↓貴方の『ひと押し』お願いします馬
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

Twitterボタン
Twitterボタン

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012年08月14日(火) 02時32分25秒

キョウノイイコトプロジェクト、発進~!

テーマ:交流
はい、お久しぶりです…
皆様、ご無沙汰しております…

京都市中京区で、行政書士をやっております上田でございます[壁]_・。)ソォーッ


あれはそう、遡るコト半年。。。
平成24年2月22日にブログを更新してから季節は巡り、春を経て、夏を経て、間もなく秋の足音が聞こえてきそうです。。。

知人やお客様からは『ブログやめたの??』という痛ぁ~い御言葉もチョクチョクいただきながら月日を経て…

ついに!ついに!!
『走る!?京都の朝勝(朝活)行政書士雑記』ココにリブートです( ̄^ ̄)ゞ


きゃーまってたよおー(棒読み)
という大人の対応をしてくださる貴方!!久々にひと押しどうですか??[壁]_・。)チラッ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
はあ?あんたダレ??もう忘れちゃったよψ(`∇´)ψと、手厳しい貴方(涙)
御尤もでございますが、リブート祝いのひと押しを何卒~m(_ _)m



いやー
ホントに長らく放置していたこのブログ…
それでも、少なからずの皆様が『また書いてね』とお優し御言葉をかけ続けてくださったので、ワタクシ、ここに復活することができました(>_<)

この約半年間は、弊所にとって激動の半年間でした。

新しいお客様と出会い、新しいお仕事に悩まされ、、、色々とありましたが、それはまた追い追いm(_ _)m


本日は、まず此方の報告を差し上げます_φ(・_・


リブート第一弾の御報告!
それは、本記事タイトルにもいたしました、『キョウノイイコトプロジェクト』の稼動です(^-^)/

8月から正式スタートしたこのプロジェクトに、不詳ワタクシめも行政書士として参加させていただいております。


『キョウノイイコトプロジェクト』とは、

今日の好い事プロジェクトであり!
京の好い事プロジェクトであり!
今日の好い古都プロジェクトであり!
京の好い古都プロジェクトであり!

つまりは、『京のいいことプロジェクト』なんです( ̄^ ̄)ゞ


……はい、訳が分かりませんね。
ワタクシも何を言っているのか分かりません(T_T)


こちらを見ていただいた方が早いですね(^_^;)
【京のいいことプロジェクト】

そう、『京都いいことプロジェクト』とは、多種多様なビジネスパーソン達が『古都京都を楽しく笑顔に元気にしたい』という目的の下に集まった『京都活性化の為の集団』なのです( ̄^ ̄)ゞ

略して『コトプロ』!!
このネーミングも、コトプロに参加しているブランディングのプロフェッショナルが考えてくれましたd(^_^o)
(ハロプロではないですヨ。。)

自身の異業種交流を目的とする集まりでもなく、

お仕事を紹介し合いましょうという集まりでもない。

でも、現時点で15名もの有志が集まって、『京の為に何かイイコトができないか?』と真剣に考え行動し始めようとしております(^-^)/

今後の、コトプロの活動は随時アップしますので、刮目して待っててくださいね~m(_ _)m


最後に。。。

今夜は、コトプロの呼びかけ人である、オーダースーツVogaの加藤代表と晩御飯を御一緒してきました(^-^)/

熱~いラーメンを手繰りながら、アツ~イ京都活性化プランを語り合ってきましたヨd(^_^o)
photo:01




iPhoneからの投稿



いつも御覧いただきまして、ありがとうございます音譜
ランキングに参加していますメモ
↓貴方の『ひと押し』お願いします馬
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2012年02月22日(水) 02時24分20秒

ワガママな推定相続人(中編)

テーマ:法律
本日は、2月18日のブログ記事【ワガママな推定相続人(前編)】の答えあわせ~!!

。。。と言いたかったところですが、驚くなかれ!!誰一人としてコメントはなし!(◎_◎;)

薄々予感していましたが、この事実に凹む行政書士の上田です(/ _ ; )


もうちょっとヒントがあれば答えるよ~!とフォローしてくださる貴方!!その優しさでひと押しも~m(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
難し過ぎるんだよ!ボケ~!!とお怒りの貴方には本日ヒントを御用意してますので、怒りを鎮めていただきつつも、ひと押しも何卒~m(_ _)m


そりゃあ、急に『ハイ!お答えください!!』と言われても難しいですよね(>_<)

ワタクシ猛省しましたm(_ _)m
本日ブログ記事は『中編』とし、改めて事案の整理と、加えて選択肢形式でのクイズに変えたいと思いま~す( ´ ▽ ` )ノ


先ず、事案を改めて整理しますと、

◆母は死亡。父は存命。

◆子供は、長男と次男。

◆つまり、父&長男&次男という家族構成。

◆父の財産は5,000万円の預金のみ。

◆普通なら、この先に父が死亡すれば、その推定相続人は長男と次男。

◆その場合、民法上、第一順位の相続となりますから、法定相続分は長男2分の1、次男2分の1。

◆つまり、この先に父が死亡すれば、長男が2,500万円、次男が2,500万円を相続することになります。(死亡までに預金が増減しないと仮定して)

◇このような状況の中、次男から要望があったのが『父が死んだ後に2,500万円相続するよりも、いますぐ2,000万円贈与して欲しい。いま2,000万円もらえるなら、相続時には0円でいい!』という内容。

◇今回、長男から『父から次男への2,000万円の生前贈与契約書』と『次男が相続分を放棄する旨の念書』の作成依頼がありました。


さてさて、この御依頼に対して、ワタクシ行政書士上田は、どのような対応をしましたでしょうか~???_φ(・_・

答1
御依頼のとおり『父から次男への2,000万円の生前贈与契約書』と『次男が相続分を放棄する旨の念書』を作成した。

答2
『父から次男への2,000万円の生前贈与契約書』を作成し、『次男には遺留分放棄の手続』を家庭裁判所でとってもらった。

答3
『父から次男への2,000万円の生前贈与契約書』と『次男が相続分を放棄する旨の念書』を作成し、更に念の為に『長男へ3,000万円、次男へ0円という父の遺言』も作成した。

答4
『父から次男への2,000万円の生前贈与契約書』を作成し、『次男には遺留分放棄』の手続を家庭裁判所でとってもらい、更に念の為に『長男へ3,000万円、次男へ0円という父の遺言』も作成した。

答5
『父から次男への2,000万円の生前贈与契約書』と『長男へ3,000万円、次男へ0円という父の遺言』を作成した。

答6
『父から次男への2,000万円の生前贈与契約書』と『次男が相続分を放棄する旨の念書』を作成し、加えて『次男には遺留分放棄』の手続を家庭裁判所でとってもらい、更に念の為に『長男へ3,000万円、次男へ0円という父の遺言』も作成した。


さあ、6択ですよ~( ´ ▽ ` )ノ

答1(生前贈与契約書+相続分放棄)

答2(生前贈与契約書+遺留分放棄)

答3(生前贈与契約書+相続分放棄+遺言)

答4(生前贈与契約書+遺留分放棄+遺言)

答5(生前贈与契約書+遺言)

答6(生前贈与契約書+相続分放棄+遺留分放棄+遺言)

父の5,000万円を、生前に次男に2,000万円、死後に長男に3,000万円というカタチで確実に渡るようにするには、上記6パターンのどれが最も万全な方法なのか??

さあさあ、コメント欄に答の番号を書いてくださいね~(☆_☆)

再びの、To Be Continuedです~ (^_-)-☆


iPhoneからの投稿



いつも御覧いただきまして、ありがとうございます音譜
ランキングに参加していますメモ
↓貴方の『ひと押し』お願いします馬
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2012年02月21日(火) 03時56分09秒

契約書で使うよね!甲乙丙…その次は??

テーマ:業務
前回のブログ記事【ワガママな推定相続人(前編)】で、『正解が解る読者様はコメントを~!』と募ったはイイけど、誰も答えてくださらないため、姑息にも今回、別記事を挟んできた行政書士の上田です(☆_☆)


いま解答考えてるよ~!という貴方!!嬉しゅうございますので、今日も何卒ひと押しを~( ´ ▽ ` )ノ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
難し過ぎて解答なんかできんですよ!とお怒りの貴方(>_<)次回、ヒント記事をアップしますので、今日ばかりは御容赦のひと押しを~m(_ _)m


さてさて、先週末の土曜日は、毎月第3土曜日恒例の『チームビジサポ』の集まりがございました( ´ ▽ ` )ノ

今回のセミナーは、某IT会社さんの『Facebookセミナー』と、某金融機関さんの『企業融資のポイントセミナー』でした!

どちらも、ワタクシの業務上、非常にタメになる内容でしたd(^_^o)

いつも、セミナーの後は懇親会があるのですが、今回ブログ記事は、懇親会での雑談で話題になったネタを取り上げたいと思います(^-^)/


懇親会での雑談で、こんな声があがりました_φ(・_・

「契約書で、甲乙と書くよね?乙の次は丙だけど、丙の次は何??」

「丙の次は丁!丁の次は戊なんですヨ!!」

こう答えた時点でワタクシ、ハッとしました(゚д゚lll)

『甲乙丙丁戊あたりまでは契約書など実務でもよく使うし、戊の次は確か己だったはずだけど、己の次はなんだ?そもそも甲乙丙…て何なんだ??』

不勉強なワタクシのアタマの中は、???でイッパイ(>_<)

甲乙丙丁戊己。。次はなんだっけ??

甲乙丙…は確か“十干”という“干支”の一種だと聞いたコトがあるけど、そもそも十干はどういう規則性があるものだっけ??

そして、懇親会が終わった後、早速調べましたデスよ~_φ(・_・

※十干、御存知の読者様は、とくに面白味もなく、時間の無駄になりますので、以降読み飛ばしていただくコトをお勧めいたします(T_T)しくしく


まず、十干(じっかん)ですが、これは、“五行”と“陰陽”を割り当てて暦などの数を表すための詞(言葉)であります。

五行は、
木(き)・火(ひ)・土(つち)・金(か)・水(みず)

陰陽は、
陽=兄(え)・陰=弟(と)

この五種と二種を組み合わせると、
木の兄(きのえ)
木の弟(きのと)
火の兄(ひのえ)
火の弟(ひのと)
土の兄(つちのえ)
土の弟(つちのと)
金の兄(かのえ)
金の弟(かのと)
水の兄(みずのえ)
水の弟(みずのと)
と十種の要素ができあがります!

これに一文字の漢字を割り当てたモノが“十干”となります(^ー^)ノ

つまり、
木の兄(きのえ)=甲(こう)
木の弟(きのと)=乙(おつ)
火の兄(ひのえ)=丙(へい)
火の弟(ひのと)=丁(てい)
土の兄(つちのえ)=戊(ぼ)
土の弟(つちのと)=己(き)
金の兄(かのえ)=庚(こう)
金の弟(かのと)=辛(しん)
水の兄(みずのえ)=壬(じん)
水の弟(みずのと)=癸(き)
が十干と言われるものなのです_φ(・_・

そして、契約書などで当事者を表す“記号”として、この十干が使われているというわけなんです(^ー^)ノ

甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)の10種類!
ワタクシども行政書士は、覚えておかないとダメですねd(^_^o)


ここから先は、契約書とは関係ないのですが、十干の本来の使い方も補足しておきますネ(^-^)/

先ほど、十干は、暦などの数を表すための詞(言葉)と書きましたが、コレ、意外と皆様が知っているコトなんです(^^)

『ひのえうま』伝説とか御存知ないですか?
『ひのえうま』の年に生まれた女性は、オトコを喰い殺すほど気性が荒い!!という迷信デス(>_<)

我々、日常では、子(ね)・丑(うし)・寅(とら)・卯(う)・辰(たつ)・巳(み)・午(うま)・未(ひつじ)・申(さる)・酉(とり)・戌(いぬ)・亥(い)を干支(えと)と呼んでたりしますが、実はコレは正しくないのです。。


甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸を十干(じっかん)とイイます!

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥を十二支(じゅうにし)とイイます!!

そして、十“干”と十二“支”を更に組み合わせたものこそが、本当の意味の“干支”(えと)なのです_φ(・_・

10要素と12要素を組み合わせると、10と12の最小公倍数は60ですので、60周期の暦こそが、干支(えと)の正しい姿なのです!(◎_◎;)

干支は12年で一周ではなくて、60年で一周というわけなんですよ!!

蛇足ですが、60歳を『還暦』と呼ぶのは、干支(暦)が一周かえる(還る)ことからきているそうです(^ー^)ノ

ホントの干支は、こうです~_φ(・_・
※読み方と近年の該当年も書いておきましたので、何かのご参考に~(^ー^)ノ(はて?何の参考に??)

1甲子(きのえね)1984年
2乙丑(きのとのうし)1985年
3丙寅(ひのえとら)1986年
4丁卯(ひのとのう1987年
5戊辰(つちのえたつ)1988年
6己巳(つちのとのみ)1989年
7庚午(かのえうま)1990年
8辛未(かのとのひつじ)1991年
9壬申(みずのえさる)1992年
10癸酉(みずのとのとり)1993年
11甲戌(きのえいぬ)1994年
12乙亥(きのとのい)1995年
13丙子(ひのえね)1996年
14丁丑(ひのとのうし)1997年
15戊寅(つちのえとら)1998年
16己卯(つちのとのう)1999年
17庚辰(かのえたつ)2000年
18辛巳(かのとのみ)2001年
19壬午(みずのえうま)2002年
20癸未(みずのとのひつじ)2003年
21甲申(きのえさる)2004年
22乙酉(きのとのとり)2005年
23丙戌(ひのえいぬ)2006年
24丁亥(ひのとのい)2007年
25戊子(つちのえね)2008年
26己丑(つちのとのうし)2009年
27庚寅(かのえとら)2010年
28辛卯(かのとのう)2011年
29壬辰(みずのえたつ)2012年
30癸巳(みずのとのみ)2013年
31甲午(きのえうま)2014年
32乙未(きのとのひつじ)2015年
33丙申(ひのえさる)2016年
34丁酉(ひのとのとり)2017年
35戊戌(つちのえいぬ)2018年
36己亥(つちのとのい)2019年
37庚子(かのえね)2020年
38辛丑(かのとのうし)2021年
39壬寅(みずのえとら)2022年
40癸卯(みずのとのう)2023年
41甲辰(きのえたつ)2024年
42乙巳(きのとのみ)2025年
43丙午(ひのえうま)2026年
44丁未(ひのとのひつじ)2027年
45戊申(つちのえさる)2028年
46己酉(つちのとのとり)2029年
47庚戌(かのえいぬ)2030年
48辛亥(かのとのい)2031年
49壬子(みずのえね)2032年
50癸丑(みずのとのうし)2033年
51甲寅(きのえとら)2034年
52乙卯(きのとのう)2035年
53丙辰(ひのえたつ)2036年
54丁巳(ひのとのみ)2037年
55戊午(つちのえうま)2038年
56己未(つちのとのひつじ)2039年
57庚申(かのえさる)2040年
58辛酉(かのとのとり)2041年
59壬戌(みずのえいぬ)2042年
60癸亥(みずのとのい)2043年

今年2012年は、壬辰(みずのえたつ)という干支になりますd(^_^o)

ちなみに、先に触れた『ひのえうま』ですが、次は2026年ですね(>_<)
これまでの、『ひのえうま』では、統計数値に表れるほど出生率が低下したそうですが、これは迷信ですからネ(>_<)
2026年出産予定の方は、気になさらないように~!


まったく、何の話か分からなくなりましたが、プチ雑学ブログ記事だったということで、御容赦を~(^_^;)


iPhoneからの投稿



いつも御覧いただきまして、ありがとうございます音譜
ランキングに参加していますメモ
↓貴方の『ひと押し』お願いします馬
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2012年02月18日(土) 03時03分14秒

ワガママな推定相続人(前編)

テーマ:法律
およそ半月ぶりに登場の行政書士上田ですσ(^_^;)

いやぁ~!忙しくて忙しくて(^-^)/
。。。と言いたいところなのですが、2月に入って手持ちの案件が若干減っており、そうも忙しくなかったのですよねえ(T_T)

でも、何故がバタバタしていて、ちょっとバテ気味だったりします(>_<)


ブログ更新、待ってたよ~!と言ってくださる貴方!!再開を祝したひと押しをゼヒm(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
全然出てこないので忘れちまってたよ~!とお怒りの貴方には御宥恕のひと押しをたまわりたく、平謝りです~m(_ _)m


一時期ペンディングになっていた案件が何個か動きだしたため、2月後半はそこそこ忙しくなりそうなので、気合いを入れ直していきますよ~(^-^)/


今日のブログ記事は、先日お客様からいただいた御相談からひとつ_φ(・_・

その御相談は、「母様は既にお亡くなりで、父様が御存命」というお客様からのものでした。
お客様は御長男で、弟様がお一人居るという親族構成。

そんな現状の中、お客様の御相談内容は、「父には5,000万円の預金があり、これが唯一の財産なのだが、弟がそのうちの2,000万円の生前贈与を求めている。弟はいま2,000万円が手に入れば、相続時には1円の財産も要らないとのことで、相続を放棄するという念書を差し入れても良いと言っている。長男として、これに同意しようと思っているので、先生でその『念書』と『生前贈与の契約書』を作成してもらえないか?」というものでした。

要するに、その弟様は、相続発生まで待てば、2,500万円の相続分を得られるにもかかわらず、今現在お金に困っていて、すぐに2,000万円を手にしたいということなのでしょう(^_^;)

いま2,000万円をゲットするかわりに、相続発生時には0円で構わない!その約束について一筆書くのも構わない!!という弟様から申し入れに対して、長男様は同意して、弊所に念書等の作成の御依頼に来られたというわけでした。

さてさて、ここで問題です(☆_☆)

この『相続放棄の念書』と『生前贈与の契約書』の作成依頼に対して、どのような処理をすべきでしょうか??

贈与税や相続税のコトは加味しなくても良いですので、主に民法の知識をもって、どうするのがベストか考えてみてください( ´ ▽ ` )ノ

『これが答えダロ!!』
と解った読者様は、本記事のコメント欄に書き込んでいただけたら嬉しいです(^_-)-☆

先着1名の正解者様には、ウチの事務所に遊びに来ていただければ、キッチンゴンの出前を御馳走いたしますよ~(^ー^)ノ

あ、そうそう(^_^;)
司法書士のセンセ、行政書士のセンセ、ましてや弁護士のセンセといった法律実務系の士業のセンセについては御馳走対象外で悪しからずデスよ(>_<)


ということで、解答は次回(☆_☆)

刮目してお待ちくださいませ!!

To Be Continued (^_-)-☆


iPhoneからの投稿



いつも御覧いただきまして、ありがとうございます音譜
ランキングに参加していますメモ
↓貴方の『ひと押し』お願いします馬
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年02月03日(金) 23時17分44秒

魚介の宴!リターンズ!!

テーマ:交流
数日前から体調がすぐれず、『すわっ!インフルエンザかっ!?』と本日仕事を早仕舞いして病院へ行ってきた行政書士の上田ですヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

そして、その結果は。。。

お医者さま曰く
『ただの風邪ですね。お薬だしときますので。』
以上でした!(◎_◎;)

結構シンドイんですけどねえ(T_T)

思えばワタクシ、生まれてこのかた一度もインフルエンザに罹ったことがなかったです(^_^;)


タダの風邪で良かったね!とお優しい貴方!!いつもひと押しありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
バ◯は風邪ひかないんダロ~?と悪魔のような貴方!!実は心配してくれてるんでしょ??(^ー^)ノ


今週は、体調不良でイマイチお仕事が捗らなかったのですが、水曜日には楽しみな宴がありまして、体調不良もなんのそので行ってきました~( ´ ▽ ` )ノ


参加者はいつもの(?)飲み会メンバー!

CFPの伊藤さんと、
老舗和紙屋の森田さんと、
ワタクシ行政書士の上田の3名に、
今回初参加、某印刷会社の安達さんを加えた飲兵衛4名!(◎_◎;)

このメンツが集まれば、会場は『魚介類の美味な処』というシバリになります(☆_☆)

いつも通り、京都の100年企業!老舗和紙屋の御曹司!!森田さんのチョイスにより、今回はこのお店( ̄▽+ ̄*)
photo:01

烏丸界隈で祗園の料亭の味を体験できるとウワサの、知る人ぞ知るコノお店!!店構えも粋デス(>_<)


初っ端のお通しがコレもんですから~(ノ´▽`)ノ
photo:02



刺身の盛合せは、醤油・梅醤油・キモ醤油の3つのお味で舌鼓!(◎_◎;)
photo:03

photo:04



その後も出るわ出るわ( ´ ▽ ` )ノ
コレ、焼売なんですd(^_^o)
photo:05


お肉も勿論(^-^)/
photo:06


酒粕味の帆立( ^ ^ )/□
photo:07



魚介満喫+たらふく飲みましたので、お会計はブルブル((((;゚Д゚)))))))でしたが。。。

なんと1人5,500円という驚愕プライス(@_@)
生ビールが300円台というリーズナブルさは、飲兵衛のお財布に優しかったです(/ _ ; )


CFP伊藤さんとワタクシは士業ネタで盛り上がり、印刷の安達さんと和紙の森田さんは紙業ネタで盛り上がり、所謂『しぎょう』繋がりで、あーだこーだ盛り上がったこの4人(^_^;)

あと、意外と共通の知人なんかも多いので、その話題なぞも少々(☆_☆)
そうそう、そこの貴方の話題だったカモですよ~( ^ ^ )/


もともとはビジネスの繋がりなんだけど、こうやって気楽に飲みに行ける間柄というのも、非常に良いものだと思いますねd(^_^o)

今後とも大切にしていきたいと思います(^-^)/

お三方、ありがとうございました~(^∇^)また行きましょうネ!!


★☆★おまけ★☆★

二次会は、これまた御曹司いきつけのワインバー(^-^)/
photo:08


牡蠣のカルボナーラにヤられました(>_<)
photo:09

※どんだけ魚介類やねん!とは言わないで~


三次会は、烏丸界隈で飲んだトキの定番ですねd(^_^o)
一風堂~!
photo:10




今回も宴は深夜まで続いたとさ~(-_☆)


iPhoneからの投稿



いつも御覧いただきまして、ありがとうございます音譜
ランキングに参加していますメモ
↓貴方の『ひと押し』お願いします馬
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年01月29日(日) 05時02分35秒

イヌでも解る!著作権法~その3(著作物とは)~

テーマ:法律
さあさあ、本日も『イヌでも解る!著作権法』の時間がやってきました~( ´ ▽ ` )ノ

我ながら、結構マメに続けているなぁ_φ(・_・
と自画自讃の行政書士上田です(^_^;)


いつも楽しみにしてるよ~!と奇特な貴方!!執筆意欲をくすぐるひと押しを~m(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
はあ?マダ3回目じゃないの??と正確にカウントされている貴方!実は『イヌわか』のファンでしょ(☆_☆)


『イヌわか~その2~』で、次回は『著作権法に規定されている権利』に入っていきたいと予告していましたが、その前に『ナニについてのダレの権利??』なのかを説明しておかないといけませんでしたね(^_^;)

著作権法は、第一章の総則で法の通則と適用範囲を規定しています。

通則として、第1条に著作権法の「目的」が、第2条に著作権法で使われる用語の「定義」が規定されています。

先ずは、その第1条と第2条の条文を見てみてください~( ´ ▽ ` )ノ


(目的)
第一条  この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。

(定義)
第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
一  著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。
二  著作者 著作物を創作する者をいう。
(第2条以下略)


どーです??
初っぱなからこの体たらくですよ。。著作権法サン(T_T)

意味不明さ全開ですよね(^_^;)

途中で(以下略)とさせてもらった第2条なんて、ダラダラダラダラと9の項&30の号が続いていきます(T_T)

あ、そうそう!
法律の条文なんですが、【編⇒章⇒節⇒条⇒項⇒号】という階層構造になっていますので、その辺を意識しながら「いまは、こういう階層のこういうグループの項目を読んでるんだな」と見てみると、理解が深まりやすかったりしますd(^_^o)


少し話がそれましたが、普通ならアッサリしている第1条~第2条あたりの記載ですら、このような感じなのですから、著作権法がいかにゴチャゴチャしているかが分かっていただけるのではないでしょうか(^_^;)

さあ、ではこの第1条と第2条をイヌでも解るように大胆に翻訳してみましょう~( ´ ▽ ` )ノ

◆著作権法は、著作物などについて、著作者などの権利保護と文化の公正発展を両立させますヨ_φ( ̄ー ̄ )

◆文芸、学術、美術や音楽の分野で、創作といえるレベルで思想や感情を表現したものを著作物と認めちゃいますヨ_φ( ̄ー ̄ )

◆そーいう素晴らしい著作物を創作したお方を著作者と呼んじゃいますヨ_φ( ̄ー ̄ )

こんな感じです(^-^)/

細かくいうと、、、

著作隣接権や共同著作物や職務著作などの論点、
著作者と著作権者との違い、

と色々あるのですが、とりあえずはこんな感じの理解で充分かと思いますd(^_^o)
細かいところは、また追い追い_φ(・_・


なんとなく著作権法が目的とするところが伝わったでしょうか??

著作権法は、コピーを禁止する法律だと理解されている人がときどきいらっしゃいますが、そーいう短絡的なものでもありません(^_^;)

『人類共通の文化資産について、それらを使用ルールを定めたもの』と理解してもらったほうが良いと思いますd(^_^o)

そして、ルールを守るためにも、先ず知らなければならないのが、何が著作物に当たるのか??というところですよね(^ー^)ノ

著作権法は第10条で著作物を例示しています。

そこに示されているものを創作した本人以外が使用するときには、著作権法というルールに従わなければならないというわけなのですd(^_^o)

著作物となる具体例を挙げてみますと!

◆小説、歌詞、脚本、論文などといった文章や言語。
書かれている場所が紙でもブログやホームページでもメールでも対象となるので注意が必要です。
メールやホームページの他人の文章はパクっちゃダメですよ~( T_T)\(^-^ )

◆音楽。
これは分かりやすいですよねd(^_^o)
当然ですが、歌謡曲だろうがロックだろうがクラシックだろうが、ジャンルは問いません(^_^;)
『◯◯ひいてみた』とネットにコピー演奏をアップしちゃダメですよ~( T_T)\(^-^ )
ちなみに、YouTubeなどの動画サイトにアップする場合は、サイト運営側から著作者らに包括的にお金を支払い許諾してもらうというカタチをとってますので違法とはなりませんd(^_^o)

◆絵画やイラストや漫画、版画、彫刻など。
上手下手や芸術性の高低は関係ありません。
他人のイラストは、たとえラクガキみたいなものでも勝手に使っちゃダメですよ~( T_T)\(^-^ )

◆写真。
これは、実は少々ややこしいです(^_^;)
上手下手や芸術性は関係ないのですが、著作物には創作的な表現がないといけませんので、アングルなどの工夫のない写真は著作物とならない可能性が高まります。なんら創意工夫のない写真は、単に実物の複製になってしまうからです(^_^;)
ところで、Google画像検索のおかげで、お目当ての写真を簡単に探し出すことができる世の中になりましたが、検索した写真を自分のブログやホームページにコピぺしたらダメですよ~( T_T)\(^-^ )
ましてや、加工や合成などしちゃうと更に著作権侵害行為がプラスワン!(◎_◎;)
※後日やりますが、著作権と著作者人格権の両方を侵害していることになります!


ここまで列挙してきた著作物は、身近なものですし、また知らぬ間に気軽に著作権侵害してしまいやすいものです(>_<)
日本は一応文化的な先進国となってますので、他人の創作した著作物を尊重できないようなヒトは少ないはずですが、ネットの発達により『知らず知らず』というパターンが増えているのではないでしょうか。。

ワタクシ自身も含めて、気をつけていきたいものです(( _ _ ))


さらに続いて、上記以外の著作物を書き出しますと_φ(・_・

◆映画
◆ゲームなどのプログラム
◆舞踊やパントマイムの振付け
◆建築物やモニュメント
◆地図、図面、図表、模型、設計図などといった図形
◆二次的著作物(既にある著作物から新た創作されたもの)
◆百科事典などの編集著作物(事実の羅列であっても、その選択や配列に創作性があるもの)
◆データベース(情報の羅列であっても、その選択やデータベースの構成に創作性のあるもの)


これだけのものが著作物となります。
ただし、写真のところでも少し書きましたが、単なる事実や事象、実物は著作物とはなりませんので注意が必要です。

著作物といえるかどうかのポイントはズバリ!!

『思想や感情を創作的に表現したモノであるか??』

という点ですd(^_^o)

ワタクシ、大好物のラーメンをお昼に食べたときには写真を撮ってTwitterやFacebookによくアップするのですが、コレを例にすると。。

単純にラーメンを真上から撮ってみました( ´ ▽ ` )ノ⇒ラーメンという実物を写しとっただけなので著作物ではないでしょう(T_T)

大好物のラーメンの美味しさがよりいっそう伝わるように湯気の上がる鉢面にズームインして撮ってみました(☆_☆)⇒ラーメン大好きな行政書士上田の思想と感情が滲み出た写真となっていることでしょうし、著作物といえるでしょう( ̄^ ̄)ゞ



さて、これでやっと次回は『著作権法に規定されている権利』に入ることができそうですd(^_^o)

本日は、ココまで!
次回の記事をご期待くださいね~( ´ ▽ ` )ノ


iPhoneからの投稿



いつも御覧いただきまして、ありがとうございます音譜
ランキングに参加していますメモ
↓貴方の『ひと押し』お願いします馬
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年01月27日(金) 04時21分01秒

アナログ営業のススメ!

テーマ:交流
京都市内市外を問わず、お客様に呼ばれりゃあ何処なりと飛んでゆきます行政書士の上田です(^-^)/

そんなワタクシにとって欠かせない営業ツールのひとつがクルマなのですが、クルマには2年に一度の煩わしいイベントがありますよね(^_^;)

そう!車検!!(T_T)

ワタクシの愛車も先日すませてきました~!!

車検面倒くさいよね~!と共感していただけた貴方のひと押し待ってますm(_ _)m
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
いや。。クルマ乗ってないし~wwという貴方!いじわる言わないで~(T_T)


特にお仕事にクルマを使っていると、点検整備は万全にしておかないといけませんしね(^_^;)

前回までは、ディーラーで車検を受けていました行政書士上田ですが、今回からはお願いする先を変えました(^-^)/

それが、ココ!
BLUE☆POINT(ブルーポイント)さん!

ホームページ見ていただければ分かりますが、めちゃめちゃイケてるクルマ屋さんですd(^_^o)

ワタクシの愛車は、水曜日にお預けして木曜日の夕方には全て完了しているという超速のお仕事ぶり!(◎_◎;)

もちろん、点検整備は万全ですし、更に驚くのはそのお値段!!

ここでは、詳しくは書けませんが、ディーラーでもガソリンスタンドでも某オート◯ックスでも車検を依頼したことある行政書士上田をして驚愕のお値打ち価格でした( ´ ▽ ` )ノ

まあ、随分サービスしてくださったと思います(>_<)
社長、ホントありがとうございました~m(_ _)m


ワタクシが、このクルマ屋さんの社長と知り合えたのは、いまも続けている朝の交流会がきっかけでした。

いまでは、ちょくちょくこのブログで紹介させていただいている、ビジサポというコンサルティングチームの仲間でもありますd(^_^o)

社長には、車庫証明や会社設立というお仕事も御依頼いただいておりまして、公私とも本当に良くしてもらっていますm(_ _)m


ワタクシは以前より、営業はインターネットよりもアナログに尽きると考えておりました(^^)

インターネットが疎かでイイという訳ではありませんが、インターネットはあくまでもアナログ営業を効率的に補完するモノという位置づけにしております_φ(・_・

なので、事務所によくかかってくるSEO系の売り込み電話には、『アナログ営業によるクチコミで仕事が忙しいのでネット集客してるヒマがありません』(`_´)ゞキリッ

と、丁重にお断りしております(^_^;)
(まあ、開業当初には若干、こーいうネットビジネスに引っかかりはしてますが。。)

いまは、自信をもって『軸足は明確にアナログに置くべき』といえますねd(^_^o)


じゃあ、アナログ営業て具体的にどーすりゃいいんだ??

と思われる方も居るかもしれません。。

ワタクシは基本的にこんな感じで、お仕事の人脈を拡げていってますd(^_^o)

1.異業種交流会に参加
2.そこで気が合いそうな方と『飲み』に行く
3.以後、定期的に『飲み』に行く

こんな感じです(☆_☆)

上田よ!飲みたいだけじゃないのか!!

とお叱りを受けそうですが(^_^;)


どーいえばイイのかですねえ。。

つまり、人として気に入ってもらい仲良くなるコトが先決ダヨd(^_^o)

ということです!


インターネットだけの集客ではダメ!
異業種交流会に出て名刺を配りまくっているだけではダメ!!

自分のキャラを何人の人に好きになってもらい、何人の人と仲良くなれるか??

これがポイントなんだと思います(^-^)/

特に開業したてだと迷うし焦るし。。
でも、急がば回れデス( ´ ▽ ` )ノ

先ずは気負わず、友達&仲間づくりから始めるのが吉d(^_^o)


そんなワタクシがお気に入りの異業種交流会がこちら!!

オーダースーツVOGA(ヴォーガ)さん
×
http://Trattoria LaVoce(トラットリア ラ ヴォーチェ)さん

のコラボで企画された、オシャレなイタリアン・ビジネス交流会!!

毎月1回、20~25日あたりの平日21:00からスタートの交流会なんです(^-^)/

3500円の参加費でオシャレで美味しいイタリアンを食べつつ、何と言っても嬉しい飲み放題~( ´ ▽ ` )ノ

Trattoria LaVoce(トラットリア ラ ヴォーチェ)さんのお店はこんな感じ~!
photo:03



21時スタートという異業種交流会も珍しいですが、ガッツリと飲み放題の異業種交流会もかなり珍しいですね(^_^;)

でも、お酒も入りますので、2回3回とお会いするうちに、イヤでも仲良くなれますd(^_^o)

飲みながらの交流なので、その場でビジネスに発展というのは、期待できませんが、なにしろ仲良くなりやすい雰囲気であります( ´ ▽ ` )ノ

仲良くなれば、ビジネスは、後日でイイですからネd(^_^o)


イタリアン交流会、2月は23日(木)の21時からデス(^-^)/

もちろん、行政書士上田も参加しますので、行政書士で開業を考えている方も、既に開業してるけど更に人脈を増やしたい方も、行政書士ではないけど仲間を増やしたいんだという方も!

交流会は、こんな感じです!
photo:02

(VOGA代表のブログから拝借デス)

先ずはアナログで仲良くなりましょうね~m(_ _)m


iPhoneからの投稿



いつも御覧いただきまして、ありがとうございます音譜
ランキングに参加していますメモ
↓貴方の『ひと押し』お願いします馬
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2012年01月24日(火) 03時31分45秒

イヌでも解る!著作権法~その2(著作権法の現状)~

テーマ:法律
ここのところ、睡眠時間が少なくて慢性的寝不足の行政書士上田です(T_T)

三度の飯より睡眠がスキなワタクシにとっては、かなりのダメージです(( _ _ ))..zzzZZ


いつも心配してくださる皆様!!クリックひとつで元気補給を~( ´ ▽ ` )ノ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
いやいや!いつも夜型じゃん!!とスルドイ貴方も何卒~(T_T)


寝不足とはいえ、先週末は土曜日返上で毎月1回参加している、コンサルティングチームのセミナーに行ってきました(^-^)/

2011年12月19日の記事、【セミナー講師をしてきました!】でもご紹介しました、“ビジサポ”というコンサルティングチームの月イチセミナーですd(^_^o)

先月は、不肖ワタクシめがセミナー講師を務めさせていただきましたが、今月の講師はこの方々~( ´ ▽ ` )ノ

セミナー第1部は、不動産業の株式会社ストック、大倉店長による『究極の営業トーク』
photo:01

見込み客のハートをガッチリつかむためのノウハウは、我々士業も大いに参考になりました_φ(・_・

セミナー第2部は、自動車販売修理の株式会社ハイポイント、北村社長による『知らないと損をする車業界事情』
photo:02

ココでは書けない“裏事情"まで踏み込んだ大サービスの内容は、相当ためになりました_φ(・_・

多種多様な士業や専門職の有志が集まって2011年3月にスタートした、このコンサルティングチームですが、来月で発足からはや丸1年!(◎_◎;)

この1年間は、メンバー同士での案件協働、メンバー間の案件紹介や勉強会、懇親会とテスト的な活動を行なってきましたd(^_^o)

まもなく2年目をむかえる今回は、セミナーの前に主要メンバーが集まり、2年目以降の方向性について話し合いました(^-^)/

2時間にわたる活発な議論の末、2年目からは一般向けの外部発信を強化していくことに決まりました~(^∇^)

今までは、セミナーご来場者様も、基本的にはメンバーによる紹介ある方々のみという、ややクローズドな集まりでしたが、今後は色々なオープンイベントを企画していくことになりそうですd(^_^o)

詳細は今後決めていきますが、セミナー会場も京都と大阪に拡げて、一般のお客様にも参加していただけるようにする予定です!

乞うご期待デス( ^ ^ )/


さてさて!
またまた、前置きが長くなりましたが、今日の『サルでも解る。。』もとへ(^_^;)
『イヌでも解る!著作権法』は、前回予告しましたように、『著作権』にクローズアップしたいと思います_φ(・_・

何だかんだの流れで、『著作権』についてのシリーズ記事を始めてしまった行政書士上田なのですが、実は『著作権法』って相当難解なのですよね~(^_^;)

先ず、条文がゴチャゴチャしてます(>_<)

実体法的なもの、手続法的なもの、刑事法的なものと、ひとつの法律に性質を異とする条文が混在しています。。正直、法律としては美しくない部類です(T_T)

次に、著作権法が規定する『権利』が多種多様雑多で、その“当てはめ”が非常に難解となっています(>_<)

時代の流れで次々に生まれる新しい概念やテクノロジー、ビジネスモデルなどがそうさせるのでしょう。。正直、増改築を繰り返し住み難くなった家屋の状態です(T_T)

何故、そんなことになるのでしょうか??

答えはズバリ!!d( ̄  ̄)

技術の発展や文化という概念の変化に対して、著作権法は常に後追い追従しなければならない宿命にあるからデス(☆_☆)

誤解を恐れず言えば、文化革命にはイリーガルな一面があり、技術革新にはアナーキーな一面があり、凡そ発展・発達とは著作権法の範疇の外にあるもので、著作権法は既成事実に追従して継ぎ足しや改正を繰り返すしか術がないのです(>_<)

過去、MDやCD-Rといったデジタルメディアの登場が著作権法に影響を与えました。

いま、クラウド型のオンラインサービスや各種SNSの発展またはiPhone、iPod、iPad、Kindleといったパーソナル・デバイスといったものが著作権法を大きく変化させようとしています。

『電子書籍』
『自炊』
『サウンドクラウド』
『TwitterやFacebook』

ワタクシは、いま現在は、施行以来、著作権法が最も変化を強いられている状況なんだと考えております_φ(・_・

『著作権侵害の非親告罪化』
『フェアユース規定』
『出版者への著作隣接権付与』

などなど課題は山積みなんです(>_<)

この辺りの、濃~いお話は、追い追いしていくとして、次回は『著作権法に規定されている権利』に入っていきたいと思います~(^-^)/

ん~(^_^;)
長期連載になりそうな予感デス_φ(・_・


iPhoneからの投稿



いつも御覧いただきまして、ありがとうございます音譜
ランキングに参加していますメモ
↓貴方の『ひと押し』お願いします馬
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年01月17日(火) 08時32分49秒

イヌでも解る!著作権法~その1~

テーマ:法律
前回1月15日にアップしたブログ記事【それでイイのか??行政書士無料相談会】が、にほんブログ村の注目記事第一位に現時点もなお居座っており、驚きを隠せない行政書士の上田です(゚o゚;;

ちょっと行政書士会のイベントにケチをつけるような内容ともとれますので、会の偉いサンの目に触れやしないかと戦々恐々であります(T_T)


毒吐き上等!もっとやれ~!!と無責任に煽ってくださる貴方!!ワタクシに強いココロを~(>_<)
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
知らないゾ~!重鎮先生に目をつけられるゾ~!!と不吉な預言をくださる貴方も何卒~(T_T)


まあ、実はそんなに恐々としている訳ではないのですが(^_^;)
ただ、少しでも偉そうなコトを公の場で表現すれば、自身は更に更に研鑽しなければならないというのが常でありますし、身の引き締まる思いデスd(^_^o)

ワタクシ、身を引き締めるべく、先日コレを購入してきました(^-^)/
photo:01

eneloopの2億個達成記念モデル!!ショコラトーン8色入です~( ´ ▽ ` )ノ

なんじゃそりゃ??
と言わないでくださいね(^_^;)

日頃からお仕事でもiPhoneを多用している行政書士上田にとってeneloopは必需品なのです!
iPhoneのバッテリーが切れてはお仕事になりませんので、鞄には常にコレをd(^_^o)
photo:02

eneloop stick booster(スティックブースター)です~( ´ ▽ ` )ノ

いままでeneloop4本でしたが、今回8本追加でバッテリー切れも恐るるに足らずですよ(☆_☆)

しかし、eneloopのデザインは、ホント洗練されていますね(>_<)
2007年にグッドデザイン大賞に選ばれただけはあります!

eneloop(通常版)の表面の印刷は、白×白×ブルー×オレンジ×黒×グレー×パール×クリア(ニス)の8版印刷仕上げといいます!(◎_◎;)

たかが電池に驚愕のコダワリですd(^_^o)

ワタクシ、iPhoneなどのApple製品もそうなのですが、こういう無駄とも思える程に拘り抜いた“モノ”が大好きです(>_<)

日本のクオリティ高いモノづくりに関わっている方々には敬意をはらいますd(^_^o)

そういえば、iPhoneのパーツ調達先が先日公表されたみたいですが、日本がナンバーワンだったそうですね!

他国には一朝一夕では真似できない日本の強みだと思います(^-^)/

昔々、某カリスマ総理大臣が『知財立国』を掲げたように、日本は知的財産の分野では紛れもなく先進国なんだと思います(^_^)

そんな国に住む我々は、もっともっと、アイデアや発明、デザインやコンテンツなどといったものに敬意をはらうべきではないでしょうか??

先日ブログ記事で、著作権ネタで引っ張ると宣言したからというわけではないですが、知的財産権の中でもマダマダ法制度が理解されていない『著作権』について、今日からシリーズ記事にしていこうかと思います(^ー^)ノ

題して!
『イヌでも解る!著作権法』

1回目の今日は。。。。
導入部分があまりにも長くなりすぎましたので、ホントさわりのみにしときます(^_^;)

知的財産権の中の著作権の位置付け!
この点、軽くご説明をば(^ー^)ノ

知的財産権とは『人間の知的創作活動の成果に関して、それを創り出した者に付与される排他的支配権』といえます。最も広い定義ですネ(^-^)/

そして、知的財産権は、産業財産権と著作権に分けられます。
その他、半導体回路配置や植物の品種なんかも知的財産権に含まれますが、ここでは割愛しますね(^_^;)

産業財産権は『産業上の創作』に関する権利で、著作権は『文化的な創作』に関する権利と考えてもらうと分かりやすいです。

産業財産権の分野では、
『発明を特許法で保護』し、
『考案を実用新案法で保護』し、
『モノのデザインを意匠法で保護』し、
『モノやサービスに使うマークを商標法で保護』しています。

著作権の分野では、
『思想又は感情を創作的に表現したものであって、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものを著作権法で保護』しています。

工業系は特許などの産業財産権!
文化系は著作権!
というわけですね(^-^)/


ここでクイズです(^ー^)ノ

冒頭、行政書士上田が大絶賛したeneloopのデザインは、いったい何法で保護されるべきものでしょうか~??

パッケージデザインが意匠法(産業財産権)で保護されるか著作権法で保護されるかの違いはズバリ、『美術品又は美術工芸品と同視できる程のデザインなのか??』というところです。

美術品又は美術工芸品と同視できる程のデザインでなければ著作権法の保護対象とはなりません。


判例では、『それ自体が実用面及び機能面を離れて完結した美術作品として専ら美的鑑賞の対象とされるものではないものは美術の著作物には該当しない』と示しています(ニーチェア事件)

工業製品のパッケージデザインは、『純粋美術と同視できる』か『一点ものの美術工芸品レベル』のものでなければ著作権法でいう著作物に該当しないというのが判例であります。

行政書士上田が大絶賛のeneloopデザインも、美術品レベルのデザインかと言うと、さすがにそこまでではないでしょう(>_<)
eneloopデザインは意匠法(産業財産権)で法的保護されると考えるのが無難だと思います(^_^;)


ではでは、次回は『著作権』にクローズアップしたいと思います~( ´ ▽ ` )ノ

乞うご期待!!
※但し、不定期連載デス(☆_☆)


iPhoneからの投稿



いつも御覧いただきまして、ありがとうございます音譜
ランキングに参加していますメモ
↓貴方の『ひと押し』お願いします馬
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年01月15日(日) 04時42分29秒

それでイイのか??行政書士無料相談会

テーマ:行政書士
先週は三連休明けで平日が4日しかなかったこともあり、仕事の進捗が甚だよろしくなかった行政書士の上田です(>_<)

そんな中、前回の記事で読者の皆様へ『ポチっと』のオネダリをした成果が!!

一時期26位まで急下降していた『にほんブログ村のランキング』が1月14日終了時点で8位まで復活( ´ ▽ ` )ノ

皆様ありがとうございましたぁ~m(_ _)m

もっともっと上を目指しなはれ~!と応援してくださる貴方!!更なる応援のひと押しを~( ´ ▽ ` )ノ
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
8位くらいが分相応だヨ!とやはりツンデレな貴方もゼヒ~(T_T)


手持ちのお仕事は捗らなかった先週一週間だったのですが、新規の御依頼や御相談は滑り出し順調で、感謝感謝でございます(^-^)/

不法行為に基づく損害賠償に関する示談書作成や、金銭消費貸借絡みの内容証明にクーリングオフの内容証明などなど_φ(・_・

ん。。。??
よく見れば、全部『民事法務』!(◎_◎;)

以前の記事【行政書士の花道!!】で、行政書士が民事法務に専門特化することをdisっていたくせにと言わないでくださいね(T_T)

あの記事で言いたかったのは、行政書士は『許認可のスペシャリストかつ法律のゼネラリスト』なんだから広範囲の法律について勉強し続ける必要があるけど、『営業の軸』は『民事法務』ではなく『許認可』であるべき!!ということなのですd(^_^o)

実際、ワタクシの事務所の民事法務案件の大半は、許認可などの手続で関与させていただいている会社様からのものです(^_^)

手続業務を軸に継続的にお付き合いをさせていただくことから民事法務のお仕事も生まれているという感じですネd(^_^o)

当然、お得意様からの御依頼になるわけですから、そこでミスをすれば信頼を失って、許認可業務から外されることにもなりかねませんので、なんとしても御期待に応えなければなりません(^_^;)

だから、行政書士は『許認可のスペシャリストかつ法律のゼネラリスト』で『広範囲の法律について勉強し続ける必要がある』というわけなのですよ!


とはいえ、広範囲の法律について勉強し続けることもなかなか大変です(>_<)
オールラウンダーな士業である弁護士の先生方は、ホントにスゴイと思いますよ(゚o゚;;
ワタクシも精進精進です_φ(・_・

そのような想いから、行政書士上田は今年から京都府行政書士会(の所属支部)が開催している「無料相談会」活動に相談員として参加することにいたしました(^-^)/

日頃は行政書士会に殆ど寄りつかないワタクシにとっては、大変珍しいコトなんですが。。。
。。。まあ、頑張ってみます(^_^;)


ワタクシの所属する支部では、定期的に中京区役所と下京区役所でこの「無料相談会」の開催が予定されているようです。

ワタクシは、1月12日が当番相談員のデビューでございました(^-^)/

午後2時から4時まで下京区役所の相談室で待機(^ ^)
2時間中、ご来場された相談者様は2組。
ワタクシが応対したのは、そのうち1組。

相談者1組につき行政書士が2名つき応対するのですが、相談者様にはなんとか御満足いただけたようで良かったです(^_^;)


参加前からある程度想像はできていましたが、行政書士会のこの相談会、対象が市民向けですから、相談内容は『民事法務』が大半です。
許認可や会社法務の相談なんて殆どありません。

ワタクシの参加日もやはり、『離婚の相談』『不動産や契約書の相談』というものでした!

過去の相談記録を見ても、『相続』『離婚』『不動産』『借金問題』『親族問題』『近隣問題』などなど。。。古く歴史があり行政書士の得意とする許認可や車手続などの相談は皆無(゚o゚;;

そりゃあ、当たり前ですよね
手続に関する相談は、その担当する役所に行けば、最近は懇切丁寧に色々と教えてくれますから(^_^;)
でも、上述の問題などは何処に相談したらよいのか分かりませんよね(>_<)

「弁護士に相談する程でもないけど、じゃあ何処に相談したらよいのか分からなかった」
相談者様が実際にそう言っておられました。

行政書士がこのような市民のニーズに応えるためには、民事法務の知識が必要不可欠ですよね_φ(・_・
民法は当然!
民事訴訟法、民事執行法や消費者契約法、特定商取引法も!!
不動産登記法や利息制限法なんかも知らないでは相談に応えることなんてできません!!!

行政書士ひとりひとりの日々の錬磨が欠かせないと感じました(^-^)/


このような現状を踏まえ、行政書士会の無料相談会に参加してきてワタクシが思ったのが。。。

◆相談員の選抜に一定の試験を課さずに多種多様な相談に応えられるのか??

京都府では手を上げて希望すれば相談員になれるのですが、「許認可しかやらない」「車関係しかやらない」という先生が当番相談員になった場合、大丈夫なのでしょうか(;゜0゜)
京都府行政書士会に相談事例の蓄積がある訳ですから、必要最低限の法律についての試験を課して相談員選抜をすべきではないでしょうかd(^_^o)
また、相談に重要なカウンセリングスキルやコミュニケーションスキルも相談員全員が一定以上のレベルにあるべきです。

◆相談後のアフターフォローがイマイチでは??

相談員ではない他会員と不公平にならないようにという意図からか、相談者様から込み入った御相談の話になっても、相談員がその場で受託してはいけないらしく、そのような場合には「行政書士会に電話すれば適任の先生を御紹介します」と伝えるそうです。
それって、普通の感覚でいえば『たらい回し』なんですが。。(;゜0゜)
相談員が相談者様に名刺を渡さなかったり、名乗らなかったりというのも『相談員の営業にならないようにする』ためなのかも知れませんが、でも、それって非常識すぎないでしょうか(>_<)


ワタクシの個人的な感想ですが、知人先生方から伝え聞いていた『他士業の相談会』と比べて、行政書士会の相談会は、場当たり的な感じが否めませんでした(~_~;)

相談者様は、悩んだ末にお越しくださった相談会でしょうし、ワタクシども行政書士は全力で対応すべきだと思います( ̄^ ̄)ゞ

とはいえ、ワタクシ自身まだ1回目の初心者相談員なわけですから、もう少し様子を見ないと、本当のところはマダマダ分からないのですが(^_^;)

まあ、自ら始めたことですので、ガンバっていきます~( ´ ▽ ` )ノ


iPhoneからの投稿



いつも御覧いただきまして、ありがとうございます音譜
ランキングに参加していますメモ
↓貴方の『ひと押し』お願いします馬
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。