とある妹の尼崎的な意味の錬金術なはずがない

尼崎のランチキングの公式ブログです。
尼崎のランチ・ディナー・テイクアウトの記録とたまに尼崎以外の旅の記録が綴られています。大好きな尼崎で何が起きてるのか、みんなに紹介したいエピソードやランチや景色や惣菜を元気いっぱいにお伝えします。

NEW !
テーマ:

さて、京都鉄道博物館である。

まあ、私は鉄オタではないので大して興味はないのだけどちょっと行ってきた。

新しい建物って良いよね。

 

最寄駅はJR京都駅。

下りて改札に向かう途中、懐かしい型式の車両を発見。

 

何ていうんだっけ、よく知らないけど117系っていうのかな。

デビュー時はこいつが新快速として運用されていた。

幼いころの記憶。

今、走っている225系と同等の役割なんだろうけど、どうも小さく見えるね。

緑色のやつは確か湖西線で走ってるんだっけ?

 

駅の南口に京都タワー!

京都タワーで待ち合わせ♪

神戸のポートタワーとは異なり待ち合わせにも使えそうな場所に建っている。

手前のバスは観光バスらしい。

よく見ると屋根がない。

気候の良い季節の好天時には具合良さそうだけど、この日はあいにくの雨。

雨の日は運用しないのかな。

まあ、雨の日にこんなのに乗せられたら怒っちゃうw

 

そして、線路沿いを歩いて博物館を目指す。

 

途中で休憩用のイス?

フェンスの向こう側は線路である。

上に乗って線路を見ろってことか?

 

フェンスにはこのような掲示物もあり、鉄オタではない人も安心。

 

途中で電車が来た。

一応、写真を。

撮り鉄みたいだねw

221系快速かな。

大阪京都間の到着時間の差って何分ぐらいだろ?

10分ぐらい?

新快速は時間によっては馬鹿みたいに混んでるので、急いでない時は快速が良いね。

 

梅小路公園に侵入。

市電の車両を利用して店を出している。

カフェを営業してるようだ。

市電に変わって地下鉄が走るようになったという感じかな。

京都はとにかく道が混んでいるという印象がある。

まあ、観光シーズンに来ることが多いからそう感じるんだろうけど。

 

そして、京都鉄道博物館へ。

 

そう、これこれ。

大阪の弁天町にあった交通科学博物館の展示をここに移設したんだっけ。

看板もちゃんと持ってきたんだ。

中の展示を見ると、交通科学博物館で見掛けたものも多数あり、懐かしい気持ちに。

 

で、新しい博物館だけど、これって名古屋にあるリニア館とほとんど同じ構造のように感じた。

途中で、「あれっ、ここに確かあれがあったはず」なんて思ったけど、それはリニア館の記憶だったという。

 

目玉の展示はこれ

雷鳥

国鉄のボンネット型の特急というのはカッコイイ。

まさに遠くに出掛けるという雰囲気。

 

そして、新幹線500系

ああ、もう500系も展示車両か。

確か、東京博多間のレコードはこの車両が出したままなんだっけ?

今も500系は残ってるけど、8両編成としてしか残ってないから東海道線には乗り入れられないとかなんとかだっけ。

 

500系を出した後に現行の700系が出たんだけど、どう見ても700系カッコ悪いよねw

700系が展示されるといってもあまり見に行こうとは思わないなあ。

まあ、電車だから格好よければ良いってものじゃないんだけどw

 

屋外に出ると蒸気機関車が客車を引っ張っていたのでいちおう動画を撮っておいた。

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 尼崎情報へ
尼崎の鉄道博物館ブログを探してみよう。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、ランチにおけるちょっとした悩み事である。

 

ランチタイムだとご飯の大盛が無料の店が結構、ある。

店によって自己申告で大盛を頼む店とお店の人から訊いてきてくれる店とがある。

 

今回のランチ店、マキは自己申告タイプ。

「ライス大盛で」って言うのもいささか恥ずかしい感じもするが、もう慣れたものである。

 

で、最近ちょっとダイエットをしているのでご飯の大盛は控えておこうかなって思ったけど、いつも大盛の人が大盛をオーダーしなかったら、要らぬ気を遣わせてしまうかなと思い、いつものように「ライス大盛で」とコール。

 

注文を受けるとホールの方が厨房に「日替わり、ライス大」とコールする。

そして、ランチ待機。

 

来た!

日替わりである。

チキンカツ南蛮定食とたっぷりサラダである。美味しそう。

 

だがしかし、気になるのはメインよりもご飯。

いや、まあ結構たくさん入ってるんだけど、いつもの大盛と比べるとなんか少ないような。

茶碗の色も違うし。

それにいつもだと、持ってくるときに「ライス大盛」と言ってくれるが、この時は特に何も言わず。

そして、伝票を確認。

値段は同じなんだけど、いつも伝票には大盛と記載されていたんだけど、何にも書いてない。

 

おかしいな。

 

で、しばらくすると大盛で注文しなかった人の元に日替わりが到着。

あれっ、私のご飯と量が同じくらい。

 

おかしいな。

厨房にはちゃんと大盛ってオーダーするのが聞こえたんだけど…

 

とはいえ、店の人に「これは大盛ですか?」と訊くのもなんかあれだし。

量的には別にこれで充分だし、でもなんかモヤモヤとした気持ちになった。

 

やはり大盛サービスがある店は配膳の際に「ふつう」「大盛」を告げるべきだと思った。

この店は無料だから気にしないけど、大盛料金で並盛を持ってきたらブチ切れてしまう。(大袈裟)

 

大盛か並盛かなんて店が勝手に決めてるんだから、それと分かるよう説明することは必要だ。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 尼崎情報へ
尼崎のランチブログを探してみよう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、ランチパスポート神戸である。

先日、ちょっと大事な用事があって神戸に行った際、少し時間が空いたのでランチを食べに行くことに。

 

時間は11時30分ぐらい。

CAFE OVESTに狙いを定めて出発。

神戸三宮には何度も来ているが、三宮駅の東南方面にはあまり行ったことがない。

 

地図で確認すると、ポートライナーに沿って南下して、公園に突き当った辺りにあるらしい。

ランパスの地図は基本、不親切な地図なので無事、辿り着けるか不安であるw

 

で、無事に到着。

 

表面、ガラス張りの店舗である。

窓拭き大変だろうな…

 

店内はゆったりとしたつくりであった。

ソファ席なんていうのもあるようで、ランチ向きの店ではないのかな。

奥の方にはテーブル席が並んでるので不自由はしなさそうだけど。

 

で、この日は休日のお昼少し前だったけど、店内に客はあまりいなかった。

先客が3組程度であろうか。

三宮の駅近くではあるけど、意外と不利な地理的条件か。

徒歩、5分程度なんだけど三宮は地下が発達してるから地上は不利になりがち。

 

店内にはこんな装飾も。

 

そして、ランパスを提示してランパス待機である。

ランパス利用の際はランパスにスタンプを押してもらうことになるんだけど、このスタンプを押すタイミングが店によって異なる。

客としては注文時にスタンプ捺印、支払は伝票というのが楽で良いんだけどね。

この店は会計時に捺印タイプ。

経験上、このタイプが一番多いかな。

 

中にはスタンプを先に押すけど、席に伝票を置いて行かないという厄介な店もあったなあ。

何が厄介かって、会計時にランパス出したら、もう一回スタンプを押そうとしてくる。

流れはちゃんと覚えておいて欲しい。

 

と、そんなことを考えていると、トンテキ定食が到着。

トンテキとは何語だろう。

牛肉のステーキがビーフステーキで、豚のステーキだからトンテキ。

トンは豚か。

略し方としてビーフステーキにはビフテキというものがあるが、ポークステーキをポクステとは言わないなあ。

200㌘程度というランパスの紹介通りのサイズで脂身も意外と少なく食べ易くかった。

 

全景

スープとライス付

ライスは大中小が選択できる。

けど、それぞれがどの程度かは分からない。

分からないから今回は中にしてみた。

 

スープはコンソメかな。

スープを先に持ってきてくれる店は推せる店なんだけどねw

まあ、500円のランチに文句を言っても仕方ないけど。

少しの手間で印象が変わるんだけど、そういうことはあまり考えないのかな。

 

とはいえ、スープだと先に欲しいけど、味噌汁を先に持ってきたら「なんだこの店?」ってなる辺りがなかなか難しい。

 

CAFE OVEST (カフェ オヴェスト) - 三宮・花時計前/イタリアン [食べログ]
http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28004375/

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 尼崎情報へ
尼崎のランパス神戸ブログを探してみよう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。