過去の競技に客観的に実績が認められていれば申し分ない。コーチの必須条件はアジア圏ならWPA(World Pool-Billiard Association)やAPBU(Asian Pocket Billiard Union)に関する知識と競技規定が完全に理解されていること。人間関係を良好にできる人。説得力も必要。もちろん語学は最低条件。

 

気になる報酬は就任する国の水準が基盤となるだろう。もし、あなたが後進国から要請された場合、その国の経済レベルで査定されることを忘れないように。もし月1,000ドルと提示されて受理するか?しいないか?は、あなた次第。その国で1,000ドルは高給に値する金額だ。先進国や中東では5,000ドルやそれ以上になるかもしれない。

 

 

ブルネイ/ナショナルメンバー

 

私は最近、モルディブとシンガポールからコーチの紹介を依頼されたが給料は日本人には低すぎる額であったがフィリピン人は興味をもった。2年ほど前に香港がヘッドコーチを探していたが年収が年1,300~1,500万円だった。この一般公募にパスしたのは香港人だった。言葉の点で中国語と英語の堪能な条件を重視されたようだ。興味のある人は、それぞれのビリヤード連盟や協会のホームページにアクセスを続けることだろう。

 

- to be continued -

AD