「33歳です。良好な胚盤胞を3回移植しましたが一度も妊娠しません。何か原因があるのでしょうか?」

 

この様な質問がありましたのでお答えします。

 

胚盤胞の形態が良好だとしても染色体に異常がある可能性はあります。ただ33歳の場合、3個全てが異常と言うことは確率的には考えにくいことです。

この場合移植の方法に問題があったり、胚ではなく受け手側に問題があることが考えられます。

 

生児を出産するためには、

①染色体が正常な胚を子宮内に正確に移植し、

②子宮内膜に胚の受容能があり、子宮が胚と同期し、

③子宮が生理的、解剖的に適切であり、

④血液中に着床を阻害する因子がないこと、

これらが条件となります。

 

これを踏まえると、具体的には以下のことが考えられます。

誘発方法が好ましくなかった可能性があります。

培養環境が適していなかった可能性があります。

移植の際に内膜を調整する方法が適切ではない可能性もあります。

子宮の環境が適切でない可能性も考えられます。

腹腔内の環境が着床に好ましくないことも考えられます。

胚移植の方法が好ましくない可能性も考えられます。

使用するカテーテルやメディウムを改善することが良いこともあります。

胚と子宮内膜が同調していない可能性も考えられます。

子宮内膜に炎症があることも考えられます。

ホルモンの補充の仕方が適切でない、または合っていない可能性もあります。