たくさん凍結するメリット

テーマ:

たくさん凍結するメリット


AMHが高く胞状卵胞(AF)がたくさん見えるのであれば、一度の採卵で卵子を出来るだけ採る事をお勧めします。

これにより良好胚をたくさん凍結する事ができます。


少しでも若い時の卵子を出来る限りたくさん凍結しておくと、二人目を希望する場合にも有利になります。


一度妊娠すると妊娠中、産後の授乳期間は採卵できないため、場合によっては2年近く採卵できなくなります。


体外受精の大きなメリットである「胚の凍結」という技術を有効に活用すべきと言えます。


当院では卵巣予備力(AMH、AF等)を必ず調べて、予備力がある方には良好胚をたくさん凍結する事をお勧めしております。


AD

コメント(4)