アオリイカ

テーマ:

先週の土曜に、久しぶりにアオリイカのみを狙った釣りに行ってきました。


お店で今年の傾向なんかを聞き、ラインやリーダーやエギなんかを一通りそろえ6,000円オーバーの出費。釣らないわけにはいきません。

初めてイカ釣りを始めたころは、笹川流れに通ってそこそこ釣果もあったのですが、年々エギング人口は増えて今では笹川流れでも釣れなくなってしまった。・・・釣れるのは上手な人のみということです。

馬下の堤防はイカより人の方が多いんじゃない?って感じになってしまった。ここ2年くらいそんな感じだったからイカ釣りの道具は持っていてもほとんどエギングはしませんでした。(エギロッドはむしろサワラ釣りのワインドで重宝)


釣りはじめた時間は6時くらいと割と遅めでしたが、まわりにはチヌ狙いの人が2人程度で、イカ釣りの人は見当たらず。さる情報筋から仕入れた情報によれば2~3時間くらいで9ハイは釣れた場所とのこと。

アオリイカの刺身は甘みが違います。夕飯の刺身をイメージしつつ3号のエギ(ちょっとお高めの)でキャスティング開始。オレンジやピンクのエギしか使ってこなかったけど、マジで生き物が泳いでるように見える。色が違うだけでこうも様子が変わるんだなとビビる。

4~5投くらいした際に微妙なアタリ発生。結構重いけどイカ特有のアタリではない。丁寧に上げてみると胴長10cm超えのイカが足一本でぶら下がっていた。取りこぼさないように慎重に慎重に取り込む。あっぶねー(汗)


でも数年ぶりのアオリイカゲットにアドレナリン噴出ですよ。

それから数回なげて、昔買ったオレンジ系の3号エギに交換。ところが1投目からリーダーの結び目から切れてエギロスト(泣)

ラインの状態は良く確認しないとだなと改めて痛感。とくにエギングはシャクってナンボの釣りのため、ライントラブルに陥りやすい。そのあたりも含め注意しながらやらないとライントラブルとの格闘で終わる釣行なんてことになる。


気を取り直して、同じく昔買った2号くらいのヘンな色のエギをキャスティング。何回かキャストする中でまたまた1ハイゲット。シャクり方に自信もなく道具にも金を掛けられないオイラとしてはどうしても他の人と比べて釣れない。実際今年の笹川流れでも、となりの人は次々に揚げているのに、オイラには全くアタリすらないような悪夢が今日はウソのようですよ。


その後またエギを元のものに戻し、結構大きなアタリがありましたが目の前で墨吐いて逃げられ、日も高くなってきたので自分の腹ごしらえをして、追加で2ハイ、合計4ハイお持ち帰りができました。


また今度行ってこよう。道具代の元は取らないとね。



AD