昨日はバカバカしいニュースを取り上げましたが、今日は悲しい事件。


痴呆症の奥さんの看病に疲れ、奥さんを殺害。その後自殺を図るも死に切れず警察に自首。これだけでも悲しいニュースですが、近親者が厳罰を望まなかったこともあり情状酌量ということで殺人事件では異例の執行猶予がつく。その執行猶予期間中に自殺してしまったおじいさんの記事を見ました。


きっとおじいさんは、ものすごく責任感が強かったんだろうね。

痴呆症の奥さんの看病って、うちらには理解しがたいキツイことがたくさんあっただろう。それを全部一人で抱えて最後は自らの手で命を絶つ。どんなにキツイことがあったとしても自ら命を絶ったり奥さんといえど他人の命を絶ったりするのは間違いではある。


しかし、昨今の身勝手で理不尽な殺人事件に比べよっぽど人間らしいと思いませんか?


おじいさんの自責の念は察するに余りあります。

看病の辛さに耐えられず最愛の奥さんを殺してしまったこと。それを思うと本当に悲しい気分になる。

これからどんどん高齢化社会が進んで、こういった悲劇は増えてくるでしょう。こういった悲劇を見て何を感じますか?自分の行動をどう改めますか?一個人でどうこうなる問題ではないけど、今を生きるうちらがこういった事件とどう向き合うかが大事だと思う。


この事件は自らの命を含め、命を粗末にするような人にこそ知ってもらいたい。

AD

ゲームするのも命がけ

テーマ:

たまたま見た某サイトのトピックスで、3人で一番最初に寝た人に火をつけるゲームというわけのわからんものをやって、大やけどさせた2人の高校生が逮捕という記事が出てた。


これって誰が犯人でもおかしくないよね。たまたま被害者の人が先に寝てしまったから火を付けられたわけだけど、ほかの人が先に寝たらその人が被害者になったわけだ。普通殺人や傷害事件と言ったら、恨みだとか動機があるもんだけど、こういったケースはバカバカしいと言うか、救いようがないなと思ったよ。


こういったケースがあると、真っ先に「テレビゲームが普及して、なんでもかんでもリセットでもとに戻る」的な心理があると良く言われるけど、ゲーム好きな1ゲーマーとしては全く迷惑な話。ゲームと現実の違いがわからないなんてことホントにあるのか?僕はテレビゲームが原因なんじゃなくて、やっぱり現状の教育に問題があると思うね。学校教育というよりむしろ家庭内教育。命の重さ・人の痛みなど基本的な部分は親が教えないといけないと思う。といってもテレビゲームや自分の興味があるほうにしか目がいかない子供たちを親のペースに持っていくのは難しいと思う。難しいだろうけど子供と同じ目線に立つことで色々見えてくるんじゃないかと。


というのも最近、託児所がある会社で保父さんの仕事ぶりを見る機会があって、子供の目線にたって子供のペースに見えつつでも主導権はしっかり保父さんが握っているという感じの風景に出会ったのでちょっと刺激を受けました。ああいった教育はすごく大事だと思います。ただ現状の日本では難しいのか。共働きの家庭が多くなり核家族化が進んだ結果、こういった教育をするには難しい社会になっていると感じます。もっともっと職場に託児所があってもいいと思う。保育園や幼稚園よりもいいかもよ。

昨日は

テーマ:

天気良かったっすね。


おとといの夜、ぽそっと「明日天気が良さそうだから、釣りに行こうかな~。」とか、親の前で話したら猛反対されました(T_T)へぇへぇ、わかってますよ~。波にさらわれて死にたくないもんね。


昨日プレステ2のゲーム、新鬼武者を買って来ました。

まだシステムに慣れないので楽しみきっていない状態ですが、セーブすると「1週目」とか出てるから、何週でも出来ちゃうんだろうね。強いままスタートとかできるんだと思う。松田○作さんは、柳生のおっしょさんになっているらしいことが判明。金○武さんはやっぱあの人なのかな~(意味深)

それにしても超易モードでやったら簡単すぎるズラ。でも2枚組みDVDのまだまだ1枚目。一通り中身を確認したあと普通モードでやろうと思います。結局夜中の2時30分くらいまでやってまして睡眠時間3時間(汗)


ゲームばっかしてないで現実世界で遊ばないと(笑)

ライブドアオート

テーマ:

新潟でもホリエモンのCMが流れていたから、どこかにはあるんだろうと思ったけど先日発見しました。ライブドアオート。黒埼インターを白根方面に向かって三国を過ぎたあたりかな。Ford新潟の手前左側にあります。


ホリエモン逮捕でこの先どうなるのかわかりませんが、生ライブドアを見た気分。

ソウウツ?

テーマ:

なんだか、ここ2日くらい浮き沈みが激しいな。

ぱたっとやる気が途切れてポケーっとしてみたり、突然バリバリ仕事しだしたりと。

うーん、なんだろね。


特別悩みがあるわけでもなく、仕事が暇なわけでもなく、お客や上司に怒られたわけでもない。むしろお客には感謝すらされているんだが。

もしかしたら風邪の引きはじめなのか?ちょっとテンション高めていきましょ。こういう時はじっとしてたら駄目。どんどん動いて気を紛らわせよう。

凍りつく

テーマ:

毎週月曜日は早朝からミーティングがあるため、7時30分くらいには会社に着いていないといけません。

実際のミーティングは45分からだけど、多少は準備があるから。


今日朝起きてビックリ。外はまた真っ白になっていました。な、なんですと!

積雪時の出勤時間は20分は早く出ないと間に合いません。そこから考えると遅刻確定な時間に起きてしまいました。支度を整えクルマを見るとまたビックリ。一応屋根つきの駐車スペースにあるファンカーゴが真っ白になってました。急遽やかんでお湯ぶっかけ作戦開始。お湯をケチりながらフロントガラスにかけていったら、溶けたそばから凍っていく・・・。さすが氷点下の世界。


ひさびさに高速道路使いました(泣)

塩沢までドライブです。

テーマ:

今日は毎月の会議の日で出社しております。


しかし急遽入ったクレーム対応で塩沢に行くことになりました。回りからは散々「会議サボってスキー行くんだろ?」とか言われてます。天気もいいしできたらそうしたい(爆)

さて午前中に現場着なので会議組(朝9:00から長岡でスタート)と違ってゆっくりマッタりブログの更新なんかしちゃったりして(笑)ヒーター点いてないから寒いけど。


昨日は1日中デスクワークしてました。机上のお仕事ということですね。

たまりに溜まった報告書入力をしたり、お客のPCを初期化したり、ばらしたりetc

夏休みの宿題を8月30日と31日で全部終わらせる感覚と似ています。先日の連休といい、今週の平日といい、某会社の親子喧嘩に水を差されまくってますが、今日みたいに天気が良いと気分も晴れますね。


冬場は危険なので海釣りはしませんが、いつも釣り道具を買っている本間釣具さんのHPを見ると、釣果情報とかで堤防で釣りしてる人がいるんだねぇ。楽しそうだけど寒いの嫌だしな。だってだって寒いのに冷え切った海を泳いでる魚たちとのバトルだよ。うんうん、オレには無理(←一生懸命自制してる?)


釣りが趣味の人は多いので、初心者にもわかりやすい構成のHPなんかもたくさんあります。

魚の締め方や釣り糸の結び方、いろんな形のリールの長所短所などなど。

去年から釣りを本格的に始めて、ひとりで毎週のように釣りに出かけられるようになったのも、いろんなサイト様のおかげでございます。


早く暖かくならないかな~。でもその前にスキーも行かなくては!

今年の運勢

テーマ:

先日うちの母が大笑いしてました。


何が可笑しかったかというと、ちょうどラジオで占いのコーナーがあって、オイラの星座「みずがめ座」の今年の運勢を聞いて笑ってたらしい。


今年は「魚と関係が深い年になるでしょう!」だって(笑)


今年も釣り三昧ということだな。

ライブドアさんの粉飾決算だか、不正に株価を吊り上げただかのニュースが今世間を賑わしてるようですね。おかげ様でインターネット・IT関連株が暴落しています。まあ新潟の中小企業の当社には影響はないと思われますが。


フジテレビとのバトルで頻繁にホリエモンさんをテレビで見かけるようになりましたが、今回のニュースが事実であるなら失望してしまいます。前からあまり好きなタイプではないですが、それでもあの若さでライブドアをあそこまで大きく、言ってしまえばフジテレビとバトルが出来てしまうまで成長した会社の社長です。そういった意味では尊敬に値すると思っていました。


あれだけテレビに出ていれば知名度はそうとうなもの。

ホリエモンさんを世間で知らない人はいないでしょう。テレビに出すぎなんだよな。

宮内さんの辞任云々より、まず自分の進退を考えるべきじゃないでしょうか。


開店、開店~、とクルクル回ってる場合じゃありませんよ。もっと足元見ましょう。



ちょびっと

テーマ:

夕方から仕事してきました。土曜の仕事の続きだったわけですが。


生きて社会生活を送る以上、どうしても他人との摩擦は避けられないものですが、それでも争いごとはあまりいい気分ではありません。


小学生のころ、すぐに風邪を引いたり喘息を患っていたこともあって、運動は得意ではなかったし、走るのもいつもビリ。でも負けず嫌いなところがあって、その気持ちは自分を鍛えて力を付けたいという方向より、自分は駄目な人間なんだというマイナス思考へと傾いて行ってました。喧嘩も良くしましたがいつも負けてばっかりだったな。


しかしあるとき、自分より体力がありそうで体格も良い人を喧嘩で負かせてしまったことがありました。

普段負けることに慣れていた自分は、「にげる」とか「泣く」という自分の中での喧嘩の後処理が大体決まってたわけだったのですが、勝ってしまったあとどう後処理したら良いのか解りませんでした。小学校も高学年になるにつれて喘息の発作もおさまり、剣道を少しかじったこともあって体力も付いてきていた結果だったのですが、勝ってしまった自分は誇らしいというより、困惑してしまったのでした。


「勝っても気分のいいもんじゃないな。」


それが喧嘩ではじめて勝った時に僕が感じた素直な気持ち。

負けず嫌いだから、いつか仕返ししてやる!なんて心に誓ったとしても、勝っても全然喜べないんだよな。

他人と喧嘩してもそんななのに、親子間で裁判沙汰の喧嘩するってどうなんだろ。

誰に聞いたって「平和は大事」なんて言うくせに、自分の利害で親子間であっても争いをなくすことが出来ない人間ってどうなんだろね。形だけ取り繕うんじゃなくて、どうやったらみんな仲良く暮らせるようになるのかね。


そもそも、勝ち負けってなんだ?