以下日本先天異常学会のHPからの引用です

 

日本先天異常学会のメッセージ
葉酸サプリメントの摂取により神経管閉鎖障害の発症リスクを減らしましょう

日本先天異常学会は、神経管閉鎖障害(脳や脊髄の障害)の発症リスクを低減するた めに次のメッセージを発信します。

妊娠を計画する女性、妊娠が考えられる女性は、妊 娠前4週から妊娠12週まで葉酸サプリメント 400 マイクログラム = 0.4 mg/日を摂取す ることで、お子さんに神経管閉鎖障害が起きる可能性が減少します。

また、ご家族の中 に神経管閉鎖障害患者を持つ方と過去に神経管閉鎖障害を持つお子さんを妊娠した経 験がある方は、ハイリスク群と判断されます(神経管閉鎖障害を持つ児を妊娠する可能 性が比較的高い)。ハイリスク群の方は、医師の管理下での葉酸摂取が必要となります ので、医療機関で相談してください。

 

神経管閉鎖障害(二分脊椎、無脳症、脳瘤)は妊娠6週頃(受精後4週頃)に発症し、脳と脊髄の働きを障害します。このうち二分脊椎は、多くが出生後に治療を必要とします。

生後早期の背中の手術治療に続き、水頭症、歩行障害、排泄障害などの治療に加え、 生涯にわたるリハビリテーションが必要になります。また、無脳症は生まれても生命の 維持が難しく、脳瘤では瘤を取る手術をしても神経学的障害が残る可能性があります。

 

神経管閉鎖障害は、水溶性ビタミンの1種である葉酸の摂取により疫学的に発症リス クの低減が示された先天異常です。1991 年に英国から臨床研究が報告されました(1)。 過去に神経管閉鎖障害を持つ児を妊娠したハイリスク群の女性に葉酸 4 mg/日を投与したところ、次子での再発防止効果が72%にのぼりました。その後1999 年には、中国 の初産婦の葉酸サプリメント0.4 mg/日の摂取が、同様の低減効果を示したことが報告さ れました(2)。

 

本邦においては、2000 年に厚生省(現厚生労働省)が、妊娠を計画する女性に対し、 栄養バランスの取れた食事(葉酸量0.4 mg/日)に加えて栄養補助食品からの0.4 mg/日の 葉酸摂取による、神経管閉鎖障害の発症リスク低減について通知を出しました(3)。1 日全体での摂取量が1 mg程度(体重55kgとした場合)であれば、過剰摂取とはなりませ ん(4)。しかし、妊娠女性の葉酸サプリメントの摂取は10-20%に留まり(5、6)、神 経管閉鎖障害の本邦発生率は減少傾向が示されていません(3、7)。

 

日本先天異常学会は、先天異常の発症リスクを低減する活動により、国民の健康と福 祉に貢献したいと願っています。

 

参考

1. MRC vitamin study research group. Lancet 1991. 338:131-137.

 

2. Berry et al. New England Journal of Medicine 1999. 341: 1485-1490.

 

3. 厚生省通達・児母第72号、平成12年12月 
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1212/h1228-1_18.html

 

4.厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015年版)、2014年

 

5. Kondo et al. Birth Defects Research (Part A) 2013. 97:610-615.

 

6. Obara et al. The Journal of Maternal-Fetal & Neonatal Medicine 2016. DOI:10.1080/14767058. 2016.1179273

 

7. ICBDSR Annual Report 2014 with data for 2012 
http://www.icbdsr.org/filebank/documents/ar2005/Report2014.pdf 

AD

パワーの源は

テーマ:

採卵や移植が多く、外来が混雑しているときや、

診療後の説明会も行い、

患者さんや知人などから「先生はタフですねー。疲れないのですか?」、、

と言われることがあります。

正直、私はタフではありません。

普通に疲れています。

もちろん、くじけそうな時も度々あります。



ただ、目の前にいる患者さんを妊娠させたいという強い気持ちと

そして、何より、妊娠して、喜んでいるその笑顔を見る事が

医師である自分にとって何よりの、そしてかけがえのない、励みになります。


ここに自分のパワーの源があるのだと思います。


乗り越えてください

テーマ:

診療をしていると、治療に際して夫婦の価値観や目標を合わせることが難しいケースを見受けます。

 

夫が協力してくれません、、

協力してくれてもお願いしてやっとです、、

そもそも、そこまで私が気を使うべきことでしょうか??

自分ばかり楽しんで、私がこんなに苦労しているのに、、

 

この様な意見を時々耳にします。

 

私はその様な旦那様に是非お聞きしたいのですが、

そもそも誰の子供なのでしょうか?

子供を欲しがっているのは誰なのでしょうか?

自分にとって何が一番大切なのでしょうか?

ご自身のプライドの方が大切なのでしょうか?

妻から色々言われることが気に障るのでしょうか?

奥様は誰のために頑張っているのでしょうか?

 

同じ男として気持ちはわかります。

妻から色々と言われるとそれはプライドもあると思います。

 

ただ、一番大切な奥様のため、

そして大切な我が子のために

ここは乗り越えてください。

 

旦那様の協力なくして不可能です。

妊娠することの難しさを

テーマ:

出産年齢の高齢化、晩婚化、少子化に伴い、今伝えなければいけない大切な事として、学校での生殖に対する教育を変えて行かなければいけないと思います。

産婦人科医の私が言うと問題があるかもしれませんが、現在のところ恐らく学校教育では「避妊する事の大切さ」を教育するだけだと思います。

妊娠は良くないことであり、避妊が大切と教えているのだと思います。

これは性行為感染症や人工妊娠中絶という一面ではもちろん正しい事ですが、その反面、高齢での妊娠がいかに難しい事か、早く妊娠しないと卵子の老化がある事、年齢と卵巣年齢は一致しない事、体外受精をすれば必ず妊娠するわけではない事、男性不妊が増えている事等も同時に教えて行く事が必要であると強く思います。


もしかしたらこの様な教育が少しずつ始められているかもしれませんが、本当に正しい教育がされているか正直不安なところです。
教職をとられているかたに、正しい生殖の教育を切にお願いしたいところです。

 


またこれと同時に、男性にも、卵子の老化、AMH検査、不妊治療の大変さ、難しさを知ってもらう事が必要だと思います。

男性が知る事で、社会全体の不妊治療に対する見方、考え方が大きく変わると思います。そして不妊治療中の方が気兼ねなく時短勤務や有休が取れる社会につながるのだと思います。


その結果、会社の金銭面でのサポートや、不妊治療のために休暇をとりやすい社会につながるのだと思います。

 

これはやはり国が主として取り組むべきであり、早急に行わなければいけない社会全体の課題であると思います。