木村和人、パパ木村、或いは、キムキムと呼ばれる男。

ほぼ三つの呼び名が存在しますが、ほぼ同一人物かと思います。

木村和人、パパ木村、或いは、キムキムと呼ばれる男。

$木村和人、パパ木村、或いは、キムキムと呼ばれる男。

関西在住のパーカッショニスト・木村和人のブログです。
プロフィール、ライブ情報。その他、お問い合わせは、
下記リンク先のウェブサイトへお寄せ下さいませ。
www.kazutokimura.com




テーマ:

金曜の夜に、呼ばれて飛び出てどうなりますか、何が起こるかわからない、ミラクルファンキーはいかがでしょうか? 本日3/16(金) 、谷町グラバー邸でライブでございます。 是非、お越しくださいませ。 Miracle Funky Band 名倉学Pf 井野アキヲGt 木村和人Perc グラバー邸 大阪 Tel.06-6768-5963 http://glover-jazz.com/ …からの、研修旅行中、アルバイトによる足し水だけの放置水槽はどうなったのか…?の画像でございます。 最大のメンテナンスは換水! …なのですが、通常、2〜3回/週、で行わねばなりませんが、3週間出来ませんでした。 生体の出すアンモニアは、2種のバクテリアにより、二段階の分解が行われますが、その最終段階に硝酸塩となります。 それが水槽内を占めて来ると、バランスが崩れて環境が悪くなる、と。 バランスが崩れると、生体が病気になったり、コケか蔓延したり、油膜が張ったり、色んな害悪が出るので、水槽に再会するのがドキドキでありました。 が! 生体も問題なくげんきでしたし、苔まみれになるような事もありませんでした。 良かった! 代わりに、出掛ける前に導入していた、リシアと言う浮き草が、巨大マリモのように爆殖しておりました。 元は一つまみの頂き物ですが、こんもり捨てる程であります。 ふふふ。 コイツらは硝酸塩を餌にしよる、と言うのがバッチリハマったわけであります。 で、増えすぎて下界を遮光していたので、大量廃棄。 また増えるのでええんです。 アクアライフも通常運転に戻ります。

Kazuto Kimuraさん(@kimpapa1976)がシェアした投稿 -


テーマ:

第17、18、そして、書いているのは19日目です。 研修旅行もスペインを発つ日になりました。 一昨日の朝ヘレスからマドリードへ。 4時間特急列車で降りたところは、大都会。 小さな田舎街からのギャップは中々大きく、大学受験でおのぼりし、新宿駅から出られず苦労した思い出がよぎりましたよ、大都会。 そして、ヘファ・みゆきに近場をスピード案内して頂き、蚤の市、スペイン広場(おんなじ名前のモノ多し)、おススメショップなどを行脚。 お宿は、ヘファの長年のお友達の経営するホステル・アルボルへ。 こちら、お客さんは日本人オンリーという場所で、私のような初心者には有難い場所でした。 そうそう、歩いてすぐにテアトロ街があり、ライオンキングが上演中だったのですが、着いた日はもう始まっていて、次の日は…月曜休演!! …そう言えば、そうでしたね…無念。 飛び立つ前の1日半は楽器屋巡りと観光は諦めました。 いささか、マドリードの時間は流れが早い(※個人の感想です)。 〜〜〜時は流れて。 現在、空港で時間つぶし中です。 行きは全て、姉さん方の金魚の糞と化しておりましたが、帰りは1人です。 それでも、これまたヘファのお友達が、空港バス乗り場まで送ってくださいました。ありがとうございました。 色んな方々のお世話になりながら、方向感覚と数字の感覚が絶対零度の私、帰路までたどり着きました。 ありがとうこざいました。 何とか、この旅を今後の演奏に活かすべく、精進して参ります。 ひとまず、このシリーズ終了です。 また、お目にかかれますよう、頑張りますm(_ _)m 追伸:こちらで購入したカホンは、ケースに入れると微妙に機内持ち込みサイズを超えるので、様々な策を弄しましたが、結局、ケースに入れて普通の状態にしたらすんなり、通ることができました。 謎。

Kazuto Kimuraさん(@kimpapa1976)がシェアした投稿 -


テーマ:

昨日は16日目。 研修旅行のメインは終え、劇場公演も食指が動かなかったので、食う、寝る、買い物のひになさささやさなやゆらる…←おっと、ボタン触りっぱなしで意識失いました(ただ今マドリードへ移動中、高速鉄道の中です)。 昼は会食があり、またバンデリージャ。 海鮮仕入たてとのことで、 メルルーサの卵、イカの焼きもん、ヒメジ同上、など。 からの、買い物と散歩は、別れを惜しみつつ石畳をてくてくと。 今日はサンミゲルを至近距離で撮っておこう…と思い近くにいったら、結婚式でした。 この時はピカリーンと晴れ間が出た時で、あぁ、良かったねー、と言う感じ。 晩は、最後にもういっぺん、以前行ったバルのタパス類が食べたくなり、毎回頼んだホルモン煮込みと、初サーディンと、隣のテーブルの「赤みの刺身?」的な見栄えのもの。 これは、マグロの燻製的なものでした。鮭とばみたいな感じで、もっと柔らかい。 う〜む、1日1タパで、この店のメニューを制覇したかったですが、全く達成ならず、心残りその1。 一旦、ああ、ダニエルはんとこ閉まる前に、硫黄臭い「タマゴ風味ポテチ」ゲットしとくべ。 と、引き返します。 このお店は部屋から1番近くの食料品店。 ちっさいお店ながら、肉野菜から生活必需品は取り敢えず何でもあるのでは? ほんで、ダニエルおっちゃんも奥さんも、娘や孫たちも、必要にして十分!の愛想の良さで、しかも、大変感じが良いのです。 木村、久しぶりに自撮りをしてみました! …から、再び散策。 夜はなんやかやと、人が集まっているスポットがあり、そのうちの1つが、初日にライブに乱入したお店。 いわゆる、自然発生的なやつですかね。 この時通るとセビジャーナス、帰りに通るとブレリアやってました。 さらに歩くと、通りがかったバルで、やおらパルマがまったので、なんじゃ?取り敢えずパルマで乱入。 すると、3人しか居ないお客が、1人増えただけでテンションが上がったのか、おばあちゃん立ち上がり一踊り。 ガッと盛り上がり、曲がひと段落したので、ほな又なー、言うて退店! 滞在5分、ビール一杯1€。びえん。 急いでいるのです。 タバコを買いたいのです(結局どっこも閉まってました)。 そんなこんなで、ウロウロしてたらあっという間に、22時を回り…。 帰ってもっかい(!)会食からの、気づいたらマドリー行きの電車です。 と、文頭へ戻りました。 オチなし、盛り上がりナシ、ループ有りですみません。 フライトまであと2晩、€は完全に底をついているので、サバイブ! 大の大人がサバイブ! いかに借金額を膨らませないか!! それが至上命題であります。 ではまた、お目にかかれますでしょうかm(_ _)m

Kazuto Kimuraさん(@kimpapa1976)がシェアした投稿 -


テーマ:

第15日目もやはり、どよーん、の天気。 雨が降ったりやんだりでしたが、合羽を2つも買ってしもうた私ですが、その後は、壊れた100均傘を復権。 ナイロンの雨除け?を使うようになりました。 結局、合羽は使用後の処理と持ち運びが面倒になり、傘は最早、意地でも買わない決意です。 お昼まで散歩したり練習したり…。 からの、前日に急遽決めたセビージャ行きです。 再び乗ったMDは、雨に滲んでレブリーハの、のどかな景色を水彩画に変えました。 さて、数日前にセビージャ最後の日を迎えたにもかかわらず、なぜ行くことにしたかと申しますと、前日にヘススより、「ミゲルとセビージャで演奏する」との言を得ておりまして…。 昨年、日本で寝食を共にした二人が、ここスペインで一緒に演奏する機会に出くわすとは、これは何かのお導き…てなもんです。 いやはや、満員の会場で、流石の演奏を見せる2人でありました。 からの、アフターアワーズにちょっといっぱい。 マンチェニートというチーズが美味いな〜、いうてたら、そこで知り合いになったおっちゃんが、 「ちょっと、付いて来い!」 言うて、ほっそ〜い小径のその奥へ、案内してくれました。 そこは、おばあちゃんのチーズ屋さん。 ヨーロッパの昔話の中に溶け込んだような錯覚を感じつつ、再び俗世へ。 ほっそ〜い小径と言えば、セビージャの旧市街は、外敵の侵入を阻むために道が入り組んでいるとか。 石畳だし、道路整備等、合理化を進めるには、膨大な予算が必要でしょうし、その網の目のような道には建物が隣接…というよりは、小径作るために建物を建てて土地を区切った…かのように見える網の目。 こりゃ、区画整理など、考えるのがイヤになりますよね。 そして、その建物の「隙間」を車も人もグイグイいくのです。 タクシーなどを利用すると、両側の窓のすぐ横が壁、という事も多く。 ボブスレー??という錯覚。 からの、0時からのエウヘニオとエミリオの出ているファン・オガジャの公演へ。 カンテ三人衆はカディス出身という事で、アレグリアスのロングバージョンがこゆ〜く、楽しく、ええ感じでした。 ふぁ〜、久々のハシゴと深酒で、本日身体もどよ〜んと、しております。 今日は3回目の何も予定のない日にして、ヘレス最後の日。 明日、明後日と、マドリードにてフライトを待ちます。 なんとか、ヘレス滞在中は行動記録を継続できました。 いささか、ネタ切れ&飽きてきたので(悪い癖)、帰国まで継続出来るのか?…というところであります。 それでは、また、お目にかかればますように…(うわ〜、土砂降りだした)。

Kazuto Kimuraさん(@kimpapa1976)がシェアした投稿 -


テーマ:

第14日目、毎日こんな天気ですね…のサン・ミゲル。 昨日の予定は21時からのチョロの劇場公演観戦のみです。 再三書いておりますように、研修旅行1番の目論見は、なんとか果たすことができました。 そんなわけで、甚だ寂しい€現ナマになってきてるにもかかわらず、うまいもん食いに出かけました。 どーにも、ここのメシが合います。 あ、でも、自己弁護もしときますが、メシの前後2時間ずつ、練習や音源整理などもやりましたよ! そして、迎えた公演は…素晴らしかったです。 すんごい、演出と構成とそれを可能にする演者のスキル。 また、それと完璧に連動する音と照明。 こういった公演は1〜3ヶ月前から、もう合わせが始まって、稽古しまくると聞きました。 音響さんと照明さんは、どのタイミングで、どの程度の頻度で関わってるのでしょうか? 同劇場では連日別々の公演が行われているわけで…。 いやはや、すんごかった。 さてさて、話は変わりますが、私の投稿には極端に「人物」が写っていないのにお気づきでしょうか? 私は数日前に気づきました。 どうも、人にカメラを向けるのが苦手なんすよねー。 家人達の写真も、一般家庭に比べると、随分少ないと思われます。 すまぬ… そんななか、昨日はベッキーさんがナイス、スナップ写真を撮影してくれていたので、久々に人物写真もあります。 久しぶり〜、の抱擁ですね。 ありがとうございます。 …と、興奮覚めやらぬまま、今日も特に予定ありませぬが、練習、音源確認等々しつつ…、あら不思議、もっかいだけセビージャ行ってきます! ではまた、お目にかかれますように…。

Kazuto Kimuraさん(@kimpapa1976)がシェアした投稿 -


テーマ:

本日は、第13日目でした。 昨日に、この研修旅行の第一の目的は終了しておりますので、タスクはナノレベルです。 そして、€もそろそろ…(ニヤリ)、危険水域に入ろうかというところ。 ですが、タスクが無くなったからといっても、フライトまでは帰れぬ身の上でありますので、大人しく部屋にて事務的な作業をしようかと思っていたところ…圧倒的に晴れました。 滞在中の8割は雨風を気にしながらの行動でしたから、大手を振って外に出たい衝動にかられ、旅は道連れ世は情け、隣室のバイラオーラお二人とカディスへ。 一昨日のセビージャ大聖堂に魅了された私は、ここカディスの大聖堂も是非見ておきたい。 そんなわけで、即入館。 地下は墓地になっていましたが、流石に墓地を写真に収める勇気はありませんでした。 こちら、建造に1世紀以上かかってるとのことですが、悲しいかな潮風による傷みは慢性的なようで、補修の跡や補修中の箇所もありました。 それにしてもでかい。 この手の建造物@スペインは、サイズ感がふた周りほど大き目に作るのがセオリーなのでしょうか。 写真のアングルが同じになってしまいます。 からの、中央市場。 残念!時間が遅すぎました。 9割がたの商店が閉店。 からの、海の幸。 ウナギの稚魚のアヒージョと、パエジャを。 風土、食事を知ることもまた、民族音楽をやるには大事…、というよく聴くフレーズを初実行するチャンスでもあるのです…という名のもとに、残り€も気にしない(うそ)。 その心はいかに? 数時間の滞在中に飯食ったくらいで、んなわけありませんな。 そんなに簡単なわけない。 ただ、行為自体はゼロではないので、帰ってアレグリアスやタンギージョ・デ・カディスを演奏する時に、駅に降り立った時の潮の香りでも思い出せると、また違う雰囲気を醸せるかもな、…という、淡い期待は捨てずにおきましょう。 …残念! 海を見る頃には曇天。 それでも、この海の向こうにアフリカ大陸があるのですね…と、なかなか感慨深いものがあります。 何が? と思わないでください。 人類の発祥は一人のアフリカ人女性であります。 …と、穏やかな?1日となりましたが、万歩計によると、本日の行脚は13300歩、9.7キロ、とのことでした。 感覚としては毎日このくらい歩いてる気はするので、なかなか健康的でありまして、お腹も随分スッキリしたように思います。 では、軽口が過ぎるようですので、本日はこの辺で。 また、お目にかかれますようにm(_ _)m

Kazuto Kimuraさん(@kimpapa1976)がシェアした投稿 -


テーマ:

昨日は第12日目でした。 この研修旅行も、この日をもってその目的を果たしたと言っても過言ではありません。 タスクは、 ・ラモン ポリーナのレッスン最終回。 ・…に絡めて、こちらの楽器屋を攻めてみようかな?の2点。 ちょうど良い位置関係に、結構大きめの打楽器専門店があるみたいなのです。 というわけで、店内を見る時間と移動時間を換算した分を早めて出発。 もちろん切符は昨日のうちに買ってあります。 MD(中距離列車)は、前もって買っておかないと売り切れることがあるとのこと。 私は毎回時間の変更をしまくってるのですが、NGが出たことはありませんので、「何らかの」シーズンによっては、そう言う事が起こるのかな?と予想。 (ここで、後ろの座席のお子ちゃまが、綺麗なソプラノで歌い出しました。 第三者が出す「音」に寛容な国であります。あ、例によって帰りの電車で書いております) それから、MDは全席指定ですが、現場はかなりざっくりしております。 検札のおっちゃん&おばちゃん達も、切符を見るだけの人、ボールペンでチェックする人、切符を所持してるのがわかった段階でOKしてしまう人(内容は見てない)、様々なスタイルがありました。 と言うのも、 「その席に、その席の切符を持った人が乗っているとは限らない」からです。 どう言うことか。 三人のグループがあるとします。 せっかくのボックス(ボックス席がちらほら有ります)4人席なのに、通路を挟んで横に三人の切符を買ったとします。 すると、通路の向こうに1人になってしまった人は、間違いなくボックスシートの対面に座ります。 で、後から来た、その席と適合する切符を持った人が現れて、 「そこ、私の席やねんけど」 と言うには言いはしますが、 結局、 「ま、ええよ、こっち座るわ」 となります。 ある時は、私が座ろうとしたら、その席に女子高生?が並んで2人座ってる時がありました。 「そこ、僕の席やねんけど…」 と言うと、1人は退きましたが、もう1人は勉強道具を豪快に店開きしていたので、 「いっそ、そっち座って?その方が良いと思うの」 と、逆の立場から提案されることもありました。 ま、座れたらええわ。 と、言いなりになりましたけどね。 今日は、本来は僕の席(何故か適当に買うと4名ボックスシートである不思議)であるはずのところに先客が。 おっちゃん1人とおばちゃん2人のグループのうちの1人です。 随分慣れた私は、一応「その席…」と言いかけましたが、「ま、ええですわ」と、空いたところに座りました。 すると、更に後から乗って来たおばちゃんが私に、「そこは私の席!」と。 あれ? 席が足りない…。 三人のうち2人が移動して来てるんですね。 さすがに、こうなると席が足らないので、めいめい、すごすごと自分の席に戻るしかないです。 まあまあ、押しの強いおばちゃんだったし。 いずれにせよおおらかです。 ゆえに、検札も券買ってるんやったらええか…くらいになるんでしょうかね。 で、大らかといえば、前述したように 「音」に寛容ですね。 静か〜な住宅街の小径を歩いていると、すごい音量で音楽をかけている家の横を通り過ぎました。 地下鉄の車内のお喋りの声。 電車の中でマナーモードにしない人も普通だし、電話してる人だっています。 上記2点について、録音ではアップしようがないので、録画してみました。 ゆえに、画は面白くないですが、音の質感は分かって頂けるのではないかと思います。 あ、楽器屋さんに行った話。 まず、とんでもない交通量の、そうですね、感じとしては高速道路のインターチェンジを、 徒歩で渡れ!! と、Google先生は言います。 どうも車道を案内しているようだが、これは無理やで…と途方にくれました。 迂回できるような距離ではなさう。 手前から、3車線、ロータリー2つ、その先に4車線?といった具合。 でも、どうしても此処を越えないと目的地には着かない。 人通りも少なく、やっと見つけたおっちゃんに、説明すると、 俺もそっち行くから(多分嘘。チラチラ時計見ながら歩いてました。ありがとう!!おっちゃん!)付いて来い! とのこと。 ふぇ〜、車道の横にチョロっとある、作業員用の歩道(と説明してくれました)を通りました。 Google先生…疑ってごめん。 でも、その入り口は、僕ら日本人の感覚では絶対に見つけられないよ…。 ようやく楽器店へ。 カホンはスペインのメーカーのものがふんだんに在庫されていましたが、そのほかのパーカッション類は、日本の量販店とラインナップは変わらなかったです。 ドラム関連が充実してました。 で、そもそも、何か買う目的があったわけではないので、 「中古品は無いの?」 「無いです〜」 の会話で終了。 店を後にしました。 そして、レッスン最終回。 ほんまに純粋で、偉ぶることはなく、友達のように接してくれる人でした。 また、お会いできますように!! さて、そろそろヘレス着。 毎回、レブリーハ とウトレーラを通るのですが、この地を散歩してみたい気がしてます。 あとは、余裕があればカディス。 しかし、冒頭に述べましたように、旅の目的は達成されたわけですし、日本

Kazuto Kimuraさん(@kimpapa1976)がシェアした投稿 -


テーマ:

幾重にも連なる雨雲を、抜けて、入ってセビージャへ。 MD(中距離列車)は進んでいきます。 今日は第11日目です(3/5の帰りの電車で書いてます) 今朝、昨日分をアップしなかったので、日時感覚がバラバラになるかもです。 すみません。 それはなぜかと申しますと、 レッスンが遅い時間に変更になったのですが、駅まで切符を変更しに行って(片道20分)、一旦帰って、また出直して…と言うのが、ちょっと…。 そんなわけで、朝の電車でセビージャへ(あ、フラメンコやってない方には、ひょっとして「セビリア」の方が馴染み深いですかね)。 雨も降ったり止んたりだし、止んでるこのタイミングを逃すのも勿体ない気がしまして。 すると、MDのいく先には、ピーカンの晴れと、ザーザーの雨と、そこそこ短いスパンです。 それが冒頭の一文になるわけですが、 「ひょっとして、今日は雨が降っても、すぐ晴れるんではない?」 と言う予想のもと、時間の潰し方をかんがえました。 戦法は、ヒットアンドアウェイ。 得物は、日本の足。 行路は、いつもの乗り換え駅から地下鉄に乗り換えずに、観光スポットを巡りながら、先の先の駅までワープする道順。 と言うわけで、画像をお楽しみください。 まずは、 スペイン広場(広場は閉鎖も、建物は入れました)。 かなり広大な敷地ですね。 でかい。 天井の模様まで美しくてびっくり。 ぐるっと回って、はたと振り向くと、何やら都市ごとの地図と宗教画的な壁画がありました。 なんだろう、国王の版図拡大絵巻みたいなものかな?? (なんせ、電車の中で急に決めた観光地巡りなので、予備知識ゼロです。ゆえに、憶測ばかりが幅を利かせますがご勘弁を。) 都合3往復はしましたかね。 ここで、ヒットアンドアウェイ戦法について説明しましょう。 要は雨が降ったら、旧跡やバルに避難し、上がったら動く…という戦法です。 で、強烈な風きました。 続いて雨強目に!! からの! 金の塔 Torre de Oro に避難。 こちらは、NHKラジオ「毎日スペイン語」で、セビージャ行くなら、ここは見た方が良い。 と言われた場所です。 ネーミングから、 「ドバイにありそうな金ピカの塔」 と、勝手に想像していたのですが、そんなことはなく、なんでしょう、軍事に使った…みたいな感じのことが書いてあるような…気がしましたよ。 (今調べたら、13世紀にアラブ統治時代に建てられた塔で、当時はタイル張りでピッカピカに光って見えたとの事です。あながち、ドバイ…もハズレではありませんでしたね。) からの! 外に出たらピーカン! 予感的中! 雨はあがって、メシ食いますか。 ふらりと立ち寄り、いつものタパ攻撃であります。 豚のウイスキー煮と、牛の尻尾の煮込み、オマケのパンもええ感じの量で、味は満点、量8点。 ちょうどええっす。 からの! アルカサル…と思って入ったら、大聖堂だった…の巻。 デカイ。 とんでもなくデカイ。 「壮麗」という言葉を、初めて実感しながら使った次第。 こちらの方々は、皆信心深いですが、こんな大聖堂があったら、気持ちも分かります。 信心深さが先なのか、こういった建造物なりなんなりが先なのか、そんな事を考えしまいます。 からの! 本日のレッスン会場へ。 今日は再びラモンのお宅でございます。 我ながら、「ヒットアンドアウェイ戦法」と「ワープ航法」がビチッとハマり、大満足の段取りでした。 今日はラモンのカホンを借りるので、身軽だし。 そして、前日やり取りしていた、我らがマエストロにして、伝説の酔っ払い、ミゲル イグレシアスと待ち合わせして皆で食事。 ここでは、鳥、豚、牛、と攻め、何とも肉肉しい1日でありました。 えらい飲んだし、ぼらちょ、ぼらちょ(酔っ払い)で、ソファでしばらく寝てしもうた…そんな夜。 …と、更新日程を取り戻すべく、駆け足で書いたので、少し乱れておりますがご容赦ください。 今日は、ラモン ポリーナのレッスン最終日であります。 実のところ、ノープランでリズム探求の旅に出てきたわけでありますが、沢山の方々のおかげでなんとか、1つ目的を果たしつつあります。 ありがとうございます。 それではまた、お目にかかれますように m(_ _)m

Kazuto Kimuraさん(@kimpapa1976)がシェアした投稿 -

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。