映画との旅

映画ファンになってはや18年・・・自分の人生はまさに
映画との旅だ!という事で映画の感想をたっぷり載せていきます!

現在映画感想2597載せてます!




洋画、邦画、アニメ、ドキュメンタリー・・映画なら何でも観たくなる!!


my life without movie
↑映画感想以外の事を綴って行こうとするブログでございます。不定期更新ですが、よかったらこっちものぞいてやってください~。
NEW !
テーマ:
ブリジット・ジョーンズの日記 [DVD](鑑賞:2017 7・17 DVDにて)

監督:シャロン・マグアイア
出演:レネー・セルウィガー、コリン・ファース、ヒュー・グラント、他
ストーリー:ロンドンの出版社に勤める独身女性ブリジットはダイエットと恋愛に夢中の32歳。正月の新年パーティーでバツイチの弁護士マークに会うが、彼に悪口を言われてめげてしまう。性格を立て直すために日記をつけ始めた彼女は出版記念パーティーで上司ダニエルと急接近するのだが・・・

日本を含む世界各国でベストセラーとなったヘレン・フィールディングの同名小説を映画化したラブコメディ。

(2001 米) 1時間37分

ブリジットに感情移入する人多し (良作)

昨年、シリーズの第三弾が公開され、話題となってましたよね。レネーも好きな女優さんなのでってわけで、今回シリーズを一気に観てみようと思いました。以前にも一度観てましたが、今回もまた復習の意味をこめて。レネーは今作の演技でオスカーにノミネートもされてますが、このために5キロ増量したようです。流れてくる音楽に男のいない自分の寂しさから感情移入して口パク熱唱するシーンは有名ですが、そこからダニエルと恋しても、やはり浮気してるんじゃないか、とか気になってしまう。

もう男なんて!恋愛なんて!という生き方で、仕事に燃えても失敗ばかり・・という意味で、今回のレネーはどこまでも捨て身だ。仮装したり、あられもない姿を披露したり・・クライマックスの感動的なシーンですら!しかし、これだからいいのだ。この姿だからこそ、女性はもちろん、男である自分ですら応援してしまいたくなる、ブリジットがいる。果たして彼女に幸せは訪れるのか・・・!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
怪盗グルーのミニオン大脱走(鑑賞:2017 7・22 TOHOシネマズ西宮OSにて)

監督:ピエール・コフィン、カイル・バルダ
声:スティーヴ・カレル、クリスティン・ウィグ、トレイ・パーカー、ミランダ・コスグローヴ、他
ストーリー:多彩なガジェットを使い犯罪を繰り返す悪党・バルタザール・ブラットを逃したことで、反悪党同盟を追い出されてしまうグルー。意識消沈する中、生き別れになっていた双子の兄弟であるドルーの存在が判明。対面を果たしたグルーだったが・・一方、グルーが悪の道に戻らないことがわかり彼と決別したミニオンたちは、新たなボスを探し、出て行ってしまうが・・

「SING」などのイルミネーション・エンターテインメントによる人気シリーズ「怪盗グルー」の第3弾。監督は「ミニオンズ」でもお馴染みのカイル・バルダとピエール・コフィン。

(2017 米) 1時間30分

グルー&ドルー、ナイスコンビ!?? (まずまず)

一昨年にスピンオフ映画「ミニオンズ」が公開されてから、一気に彼らの魅力にハマってしまった自分ですが(笑)、今作は怪盗グルーシリーズ、まあ、過去作を観てなくとも、問題はないのかもしれないですが(笑)怪盗だったグルーの現在やそのパートナーのルーシー、3人娘たちとの過去を知りたければ、観ておけば楽しめるでしょう。今回は吹替鑑賞。鶴瓶さんも悪くないな、と思ったし、ルーシー演じた中島美嘉のテンションも楽しい。なかなかこちらも良いですね・・

んで、今回はグルーとドルーが出会い、悪党ブラットに挑んでいくストーリー。ブラットもウザいキャラだけどなんか憎めない(笑)。ドルーのダメっぷりに笑いつつも、全体的に家族連れで楽しめるようなテンポいいアクションが痛快。ただ、お目当てのミニオンたちの活躍については予告で観た以上の物は少ない。って意味では見せすぎなんですよね(^_^;)彼ら目当てのファンにはちょっと物足りないかもしれないですが、3人娘たちのピュアさ、ルーシーの優しさ、子供さんのいる家族には笑いつつもなんか癒されるとこもあるだろう1作だ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
心が叫びたがってるんだ。(鑑賞:2017 7・22 TOHOシネマズ西宮OSにて)

監督:熊澤尚人
出演:中島健人、芳根京子、石井杏奈、寛一郎、荒川良々、大塚寧々、他
ストーリー:人との付き合いが下手で、本音で話せない高校3年生の拓実。ある日彼は、クラスメートの順と共に担任教師から地域ふれあい交流会の実行委員を任されてしまう。幼少時に発した言葉で家族をバラバラにさせたことから筆談でしかできない彼女に戸惑う中、拓実らは地域向けの演目となるミュージカルの準備を進めるのだが・・・

2015年に公開され、ヒットしたアニメ「心が叫びたがってるんだ。」を実写映画化。監督は「虹の女神 Rainbow Song」「君に届け」などの熊澤尚人。

(2017 アニプレックス) 1時間59分

真っ直ぐな思い、伝える事が!! (良作!)

以前にアニメは観てましたが、今作はそれを抜きにして、熊澤監督の作品が好きだったのと今を時めく芳根ちゃん主演って事で観てきました。劇場内は中島君主演だったものの、意外と男性が多くて驚きました。やはりアニメのファンかな。・・・さて、映画はアニメにほぼ忠実に作られている印象です。子供の純粋な気持ちから生まれただけの事だったのに、そのせいで喋れなくなってしまった(言葉は出せるが喋るとお腹が痛くなってしまう)彼女・・でも、そんな彼女がミュージカルへ希望を託すところや、クラスメートへの思い、言葉の重みなどを伝える事で・・皆の心が変わっていく。それは順自身もね。クライマックスの拓実とのシーンがインパクトありました。誰かにまっすぐ言葉を伝える事の気持ちよさ。

そして最初はミュージカルに乗り気でなかったクラスメートたちもどんどん当日へ向けて結束し、楽しそうに準備を進めていくシーンなど青春の素晴らしさ!がたっぷり詰まってます。ラストシーンもホント素敵な仕上がりになってますし、余韻たっぷりな締め方!なんといっても、この映画は芳根京子の熱演!朝ドラべっぴんさんは未見なのですが、天使のような純粋な可愛らしさにず~っと魅了されてました。中島健人の抑えた演技も良かった!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。