ピエゾ ICSI

テーマ:

顕微授精(ICSI)には2種類方法があります。

一般的に行われている従来型の方法と、ピエゾICSIの2種類です。

今日はこのピエゾICSIについて取り上げたいと思います。


この2つの方法の違いは卵細胞膜の破り方にあります。

最近このピエゾICSIが注目を浴びており学会などでも発表が増えています。


昨年の生殖医学会、今年の哺乳動物卵子学会、受精着床学会にも演題がいくつかでていました。

そのなかで今年の受精着床学会の演題から一つを紹介します。

おち夢クリニック名古屋と県立広島大学からの発表です。


演題

Piezo-ICSIによる受精と胚発生(演題番号O-55)


目的

Piezo-ICSIはマウスや牛に広く用いられている。最近ヒト不妊治療においてもPiezo-ICSIによる顕微授精胞がとり入られつつある。本研究では当院におけるPiezo-ICSIによる受精と胚発生を従来の方法である吸引圧によって卵細胞膜を穿破するConventional-ICSIと比較検討した。


対象および方法

自然周期もしくはクロミフェン-rFSH-GnRHa周期による採卵を行いICSIを施行した。

Piezo-ICSI群176症例、226周期をPiezo群として

Conventional-ICSI群145症例、179周期を従来群として

この2群の受精率、良好胚盤胞発生率を比較した。


結果

従来群、ピエゾ群における正常受精率はそれぞれ73.5%、82.9%となり、Piezo群で有意に高くなった。また異常受精率はそれぞれ10.6%、5.4%となりPiezo群で有意に低くなった。良好胚盤胞発生率はそれぞれ32.6%、27.5%となり両群に有意な差は認められなかった。


考察

Piezo群における正常受精率は従来群と比較して有意に高くなり、また異常受精率は有意に低くなった。Piezo-ICSIはConventional-ICSIと異なり、細胞膜を伸展した後、吸引圧ではなく、Piezoパルスによって細胞膜を破り精子を注入するため、卵細胞膜の穿破時のトラブルは低下し、穿破は容易であった。さらに良好胚盤胞発生率は両群に差がなかった。このことよりPiezo-ICSIはConventional-ICSIと比較して同等もしくは上回る技術である事が示唆された。


この結果から言える事として

ピエゾICSIは今後ヒトにおいても有効な顕微授精の方法になる可能性があると言えます。今後の更なる検討を待ちたいところです。


AD

コメント(3)