ビタミンD欠乏は妊娠率に影響するか検討している論文がHum Reprod.にありましたので紹介します。

 

ビタミンDは胚の質や子宮内膜に影響を与えているという報告があります。

この論文では凍結融解胚移植においてビタミンDがどのような影響を与えているかを調べています。

 

方法

ブリュッセル大学において1年間調べられました。

280名の患者に凍結融解胚移植を行いました。

移植日に 25-OH vitamin Dを測定しました。 

 

結果

45.3% (n = 127) がビタミンDが低く欠乏群 (<20 ng/ml)。 

54.6% (n = 153)がビタミンDは正常と診断されました( ≥20 ng/ml)。

 

hCG陽性群はビタミンD欠乏群と正常群で変わりませんでした。

(40.9 versus 48.3%, P = 0.2). 

 

臨床的妊娠率も有意差が認められませんでした。

[32.2% (41/127)] [37.9% (58/153)]; P = 0.3.

 

ビタミンDが(<20 ng/ml)の欠損群, ビタミンD が(20–30 ng/ml)の低下群、そしてビタミン Dが  (≥30 ng/ml)の充足群に分けて臨床的妊娠率を調べたところ、以下のようになり統計的有意差を認めませんでした。

 [32.3% (41/127) vs. 39.5% (36/91) vs. 35.5% (22/62), respectively, P = 0.54]. 

 

結論

ビタミンDの欠乏は凍結融解胚移植の臨床結果へ影響しないことがわかりました。

 

Vitamin D deficiency and pregnancy rates following frozen–thawed embryo transfer: a prospective cohort study

Hum Reprod (2016) 31 (8): 1749-1754.

AD

凍結に向かないケース

テーマ:

凍結胚移植と新鮮胚移植


この両者のどちらが好ましいかについてご質問を受けましたのでお答えします。


凍結胚移植の方が有意に妊娠率が高いこと、また副作用であるOHSSになりにくいことなどの理由で好ましいと考えております。


そのため当院ではほとんど凍結胚移植を施行しております。


そのような中で、新鮮胚移植の方が好ましいケースもあります。


過去の治療歴で胚の融解後に変性したケース、また凍結することで胚の状態が悪くなるケースに対しては、新鮮胚移植をお勧めしております。


特に胚盤胞は収縮しやすい特徴があり、融解後になかなか拡張してこない場合があります。


この様なケースでは新鮮胚移植を行う事で妊娠に至る事もあります。


宜しければ過去の記事も参考にしてください。


凍結移植と新鮮移植






凍結胚移植のメリット、デメリットについて説明します。


1) メリット

a.妊娠率の向上

これが最大のメリットといえます。やはり内膜の状態を整えた後の移植のために妊娠率は向上しています。

b.多胎の防止

凍結が可能になったことで単一胚移植が増加し、その結果多胎の頻度が減少しました。

その他OHSSのリスクが減らせるという事も挙げられます。



2) デメリット

a.治療が遅くなる。

新鮮胚移植に比較し、次の周期以降での移植になるため妊娠までの期間が遅くなります。

b.凍結および融解によるコストの発生。

凍結、融解に対してコストが発生します。

c.融解後に胚の変性が認められる。

融解後に数%の胚に融解後変性が認められています。

凍結および融解という手技自体が胚にストレスをかけている可能性があります。

d.将来への不安。

現時点で分かっていない凍結融解操作にリスクがある可能性があります。

今後長期的に児をフォローしていくと今後何らかの異常が出てくる可能性はゼロではありません。

e.透明帯の硬化

凍結後に透明帯の硬化が認められるために、原則的に融解時全例にAHA(透明帯開口術)を施行しています。



高齢になるにつれて妊娠率の低下と流産率が上昇します。


流産によりその後の治療が遅れて、妊娠の可能性をさらに低くします。


ある程度良好胚を凍結しておき、その後胚移植を行うことで、これらの問題(流産による治療の遅れ)を解決することが可能になります。


また、分娩後にもう一人を希望する場合にも、若い時の凍結胚がある方が圧倒的に有利になります。


宜しければ以下の記事も参考にしてください。


二人目の事も視野に入れた治療を


凍結卵の移植と採卵のどちらを優先させた方が良いですか?


胚盤胞が何個あれば妊娠出来るか

凍結胚移植の適応

テーマ:

以下、凍結胚移植を行う適応(行った方が良いケース)についてまとめました。


1) 卵巣過剰刺激症候群 (以下OHSS)

OHSSの状態で胚移植を行っても妊娠率の上昇は見込めません。

また妊娠した場合の母体への危険性が高くなります。


2) 子宮筋腫のオペ予定、又はオペ後

子宮筋腫合併の不妊症 の患者が多く、オペ前に採卵して全胚凍結を行い、オペ後3か月から半年後に融解胚移植を行うという症例が存在します。メリットとしては少しでも若い時期に採卵して卵を凍結しておけるので、妊娠率の向上が見込まれます。


3)  子宮内膜ポリープ の認められる症例

子宮鏡にて子宮内膜ポリープが認められる場合、子宮鏡のオペ (ポリープ切除)を行い、その後融解胚移植を行います。


4)  前回新鮮胚移植で妊娠しなかったケース

前回新鮮胚移植にて妊娠成立しなかったケースにおいて、凍結融解胚移植をトライしてみる価値は高いと思われます。

誘発周期と異なり、ホルモン補充周期などで内膜を整えた方が有意に妊娠率の上昇が認められる事が過去の報告からも明らかです。