06 Nov
    • Runcam split 撮影動画 (追記アリ

      先日製作したiFlight iX5に搭載のRuncam split、テストしました。FPV映像に関しては元々あまり期待はしていなかったのですが、思ったほど悪くないです。普通に飛ばす分には十分使えます。飛ばしてる分には気付きませんが、地上でテストすると僅かな遅延が感じられます。まぁ、自分程度の飛ばし方でしたらこの遅延が問題になる事はないと思います。撮影したのがこの動画、定番のHDカメラに比較しても見劣りしません。  別途HDカメラを搭載するに比べると、重量や墜落時のカメラ破損の点で相当有利  になります。それと、搭載機のiFlight iX5に使ったモーターはRCX NK2204/2400kvで昨今の5インチレーサーとして考えると非常にアンダーパワーな予想があったのですが・・・流石に2207/2206の本格レーシングモーターに比べると瞬発力は劣りますが、撮影機として考えると、安定したパワーと4分フライト(4S1300mAh)を可能にする低燃費(電費)は予想を裏切る好結果でした。前回使ったBR2205よりもパワーは感じられます。■□■□■□■□■□■□■□■11月7日追記■□■□■□■□■□■□■□■□■□この画像が元の撮影動画のショットです。  ワイドレンズの為、カメラ搭載位置の関係から上側に機体のフレーム、下側にペラが  映り込んでいます。  コレを回避するためにはカメラ搭載位置をもっと前方へ移動する必要があります。  既に移動できる限界までマウントを改造しましたが、これ以上の前方移動をすると  クラッシュ時のカメラ破損の可能性が増えそうなので搭載位置の変更は断念。  動画編集のトリミングで移り込みをカットすることにします。編集ソフトでトリミングした動画のショットがコレ  ※ゴーグルごしに見るFPV映像は画角が元々狭いので映り込みません。にほんブログ村

      10
      2
      テーマ:
  • 01 Nov
    • iFlight iX5 V2

      このところ、また機体が増えております。つい先日、Diatone Crusader GT2 200 を処分したばかりですが・・・三機増えましたQAV210コピー(Realacc X210)×2機と今回のiFlight iX5です。iFlight iX5 は、Storm Racing Drone Loki-X5シリーズと酷似してますね。でも、最初からメインフレームの角の面取り処理がキッチリされていて好感が持てます。ただ、スタンドポールとかのアルマイト処理が安っぽさを感じたので、ブラックアルマイトのポールと交換しました。今回の構成は■機体:iFlight iX5 V2■モーター:RCX NK2204 2400KV FPV Racing Edition Motor■FC(ESC、VTX):FlytowerF4 PRO AIO (40A×4 ESC & 40chVTX)■FPVカメラ、録画カメラ:Runcam Split (1080P/60f)■受信機:Futaba R3001SB200クラスだと最近では2205~2207(2306)あたりのハイパワーモーターが主流ですがこの機体は高機動空撮マシンとしての目的がありますのでバッテリー消費優先で若干小さめのモーターをチョイスしてみました。下から40A(4in1)ESC、FC、Runcamの配置になります。  この一体型FC、モーター線とバッテリー線のハンダ付けのみで後はコネクターの  ピン配置変更位で接続できてしまいます。  作業時間は大幅に短縮されます。カメラ(Runcam Split)、受信機、LED&Buzzerのコネクタです。  左下のコネクタはLED&Buzzerなんですが、この時点では配線が間違えてます。  この後、変更しました。RuncamのマイクロSDは後からは入れ辛いので先に入れておきます。  録画後はこのボードのUSBコネクタから直接PCへ転送します。各ボードの配置を横から見たところRucamの上にダミーのボートを置いて受信機(R3001SB)をマウントします。  Runcamボードのボタンは前が録画(ON、OFF)、後ろがWifi(ON、OFF)アッパーデッキ上面からペラは5040の3枚羽、もしくは4040の4枚羽を予定してます。にほんブログ村

      5
      2
      テーマ:
  • 30 Oct
    • FPV練習会 (体育館屋内練習会)

      恒例、体育館練習会です。月二回のペースで開催し約一年が経過しました。バスケットボールコートが1面取れる程度の小さい体育館です。初めてココに来たときには「こんな狭いところ無理、ムリー。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」壁にはスグ当たるし、天井は低いし、エスケープゾーンは無いしで8の字周回コースも満足に飛ばせなかったのが思い出されます。昨日のレイアウト、クラッシュして暴走したのがパイロット側に来ないよう工夫するの  ですが、やっぱり何度かは飛んできます屋外と違って体育館は壁がコーナーの外側にありますので、オーバースピードで進入すると曲がりきれずに壁に激突します。暗黙のルールで施設に損傷を与えるクラッシュは厳禁ですので、スピードコントロールと正確な機体の誘導がキモになります。屋外では思い切りいけても ココでは牙を抜かれたようになってしまいますそれでも回数を重ねてると、何とか飛べるようになるモンですね、師匠なんかはこの狭い中、カメラ角度60度位付けてぶっ飛んでいきます逆にオーバーランしない操縦法は屋外コースでも非常に役立ちそう撮影はGEP-MX3にMobius miniを搭載していっしょに飛びます今日の動画 お近くの方、遠くの方でも参加してみたい方はコメントか  メッセージ下さい。日程・時間等ご案内いたします。にほんブログ村

      11
      3
      テーマ:
  • 27 Oct
    • Fatshark Dominator HD3 スイッチ追加した

      FPVゴーグルと言えばFatsharkと言うくらいの定番ゴーグル、使い辛いのが電源のON、OFF 本体の電源スイッチが無いので電池のDCコネクタの抜き差しでON、OFFさせるというこの時代にはありえないくらいのローテク。何か理由があっての直接コネクタかな? と思ったりしましたが良いことなんてなにも無いように重います今年の夏ごろから右側のベイを利用して電源スイッチを付けているのをユーチューブやフェイスブックで見かけるようになり、これは便利そうと言う事で取りあえず部品だけは購入したのが二ヶ月前、面倒なんで放置していましたが漸く取り付けが終わりましたので手順をアップしておきます。このスイッチのマークの付いたのが定番のようですね。  (画像拝借:ピカイチのFPV droneなどRC日記 より)① フェイスプレートを外し、本体裏側のタッピングビスを外します。中央と右側だけ外せば  作業は可能です。  右側のカバーを外し、基板を止めているタッピングビスを撤去。② 基板を前に抜き出し、コネクタを外します。 上で下側のタッピングビスを外しているので  少し本体を開き気味にして隙間を作ってやれば簡単に取り外せます。③ DCコネクタの後ろ側の部分を加工します。 ○印の部分をニッパー等でカットします。  小型のルーターで切断しても良いです。  要は上側と下側が切断できればOKです。④ この切断した間にON、OFFスイッチを入れることになります。⑤ 今回使ったのはこのスイッチ、自動車用の穴径16mm、オルタネートスイッチ、12Vです。  ゴーグルの電源は2Sバッテリーですが十分に明るく光ります  付属ソケットは使わず直接スイッチにハンダ付けします。  ちなみにスイッチには  ・オルタネートタイプ➡ON位置、OFF位置でその状態を保持  ・モーメンタリータイプ➡普段はOFF(又はON)で操作をしている間だけON(又はOFF)  がありますので購入時には間違えないようw  今回私が使ったタイプはアマゾンで購入しました ↓↓                               オルタネイト 押しボタンスイッチ U16F2 ブルー LED  「16mm スイッチ」で検索すると色々と出てきます。⑥ 標準のままだと端子が長すぎて奥行きが不足しますのでカットします。⑦ カットした図、5mmもあれば十分です。  仕事柄、手が汚いのは勘弁下さい ヽ(;´ω`)ノ⑧ コードをハンダ付けします。電流は低いので細い線で十分です。  これでも太過ぎくらいです、30AWG辺りの方が最後の配線の始末が楽かもw⑨ カバーに取り付けの穴を加工します。裏側から見ると中央に印があります。⑩ こんな感じですね⑪ 下穴を明けます、私は5mmのドリルで下穴を明けました。⑫ スイッチの外径です。取り付け穴を16mmΦで明けます。⑬ ステップドリルを使用しました。ホールソーでもOKですね。⑭ スイッチを取り付けます⑮ それぞれの線をハンダ付けします⑯ 上の図だけの配線でもON、OFFできるのですが、曇り防止ファンのバランスコネクタ線も  合わせてココから電源を取ればバッテリーのバランスコネクタの抜き差しが不要となり  ます。  二本追加するだけなんでついでにやっておきます。⑰ 全ての配線が終われば線を整理してカバーを取り付けます。  結構内部がタイトなのでいい加減にやるとカバーが閉まらなくなります。⑱ 電源OFF時、なにも点灯無しです。⑲ 電源ON時、ブルーのリングが光ります 確かにコレでこまめに電源が切れますので、電池の長持ちにも寄与すると思います。DCコネクタを毎回抜き差しするのって、何気に結構ストレスがあったんだよねにほんブログ村

      8
      7
      テーマ:
  • 25 Oct
    • QAV210みたいな(Realacc X210)REC-Version Runcam Split

      この前製作したQAVコピー、フライト性能も良くお気に入りなんですが、その形状からHDカメラの搭載がやり辛い仮に搭載できてもHDカメラの大きさからしてバランスが悪い!こんなの墜落したらGoproがスグ壊れてしまいます。そこで、丁度予備に持っていたフレームがあったので撮影専用機としてQAVコピー2号機を追加製作します。この二号機はHD撮影カメラとしてRuncam Splitを搭載します。FPVカメラとしての性能は今ひとつなんですが、HDレコーダーとしてみれば小型、軽量で場所をとりません、ボード一枚分の体積の増加で搭載できます。でも、このボード1枚分の為に随分と配置に苦労する事になります・・・・今回はスピードを求めるわけじゃないので、スペック的には全然特筆すべき内容では無いのですが、■機体:Realacc X210■モーター:EACHINE:RS2205/2300kv CWスレッド■FC:Matek Flight Controller F405-AIO■ESC:Littlebee BLheli-3220A Summer■FPVカメラ:Runcam Split■VTX:TBS Unify Pro 5G8 HV-RACEESCのコントロール戦(白と黒)はFC側にもGND接続が省略されているのでESCから  撤去します。  その為、一度シュリンクを取り払います。コネクタも不要なので撤去します黒(GND線)のみ撤去でもいいのですが、この細い線の被覆が非常に弱いので  耐熱シリコン線に変更します。元々は白線ですが黒線に変更します。  GND線と間違えそうなのですが、自分しか触らないので目立たない黒です。  最後にシュリンクしてESCの改造は終了。部品の配置を決めていきます。メインのバッテリー線は今回12AWGを使います。受信機、VTX、カメラ、LED、Buzzの配線を取り回します。  このRuncam基板の下側にFutaba R3001SBを配置してます。右側面左側面 このカメラマウントのサイドフレームのおかげで何度も配置をやり直しました。上面、TBS Unifyはトッププレートに配置してます。  カーボンプレートがヒートシンクの役目になります。後方から、LED、BuzzのユニットはMatek、このブザーは今までで最大の音量です  LEDはFCからコントロールします。全体、右が1号機、左が今回の2号機  この状態で1号機 288g に大して2号機 318g と約30gの増加  Runcam Split分プラスアルファと言う感じですね。で、今回初めて使ったFCがコレです。この配線図どおりに接続すると、起動しませんでした。  調べてみると5Vが発生してない模様  あれっ、あれれ~  いつもの必殺技FCこんがりかぁ   テスター片手に色々と調べてみると・・・・  MatekのLED、Buzz一体型ユニットにこの通り繋ぐと5Vが消えてします。  Buzz(+) を撤去して Buzz(-)のみ接続すると全ての動作OKとなりました。  ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■それと、今回最後まで悩んだのがFutaba R3001SBのモードの問題。全て認識されているはずなのにBetaflightでレシーバーが反応しない件、デフォルトではS-BUSのMode Bになっているはずなのに何故かMode Aになっていて随分と時間を取られてしまいました。R3001SBは何故か日本語説明書が見当たらないんだよね。(10月25日現在)どなたかご存知の方、ありかを教えてください (・ω・)bやり方なんですが、① 送信機のスイッチは切っておく② 受信機の電源を入れ赤LEDが点滅を始めるまで待つ(約3秒)③ モードスイッチを5秒以上押す④ スイッチを離すと赤/緑LEDが点滅する⑤ これで受信機が設定モードに入る⑥ 現在のモードを赤LEDの点滅回数で表示される Mode A 1回 Mode B 2回 点滅⑦ スイッチを短押しするとモードが変わって、赤KEDの点滅で知らせる⑧ 設定を記憶するために。ボタンを2秒程度押す⑨ 赤/緑LEDが点滅して設定を保存したことを示す。⑩ 電源を入れなおすとモードが変わっている簡単な事なんですが、知らなければ結構はまりますヽ(;´Д`)ノにほんブログ村

      6
      3
      テーマ:
  • 10 Oct
    • T-Motor F20 ベアリング交換

      2017年初頭に製作したSRD Loki-X3S軽量なフレームで操縦性も良く気に入っていたのですが、そのスリムなフレームゆえアルミスタンドポール間の距離が短く搭載できるFPVカメラがHS1188の視野の狭いカメラしか使えませんでした。無理やりFatsharkカメラを搭載したりしましたがスペースに無理がありイマイチ使い勝手が悪くしばらく現役を退いておりましたが、FPVカメラにFoxeer Microが丁度搭載できたので3インチレーサーの現役組に戻します。暫くカメラテストとかで飛ばしてましたが妙に2番モーターから雑音がでるので調べてみるとベアリングからの異音です。バランスの崩れたプロペラをそのまま使ったり、墜落でモーターをヒットしたりで無理がかかったのかと思いますが、元々ベアリングは消耗品なので交換する事にします。ハンダ付けは外さずそのまま横にスライドして作業します。  モーター底の2mmのシャフトを止めているEリングを外します。ラジオペンチ等で簡単  に外れますが、飛ばさないように注意! 小さいので探すのに苦労します。モーターアウターを引き抜き、ベアリングを外します。ドライバー等を当てて軽く叩けば  取り外せます。そんなにきつい圧入ではないです。ベアリングを外したところ今回購入したのは 内径2mm、外径5mm、厚さ2.5mmのミニチュアベアリングです。   ミネベア DDL-520ZZW52 を手配しました。 少量購入でしたので300円弱/個でした。ベアリングの外径くらいのボックスドライバーを代用し軽く叩き込みます。  ドライバーの柄で軽くコンコンとやれば簡単に入ります。  もし、入らないときは斜めになっていますので注意してください。底部のベアリングも同様に入れます。最後にアウターを戻してEリングを入れるのですが、テープなどでEリングの入る高さを  合わせると随分と簡単に入ります。ベアリング交換後は異音も消えて非常にスムーズに回転するようになりました。でもモーター丸ごと購入しても1,500円程度なんで600円/二個でベアリング交換する事がいいのか悪いのか 何事も経験と思って今回は交換しましたが、次回からどうしようヽ(;´Д`)ノにほんブログ村

      6
      6
      テーマ:
  • 09 Oct
    • 出稽古に行ってきた、スカイグラウンド編

      ブログつながりのKawato氏から「北神戸のスカイグラウンドで練習会するからみんなで来てちょ≧(´▽`)≦」的なお誘いをいただいたので200kmを長躯して行って参りました。今回は師匠を連れて行って道場破り的な感じ?で行きたかったのですが師匠の都合がつかず2軍メンバーでの出稽古ですw場所はご存知スカイグラウンド、過去に何度かドローンレースを開催している場所。私が初めてレースに出たのもココだし、Kawato氏とリアルに会ったのもココという自分にとってはドローンレースの原点みたいな場所です昨年の夏以来のスカイグラウンドです。設備も充実しパドックも完備してドローンサーキットとして西日本の代表格です!気持ちの良い環境ですね今回の練習はBコースと聞いていたので事前にチェック  なんですかね、この複雑なコースは まるで迷路です動画がアップされてましたので前もって何度も見たのですが、どうも実際にコースを見てみないとピンときません、現地で実際に見ると・・・これまた分かりません・・・こうなりゃ飛んでみるしか無いですね。バッテリー五本程度を飛びなれたU199機(GEP-MX3)で周回し何とかコースを覚えた所で5インチ機にスイッチQAV210のパチモン、RealaccX210でスタートしますが、元々5インチ機は経験不足が顕著に出て数週でヤグラにクラッシュしてカメラ(Rumcam Swift2)がパックリと割れました。このところU199機でもカメラばかり壊しておりますが、ここでも炸裂 (x_x;)今日は終日遊ぶつもりで機体だけは沢山持ってきております、二機目の5インチ機Strix210で再度練習開始 v(。・ω・。)ィェィ♪今回の練習会は運営もテキパキとして周波数管理も的確にされており待ち時間殆ど無しでバッテリーが間に合わない位のペースで飛ばせました。コレが午前中最後の練習時の動画コチラはKawato氏ご存知各地のドローンレースで有名なMasui氏さすがにMasui氏、速いですΣ(・ω・ノ)ノ!  そして無駄が無い、狙ったコースにスムーズに機体を持って行きます。そしてブログ仲間のKawato氏、この5月に四国で合同練習したときとは全くスピードが違いますw川・o・川w 速い、凄く速くなってる動画をみてると酔いそうなくらい修正陀を入れながらとんでもない勢いで飛んでいきます。この動画ではMasui氏、Kawato氏ともに40秒強ですが、当日のベストは38秒切っており両氏とも別次元のスピードでした。  ちなみに私は43秒でした奇遇にも、ミニバイクレーサーのNSF100でカートランド四国をタイムアタックした場合、トップクラスで38秒、普通に速い人で40秒、ビギナーで43秒って言う感じでした。40秒程度のコースで3秒違うと全く勝負になりません今回はドローンですが、それと同じ位の歴然とした差でした・・・おかげさまでいい勉強させてもらいましたもうKawato氏とは遊べない罠~。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。にほんブログ村

      8
      6
      テーマ:
  • 05 Oct
    • GEP-MX3 FPVカメラ破損

      AstroX TX13Qでカメラが全然保護されないのを不安に思い、ガッチリカメラをガードするアルミフレームのGEP-MX3を練習用に製作、これでカメラも安心かなと思ったのも束の間先日の練習中にゲートにヒット、前回のAstroXはレンズが破損したけど今回は大丈夫でしょう! と機体を回収に行くと・・・・・あれっま、まさか・・カメラレンズ割れてます、今回はレンズだけじゃなくカメラボディも真っ二つこの丈夫なアルミフレームが守ってくれるんじゃなかったのか?どうも、ピンポイントでゲートのフレームがガードのフレームの間に入ったようです。こんなの狙って行っても当たりませんぜ分解してみるとこんなこともあろうかと思い、レンズとボディをストックしている自分が怖い  ボディとレンズで約1,500円程度なんでカメラ丸ごと買うより随分と安いです  よく壊れるんで何かのついでの時にでも買っとくといいカモ。交換は非常に簡単、面倒なのはピント合わせ。 機体に搭載すると作業性が  悪くなるので試験用VTXに接続してピント合わせを終了してから搭載します。この試験用のVTXがあると、全ての設定を終えてから機体に搭載できますので後が非常に楽になります。機体に搭載してリモコンを繋いだり、ピント合わせするのは結構スペース的にタイトなので作業性が悪いですね。二又に分岐しているコネクターはRuncam/Fatshark用とFoxeer用です。

      テーマ:
    • QAV210みたいなヤツ(Realacc X210)モーター換装

      先日製作したRealacc X210、余りもののパーツで格安練習機の位置付けで製作したのですが・・・・テストフライトでバッテリー10本程度色々とセッティングを変えながら飛ばしてみました。まぁ、普通に飛ぶしソコソコのスピードも出ます。 フツーに速いですね・・・でも、何か違うぞ  よくよく考えてみると俺の求めていたのはコレじゃない。レース機の練習機なんです。本番機までとは行かなくてもある程度の近い飛び方をしてくれないと練習にならない。ちなみに使用しているモーターは手持ちにあったBR2205/2300kvです。言ってみれば2世代前のモーターで、その時でも速い人は使ってなかったな・・・・て、言うか・・・・ そんなの最初から分かってた事じゃん なぜそんな低スペックのモーターを搭載したんだ、単に余ってたからと言う理由でという訳で、モーターを換装いたします。AstroXにも使っています ZMX Fusion 2206-2300kv です。最近はコレが随分と気に入っています。 やっぱりブルーが精悍でいいですね(個人の感想です・・・)で、早速テストフライト~なんでしょうねいやはや同じ機体とは思えません、FPVでの操縦感覚はAstroXと変わりません重量がほぼ同じで機体の基本形も良く似てるので同じような感じになるのでしょうが・・BR2205モーターの時とは加速の質が違いますね、もう瞬間移動的に加速します。スロットルを入れたときの上昇スピードも歴然とした差があります。時代は2306とか2207系が主流ですが、私はこのZMX2206のシルキーな回り方が好みです。パワーは一歩譲りますが振動も少なく電池の消費も穏やかです。もう一つ、これは予想してなかったのですがFPV映像に入るノイズが減りました、BR2205は回転の上昇につれて縞模様のノイズが増大していったのですがこのモーターはそれが発生しません。これは非常にうれしい結果でした。にほんブログ村

      12
      テーマ:
  • 28 Sep
    • QAV210みたいなヤツ(Realacc X210)

      目視外飛行許可が下りた為、最近は5インチ機も結構飛ばしてます。でも、いくら許可があっても一人では「周辺監視者」がいない為、飛ばせません。そういう時はどうしてもU199機を飛ばすようになります。飛行頻度で言えば9割がU199で1割が4インチ機や5インチ機でしょうかでも、やっぱり5インチ機のパワーは飛ばしていて気持ちいいですね。先日、手許のストック箱のパーツを整理していたら・FPVカメラ・VTX・モーター・ESC・受信機が余ってましたのでFCと機体のみ手配すれば5インチ機が一機組めそうなので新規に一機組むことにしました。余り物パーツなんで最高性能を求める訳じゃなくコストパフォーマンス優先で揃えました。■機体:少し前ならトップパイロット達が使っていた定番機体QAV210     のコピー品のRealacc X210、本家QAVの半額以下で手に入ります 4mmタイプね■FC:HGLRC、F4 FLAME Race Spec STM32F405■モーター:手持ちのBR2205/2300kv、一世代前のモーターです。       使おうを思って買っていましたが、買ったときから型落ちでした■ESC:手持ちのLittlebee BLheli-S 30A Spring 最近一体型ばかりつかっていて出番が     無くなっていたもの■VTX:ストックのTBS UNIFY PRO■FPVカメラ:ストック品、最近のmicroの台頭で出番がメッキリなくなっていたRuncam Swift2■受信機:16SZを購入したとき付いてきたFutaba R3001SBこんな構成で 機体とFCを新規に購入、両方で10,000円以下に収まりました。組立て途中は省略、出来たのがコレU199機じゃないんでそんなに神経質にならなくてもいいんですが、やはり軽いほうが  間違いなく有利なんで取りあえず計測  軽量でならしているAstroX TrueXSより10g重いだけ、思ったより軽量です。ペラを装着するとこんな感じ~今回使用したLEDは買ったもののU199機には大きすぎてお蔵入りしていた物、  6連LEDの裏側にBuzzerが付いてます。  勿論、Betaflightより設定できます。   最近流行のストレッチタイプや空気抵抗の低減の為に幅の狭いスリムなアームとは違い非常に無骨なイメージですが、私はこの質実剛健さが滲み出るこのスタイルが好きです。本家のQAV X210と比較してみましたが、何が違うのっ感じですテストフライトは後日にほんブログ村

      10
      3
      テーマ:
  • 24 Sep
    • GEP-MX3 クラッシュ、フレーム交換

      先日完成した新規U199機、GEP-MX3AstroX TX13Qに比較して厚いフレーム、がっちりカメラをガードするフレームとついつい安心してフライトしておりました。先日の朝錬でいつもの周回コースを練習中、やっぱり調子に乗ってハードに攻め始めた矢先、木の枝に軽く接触からのコントロールを失い木の幹に激突結構、スピードに乗っていたので「ミシッ」とか言う音と共に墜落 見てみるとやはり、フレームが折れていましたボトムフレームだけ売っているかと思って探したけれど見つけることができず  仕方なくキット一式を購入、ボトムフレームのみ使用します。  結局、部品代が高価と言われているAstroXのボトムプレート単品と同程度の価格に  なってしまいました(TωT)ボトムプレートに止まっているネジ類を取り外せば、こんな感じ~  上部フレーム(4本) モーター(2本×4) FC(4本) コレだけです。  このまま新フレームに載せかえます。フレームに載せるとこの通り、後は外したネジを入れていくだけ完成です、作業そのものは非常に簡単で30分程度で完了しました。 フレーム破損に至ったクラッシュ動画   やっぱりこういう周回コースだと少しずつスピードが上がってきて最後にクラッシュして   墜落するまでやっちゃう流れになりますね (;´Д`)ノ     自重せねばいくらフレームあっても足りなくなるにほんブログ村

      12
      3
      テーマ:
  • 20 Sep
    • FPV練習会 #2017/09/20

      今日は水曜日、いつもの場所で練習です。平日ですが、自営業のオヤジ共が三人集まりました (^O^)このゲートに向かって突っ込んで行くこのアングルが一番ドローンレーサーっぽくて  好きです先日来製作してましたGEP-MX3のチェックも含めて、夕方まで楽しく遊びましたwいつもの広い練習場所が先日の台風で冠水したため、今日は別の公園です。Betaflightの設定も何度かの試行錯誤から大体満足できる状態となり練習開始。複数機体を所有していると機体毎に操縦性が大きく異なってしまうと、機体を変更した場合に最初からフルスロットルで攻められないので基本的に持っている機体はクラス毎にほぼ同じ感覚で操縦できるように合わせるようにしています。今日の練習の殆どが瀬戸大橋師匠との模擬レース v(。・ω・。)ィェィ♪GEP-MX3このGEP-MX3、結論から言うと・フライト性能は同形状のAstroX TX13Qに比べて僅かに軽快さに劣る・耐クラッシュ性は圧倒的にGEP-MX3が上、カメラも殆ど無傷速いけどアームが簡単に折れたり、カメラが破損したり、簡単に壊れるしパーツの高いAstroXは練習ではそうそう使えませんこのGEP-MX3はそういった意味では練習機としては最適ではないかと思います。SRD Siro-X3SRD Siro-X3 後ろからGopro搭載機で撮影さすがに3インチ機にはGoproは搭載できないので5インチ機に搭載して後ろから撮ってもらっています。このコースは非常に狭いんで3インチ程度じゃないとゲートを潜るのさえ難しいのですが5インチ機でよく飛べるなって感じですw さすが師匠にほんブログ村

      10
      2
      テーマ:
  • 18 Sep
    • GEP-MX3 完成していたらしい、テストフライト編

      先月の徳島ドローンレース会場にて行商に来ていた方から買いましたGEP RCのGEP-MX3飛ばす機体は他にもあったのでフレームはそのまま放置しておりましたが、先日知り合いに一機、U199機を譲りましたので取り急ぎ製作します。構成は下記の通り・機体;GEP-MX3・モーター:T-Motor F20/3200kv・フライトコントローラー:HGLRC XJB F425(25AESC、OSD一体型)・FPVカメラ:Runcam swift micro2・VTX:TBS UNIFY PRO RACE・受信機:Futaba FASST互換受信機(S-BUS)・搭載予定バッテリー:TATTU 4S450mAh組立て、配置等々につきましては他のU199機とさほど変化が無いので写真は割愛~で、イキナリ完成ベースフレームは3mm厚み上部構造物がアルミダイキャスト製です。カメラを完全にガードしてますので墜落時のカメラへのダメージは最小で済みそうとうしても良く似たAstroXとの比較になります。  カメラは墜落時には全然ガードされず直撃されます。  ただ、Astroさんの名誉の為に補足しておきますと、標準搭載のカメラならサイドの  フレームに保護されており墜落時の直撃は無いと思います。  しかし、標準のFPVカメラでレースする人がいるのだろうかと思うくらい画質は悪い  です。先日のゲートアタックでクラッシュ、カメラレンズです。まぁ、こんな感じね上に飛び出している(青/黒)線はカメラ設定用の延長コネクタ、設定が終われば撤去カメラ横には角度が分かる目盛り付きLEDは付属の二連LEDは使わず、ブザー一体型を使用します。  Betaflightより各種設定可能さて、気になる重さは バッテリーのみ除外して137g  バッテリー(54g)を搭載すると191g U199にシッカリと収まりました。軽さが売りのAstroX、同じ条件で130gと、GEP君より7g軽量並べてみると、モータースパン130mmのAstroに対してGEPは137mmと若干ワイドAstroXはその軽さを実現するためにフレームの厚みは僅か2mm、  強化型のフレームでも2.5mmと薄く作られており墜落時にはアームが簡単に折れて  しまいます。  アーム付け根部分にFCマウント用の穴(皿加工)があり、特にこの部分の強度が不足  しているようです。  当然、設計者は判った上での事なんでしょうが、ここまで強度を捨ててフライト性能を  追い込んだのでしょうかね  だったら2.5mmの強化フレームなんかリリースするなよ  ちなみに私は墜落が多いんで三ヶ月でフレーム三枚目です・・・・   このベースフレーム一枚で他の機体ならフレームキット丸ごと買えます今日のテストフライト動画 前半GEP-MX3 後半AstroX TX13Q動画を見れば一目でAstroXが速いのが判ります。僅か7gの差だけじゃなく機体の基本性能の何かが違うのだと感じます。この辺は流石Astroと言うべきでしょうかしかしながら、今回はGEP-MX3がシェイクダウン状態であった事、そしてモーターが同じF20ですが、Astroの4100kvに対して3200kvと全く同じ条件ではなく特にスロットルの入れ方に対する動きの差に操縦者が慣れていないと言う事も割り引かなければと思います。動画OSD表示の左下、リポ電圧の上の数字がスロットル開度ですが二機の間には相当の差があります。この狭い場所でGEP-MX3はスロットル開度がAstroより大きく開けています。それでもAstroより遅いこのモーターkv差によるスロットルレスポンスの差を埋めるよう、スロットルカーブを変えて試してみます。(結果は後日)    墜落時のタフネスを考えると、少々の性能差なら練習には最適なんだけどね◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 設定変更後、テスト◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇上のスロットルカーブでは初期のレスポンスが敏感すぎるので若干ダウン随分と使いやすくなりました。なかなかAstroXに迫る飛びをするようになりましたこれなら練習機といわず本番予備機でもいいかな~にほんブログ村

      8
      2
      テーマ:
  • 14 Sep
    • AstroX TrueXS フライトテスト

      完成したのでテストフライトです。いつもそうなのですが、最初のフライトは緊張しますね。室内でのモーターテスト等では見えない何かが作用して、いきなり暴走とかしないかな、とかいつも思いますまずは「HORIZON」モードにてホバリング、モーター回転音、各舵の動きをチェック。このホバリングでモーター回転音に不協音があったり、あまりにモーター温度が上がる場合は早々に下してチェックします。ペラHQprop5040×3との相性も悪くなく、各舵の動きも問題ないのでバッテリー二本目からFPVでのテスト。カメラは昨夜室内では調整してますが、屋外だと全然見えない事もあるのでフライト前に向きを色々と変えてチェックします。Rumcamの場合、各シリーズ間での設定項目による映像の映り方に大きな差が無いようなので基本的な設定値を決めればどのシリーズでもほぼ同じ結果を得られます。AstroX TrueXS 初フライトコレ、いいですね 軽量な機体が効いているのかすごく思い通りに動いてくれます。3インチ機用の小さいゲートにも突っ込んで行けるだけの素直な操縦性です。PIDを数種類変えて実験してみましたが、もう少し攻め込んで飛ばさないと差を感じる事ができませんでした。慣れてくると手放せなくなりそうな予感

      8
      2
      テーマ:
  • 13 Sep
    • AstroX TrueXS 設定編

      AstroX、設定と言っても機体に依存しないんでフライトコントローラーの設定ということでOmnibus F4+ RacerCube Flight Controller です。シリアル受信機(S-BUS)を使用するのでUART1のSirialボタンをONとりあえず、ESC制御はMultishotでここでは受信機タイプと各種センサー類のチェック、   Personalization欄に入れた文字列がOSDでのCraftnameに反映されますPID数字はデフォルトから始めます、Superrateのみ若干上げていますmode設定、  AUX1➡フライトモード  AUX2➡ARM・DISARM  AUX3➡BuzzerOSD設定、画面中央に出る水平ラインや垂直ラインは邪魔なので消しています。  ・フライト時間  ・スロットル開度  ・バッテリー電圧  ・クラフトネーム  ・フライトモード  以上を表示させていますBetaflight バージョンは3.17、最新の3.20はもう少し様子をみてから考えます。VTXチャンネル一覧表、LED配置です。

      テーマ:
  • 12 Sep
    • AstroX TrueXS 機体製作編

      先月、XBEE-X V2を自身の不注意からロストしたので1機補充します。色々と検討したのですが、最終的に候補に残ったのがVECTOR VX04AstroX TrueXSの二機です。どちらも最近主流のアームのスリムな軽量タイプ、この二機とも私が目標とするFPVパイロットの方が愛用されていてどちらを選んでも間違いなさそう、瀬戸大橋師匠は両方持ってるし悩んでいると・・・・いつも一緒に飛ばしてるY野氏がVECTORを購入すると言うので、比較の為に私はAstroXにします。実はこのVECTOR VX04は限定1台のスペシャルバージョン(dknb仕様)なんです。ネットショップに掲載された日にY野氏が見つけたのか、速攻で仕事中にメールが来て「帰ってから注文したのではSOLDOUTになりそう、そっちから注文しておいて!!」などと言いやがる 商品ページを見ると、あのdknbFPV氏の設定で出荷して貰えるらしいこ、これは・・・・僕も欲しい 買えなかったって事で横取りしたろうかしらん・・・そんな事やってると友達なくしそうなんで、素直に注文しましたそれは、さておきAstroX、今回のパーツの組み合わせは以下のとおり機体:AstroX True XS (正エックスタイプ)フライトコントローラー:Omnibus F4+ RacerCube Flight ControllerESC:30A×4(4in1)フライトコントローラーに一体型モーター:ZMX Fusion 2206-2300kvVTX:フライトコントローラー一体型FPVカメラ:Runcam Swift mini受信機:Futaba R2001SBベースフレームにアームを組み付けますここで外側のM3×10のボルトが短い、ネジ山に1山程度しかかからずねじ込めない、  Youtubeとか見ても皆さん随分と苦労してここのネジを付けています。  ある程度ねじ込めれば3~4山程度はかかりそうなのですが、不安なので・・・  純正より2㎜長い皿ボルトを手配して装着、ナット上への飛び出しも面一でOKです。モーターを配置してESC(PDB)をセットモーター配線取り回しを色々と考えた挙句、こんな感じにFCを載せて全体の取り回しのチェック全体的に90度回転させた方がバランスはいいのだけど、FC-ESC間の信号線の差し替え  が発生するので今回はこの配置で行ってみます。で、どうでも良いことなんですが、モーターのブルーとフレームスタンドの青の色合いが  随分と違うのが気になります。  こんなことやってるからナカナカ進まないんだけどねヽ(;´ω`)ノアルマイトリムーバーで青を除去除去後、軽くポリッシュして完成~こんな感じ~LEDはディップスイッチで変更できるタイプ、この前のレースからこのタイプを使ってます。  Betaflightから設定できるLEDSTRIPは何か光量が少ないんだよね。このFCの前にあるボタンは左から「BOOT}{チャンネル、バンド」「VTX出力」となっており   ボタンが独立しているので非常に押しやすいです。   バンド、チャンネルインジケーターLEDも独立しており見やすいですね。受信機は信頼のFutaba純正、R2001SBを使います。  自分的には前回のロストから5インチ機は純正、U199は互換受信機を搭載するように  決めてます。はい、完成です。  トップデッキ上に出ている2PコネクタはRuncamの設定用延長コード、設定が終われば  撤去します。重さは、バッテリーを除いて295g、全装備で約450g程度でしょうかAstroX完成の日の今日、示し合わせたようにVECTOR VX04が到着しました次回は設定編ですにほんブログ村

      4
      4
      テーマ:
  • 06 Sep
    • Futaba 16SZ (FPVレーシングドローンセット)

      FPVドローンをやり始めて4台目のプロポ購入となります。空撮機の時はT10J(センターニュートラル)を使用してましたがFPVドローンを始めるときにスロットルセンターニュートラルでは使い辛いので、取りあえず安価な物と言う事でJR XG6を購入しました。自分的には6チャンネルもあれば十分だと思っていたのですが、ある程度FPVドローンについて知識が増えてくると不足が出てきます。まず、6チャンネルだと基本のスティック4本の動作に加えて・フライトモード・ARM DISARMこの二つを追加するだけでもうチャンネルを使い切ってしまいます。どうしても欲しいのが墜落時の捜索用ブザー、これはFPVドローンとって必須と言えるでしょう。後はPIDのリモート設定とか、LEDのコントロール等必要に応じて追加すればいいのでチャンネル数はあるに越した事はないです。JR XG6を使用している頃、シミレーター用にと中古のFutaba T6Jを購入しUSB接続してシミレーター専用として使っております。コレをドローンに使おうと思ったのですが、当時はS-FHSS用の互換小型受信機が無かった為、FASST対応のプロポの必要に迫られました。FASST対応のプロポと言うと、T8FGか14SG、上を見ると18SZや18MZとか現実的に考えるとT8FGはFASSTオンリーで既に生産中止、14SGはFASST、FHSS両対応で現行品、チャンネル数も十分だし、スイッチ(特に3P)が充実している。価格的にも結構リーズナブル、と言うことで14SGをここ1年半程度愛用しておりました。特に不満があった訳でも無いのですが、ジョグダイヤルのタッチセンサーが時に反応しなくなる場面が発生します。多分、指先が乾燥してカサカサの時にその現象が発生します。息を指に吹きかけたりして保湿すれば反応が良くなるようで・・・レースとかで急遽その場で設定が必要な時に発生すると結構テンパッてしまいそうwそんな時に友人が18SZを購入しました。そのタッチパネルの操作性の良さは14SGのタッチセンサーに比べると直接的にボタンをタッチできるので大幅に操作性がアップします。液晶はカラーだし、スゴク綺麗~それと、一番感動したのはそのスティックの操作感とてもシルキーで軽く、ニュートラルの精度もキッチリとしていそうな感じでも、お値段が~  高スギルそんな時、18SZの廉価版で14SGの上位機種に位置する16SZがでるよーとの情報、噂では18SZと同じタッチパネルだそうな(^ε^)♪でも、スティック(ジンバル)は14SGと同じだって・・・・うーん、そこは残念廉価版位置づけなんだけど、マットブラックで精悍、私はいいと思います結局、7月末発売予定が8月末にずれ込み、実際にショップに入荷し始めたのが9月頭まだかまだかとめぼしいショップにはあたりをつけて毎日在庫をチェックする毎日あれっ、結局また延期になったのかなぁー と思っていたら在るじゃないの~それも、FPVドローンセット(R3001SB×2付き) ラスト1セットだそうですラスト1に弱いんです    反射的に購入ボタン押してますわで、翌日到着したのがコレやっぱり、タッチパネルは良いです。操作が簡単で間違わない!速攻で液晶保護シートを貼りました。携帯電話用の4.3インチ(100mm×57mm)液晶保護シートです。これが測ったようにジャストフィットします。   あと、14SGからのモデルデータの移行はモデルコンバーターが内臓されているので14SGでSDカードに保存したモデルデータを電源を入れる前に16SZのカードスロットに挿入して電源を入れると自動的にどのモデルをコンバートするか聞いてきますのでそれを選ぶだけで全く同じ環境が構築されます。 これは便利ですね。それと、以前から気になっていたスティックのエンドを交換しました。ブログもファンで選手としても個人的に応援している「dknb FPV」さん、最近はドローンのネットショップをやっております。コチラで購入したエンドです。Vector Gekko Tx Stick End左が標準のエンド、右がVectorのエンドです。指に当たる先端の鋭さが違います。フタバ標準エンドVector エンド指に刺さるくらい喰いつきます。これなら滑る事はないかなFPVドローンをやるためにこれから買う人は16SZ一択でいいんじゃないかなそんなにチャンネル数いらないと思うかもしれませんが、コレ買っとけば後で後悔はしない(ハズ)なんたってドローンセットだと実売価格6,000円程度の純正受信機R3001SBが二個付いての価格なんで、送信機のみのコストパフォーマンスは凄く高くなります。14SGを既に持ってる人からはタッチセンサーに不満がなければ買い替えた時の満足感は低いと思います。にほんブログ村

      10
      テーマ:
  • 04 Sep
    • 定例屋内FPV練習会、模擬レースに興じる

      今日は月二回の屋内FPV練習会の日、19時~21時の二時間です。いつもは参加者が自分のペースでフライト練習を行い、うまくタイミングが合えばバトルに発展するという練習パターンでした。レースにおいてはスタートも重要なポイントです。スピードで勝る対戦相手もスタートダッシュで先行すれば狭いコースだとそう簡単には抜かれません、また、スタートで先行する事により対戦相手の精神的焦りを誘発し、操縦ミスから自滅してくれるやもしれませんヽ(;´Д`)ノと、いう事でスタートは大事あたりまえじゃん、いまさら何言ってんだよ (`Δ´)  的な・・・  はい、すみません今日の練習はスタート練習の意味合いも含め、毎回模擬レース形式で練習しました。 今日の練習動画じつは先週、徳島でU199のレースがあったのですが・・・・自身の結果は惨敗でございます。予選に先立ち、練習時間が設定されていました。コースにも慣れ、ソコソコ自分なりに満足できるフライトが出来たので、多少の手応えを感じておりました。今回はタイムアタック無しのくじ引き抽選による勝ち抜き戦、参加者を見渡すとトテモ敵いそうにもない方がチラホラ見えます。最初からそんな相手に当たるなよ! と思いながら番号の書いたピンポン球を引きます。いやぁ・・・・ やっぱり当たるんだよね 強敵と よりによってブログ仲間の「カワト」氏ですわ。ここ最近の練習ぶりをみてると凄く速いんだよね・・・(。>0<。)この前、ランカムのリモコンあげたからなぁ・・・・覚えてるかなぁ・・・とか、思っていたらスタートラインでまさかのESC断線からのARM出来ない事件~キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!  へへっ・・・不戦勝 やったぜv(。・ω・。)ィェィ♪などと喜んでいると、バチがあたり、なんと次の二回戦の相手はこともあろうか、一緒に行ったY氏「そりゃ、ないわ~ 必ずどっちかが脱落かいヽ(`Д´)ノ」「ワンツーフィニッシュだぜ!」とか言いながら来たのに早くも目標未達確定なりこうなりゃ、チームメイトとは言え容赦なく逝きます( ̄へ  ̄ 凸まぁ、この気負いがダメなんですね~ スタートで一瞬先行するも直後にパスされパスされた動揺から次のフラッグで墜落すると言う体たらく・・・・・メンタル弱いわー私に不戦敗したカワト氏は敗者復活戦からの準決勝へ駒を進めます。決勝は我がチーム瀬戸大橋の会長、Y氏が進み主催者の渡邉氏と一騎打ち!残念ながら優勝は逃したものの2位という好成績 (^O^)残念ながら1位、2位奪取のワンツー作戦は頓挫しましたが、まぁヨシとしましょう。って、お前が言うな (`×´)ですよねー、自分で言うのもナンですが・・・ホント 本番に弱いわーみんな本番のプレッシャーの中でよく飛ばせるもんです。プレッシャーの無い人なんて多分いないと思うから、本番ではグッと抑えて墜落しないように飛ばしているんでしょうね。それでも速い人は練習だったらとてつもなく速いんでしょうね。やっぱり、レースを見据えた練習をしないとダメなんだと痛感した次第です。落ちないように、クラッシュしないようにばかり飛ばしてるとスキルアップにつながらないです。やはり練習でも自分の限界を超えて初めてその先に進めるんだと・・・・精進したいと思います!にほんブログ村

      12
      4
      テーマ:
■U199普及推進動画■
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓









AD

プロフィール

Reo

性別:
男性
お住まいの地域:
香川県

読者になる

テーマ

一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。