サイコロを振ってみる

テーマ:
確率を理解するには

サイコロを振ってみるのが一番でしょう。



ちなみにサイコロを振って

奇数が出る確率は?

1か2が出る確率は?


数学的に答えれば50%と33.3%でしょうが


その確率が収束するにはどれくらいということを

考えないと意味がありません。


サイコロを10回だけ振って、奇数がでる回数は
何回でしょう。


答えは5回の時もあれば、6回の時も

もっと言えば

0回〜10回と何回出るかは、やってみないと

分からない。




なので、サイコロを10回振っただけでは

奇数(又は偶数)が出る確率は

0%〜100%の可能性があり

なんとバラツキが100%があります。



だけどサイコロを1000回振ると

奇数(又は偶数)が出る確率は

だいたい49%〜51%になり

バラツキは2%に収まってきます。



ちまたのセミナーで言う勝率70%の手法とは

10回中、たまたま7回うまくいっただけかも

しれないのに

(もしくは意図的にうまくいった所だけピックアップしただけなのに)

それに飛びつくのはただのカモですね



勝率70%でも10連敗はあります。

それなのに、3連敗しただけで

この手法は使えないと言っている人は


確率を全く理解していないので

相場で勝つとか以前の問題です。





FX・女性投資家ランキングへ
AD