以下読売新聞からです。

今では国内で年間42万件行われる体外受精。近畿地方の女性Aさん(38)は受精卵を子宮に繰り返し移植したが、うまく着床しなかった。そこで2016年に着床に最適な時期を調べる検査を受けたところ、一般的な移植時期の「黄体ホルモン投与から5日目」より、1日遅いほうが可能性が高まるとの結果が出た。(竹井陽平)

■受精卵、いつ戻す?

 自然妊娠で受精卵は細胞分裂を行いながら、5日程度かけて卵管内を移動し、子宮内膜に着床する。体外受精は、ホルモン剤投与などでこれをまねる。

 まず卵胞ホルモンを子宮内膜が6ミリ以上の厚さになるまで投与する。次に内膜の最終調整を行う黄体ホルモンを5日間投与し、同じ日数をかけて培養した受精卵を子宮に移す。

 着床のタイミングは黄体ホルモン投与開始から5日目の女性が多いが、ずれてうまく着床しない人が少数いることが知られていた。

 この着床のタイミングを遺伝子の働きから計ろうと、スペインの検査会社「アイジェノミクス」は、「子宮内膜着床能(ERA)検査」を開発した。

 現在、この検査は、世界中で月間1000件以上行われている。日米の生殖医学会でも研究発表が相次いだ。国内ではすでに約50の不妊治療クリニックで検査を受け付けており、価格は15万円前後という。

■遺伝子を解析

 検査は、黄体ホルモンを投与して5日目の女性の子宮内膜のごく一部をクリニックが採取し、アイジェノミクス社に送付。アイジェノミクス社は、高速で遺伝子を読み取る次世代シーケンサーにかける。

 調べる遺伝子は236種類。粘液の分泌や炎症反応などの役割を持つ個々の遺伝子の働き具合を解析する。それによって、着床のタイミングが5日目でぴったりなのか、前後にずれているのかがわかるという。結果は約2週間で出る。

 アイジェノミクス社による3万件の検査結果の集計によると、タイミングが「5日目でぴったり」は71%、5日目では「まだ早い」が25%、「もう遅い」が4%だった。

 また、アイジェノミクス社によると、体外受精の手法の一つである凍結胚移植にERA検査での調整を加えると、着床率と継続妊娠率はそれぞれ6・4ポイント、10・5ポイント高まるという。

 ERA検査を受ける前、Aさんは子宮に受精卵を11回移植。1回は流産し、10回は着床・妊娠しなかった。検査で最適とされた6日目で移植し、妊娠に成功。昨年夏に女児が生まれた。「もっと早くやっていれば良かった。でも、娘が生まれて本当に幸せ」と話す。

 Aさんの体外受精に携わった医療法人「オーク会」(大阪市)の医師、田口早桐(さぎり)さんは「着床失敗は、受精卵に問題があるのか、子宮内膜なのか、両方なのかわからないことが多い。ただ、検査で着床に最適な時期がずれていることがわかれば、それを補正することで少しでも赤ちゃんが生まれる確率を高めることができる」と話す。

 兵庫医科大学教授(産科婦人科学)の柴原浩章さんは「受精卵に比べると子宮内膜の検査は倫理面の課題も少なく、今後も広がっていくと思う。何度も着床不全を繰り返す女性にとっては一つの有効な選択肢ではないか」と指摘する。

          ◇

 ERA検査を受け付けている医療機関はアイジェノミクス・ジャパン社がホームページ(http://www.igenomix.jp/era-patient)で紹介している。



AD

以下東京大学産婦人科着床外来に関してです。

 

着床外来は、体外受精・胚移植(IVF-ET)の治療中に着床に問題があったり子宮の状態に不安があったりする方を対象とした、検査を行う外来です。当科の体外受精(IVF)外来と連携して診療を行っています。ホルモン剤で月経周期を調節して着床の検査を行います。

 

着床とは

着床とは受精卵が子宮に接着し妊娠が成立するために過程であり、卵は受精後約1週間で着床します。そして、着床した約1週間後に妊娠反応が陽性となります。

子宮内膜や子宮筋層になんらかの問題があると着床が妨げられることがあります。着床障害とは、体外受精で良好な受精卵を何度か子宮に戻しても妊娠に至らないことを指します。このような場合には、子宮内膜や子宮筋層に着床の妨げになる要因がないかどうかを評価し、異常があればそれに応じた適切な治療が必要です。

検査

(1)MRI検査(cine MRI検査)
cine MRI検査は子宮の動きを記録することができます。子宮筋腫などが原因で、着床期に子宮の異常な動きが起こることがあり、この動きの異常が着床に影響を及ぼしていることがあります。この動きの異常をみるために、cine MRI検査を着床期に行います。cine MRI検査は通常のMRI検査を兼ねており、子宮筋腫・子宮腺筋症・子宮奇形などの子宮の異常も同時にわかります。

(2)子宮内膜組織診・卵巣ホルモン採血
着床期に子宮内膜組織診を行います。子宮内膜が着床の準備のために適切な状態になっているかを調べることができます(子宮内膜日付診)。さらに、子宮内膜の炎症・感染、子宮内膜増殖症や子宮体がんなどの病気を調べることもできます。特に、子宮内膜の慢性的な炎症・感染が、着床障害の原因になることが最近わかってきており、何の症状がなくても知らず知らずのうちに着床障害につながっていることがあります。当院では組織診により、慢性子宮内膜炎の有無をチェックします。

(3)子宮鏡検査
子宮鏡検査により、子宮内膜ポリープや子宮筋腫など、子宮腔内に突出する病変があるかどうかがわかります。また子宮内膜炎があるかどうかを観察します。これらの病変が着床障害を引き起こすことがわかっています。月経直後(から排卵までの間)に検査を行います。

受診にあたり、必要なもの

● 当院を初めて受診される方
かかりつけの不妊治療を行っている病院・クリニックからの紹介状が必要になります。下記の紹介状のフォーマットをプリントし、かかりつけのご担当医にご記入いただいて着床外来の初診時にご持参いただくことをお勧めいたします。

 着床外来宛の紹介状フォーマット+胚移植歴記載用紙[PDF:244KB]
 着床外来宛の紹介状フォーマット[Word:24.0KB]
 胚移植歴記載用紙[Word:24.0KB]

● 当院IVF(体外受精)外来へおかかりの方
IVF外来の担当医に着床外来の受診希望の旨をお伝えください。担当医が予約をお取りいたします。

胚移植に際して子宮内膜が薄い場合、厚くすることは難しく、度々苦戦します。

サプリメントや鍼灸が効果的な事もありますが、中々反応しない事もあります。

特に掻爬手術後のアッシャーマン症候群の場合なお苦戦します。

アッシャーマン症候群に関しては過去の記事を参考にしてください。

 

昨年のHum Reprodにこれに関してとても興味深い論文がありましたので紹介します。

 

月経の血液の自己への移植により子宮内膜を再生させて内膜を厚くするという画期的な方法です。

 

方法

重度のアッシャーマン症候群(Ⅲ〜Ⅳ度)と診断された20〜40歳の患者さんを対象にしています。

月経血は子宮鏡で採取しています。自己の月経血の間質細胞を分離し2週間培養して、その後子宮内へ移植し、その後ホルモン補充周期で凍結胚移植をしています。

 

結果

7名に研究を行いました。月経血の間質細胞の培養を施行し、その後子宮へ自家移植を施行しました。

内膜の厚さは5名の患者において7mmまで厚くなり移植が可能になりました。

そのうち4名の患者にHRT周期で移植を行ったところ、そのうちの2名が妊娠しました。

1名は2回目の月経血間質細胞移植後に自然妊娠しました。

 

結論

重症のアッシャーマン症候群の女性でも、自己月経血間質細胞移植により子宮内膜が厚くなり妊娠することができました。

 

この結果から言えることとして

とても期待できる研究成果であると思います。

自己の細胞を用いているため倫理的な問題や副作用への心配も少ないかと思います。

今後更なる症例を増やして実際に臨床への応用を期待したいところです。

 

Autologous menstrual blood-derived stromal cells transplantation for severe Asherman's syndrome

Hum Reprod. 2016 Dec; 31 (12):2723-2729

 

 

 

採卵後に子宮内へhCGを注入することにより妊娠率が向上することが11月号のHum reprod報告されていますので紹介します。

 

方法

41歳以下の方で、アンタゴニストprotocolで刺激して、ICSIを行い、3日目に新鮮胚移植を施行した158名。

採卵後直ちに0.5mlの生理食塩水に融解した500単位のhCGを注入した群80名と、0.5mlの生理食塩水のみを注入した群78名を比較しています。

 

結果

hCG注入群 vs. 生理食塩水群

生化学的妊娠率 (59.2 vs. 31.3%; P = 0.001; OR = 1.88)

着床率 (37 vs.17%; P = 0.012; OR = 2.29)

臨床的妊娠率  (50.7 vs. 16.4%; P < 0.001; OR = 3.08)

継続妊娠率 (40.1 vs. 13.4%; P = 0.001; OR = 3.04)

流産率、子宮外妊娠率は両群間で有意差は認められていません。

 

結論

採卵後子宮内へhCGを注入することにより着床率、生化学的妊娠率が有意に向上することがわかります。

 

この結果から言えること

更なる追加の研究が必要かと思いますが、今研究から言えることとしては、子宮内へhCGを注入することは着床へ大きな貢献をしていることが示唆されます。

 

Intrauterine administration of hCG immediately after oocyte retrieval and the outcome of ICSI: a randomized controlled trial.

Hum Reprod (2016) 31 (11): 2520-2526.

良好胚を移植しても妊娠に至らない場合、過去の学会報告や論文にて子宮内膜への損傷が着床率の向上へつながるという報告が出ています。

その一方傷をつけても実際には効果が乏しいという報告も出ています。

 

それをランダムに調べたメタアナリシスの結果が2015年のESHREにて発表されていたため報告します。

 

この報告によると7個の論文を集め集積して合計で810名の患者に研究を行っています。

406名のコントロール群と、404名の子宮内膜への損傷群に分けています。

 

その結果子宮内膜損傷群における妊娠率は34.6%(140/404)、コントロール群(損傷を加えていない)は22.7%(92/406)となり、その相対リスクは1.48(0.96, 2.27)となったものの、統計的な有意差は得られていないと報告されています。

 

つまり現時点では子宮内膜に事前に意図的に損傷を与えることで妊娠率があがるものの、統計的にはそこまでの差が出ていないということとなります。

 

2015 ESHRE O-029 

Endometorial injury:reflections about bias in meta-analysis