東港

テーマ:

あいかわらずサワラが釣れています。


先日の釣りからジギングではなくワインドを試しているわけですが、今日はジグも結構釣れていたみたいだ。むしろ午前中は、オイラのマナティにはアタリがなく、お隣のジギングで釣れていた。人によってはジグとワインドを使い分けている人もいました。


本日は朝6:00くらいから釣りはじめましたが、AMの釣果はマルタと思われる魚が腹に引っかかって釣れたくらいでイマイチぱっとしない。正午過ぎにようやくサワラが一本あがりました。マナティは確かに活性が高いみたいで、はじめのサワラはホントに足元で掛かる瞬間を上からみてました。3匹で回遊中に一匹目でアタックされましたが針かからず、2匹目も同様にタックルのみ、3匹目でヒットというドラマを、真上から見ながらのヒットはかなり燃えます。


14時くらいには帰ろうかなと考えていましたが、ここから爆釣タイム突入。ワインドだろうがジグだろうが面白いように掛かる。投げるマナティはことごとくアタックされ、1時間の間で肉片と化したマナティを2回も交換し、3尾のサワラを追加でゲットしました。1尾釣れるごとに処理しながらだったので数釣りはできませんでしたが、15:00撤収時でもまだバンバン釣れていました。釣った魚は食う派なので、4匹のサワラをゲットした段階でオイラの釣りは終わります。それ以上は食いきれないのと、余計な荷物になってしまうからです。入れ食いに近い釣れ方だったので午前のイライラ感はいずこへ、って感じで楽しかったですねぇ。特にリールのドラグをユルユルにしているので、ジージー!と派手にラインが出る。普通にバスロッドで抜きあげられるんだけど、サワラの重さでラインが出てしまうので巻きながら取り込み。そんなことしてるとホントに大物と格闘した感があって楽しい。


また来週もこようかな。天気よければ。



かずぽんの仕組み
一番大きかったサワラ(たぶん60cmくらい)は、この写真撮影時には既に貰われていきました。マルタと思われる魚でおよそ30cmくらいです。


そういえば、向こう岸の西突堤にも結構人が入ってたな。たしか西突堤は閉鎖されたって聞いてたんだけどチャリが使えるなら西突堤の方が混まなくていいんだけどなぁ。実際のところ今どうなってるんだろう。



AD

3連休最終日

テーマ:

先月の代休を今日いただいていましてこの休みは3連休です。


一日目は、バイオハザード5を買ってきてゲームの日に。チェーンソーもったボスみたいなヤツに瞬殺される。今回からハードがPS3になったおかげで残酷な描写がリアルに表現されている。それゆえか17歳以上対象みたいな表記もある。とりあえずチェーンソーが怖いのでしばらくやらない方向に。


2日目は釣りモード。AMから本間釣具でサワラの情報収集と新しい釣り方のヒアリングに。

今まではメタルジグと呼ばれるルアーを遠投してただ巻くだけ、というものでしたが、最近ハヤリのワインド釣法というものを試そうと思っていました。これだとデカイサワラがかかる可能性もあるとのことで、午後から東港北堤防へGO。ところがサカナより人が多い状態でしかも風が強くて軽い新ルアーでは全然飛ばない。しかたないので従来のメタルジグで遠投してましたが、やっぱりダメみたいでした。そこで実際にワインド釣法をやっている人の投げかた何かを見てみることに。投げたあとシャクることでルアーに動きを与えてアピールするこの釣りでは、シャクりかた何かも重要な要素。その辺もあわせて見学させてもらうことに。たしかにジギングよりワインダーは釣れている。そんなワインダーはどのくらい遠投するのかと思いきや、ほとんど目の前で着水。ジギングの3分の1も飛んでないんじゃない?くらいの距離。こんなんでいけるんだ。

次にシャクりかたは、ジギングで少しシャクりながら巻く人がいますが、あれを派手にやる感じでうまい具合にジグザグに動いてくれました。そんな見学と練習で1日終わり、残念ながら釣果はなし。明日の平日に掛ける。


そんでもって本日3日目。

読みが甘かった・・・。むしろ昨日より人はいっているし・・・。人どころではなくボートも多数湾内に入っていました。

昨日に比べ風がなく波もなくベタナギ。釣りやすい気候ではあるが、一般にはこういったベタナギは釣れにくいとされる。印象としては昨日に比べジギングが多い感じがしました。とりあえず両サイドをジギングな人に挟まれ、弟の部屋から拝借したシャクり易かったバスロッドに新ルアーをつけて投げる。ホントにこのやり方でいいのかなぁと半信半疑でシャクりながらルアーに動きを与えて巻いていく。するとゴンッと何かに引っかかったようなサワラ特有のアタリが発生。ジギングの人とは投げるポイントが違うのでオマツリすることもなく、一生懸命遠投しているそばで久々のタモ出陣で取り込み。ジギングの人たちを尻目になんとなく優越感に浸る。その後も数回目でまたヒット。でもさっきのも今回のも予想を下回るいつもと変わらん50cmクラス。話では80cm超えるのも釣れるって聞いてたんだけど。いやでも確かにこの釣り方でいけるんだと自信を持ち、場所を変えてまたもう一本ゲット。これも60cmくらいだ。

今日は9:00くらいから釣り始めてたんだけど、シャクりまくるこの釣り方は手首にダメージが来る。さすがにこれ以上釣っても食いきれないので、12:00くらいに撤収。3時間で3匹はまずまずの釣果と言っていいだろう。今日は昨日と違い数釣りしている人はいなかったからオイラは釣れている方だった。


オイラは釣り上げたサワラは、いつも即効で〆て血抜きをする。小さい子供や優しい女子には見せられない残酷な光景である。たしかに最初の頃は抵抗があった。基本的に釣った魚は食う派なので、変に生殺しにしたり、死んだまま何も処理せずに放置するのはサワラの味を落としてしまうことになるのだ。最低限血抜きはサワラを美味しく食べるには必須なわけだが、今回は腹を割いて内臓も取り除いた。去年サワラのシーズンが終わってから知ったことなのだが、サワラにはサバと同じ寄生虫がいることがあって、それは主に内臓に住んでて宿主が死ぬと宿主の筋肉に移動するという習性を知ったからである。今までは血抜きだけだったので刺身で食うのはかなりヤバイことだったことになる。幸い食中毒の事故は今まで発生しなかったが、それを知ったからには面倒でも現地で内臓も寄生虫ごと除去したほうが良い。寄生虫は目に見えるくらいの大きさで白い感じだったと思う。


明日からまた仕事だが、随分リフレッシュになったと思う。ストレス発散は外で遊ぶのが一番だね。