卵管内人工授精

テーマ:

卵管内人工授精


通常の人工授精は子宮内に精子を注入する方法ですが、卵管内人工受精とは卵管内へ人工授精をする事で精子が卵管の端まで高い確率で到達し、排卵した卵子の傍まで到達できるので、更に妊娠率が高くなります。


以下のケースに特に有効となります。

①通常の人工授精で結果が出ない場合

②精子の濃度、運動率が低い場合

③卵管内が狭い場合


注意点としては排卵前に行う事が必須です。

また両側の卵巣から排卵させることで妊娠率がさらに高くなります。


詳細は過去の人工授精の記事 も参考にして下さい。

AD

コメント(4)